HOME > 台所まわり

日々のモノ・コト

台所まわりの記事一覧

春の嵐。怒涛の入荷ラッシュです。

3月も後半に入り、3連休目前で世間はすっかり春休み。卒業式があちこちで行われ、4月からの新しい旅立ちや生活に向けての準備に胸が膨らんでいる方も多い事でしょう。この春に進学や就職で新しい生活を始めるような若者にはあまり縁の無さそうなMARKUSですが、今週に入って春らしい新しい品物が、それこそ春の嵐のように続々と入荷しております。

IMG_8671b

まずは、昨年の9月に行った島根県への仕入の旅で新たなお付き合いが始まった『袖師窯』さんより初めての入荷がありました。9月の仕入旅では島根に到着した初日に空港から車を飛ばして真っ先に向かった1番の訪問先だったのですが、この時に4件の新しいお付き合いが生まれまして、既に『石州 嶋田窯』さん、『森山ロクロ工作所』さんからの入荷があり、今回の袖師窯さんで第3弾となります。ちなみに袖師窯さんに教えてもらった松江市内の『東風』という蕎麦屋さんは絶品でした。そして最後のもう1件も4月にはご紹介できる事と思います。ご期待下さい。

IMG_8752a

袖師窯は1877年に初代の尾野友市氏が松江市に窯を築いたのを始まりに3代目の敏郎氏の代では柳宗悦や河井寛次郎、バーナード・リーチの指導を受け、民藝の窯元として知られるようになった歴史ある窯元です。開窯から140年。現在は5代目の尾野友彦さんが袖師窯の長い歴史を引き継ぎ、出雲に伝承された技法を基礎として地元の土と原料を使い、日用品としての焼き物を作っています。

IMG_8570a

袖師窯と言えばコレ。というモノはまさに使う人それぞれで、その作品群や個性は多岐にわたっております。共通して言える事は、時代と食卓を囲む生活を考えて作られたうつわであり、特定の形や技法、釉薬ではなく生活に合わせて変化するうつわ。という事です。工房にお邪魔した時も欲しいうつわ取り扱いたいうつわがありすぎて頭の中がまとまらなかったのですが、まずお付き合い第1弾はコレ。という事で今回は二彩のシリーズをお願いしました。軽やかで華やかで、これからの季節にピッタリのとても使い心地のいいうつわです。

IMG_8804a

続いては今回で2回目の入荷となる秋田県の『白岩焼和兵衛窯 渡邉 葵』さんより、伝統の海鼠釉と白釉のプレート・マグカップ・酒器が届きました。今回も吸い込まれそうなほど美しい海鼠釉のブルーは健在で、作り手の渡邉さんいわく、『海鼠釉の発色もキレイで、よく焼けてます。』との事でした。昨年の11月に納品していただいた、少し深さのある丸皿もご好評いただいて残りわずかですが、今回入荷した2サイズのリムプレートも使い勝手がよく様々シーンで活躍してくれそうです。

IMG_8872a

普段は比較的大きめの6寸や7寸皿をお求めの客様が多いため、4寸や5寸といった取り皿サイズは手薄になってしまうMARKUSですが、今回は4.5寸という絶妙なサイズ設定の深皿をご用意しました。また、昨年の年明け頃より渡邉さんと相談していたマグカップもMARKUS用に作っていただきました。もともと渡邉さんの作品としてあったワイン用カップの丸っとしたシェイプが気に入ってしまい、マグカップにアレンジしてもらったのですが、持ち手のカタチや位置など苦労の跡がうかがえます。

IMG_9081a

そして今回は常設ではMARKUS初のお取り扱いとなるぐい呑みが届きました。 一昨年の岡田 崇人さんの個展の際に20点ほどの酒器を出品していただきまして、後にも先にもそれっきりだったのですが、最近になって私もようやく日本酒のおいしさがわかるようになってきたので満を持して品揃えに加えました。写真ではサイズ感がわかり難いかと思いますが、実物はかなり大きいです。届いた時は少しビックリしたのですが渡邉さんいわく『秋田では標準サイズ』だそうです。さすが米どころ酒どころの秋田。という事でしょうか。

IMG_8997a

うつわ以外にもイロイロ届いております。まずは、およそ1年半ぶりの入荷となる長野県の米澤箒工房さんの『松本箒』です。初回となる前回が2015年の10月に届けて下さいまして、ちょうどその頃が新聞やメディアなどで松本箒が取り上げられ始めた頃で、その過熱ぶりにすぐに入手困難になってしまいました。最近はようやく少しばかり落ち着いてきたそうですが、今回の入荷分も無くなったら次はいつになる事やら?という感じです。

IMG_9034a

米澤箒工房さんは『箒工房』といっておりますが農家でもあります。箒作りの材料となる日本国内でも珍しい『ホウキモロコシ』を全て自家栽培しており、それを箒に仕上げている農家であり職人でもあり現在はご家族3人で箒の制作をしています。米澤さんのモロコシはふんわりと柔らかく粘りがあります。掃き心地も柔らかく耐久性が高いため10年以上は使い続けることができ長年使い込んだ箒はアメ色に変化し何とも言えない風情があります。昨年収穫して乾燥させたホウキモロコシを束ねて箒に仕上げている為、まだ青々として爽やかなイ草の香りがします。

IMG_8457b

怒涛の入荷ラッシュはまだまだ続きます。MARKUSでは定番のwoodpeckerさんの『いちょうの木のまな板』に直線的な長方形が加わりました。これまでの緩い曲線のタイプと数字上のサイズは同じですが、シンプルに道具としての『THE まな板』をお求めの方。とにかく面積すべてを目いっぱい使いたい。という方のご要望にお応えしましてラインナップに加えました。こちらは大のみの1サイズ展開です。

IMG_8362c

最後に人気のMokunejiさんのコーヒーミルが素材(樹種)が変わって再入荷しております。今回よりこれまでのミズメからケヤキに変わっております。どちらも漆器の木地に使われるポピュラーな樹種ですが目が詰まったミズメに対してケヤキは木目の個性がよく表れていて、今まで以上に素材の個体差を楽しんでいただけます。

コレ全てここ数日で入荷した品物たちです。新しい品物が届き売り場の雰囲気も季節と共にガラッと変わったMARKUSをぜひのぞきに来てください。新しい発見がたくさんありますよ。

うつわや布モノの入荷と10月のお休み

最近は空気も爽やかで穏やかな天候が続いております。1年の内、今が時期が一番過ごしやすく、お出掛けにも気持ちいい季節ではないでしょうか。吉祥寺の街も平日からたくさんの人で賑わっております。
10月も3分の1が過ぎようとしておりまして、遅くなりましたがここで10月のお休みをお知らせ致します。

● 10月のお休みはありません。今月は休まず営業いたします。

その代わりという訳ではないですが、17日(土)は13時からの営業(開店)。21日(水)は18時までの営業(閉店)。といった変則的な営業時間の日があるのと、11月に少し多めにお休みをいただく事となると思います。

IMG_3172

という感じで、企業なら即ブラック確定となるMARKUSですが、3連休を控えて続々と品物が届いております。

まずは、岐阜県 土岐市で活動されている 『 河内 啓 』 さんから久しぶりの入荷がありました。今回は過去の人気作品の中から広く薄くという感じのラインナップですが、これから寒くなる季節に特に人気の集まる飯碗や湯のみ、6寸ボウルなどは若干多めに届けていただきました。

IMG_3135

先日もわざわざ土岐からMARKUSまで遊びに来て下さいまして、新しい釉薬など新作の構想をお話していかれました。おそらく来年の春頃にはMARKUSにも新しい作品を届けていただけると思います。
最近はお料理屋さんからの特注や個展の依頼も増えてきたそうで、今後が楽しみな作家さんの一人です。

IMG_3208

お次は、皆様お待たせ致しました。今年で3シーズン目となるMARKUSでは冬の定番商品 『 ぬかぽん 』 が入荷しました。『 ぬかぽん 』は玄米 ・ 煎りぬか ・ 塩といった自然の食品のみを使ったホッとバッグです。電子レンジで温めるだけで優しい肌触り、柔らかな温かさとほのかな香ばしさで疲れや冷えを癒してくれます。

今年もこれまで同様、小 ・ 中 ・ ひも付き(写真は小と中)の3サイズで、生地はオーガニックコットンの無地グレー ・ 赤チェック ・ 紺チェックの3色(写真は無地グレーと赤チェック)です。今年も既に何人かのお客様からお問い合わせをいただいております。ぬかぽんの優しい暖かさで、これからの寒い季節を乗り切りましょう。

IMG_3251

最後に、9月の入荷でもご紹介した 『 こぎん刺しのコースター 』 に柿渋染めが新たに加わりましたので、あらためてご紹介させていただきます。これまで生成りと藍染めの2色展開だったのが、9月に墨染めが加わり、今回の柿渋染めも合わせて4色展開となりました。

元々は墨染めと一緒に入荷する予定だったのですが、天候不順で染めの作業が進まずひと月遅れの入荷です。柿渋染めの入荷に合わせ、藍染と墨染めも補充していただいたので、今ならかなり充実の品揃えとなっております。柿渋染めの温かみのある色合いは冬に食卓を楽しく賑やかに演出してくれることでしょう。

 

大野 敦史さんの動物たちと木の道具

寒さも随分やわらぎ、春の訪れも感じられる日が続くようになりました。もうすぐそこまで春がやってきているような気がします。
また、3月は試みにお休みナシで営業するつもりでおりましたが、6月の個展の打ち合せの為、栃木の益子に行ってくるので
【 3月18日(水) 】 をお休みさせていただきます。

話は変わりますが、最近はどうもPCの調子が悪く、何か作業を始めるとすぐ固まってしまい、HPやFBへのお知らせの投稿も
なかなか進まず、スマホからアップするのもなかなか大変で2週間ほど放置してしまいました。
今日は何とかPCの調子もいいので、今週入荷した商品のご紹介をPCの機嫌が悪くなる前にサクッとさせていただきます。

IMG_5148

まずは、いつも大人気で入荷を心待ちにしているファンの方も増やしつつある茨城県 笠間の陶彫家、『 大野 敦史 』 さんの
つくる動物達 『 200g A’s 』 が届きました。今回は16点の大量入荷で、陸の生きもの、空の生きもの、水の生きものが揃い、
これまでにない幅広いラインナップとなりました。

今回特に秀逸なのがリクガメとウミガメで、細部までこだわって質感やディテールが再現されており、もともとは芸術家である
大野さんの本領が存分に発揮されている作品となっております。

IMG_5169

その他では、今回初めて挑戦したモリアオガエルが非常に鮮やかな緑色に仕上がってきており、色ツヤといい質感といい、
本物のカエルは苦手な方でも思わず手に取って見たくなるクオリティの高さと何とも言えない表情をしています。

どれも1点限りの作品ですので、気になる方はお早めにどうぞ。

IMG_4988

そして、とても久しぶりの再入荷となる富山県のetoetoteatoさんから、ブナの木のカッティングボードが届きました。
木の皮の部分を残してざっくりと切り出されたカッティングボードは、ひとつひとつ形も表情も異なり、手に取るお客様は
いつもとても楽しそうに吟味して選ばれます。まだ入荷したばかりで在庫にも余裕がありますので、お気に入りの1枚を
選び出してください。

IMG_5111

最後に岐阜県のwoodpeckerさんから届いたヒノキのしゃもじとヘラのご紹介です。サラッとした手触りが非常に心地よく、
片面は丸く反対側はフラットに加工されている上に、ヒノキは吸湿性があり柔らかな素材であるため、食材をつぶさずに
やさしくかき混ぜたりすくう事ができます。
こちらの商品は今回限りの限定生産の為、追加の入荷はございませんのでお求めの際はお早めにどうぞ。

気が付けば3月も半分が終わろうとしています。この先、春からゴールデンウイークにかけて、しばらく入荷ラッシュが続き
ますので、今後のMARKUSにご期待ください。

 

益子に行ってきました。2014年秋

先日の4日はお店をお休みして、年に2回の恒例の益子陶器市に行ってきました。私自身の活動拠点を東京に移してから、
今回で4回目の益子陶器市ですが、行くたびに毎回新しい発見と出会いがあり、非常に収穫の多いイベントのひとつです。

新しい出会いについては来年からの取組みに反映されてきますのでご期待ください。春以降から形になってくると思います。
今回は先日の益子で買い付けて持ち帰ってきた新しい商品と、今週入荷したばかりの新商品の紹介をさせていただきます。

IMG_8275

まず最初にMARKUSではオープン以来のお付き合いの 『 蜂谷 隆之 』さんの漆の器です。昨年も冬になると蜂谷さんの
漆器の人気が高まってきます。今回はいつもより少し大ぶりな 『 多用椀 』 を以前よりお願いしておりまして、この陶器市の
タイミングで仕上げていただきました。この多用椀は輪島の伝統的な合鹿椀 (ごうろくわん)の形をベースに、使いやすい
サイズにアレンジしています。フチと高台の底に布着せが施されており、見た目も口当たりも柔らかに仕上げられています。

IMG_8314

そしてもう一つ、今回の陶器市で一目ぼれしてしまい、悩み考えぬいた末に蜂谷さんにお願いして連れ帰ってきてしまった
『カレー皿 』です。そういえば、毎回陶器市の蜂谷さんのテントでは新しい発見をして、今までにない品物をその場で仕入れ
させていただいています。今回はこのカレー皿なのですが、悩みどころというのがこのお値段で、税込価格¥20,520-という、
MARKUSにとっては高額な価格帯のためにかなりビビってしまいました。

IMG_8357

ですが、この深みのある色合いといい、手に吸い付くような質感といい、この漆器で食事をすることの喜びを共感していただ
けるお客様が、もしいらっしゃったらきっとご納得いただけるだろうと思い、MARKUSの品揃えに加えました。

食事をする器としてだけでなく菓子盆としてなど、人の集まる場に華を添える存在感があり、裏側の底の部分にはアクセント
として、布着せした部分を黒い漆で切替えるといった、見えない部分にも気を使ったデザインとなっています。

IMG_8095

続いては、こちらも年に2回に入荷が恒例となっている、『 原 泰弘 』さんのすり鉢です。もはやMARKUSでは定番とも言える
原さんのすり鉢ですが、毎回大きいサイズから無くなっていく傾向が強いため、今回は大き目のサイズを多めにお願いして
作っていただきました。

原さんの作るすり鉢は高台が広くて安定感があり、フチの部分も肉厚なので力が入りやすくて使いやすいのが人気の理由
だと思います。すり鉢としてだけでなく普通の大鉢として大量の煮物などを盛り付け、食卓に並べてもインパクトがあります。

IMG_8480

もうひとつ、原さんの作る道具たちの中でもファンが多いのが土瓶です。すり鉢同様に伝統的な益子の釉薬を使用した
深みのある色合いです。ぽってりとした可愛らしいフォルムの胴体から突き出した長めの注ぎ口が特徴で、キレがよくて
非常に使いやすい土瓶です。
原さんご自身でたたいて延ばした真鍮を取っ手にしたタイプを、すり鉢と同じ3色でお願いして作っていただきました。

IMG_8182

そして今回は、すり鉢に合わせて使いたい 『山椒のすりこぎ』 も仕入れてきました。益子で竹細工の工房を構えておられる
お父様と一緒に山椒のすりこぎなどの製作をされている 『 関根 理夫 』さんの作です。

山椒の木の皮には殺菌作用がある成分が多く含まれており、昔から山椒の木のすりこ木には皮が残されて作られています。
すり鉢の大きさに合わせて3種類の大きさのすりこ木を用意しました。実際に握ってみて感触を確かめながらお選び下さい。

IMG_8233

最後に。益子の物ではありませんが、MARKUSでは年間通して人気のある、岩手県 盛岡市の伝統工芸である南部鉄器の
急須が入荷しました。今年は色んなデザインのモノを提案してみようと思い、産地の方には既にいくつか注文してあります。

今回は先行して丸っこいフォルムが可愛らしい、あまり意匠が凝っていない現代的なデザインのものが入荷しました。
この急須は本来の鉄瓶と違い、内側を琺瑯で仕上げているため直火には掛けられませんが、お手入れが簡単で陶器製の
土瓶と同じように扱えるため、鉄瓶独特の面倒な作業は必要なく、お気軽に鉄器の持つ雰囲気を楽しむことができます。

11月からは年末に向けて新商品などの入荷ラッシュが続きます。新しいネタも考えておりますので、今後もご期待ください。

お盆前の入荷いろいろ

今週末からお盆休みに入る方も多いかと思いますが、今年は曜日の並びが絶妙で、長い方だと9日(土)から17日(日)
までの9連休なんて羨ましい方もいらっしゃるそうです。お盆になると東京から人がいなくなる。なんて話もよく聞きますが、
MARKUSはお盆期間中も休まず元気に営業しております。熱中症対策を万全にしてお越しください。

という事で、メーカーさんや作り手さんも夏休みに入ってしまうと品物が届かなくなってしまうので、今週はお盆休み前の
商品補充という感じで入荷が続きます。しばらく欠品していた人気商品も再入荷しておりますのでお見逃しなく。

トップの画像は三重県 桑名鋳物の蚊遣り器です。しばらく人気の柄が欠品しておりましたが、ようやく6柄全てが揃いました。

IMG_2699

お次は岐阜県 飛騨のガラス作家、沖澤 康平さんのガラスが入荷しております。こちらも先月より欠品していたワイングラスや
輪花豆皿などの人気商品が再入荷しております。写真には写っていますが、一部で既に予約で完売してしまっている品物も
ございます。申し訳ございませんがご了承ください。

IMG_5331

 お次はお茶やコーヒー、乾物などの保存に便利なブリキ缶です。東京の下町の町工場で作っているために生産がなかなか
追いつかず、しばらく大きい方のサイズが欠品していましたが5色全てが揃いました。ですが今度は小が一部欠品中です。

IMG_5352

同じくこちらも保存容器のMokunejiさんのジャーが入荷しております。石川県 山中漆器の木地職人によるロクロ技術を
応用したケヤキの木のフタが人気のガラス瓶ですが、今回はパスタジャーを新たにラインナップに加えました。

IMG_5419

最後は兵庫県の芦屋市で作られている、mokonoさんのくねくねくつ下です。昨年の秋からのお付合いで、MARKUSでも
女性のお客様から根強いご支持をいただいております。締め付けが無い『ふわっ』とした履き心地とやさしい色合いが人気で
冷え取り愛好者やくつした好きの女性の方々から 『 次の入荷は?新作は?』 というリクエストを多数いただいておりました。

IMG_5372

今回はこれまでの人気シリーズに加え、新作 ・新色も多数入荷しており、充実の品揃えとなっております。特に新作の方
では、サンダル履きの時にも合わせたい明るい色使いのモノや短い丈のくつしたも入荷しております。

お盆休みを目前に控えた充実の商品入荷。週末までに何かしらの再入荷 ・新入荷がありますので随時お知らせ致します。

 

 

 

このページの先頭へ