HOME > カゴ・箒・竹・藁

日々のモノ・コト

カゴ・箒・竹・藁の記事一覧

白磁工房 石飛勲さんの磁器とハニワと竹かご

4月に入りました。年度末から続いたバタバタも落ち着きを見せ、そろそろ通常モードに戻ろうかという今日この頃。MARKUSにもフレッシュな4月の爽やかな空気が良く似合う新しい品物が届いております。

昨年9月の島根仕入旅から始まった新しいお付き合い。最後のひとり、島根県の東部、雲南市で活動されている『白磁工房 石飛 勲』さんから、MARKUSでは初めてのお取り扱いとなる白磁のうつわが届きました。

IMG_9985a

白磁工房は石飛勲さんとお父様の勝久さんの親子二人で活動されている工房で、1985年にこの島根県の三刀屋町に開窯されました。勝久さんは1941年島根県の生まれ、河井寛次郎が島根県の安来の出身だった事から島根県の窯業指導所を出た後に京都に移り、1958年より河井寛次郎の最初の弟子である上田恒次氏に、これまた上田氏の最初の弟子として師事しました。

IMG_0132a

上田氏が磁器の作り手であった事から勝久さんも磁器を作るようになり、河井・上田の両氏の影響を受けて厚手でどっしりと力強い磁器を作るようになりました。その後1985年に故郷の島根に戻り開窯します。現在は父・勝久さんの元で10年修行した息子の勲さんが窯と作風を引き継ぎ、実直な仕事を守っています。

IMG_9918a

白磁のような~。なんて例えがありますが、まさしく抜けるような白で、滑らかで清らかなうつわたちです。繊細そうな印象のある白磁のうつわですが石飛さんの作る白磁のうつわは厚手でどっしりとしており、そこへ施される面取りや鎬の装飾がうつわの持つ力強さを一層際立たせています。

IMG_0118a

 続いては久し振りの勢ぞろいとなったハニワと土偶です。MARKUS開業時からの変わらぬラインナップですが大人から小さなお子さんまで根強い人気です。特に今回は月末からのゴールデンウイークに備え、人気の遮光器土偶を多めにご用意しました。手のひらサイズの小さなウマやイヌも充実しております。

IMG_0169a

あまり変わり映えしないのもつまらないので、近い内に益子の作り手の所へ行って、何か新しいモノが無いか物色してくるつもりです。でも『新作ハニワ』っていうのもなんかウソ臭いというか、古代にあったモノなので新たに出土でもしない限り新しいモノは出てこないはずなので新作は期待できそうもありません。

IMG_0244a

最後にこちらも久しぶりの再入荷。新潟より孟宗竹で編み上げられた竹かごです。産地では『ぼて』と呼ばれるもので、野菜やお米のストックに便利なサイズとカタチです。使われる竹の種類も産地によって様々で、新潟で使われている孟宗竹は硬いため細かい編込みや細工にはおよそ不向きなのですが、非常に頑丈で武骨なつくりがまさに生活の道具。といった風情があります。

こんな感じで入荷もまだまだ続きます。4月もMARKUSの品揃えにご期待ください。

 

 

春の嵐。怒涛の入荷ラッシュです。

3月も後半に入り、3連休目前で世間はすっかり春休み。卒業式があちこちで行われ、4月からの新しい旅立ちや生活に向けての準備に胸が膨らんでいる方も多い事でしょう。この春に進学や就職で新しい生活を始めるような若者にはあまり縁の無さそうなMARKUSですが、今週に入って春らしい新しい品物が、それこそ春の嵐のように続々と入荷しております。

IMG_8671b

まずは、昨年の9月に行った島根県への仕入の旅で新たなお付き合いが始まった『袖師窯』さんより初めての入荷がありました。9月の仕入旅では島根に到着した初日に空港から車を飛ばして真っ先に向かった1番の訪問先だったのですが、この時に4件の新しいお付き合いが生まれまして、既に『石州 嶋田窯』さん、『森山ロクロ工作所』さんからの入荷があり、今回の袖師窯さんで第3弾となります。ちなみに袖師窯さんに教えてもらった松江市内の『東風』という蕎麦屋さんは絶品でした。そして最後のもう1件も4月にはご紹介できる事と思います。ご期待下さい。

IMG_8752a

袖師窯は1877年に初代の尾野友市氏が松江市に窯を築いたのを始まりに3代目の敏郎氏の代では柳宗悦や河井寛次郎、バーナード・リーチの指導を受け、民藝の窯元として知られるようになった歴史ある窯元です。開窯から140年。現在は5代目の尾野友彦さんが袖師窯の長い歴史を引き継ぎ、出雲に伝承された技法を基礎として地元の土と原料を使い、日用品としての焼き物を作っています。

IMG_8570a

袖師窯と言えばコレ。というモノはまさに使う人それぞれで、その作品群や個性は多岐にわたっております。共通して言える事は、時代と食卓を囲む生活を考えて作られたうつわであり、特定の形や技法、釉薬ではなく生活に合わせて変化するうつわ。という事です。工房にお邪魔した時も欲しいうつわ取り扱いたいうつわがありすぎて頭の中がまとまらなかったのですが、まずお付き合い第1弾はコレ。という事で今回は二彩のシリーズをお願いしました。軽やかで華やかで、これからの季節にピッタリのとても使い心地のいいうつわです。

IMG_8804a

続いては今回で2回目の入荷となる秋田県の『白岩焼和兵衛窯 渡邉 葵』さんより、伝統の海鼠釉と白釉のプレート・マグカップ・酒器が届きました。今回も吸い込まれそうなほど美しい海鼠釉のブルーは健在で、作り手の渡邉さんいわく、『海鼠釉の発色もキレイで、よく焼けてます。』との事でした。昨年の11月に納品していただいた、少し深さのある丸皿もご好評いただいて残りわずかですが、今回入荷した2サイズのリムプレートも使い勝手がよく様々シーンで活躍してくれそうです。

IMG_8872a

普段は比較的大きめの6寸や7寸皿をお求めの客様が多いため、4寸や5寸といった取り皿サイズは手薄になってしまうMARKUSですが、今回は4.5寸という絶妙なサイズ設定の深皿をご用意しました。また、昨年の年明け頃より渡邉さんと相談していたマグカップもMARKUS用に作っていただきました。もともと渡邉さんの作品としてあったワイン用カップの丸っとしたシェイプが気に入ってしまい、マグカップにアレンジしてもらったのですが、持ち手のカタチや位置など苦労の跡がうかがえます。

IMG_9081a

そして今回は常設ではMARKUS初のお取り扱いとなるぐい呑みが届きました。 一昨年の岡田 崇人さんの個展の際に20点ほどの酒器を出品していただきまして、後にも先にもそれっきりだったのですが、最近になって私もようやく日本酒のおいしさがわかるようになってきたので満を持して品揃えに加えました。写真ではサイズ感がわかり難いかと思いますが、実物はかなり大きいです。届いた時は少しビックリしたのですが渡邉さんいわく『秋田では標準サイズ』だそうです。さすが米どころ酒どころの秋田。という事でしょうか。

IMG_8997a

うつわ以外にもイロイロ届いております。まずは、およそ1年半ぶりの入荷となる長野県の米澤箒工房さんの『松本箒』です。初回となる前回が2015年の10月に届けて下さいまして、ちょうどその頃が新聞やメディアなどで松本箒が取り上げられ始めた頃で、その過熱ぶりにすぐに入手困難になってしまいました。最近はようやく少しばかり落ち着いてきたそうですが、今回の入荷分も無くなったら次はいつになる事やら?という感じです。

IMG_9034a

米澤箒工房さんは『箒工房』といっておりますが農家でもあります。箒作りの材料となる日本国内でも珍しい『ホウキモロコシ』を全て自家栽培しており、それを箒に仕上げている農家であり職人でもあり現在はご家族3人で箒の制作をしています。米澤さんのモロコシはふんわりと柔らかく粘りがあります。掃き心地も柔らかく耐久性が高いため10年以上は使い続けることができ長年使い込んだ箒はアメ色に変化し何とも言えない風情があります。昨年収穫して乾燥させたホウキモロコシを束ねて箒に仕上げている為、まだ青々として爽やかなイ草の香りがします。

IMG_8457b

怒涛の入荷ラッシュはまだまだ続きます。MARKUSでは定番のwoodpeckerさんの『いちょうの木のまな板』に直線的な長方形が加わりました。これまでの緩い曲線のタイプと数字上のサイズは同じですが、シンプルに道具としての『THE まな板』をお求めの方。とにかく面積すべてを目いっぱい使いたい。という方のご要望にお応えしましてラインナップに加えました。こちらは大のみの1サイズ展開です。

IMG_8362c

最後に人気のMokunejiさんのコーヒーミルが素材(樹種)が変わって再入荷しております。今回よりこれまでのミズメからケヤキに変わっております。どちらも漆器の木地に使われるポピュラーな樹種ですが目が詰まったミズメに対してケヤキは木目の個性がよく表れていて、今まで以上に素材の個体差を楽しんでいただけます。

コレ全てここ数日で入荷した品物たちです。新しい品物が届き売り場の雰囲気も季節と共にガラッと変わったMARKUSをぜひのぞきに来てください。新しい発見がたくさんありますよ。

杉本義訓さんと大谷健一さん(8月のお休み)

8月に入り、子供たちは夏休みという事で、平日もお子様連れのお客様が目立ってきました。夏の暑さにも負けず元気な子供たちの姿を見て 『 自分にもあんなに元気な時代があったのか 』 と、運動不足で固くなった我が身を恥じて、出勤前に軽い運動をして体をほぐすようになりました。

● 8月のお休み 15日(月) ・ 16日(火)・・・ もしかしたらもう1日、4週目でお休みを頂くかもしれません。

IMG_0306a

そんな本格的な夏の訪れとともに、待ち遠しかった品物の入荷が2つありました。まず1つ目は鳥取県の 『 杉本 義訓 』 さんの作る練り上げのうつわです。今年は2月頃にも1度納品して下さいまして、今回で2度目の入荷です。先日の日曜日に予告も無く入荷した為、このブログ用に写真を撮る暇も無く売り場に出したので、取り急ぎFacebookとInstagramで入荷のお知らせをしましたところ、早くも反響がありました。
ちなみにInstagramのアカウントは 【 markus_shop 】 です。探してみて下さい。

IMG_0258 (2a)

今回は大ぶりな8.5寸皿のほかは、久しぶりの楕円皿・楕円鉢の(中)、そして角鉢の(中)といった、ちょっと数点まとめて欲しくなる使い勝手のいい小ぶりなうつわが中心です。比較的大ぶりな器が多かった前回と比べ、小ぶりなうつわが中心なので全体の数は今回の方が多いのですが、それでもひと月と経たない内に大方の品物は無くなってしまうと思いますので、気になる方はお早めにご来店ください。

IMG_0219a

今回は少量ですが新しい色や柄のモノも入荷しております。また、見た目の印象は全く変わっていないのでパッと見ではわかりませんが、フチの部分が心なしか滑らかになっております。これまではエッジが立っており、手触りも若干鋭さが残る質感でしたが、角が取れたような感じになっています。新しいデザインから見ただけではわからない細部に至るまで、日々進化する杉本義訓さんの仕事をぜひ実感していただきたいです。

IMG_0442a

 続いて、大分県の別府市で活動されている 『 大谷 健一 』 さんから竹細工のザルが何種類か届きました。今年の春にもいくつか入荷しましたが、今回は長方形のモノと丸のφ30㎝サイズのモノを加えた展開で届けていただきました。前回入荷分では比較的大きめなサイズのモノが人気で、あっという間に無くなってしまったので、今回は大きいサイズを多めでお願いしております。

IMG_0554a

竹細工自体は日本各地で様々なカタチで作られており、その多くはスズ竹や根曲竹などを使った実用重視の道具という側面が強い反面、別府の竹細工は大分県が生産日本一でもある真竹を用い、実用面だけでなく美しさを意識して作られた工芸品です。フシを極力排除し油抜きされた滑らかな手触りと、使い込む事で時間と共に艶やかに変化する美しい色合いが特徴です。

季節も変わり、安土草多さん(ガラス)入荷しました。

東京の桜の開花宣言は少し前に出たようですが、気候はまだまだ春と冬の境目を行ったり来たりしているようです。MARKUSの店内も年明けからの入荷ラッシュが一旦落ち着きまして、昨年末から長期にわたり猛プッシュしていた耐熱モノ祭りも季節の移り変わりとともに収束させ、今度はガラス祭りで皆様のお越しをお待ちしております。季節をひとつ飛び越えて、何となく初夏の装いですが、こうしてみると今すぐ欲しい品揃えです。

IMG_4731a

これまでMARKUSでガラスと言えば茨城の『 河上 智美 』さんと岐阜の『 沖澤 康平 』さんのお二人でしたが、このたび新たに岐阜県 高山市で活動されている 『 安土 草多 』 さんが加わりました。今回の安土さんからの新入荷を機に売場の装いをガラッと変えたわけですが、せっかくなのでガラス特集という事で先月入荷したばかりの河上智美さんのガラスと、こちらも先月入荷の大谷健一さんの別府の竹細工も組み合わせて提案したところ、すっかり初夏の装いとなってしまった次第であります。

IMG_4791

4月になれば沖澤さんのガラスや大谷さんの竹細工の追加分も入荷する予定なので、このラインナップも今後さらに充実していきます。そして窓際では河上智美さんのグラス類と合わせて、週末にようやく入荷した木工のSemi-Aco(加賀 雅之)さんのPan皿・Onigiri皿・コースターも定位置で並んでおります。先日の3連休中に入荷したため告知が間に合わず、今日までに既にかなり減ってしまっております。スミマセン。

IMG_4833

そして、今回が初めてのお付き合いとなる 『 安土 草多 』 さんのご紹介です。1979年生まれの安土さんは、同じくガラス作家のお父様、『 安土 忠久 』 氏の指導のもと2001年より宙拭きガラス作りの修行に入り、2002年には現在の活動拠点となっている岐阜県 高山市に自身の窯を築き、若くして独立を果たします。また、2011年には日本民藝館展に入選するなど、精力的に活動している若手実力作家の一人です。

IMG_4857a

安土さんの作品は何年か前から見知っていたものの、初めてお会いしてお話したのは昨年の 『 TOKYO CRAFT MAP 』 のパーティーの場でした。その後、9月に銀座松屋で行われた 『 銀座手仕事直売所 』 で再びお会いして、その会期中に2度ほど一緒に飲むことがあって、その時のノリと勢いでお付き合いする事になりました。まさに酒の席から始まった仕事。というやつです。(実際はそんな適当なモノじゃないですが。)

IMG_4815

写真では少しわかりにくいですが、安土さんの作るガラスはアンティークのような少し黄味がかった色をしていて、溶け始めた氷の塊のような透明感と奥行きのある揺らぎがあります。手にした際に感じる角のとれた丸みとぽってりとした厚みは安心感があり、日常使いには最適です。また、大きな特徴の一つとして、個々の品物が均一にならないように、あえて個性が出るよう一つ一つ微妙に表情を変えながら仕上げているそうです。

IMG_4503

そして今回は、初の試みとしてペンダントライトを4種類作っていただきました。安土さんのガラスで作られる照明は、ガラスそのものがもつ厚みや揺らぎで柔らかな優しい明りを作り出します。このペンダントライト1灯で、例えば読書ができるレベルまでお部屋を明るくする事はできませんが、この明かりが灯された空間は居心地のいい癒しの空間となるでしょう。また、昼間、明かりをつけていない時も太陽の光を通してゆらゆら揺れる光のオブジェのように、夜とはまた違った表情を楽しむ事ができます。

IMG_3831

最後に、先月に引き続きまして久しぶりの入荷となります。鹿児島の宋艸窯、竹ノ内 琢さんの 『しのぎ楕円鉢 』 が届きました。昨年1年間の空白を取り戻すかのように今年の入ってから続けて届けて下さっています。この楕円鉢は宋艸窯さんの作品の中でも隠れた人気商品で、大が¥8,640と中が¥6,480と、比較的高単価な割にはいつの間にか早々と完売してしまっています。程よい大きさと深さ、和でも洋でも中華でも食材を選ばず何でもこなしてくれる懐の深さというか使い勝手の良さが人気でギフトなどにも重宝しています。

IMG_4905 (2)a

そして今年もやります 『 TOKYO CRAFT MAP 2016 』 。このお知らせを書いている最中、つい先程、2016年版のMAPが届きました。昨年の30店舗から更に参加店舗が増えまして、今年は40店舗の、東京で民藝・工藝・クラフト・手仕事の品々を扱うお店にご参加いただき、ひとつのマップに集結しました。今年の活動や詳細につきましては来週のお知らせの中で、4月の予定と合わせてあらためてご紹介します。さっそく本日より配布を開始しますのでご興味のある方は店頭でお声掛けください。

 

宋艸窯と別府の竹細工

先日は東京にも春一番が吹き、それ以降は日中の日差しも暖かく、少しだけ春が近づいてきたような陽気が続いております。春に向けて仕込んでいたネタも徐々に届いており、少しづつですが長かった冬の終わりと入れ替わりにMARKUSにも新しい品物がやってきます。

これから3月にかけて、お待ちかねの品物や新ジャンルというか新しい試みの入荷が続き、4月末には個展も控えています。この先のMARKUSにご期待ください。

IMG_0624

そして今週は、およそ1年ぶりの入荷となる 『 宋艸窯 (竹之内 琢)』 さんのうつわが鹿児島から届きまました。
宋艸窯さんはMARKUSオープン時からのお付き合いで、以来根強いファンの方がたくさんいらっしゃいます。
シンプルで使いやすく、鮮やかな発色の宋艸窯のうつわは和洋問わず普段の食卓を華やかに彩ります。特にこれから迎える春や初夏には目にも爽やかな瑠璃色や緑がよく映えます。

IMG_0468

久しぶりの今回は、平皿の小と中、人気のマグカップと湯呑といった細かなものが中心です。欠品中もたくさんのお客様からお問い合わせをいただいておりましたが、ようやく人気のラインナップが全色で揃いました。

今回入荷分の他に、平皿の大と楕円皿。楕円鉢の中と大も注文しておりますので、これらは春頃には追加で届くと思います。恐らくその頃には今回入荷分の大半も無くなってしまっていると思いますので、長らくお待ちいただいていた皆さま、お早めにどうぞ。

IMG_0749

そして今回初めての取り扱いとなる新ジャンル。もっとも古い文献では 『 日本書紀 』 にも記述が残っており、大分県で唯一の伝統工芸品として指定されている 『 別府竹細工 』 です。

真竹(マダケ)の生産量が日本一である大分県で、その豊富な資源を利用して室町時代の頃から本格的に竹工芸が盛んになりました。また別府は日本有数の温泉地という事もあり、湯治客用のカゴや日用品としての需要も相まって別府市の地場産業として定着し、現代にいたるまで盛んに生産されてきました。

全国には数多くの竹細工の産地があり、MARKUSでも岩手県 鳥越のスズ竹、新潟県 佐渡の孟宗竹、といった産地によって異なる竹を使った、それぞれの地方に残るカタチの竹細工を扱ってきました。

IMG_0788

別府で使われている真竹は肉厚で弾力性があり曲げや圧力に対する抵抗力が強い事から細工物だけでなく、古くは建材などにも使用されてきました。別府の竹細工は農器具や生活雑器の色が濃い他の産地のモノと比べて仕上がりの美しさから、どちらかというと工藝品・美術品といった側面が強く感じられます。

その工程の大半は竹ヒゴづくりで、まずは油抜きという工程を経て艶やかな象牙色になった真竹を1㎜より薄いヒゴに裂いていきます。それを亀甲編みや網代編み、八目編みといった地方に伝わる様々な美しい編み目でそれぞれの形に編み上げていきます。

今回MARKUSがお願いした作り手は、大分県 別府市にお住まいの一級竹工芸技能士 『 大谷 健一 』 さんです。1965年 埼玉県の生まれで、2003年から大分県竹工芸訓練センターに入校し、2005年からは伝統工芸士の 『 油布 昌伯 』 氏に師事しました。その後、別府市の竹工芸展において何度も受賞したり数々の工藝展やイベントに参加するなど、精力的に活動されています。

このページの先頭へ