HOME > 大野 敦(陶)

日々のモノ・コト

益子より~ (と、入荷いろいろ)

11月に入りました。今年は随分と寒くなるペースがゆっくりと感じられ、非常に過ごしやすい気候が続いております。昨年の今頃は 『 そろそろストーブを出そうかな 』 なんて事を考えていたような気がします。
という事で4日はお休みをいただいて、まだ暖かくて上着要らずの益子へ行ってきました。もはやMARKUSにとっても春と秋の年中行事のようになっておりますが、今回もいつものヤツを持って帰ってきました。

IMG_8480

ここ最近、益子でいつものヤツと言えば 『 原 泰弘 』 さんのすり鉢と山椒のすりこ木、そして 『 大野 敦史 』 さんの動物オブジェ、200gA’s。
今回も原さんからは3色3サイズのすり鉢と土瓶をいただいてきました。毎回春と秋にそこそこの量のすり鉢を作っていただいておりますが、いつも次の陶器市の頃にはキレイに無くなってしまいます。
また、毎回すりこ木をお願いしている関根さんからは、今回はあまり数が取れなかったそうで数は少なめです。そのかわりにいつもは仕入れない大きさの40㎝のモノをいただいてきました。

IMG_4114

大野さんの動物たちも今回は年末のギフト需要を見込んで、いつもより多めの15体。相変わらず緻密な彫刻と仕上げでリアルな質感と表情を再現されています。独特な表情やポーズはそのままですが、今回は少しだけカワイイ方向に寄せてみました。

今ならすり鉢も動物たちもたっぷりありますので選びたい放題です。気になる方はお早めにどうぞ。

IMG_4361

続きまして、今回が初めてのお付き合いとなる木工の作り手さんの『 大久保ハウス木工舎 』 さん。現在、長野県の松本市で活動されている大久保さんとは色々と間接的な繋がりはありつつも直接お会いしたのはつい最近が初めてで、本日(11/4)用事で東京に来られたついでにMARKUSにもお立ち寄りいただいて、品物を少しだけ分けていただきました。
大久保さんはひとつひとつの素材と向き合い、それぞれの特性を見極めながら全て手作業で削り出します。今回はヘラとお玉のみですが、今後はスプーンやレンゲなどの小物から木箱などの収納モノまで幅広い品揃えで選ぶ楽しみを提供していただけたらと思っております。

IMG_4256

そしてお次は、期間限定でのお取り扱いとなる、富山県南砺市で活動されている 『 井波彫刻 』 の職人さん、『 谷口 信夫 』 さんのつくる銘々皿をご紹介いたします。

MARKUSがある東京都武蔵野市と富山県南砺市は40年以上も続く友好姉妹都市で、その関連イベントとして、11月7日(土)~15日(日)の間、『 とやま南砺ウイーク in 吉祥寺 』 と題して、吉祥寺の飲食店やショップ、その他イベント会場でで南砺市の名産品をご紹介します。その中でMARKUSでは南砺市を代表する伝統工芸である 『 井波彫刻 』 をご紹介させていただきながら販売いたします。

IMG_4299

井波彫刻は1792年に焼失した井波別院瑞泉寺を再建するため、京都の本願寺の御用彫刻師が井波の大工に技術を伝えたのが始まりで、寺社彫刻をはじめ天神像や獅子頭の置物、豪華な欄間の彫刻で知られています。近年は建築物の欄間などの建具だけでなく看板や額などの製造などで、その伝統と技術が伝え残されています。

今回は数少ない井波彫刻の職人である 『 谷口信夫 』 さんの作る、楠(クスノキ)の香りが爽やかな銘々皿を期間限定でご紹介させていただきます。

IMG_4030

最後に、今年もとどきました、『 手仕事カレンダー 』 です。染色家 『 小田中 耕一 』 さんの手による、季節の風物や手仕事の品々をモチーフにした型染めの絵が、鮮やかな色彩でデザインされた楽しいカレンダーとなっております。今回も1枚モノのB3ポスターサイズと1ヶ月ごと12枚のポストカードサイズの卓上タイプの2種類となっております。

大野 敦史さんの動物たちと木の道具

寒さも随分やわらぎ、春の訪れも感じられる日が続くようになりました。もうすぐそこまで春がやってきているような気がします。
また、3月は試みにお休みナシで営業するつもりでおりましたが、6月の個展の打ち合せの為、栃木の益子に行ってくるので
【 3月18日(水) 】 をお休みさせていただきます。

話は変わりますが、最近はどうもPCの調子が悪く、何か作業を始めるとすぐ固まってしまい、HPやFBへのお知らせの投稿も
なかなか進まず、スマホからアップするのもなかなか大変で2週間ほど放置してしまいました。
今日は何とかPCの調子もいいので、今週入荷した商品のご紹介をPCの機嫌が悪くなる前にサクッとさせていただきます。

IMG_5148

まずは、いつも大人気で入荷を心待ちにしているファンの方も増やしつつある茨城県 笠間の陶彫家、『 大野 敦史 』 さんの
つくる動物達 『 200g A’s 』 が届きました。今回は16点の大量入荷で、陸の生きもの、空の生きもの、水の生きものが揃い、
これまでにない幅広いラインナップとなりました。

今回特に秀逸なのがリクガメとウミガメで、細部までこだわって質感やディテールが再現されており、もともとは芸術家である
大野さんの本領が存分に発揮されている作品となっております。

IMG_5169

その他では、今回初めて挑戦したモリアオガエルが非常に鮮やかな緑色に仕上がってきており、色ツヤといい質感といい、
本物のカエルは苦手な方でも思わず手に取って見たくなるクオリティの高さと何とも言えない表情をしています。

どれも1点限りの作品ですので、気になる方はお早めにどうぞ。

IMG_4988

そして、とても久しぶりの再入荷となる富山県のetoetoteatoさんから、ブナの木のカッティングボードが届きました。
木の皮の部分を残してざっくりと切り出されたカッティングボードは、ひとつひとつ形も表情も異なり、手に取るお客様は
いつもとても楽しそうに吟味して選ばれます。まだ入荷したばかりで在庫にも余裕がありますので、お気に入りの1枚を
選び出してください。

IMG_5111

最後に岐阜県のwoodpeckerさんから届いたヒノキのしゃもじとヘラのご紹介です。サラッとした手触りが非常に心地よく、
片面は丸く反対側はフラットに加工されている上に、ヒノキは吸湿性があり柔らかな素材であるため、食材をつぶさずに
やさしくかき混ぜたりすくう事ができます。
こちらの商品は今回限りの限定生産の為、追加の入荷はございませんのでお求めの際はお早めにどうぞ。

気が付けば3月も半分が終わろうとしています。この先、春からゴールデンウイークにかけて、しばらく入荷ラッシュが続き
ますので、今後のMARKUSにご期待ください。

 

2015年もよろしくお願い致します。

新年 あけましておめでとうございます。今年は3日から営業しております。2015年もMARKUSをよろしくお願い致します。

年が明けて、さっそく新しい品物が入荷しております。まずは、岡山県の美作で 『 Semi-Aco 』 の屋号で活動されている
加賀 雅之さんの木工製品が営業初日に初荷として届きました。

IMG_1621

今回届いた三角形の鍋敷きは、昨年の秋ごろからSemi-AcoさんとMARKUSでイチから相談しながら作り上げた新作です。
最初はもっと凝ったデザインイメージからスタートしたのですが、打ち合せが進むにつれ、どんどんシンプルになっていき、
最低限のパーツとカタチの中に必要な機能を詰め込んだ、パッと見『 何コレ?』 と、思わせる面白いデザインとなりました。

 三角の内側は小ぶりな土瓶やポットなど、底の丸い物でも安定し、全体を使えば直径20㎝を超える大きめな土鍋なども
どっしりと置く事ができます。樹種は定番のホワイトオークとブラックウォルナットの2種類です。 【 ¥3,780- (税込) 】

IMG_1476

そしてもう一つ、昨年からじわじわとファンを拡大しつつある、茨城県で 『 陶彫家 』 として活動されている大野 敦史 さんの
つくる動物達です。今回は以前入荷した分が大変好評だったシロフクロウを横向きと正面の2ポーズで作っていただいた
のと、クルっと丸まったポーズが可愛らしい、真っ白なキタキツネが届きました。

毎回入荷後にHPでご紹介すると、お目当ての動物を目がけてご来店されるお客様が多く、今回も人気が予想されます。
気になる方はお早めに。

大野敦史さん(笠間)のつくる動物たち

今年5月の初回入荷以来、すでに多くのファンを惹きつけている、茨城県の笠間で 『 陶彫家 』 を名乗って活動されている
『大野 敦史』 さんのつくる動物たちが今回もたくさん入荷しました。まとまった入荷は今回で3回目となり、新たに11体の動物
たちが届き、売場もにぎやかになりました。

IMG_7467

 大野さんは1972年 茨城県の出身で、1994年から笠間焼の窯元である大津晃窯で修業し、笠間の窯業指導所で学んだ後、
2000年に独立しました。MARKUSでお取扱いさせていただいている作品は 『 200g A’s 』 というシリーズで、200グラムの
粘土から作り上げた動物たちで、陶芸では非常に難しい塊で焼く事で、こだわりの質感と重量感を実現させ、細部にわたり
緻密な彫刻を施しています。また、モチーフとなる動物選びや、そのポージングにも高いセンスを感じるアート作品です。

IMG_7418

初めてお会いしたのは今年の5月の益子陶器市で、このリアルで可愛さを極力押しとどめた、媚びてない姿勢がにじみ出て
いる存在感たっぷりの動物達に釘付けになりました。最初は大野さんの過去の作品群やオススメの動物たちの中から製作を
お願いしておりましたが、前回からはMARKUSからアイデアを出して、モチーフとなる動物やポーズなども指定して、あとは
大野さんなりの解釈やユーモアをプラスして作っていただいております。

IMG_7393

大野さんの作風は多岐にわたっており、MARKUSでお取扱いさせていただいているような、手のひらサイズのコミカルな
作品群もあれば、青磁の緻密な透かし彫りのような美術品もあります。2010年より毎年、銀座の画廊で個展を開いており、
そこでは青磁の壷や大皿に精緻な動物や植物のモチーフの透かし彫りを施した作品を出品しており、ウン万という値段
を付けて、まさに美術品・芸術品として取り扱われているそうです。

IMG_7382

そんな芸術家であり陶彫家である大野さんですが、『木彫りの熊に錦鯉を咥えさせてください ・ パンダ色に塗って下さい。』
というMARKUSからの悪ふざけに近いリクエストにも面白がって応えて下さっています。ぜひ店頭で見て触れてみて下さい。

独特な表情と質感にハマってみてください。

IMG_7442

 

最後に雑誌掲載のお知らせです。
今月の10月15日に光文社さんから発売された雑誌、 『 Sprout (スプラウト)』 でMARKUSを掲載していただいております。

IMG_6986

今回は実際にうつわを使った盛り付け例なども紹介されており、沖縄の壹岐 幸二さんや鳥取の杉本 義訓さん、長崎の小島
鉄平さん、先日入荷したばかりの千葉の志村和晃さんのうつわがピックアップされています。

店主の写真も小さく載っておりますがその辺はスルーして下さって結構です。『Sprout 』 は主婦の方々に大きな支持を受け
ているの雑誌、 『 Mart 』 の別冊として今年の4月に発売されて、今回が第2弾となります。

IMG_7001

書店やコンビニで見かけた方はチェックしてみて下さい。

連休前の入荷いろいろ

今週末は3連休ですが、梅雨明けの発表はまだまだのようです。暑いのは苦手ですが、そろそろジメジメした梅雨も明けて、
早く夏本番になって欲しいものです。今週は夏にピッタリの人気の器や毎日使いたくなる台所道具など、夏場の家事仕事も
楽しくなる商品が入荷しております。

まずは、MARKUS 夏の定番、沖縄 読谷村の 『 陶器工房 壹 (壹岐 幸二)』 さんから人気のうつわが再入荷しております。

IMG_4829

今回の入荷では、毎回入荷するたびに人気が集中する色差し蕾唐草文様の6寸と7寸。うどんやそば、煮物からサラダまで
何にでも使える花唐草7寸鉢などが届きました。また、いつもお問い合わせの多い花点紋輪花鉢は今回の入荷には入って
いなかったので、次回の入荷までお待ちください。
その他には羊歯紋と唐草紋の5寸皿、先月より欠品していたソバ猪口の線 ・水玉 ・唐草の3種も入荷して充実しております。

続きましては新商品、紀州 和歌山、棕櫚束子(シュロタワシ)の老舗 高田耕三商店より使い心地がいいタワシが届きました。

IMG_4897

髙田耕造商店のたわしは、棕櫚繊維を熟練のたわし職人が一本一本丁寧に選り分け、繊維の太さが均一になるように厳選
して巻き上げています。昔ながらの棕櫚のたわしは柔らかくてコシが強く、手に取った時に棕櫚の持つやさしさがしっかりと
伝わります。硬くてゴワゴワしたサイザル麻やパームヤシではなく厳選された棕櫚で作られているからこそ、食器や野菜だけ
でなくカラダまで洗えるやさしいタワシなのです。

IMG_4941

今回は定番的な小判型のタワシとねじり型。そしてタンブラーやポットなど、手が入りにくい細長いものを洗うときに便利な
柄付きのタイプ。PCやデスク周り、テーブルなど気になった所をササッと掃除しやすい手箒が入荷しました。特に柄付きの
タワシは手の大きな男性には人気で、麦茶ポットなども頑張って奥まで手を突っ込まなくても底の方までしっかり洗えます。

最後は、今年の5月に益子の陶器市で見つけてきた、『 陶彫家 大野 敦史 』 さんから 200g A’s の新作のご紹介です。

IMG_5002

茨城県 笠間で活動されている大野さんが200gの粘土から作り出す動物たち 『 200g A’s 』 も、5月に届いた12体の動物達
が今や5体になってしまったところ、予めリクエストしておいた新しい動物達が完成し絶妙なタイミングで届けて下さいました。

今回は大野さんの過去の作品の中から、ライオン ・アザラシ ・ゾウ ・カバ ・バク ・マンドリルを、ポーズを変えてアレンジした
ものと、私が大好きな動物のひとつであるシロフクロウと、少々無茶ぶりでお願いした木彫りの熊(風)の合計8体の入荷です。

IMG_5067

今回も毛並から足の裏の肉球まで精巧に彫り込まれた彫刻と、大野さん独特の目線で切り取られた表情とポーズは健在で、
可愛さを極力そぎ落としたリアルさと皮肉さはユーモアをも感じます。特に今回の注目ポイントはマンドリルの顔、ライオンの
口の中、シロフクロウの目に使われている色で、九谷焼(石川県)の絵付けに使われる顔料と技法が用いられているそうで、
鮮やかな色彩と艶やかな質感を表現するにはどうしたらいいかを研究した結果、この方法にたどり着いたそうです。

 

 

 

このページの先頭へ