HOME > 季節商品

日々のモノ・コト

季節商品の記事一覧

入荷がいっぱい。年末年始の営業

個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』 も無事終わり、後片付けやら個展後の処理やらでバタバタしている中、入れ替わるように年末商品やら新商品がドドドッと流れ込んできました。このお知らせ用に写真を撮るのも一苦労なくらいに多岐にわたって品物が届いておりますので、今回のお知らせは長くなりそうなので文章少なめ写真多めでお送りします。

その前に年末年始の営業についてお知らせしておきます。

● 12月30日(金) ~ 1月3日(火) の5日間は、お正月休みとさせていただきます。

年内はこのまま休まず、12月29日(木)20時まで営業する予定です。
年始も1月4日(水)より、11時から通常通り営業いたします

IMG_5770a

という事で、まずは 『 蜂谷 隆之 』 さんの漆器のご紹介。先日、個展の品物をお返しする為に益子の岡田 崇人さんのお宅にお伺いした際に、『せっかくだから』と思い、ご近所さんの蜂谷さんの作業場にお邪魔してきました。ちょうど個展と個展の狭間だった蜂谷さんの作業場は宝の山で、個展用に作った新作や1点モノがたくさんあったので、少しづついただいてきました。

IMG_5832a

ついでに定番物の補充もさせていただき、いま店内は過去最高に漆器が充実しています。毎年の事ですが年末が近付くにつれて漆器の需要が高まってきます。来客があったり、『お正月のお雑煮をいつもよりちょっといい漆器で食べたい。だったらそんな仰々しくしないで普段でも使えるモノを。』 そんな思いから蜂谷さんの漆器を選ばれる方が年々増えているように思います。

IMG_6113a

そして、松本のカンナ妖怪。『 大久保ハウス木工舎 大久保公太郎 』 さんより、各種ヘラやお玉、サーバーなどがどっさり届いてます。大久保さんとのお付き合いも早いモノで1年が経ち、特にヘラなどは吉祥寺でお料理やお菓子作りを職業とされているプロからの評判が良く、口コミで広がっています。また、クルミ素材を使ったお玉とサーバーは軽くて非常に考えられた形状になっておりとても使い心地がいいです。

IMG_5912a

続いて、久しぶりの入荷となった 『 志村 和晃 』 さんからは、MARKUSでは初のお取り扱いとなる、染付の磁器が届いております。志村さんと初めてお会いしたのはまだ益子で活動されている頃でしたが、その前は京都や九谷で修業されていた事もあり、最近は染付の方が需要が高いそうです。志村さんの作る染付の器は可愛らしさと渋さのバランスが絶妙で、現代の食卓にもとても相性がいいです。

IMG_6259a

季節によっては寒々しく感じがちな磁器でも、志村さんの描く植物などをモチーフにした絵柄は軽やかで温かみを感じます。今回は初めてのお取り扱いという事で、比較的小さいモノを中心にお願いしました。普段から割と6寸や7寸といった大きめサイズをお求めになるお客様が多いので、あまり豆皿や豆小鉢などは注文しないMARKUSですが、今回ばかりは女子心をくすぐる小物が充実しております。

IMG_5876a

そして忘れちゃいけない人気の菊輪花皿。今回も多めに作っていただきました。この粉引きのうつわも益子から現在の拠点となっている千葉の館山に移ったばかりの頃は、色がなかなか安定しませんでしたが、館山に移って3年目となった今、徐々に益子の頃の柔らかい優しい発色に戻ってきました。こういった環境による変化も焼き物の楽しみ方の一つだと思います。

IMG_6063

そして、高山の 『 安土 草多 』 さんからは今回はガラスのランプシェードが届いております。電源の関係でMARKUSではあまりたくさんのペンダントランプを吊る事ができないため、お取り扱いできる種類にも限界があるのですが、何点か展示品が売れたら一部は新作に差し替えるようにしています。今回は一番人気の傘型のシェードの八角型を足してみました。

IMG_6034

また、同じ形や雰囲気を合わせて多灯使いされるお客様が多い為、今回からこれまでの人気商品は在庫を持つようにしました。『 せっかくだから色んな種類をバランスよく配置して吊りたい 』 という方もいれば 『 同じ種類を連続して吊って統一感を出してスッキリ見せたい 』 というお客様もいらっしゃいます。店内では1種類につき1点しか吊っていないので在庫についてはお気軽にお尋ね下さい。

IMG_6430a

岡山の 『 Semi-Aco 加賀 雅之 』 さんからはPan皿とOnigiri皿が届いております。今回はこのホワイトオークとブラックウォルナットの2色2品目のみの入荷です。よくお問い合わせで『 オニグルミ(明るい方)をお願いします。』という方が多いのですが、MARKUSで作っていただいている樹種は明るい方はホワイトオーク、暗い方はブラックウォルナットです。パッと見の色のトーンが似ているのかもしれませんが木目も質感も重量感も全然違う別物です。お間違えの無いようご注意ください。

IMG_5166a

今年も愛媛県からやってきました、宝結びのしめ飾り。先月末ごろから今年の分はまだか?というお問い合わせも何件かいただいておりましたが、お待たせしました。初めてのお取り扱いだった昨年は大人気の為12月の前半には完売してしまいましたが今年は昨年より多めにお願いしました。とは言え全て手作りなので大量に作れるモノでも無いため数には限りがあるので、今年こそはという方はお早目に。

IMG_6189a

また、根強い人気の鶴と亀の藁細工も入荷しております。『 賃貸だからしめ飾りを掛けるフックを付けられない。玄関が狭いから大きなしめ飾りはちょっと… 』 という方にピッタリのお正月飾りです。両方とも手のひらサイズなので場所も取りませんし、裏側にはちゃんと引っ掛け用の輪っかも付いていますので画鋲でも簡単に吊る事ができます。

IMG_6666a

今年も桜島の椿油が入荷しました。香りもよくサラッとしているので髪につけたりハンドクリーム代わりにしたりと昔から便利に使われています。最近は若い方にも人気で、男性もお買い上げになる方が増えてきています。もしかしたらお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、この椿油と先程の宝結びのしめ飾りの画像は昨年撮影したものの使いまわしです。なかなかキレイに撮れていたもので・・・横着してスミマセン。

IMG_3388a

4日で個展が終了した岡田 崇人さんの作品も定番や人気のあった品物を中心にいくつか残しております。会期中に都合が合わなくて来られなかった方や買い忘れがあった方は是非どうぞ。8寸皿や7寸皿などは象嵌も掻落も個展ではたくさん用意していただいていたので全量引き続き販売いたします。その他にも人気のあった角皿・角鉢などもありますので、買い足しにいかがでしょうか。

IMG_5594a

ご好評いただいたポットも残しております。残念ながら象嵌の方は完売しておりますが、個人的には掻落の方が柄がぽってりとしたポットのカタチと相性がよく、可愛げがあるので私好みです。大ぶりのカップでもちょうど2杯分くらいの容量なので使い勝手もよく、仕舞い込まずに常に見えるところに置いて眺めているだけでも飽きのこないデザインです。

IMG_6352a

ようやくの本格的な冬の到来で、今は店内の大テーブルを土鍋や耐熱モノでまとめております。この先年末に向けて追加や新作の耐熱モノが続々入荷する予定です。昨年の鍋シーズンに人気だった石川県の 『 まつやのとりみそ 』 は今年になって全国区でCMを流したりしてメジャーになってきているので、今シーズンの取り扱いはどうしようか迷っていますが要望がありましたら仕入れてみようと思っています。

今年もあと少しですが、引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

 

GMTC(ガラス・木工・鉄器・カレンダー)

間もなく10月も終わり、年末を意識するようになってきました。思えば2016年もあっという間でした。何をしていたのかよく覚えていないくらいです。実際はあんな事やこんな事もあった1年なのですが、とにかく『えっ?今年もあと2ヶ月で終わり !? 』 という感じです。ひとまず、今年を振り返るのは2ヵ月後にして、今週も入荷ラッシュが続いておりますのでまとめてご紹介させていただきます。

IMG_3874a

まず最初は茨城の 『 河上 智美 』 さんのガラスです。例年は年末年始にかけて、およそ200点ほどを3回くらいに分けて届けて下さるのですが、今年は少し早い入荷でした。今回は第1便としてタンブラー類を中心に60点送って下さいました。河上さんとはここ3年ほどはこんなペースで、春先に1年分をまとめて注文して、その分がその年の年末年始に入荷して、また春先に次のシーズンの分をお願いする。というサイクルです。

IMG_3903a

今回の入荷では5型2色、全部で10種類のグラスと2種類の鉢が届いています。5型のグラスの内の3型は昨年夏から今年の春にかけての新作の中からセレクトして、今回もクリアと薄いグレーの2色展開でご用意いただきました。河上さんの作るガラスはモールと呼ばれる型に当てて作る吹きガラスなのですが、その形状はいつも秀逸で、奇抜なように見えて実はすごく持ちやすかったりバランスが絶妙だったりと、実際手にしてみるとその使いやすさがよくわかります。

IMG_3039a

続いては、先週も第1便としてサクラ材のヘラと匙やレンゲが届いていた、松本の 『 大久保ハウス木工舎 』 さんからヘラの第2便と野菜箱がどっさりと届きました。今回のヘラは栗材のみで20本。要望の多かった左きき用から短めモノや先が丸いモノなど、いろんなお客様に触ってもらってそれぞれのベストな1本を見つけていただこうと、様々な変化を付けていただきました。

IMG_2937a

こちらの野菜箱は、MARKUSでもストックの収納などに使っている所謂 『 リンゴ箱 』 を大久保さんのアイデアで雰囲気はそのままに、ご家庭向けにコンパクトに可愛らしくアレンジされています。そしてたくさん組合わせて気軽に使えるよう、お値段を抑えるために無塗装でラフに仕上げてあります。私も自宅で使っていますが、野菜やお米のストックだけでなく、雑誌やA4書類用の封筒と横幅がピッタリ合うので、年末の大掃除に向けてお部屋や机回りの整理用に、子供のお片付け箱にいかがでしょうか。

IMG_2958a

こちらも先週に先行入荷で木地呂の筋目タイプのみが入荷していた、益子の 『 蜂谷 隆之 』 さんの多用椀が入荷しました。今回の入荷で以前扱っていたものと同じ朱と黒の2色が揃い、これで人気の多用椀が完全復活となり、これからは艶やかな朱と黒の漆仕上げとどこか懐かしい木地呂の筋目の3タイプでご提案させていただきます。これからの季節、温かい汁物やお正月のお雑煮に、ちょっと贅沢な漆器はいかがでしょうか。

IMG_3723

そして冬になると特にご要望が高くなる鉄瓶。今年はお手頃な量産の物をやめて、一人の職人の手による伝統的な技法で丁寧に作り上げられた物を選びました。シンプルで飽きの来ないデザインを追求し、装飾的なモノを極力排した、鉄の塊なのにどこか温かみのある、量産品には無い鉄肌の質感を重視した優しくて柔らかなフォルムが魅力です。今回セレクトした2つは職人歴50年の大ベテランと東日本の震災をきっかけに27歳で職人への道を決意した若手の作る伝統のカタチです。

IMG_3761a

最後はお馴染みの手仕事カレンダーの2017年版です。つい先日も 『 いつものカレンダーはまだ?』 というお声をいただいたばかりで、もうそんな時期か。と思い急いで取り寄せました。今回も染色家・小田中耕一氏の手による型染めの絵は、どの月も季節の風物が詰まっており楽しげなものばかりです。今年も例年通り12ヶ月12枚の卓上タイプとB3サイズのポスタータイプの2種類をご用意しております。

 

今年の団扇がそろいました。(・・・6月のお休み)

大忙しだったりのんびりしてたり、暑かったり涼しかったり、なんとも落ち着きのない5月も間もなく終わりです。MARKUSもおかげ様で、ひっそりと3周年を迎え、4年目に突入いたしました。昨年の6月は初めてのイベント事として益子の 『 岡田 崇人 』 さんの個展を行いましたが、今年の6月は更なる発展を目指し、『 仕入れの6月 』 とさせていただきます。

と、いう事で6月は以下の日程でお休みをいただきます。

6月 1日(水) ・ 8日(水) ・ 9日(木) ・ 10日(金)

1日(水)は毎年この時期に行われる展示会の為、8日~10日の3日間は以前にも予告しておりました、沖縄への仕入の旅へ出かけます。今回、正月以外で初めてまとまったお休みをいただきます。何件かの作り手さんにはアポイントを取っておりますが、基本的には行き当たりばったりの沖縄旅です。今後、どんな品物がお店に並ぶか楽しみにしていて下さい。

IMG_1462

そして、前回のお知らせでご紹介した型染めの団扇の第2便が到着しました。今回は今年で3回目の夏となる 『 柚木 沙弥郎 』 さんの図柄の団扇が6柄届きまして、第1便と合わせて合計で12柄のお取り扱いとなります。お取り扱いの柄の数は昨年と同じですが、今年は昨年の12柄の内、半分くらいを入れ替えて、よりポップで楽しそうな柄をセレクトしてみました。

IMG_1437

94歳となった今もなお、精力的に活動されている 『 柚木 沙弥郎 』 さんの型染め団扇。毎年大変ご好評いただいておりまして、ご自分用はもちろんギフトやお盆の帰省の手土産など、風情ある夏を彩る小道具として様々な形で喜んでいただいております。

間もなく東京にもジメジメと嫌な梅雨がやってきますが、気持ちだけでも季節先取りで、夏支度をMARKUSで揃えてみませんか。

 

5月も後半ですが

4月後半から続いた野外イベントや個展 『 田中 大喜 陶展 』 。そして嵐のゴールデンウイークも終わり、充電が切れたようにしばらく腑抜けになっておりました。そして気が付いたら5月もすでに後半戦。沖縄は早くも梅雨入りし、東京も初夏の風が吹く爽やかな季節となってきました。
連休明けで一時はスカスカになってしまった店内でしたが、新しい品物もすこしづつ届いてきております。
また、直前になってのお知らせで申し訳ございませんが、5月20日(金)はお休み とさせていただきます。

IMG_0995

という事で、今年もやってきました 型染めの団扇。今回は第1便として、広島で活動されている 『 石北 有美 』 さんの型染めの図柄を中心に6柄の団扇が届きました。(2枚目の写真の左端のみ『大木 夏子』さんの図柄)
昨年も大変ご好評いただきまして今年は昨年の売れ筋に3柄加えたラインナップでこの夏を楽しく彩ります。また、毎年人気の 『 柚木 沙弥郎 』 さんの図柄の団扇は第2便として更に6柄が6月初旬に入荷予定です。

IMG_1154a

そして、新たにお付き合いの始まった作り手さんより、今回は少量ですがうつわが届いております。秋田県の 『 白岩焼 和兵衛窯 渡邊 葵 』 さんの白釉と海鼠釉のうつわです。白岩焼の歴史は古く、1771年に始まります。11代にわたり秋田藩を治めた佐竹家の庇護により栄えましたが、江戸末期から明治にかけての動乱の中、1901年に白岩焼 130年の歴史は途絶えます。その70年後、白岩焼の復興を目指した渡邊家は、折しも民藝運動によってたびたび来訪していた 『 濱田 庄司 』 の助力もあり1974年に再興を果たしました。

IMG_1041a

『 白岩焼の特徴である海鼠釉は、日本各地で似たようなモノが使われているが 白岩焼がいちばん良い。』 と、濱田に言わしめたその青白い美しさと濃厚な質感が白岩焼和兵衛窯の最大の魅力です。海鼠釉と言うと、私は島根県の湯町窯を思い出すのですが、実は白岩焼を見るまで海鼠釉はあまり好きではありませんでした。しかし渡邊さんから見せていただいた和兵衛窯の海鼠釉によって、これまでの印象が一変しました。2005年よりお父様に師事し、現在は復興した白岩焼 和兵衛窯をご家族で守りながらご自身の白岩焼を制作する渡邊 葵さん。伝統を守りつつご自身の感性を軽やかに表現する今後が楽しみな作り手の一人です。

IMG_1212a

最後に、連休中の隙間に行ってきた益子から持ち帰ってきたいつものヤツです。年に2回の入荷ですが、ようやく3色3サイズ揃いました。また今回は山椒の木のすりこ木も豊作で20cmの小型のモノから45㎝の立派なサイズまで取り揃えております。

連休も終わった5月の後半はのんびりしたものですが、この先も何かと新しい品物が入荷予定です。また6月は沖縄への仕入れの旅も予定しております。具体的に 『どこで・何を』 というのはまだ確定しておりませんが、4年目に突入するMARKUSに今後もご期待ください。

『田中大喜 陶展』会期中ですが 【入荷とお休みのお知らせ】

ゴールデンウイークに突入しました。開催中の 『 田中 大喜 陶展 』 も5月1日(日)までと、大詰めとなってきましたが、連休中は新しいお知らせの更新がなかなかできそうもないので、先にここで連休中に備えて入荷した品物とお休みのお知らせをさせていただきます。

5月2日(月)は益子への仕入の為、お休みさせていただきます。

この他の5月のお休みは連休明けに改めてお知らせ致しますが、ひとまず今回は直近のお休みだけお知らせしておきます。よろしくお願い致します。

IMG_0469a

まずは、千葉県 館山より 『 志村 和晃 』 さんの粉引きのうつわが届きました。いつもは黄色の淡黄釉や青い瑠璃釉なども一緒にお願いしているのですが今回は粉引き一色推しです。その分、人気の菊輪花皿やカップ、鉢物など1種類当たりの数は多めに作っていただきました。いつもは気が付くといつの間にかなくなってしまう粉引きですが、今回はもう少し長くもちそうです。

IMG_0329a

岐阜県 飛騨の 『 安土 草多 』 さんのガラスのペンダントライトです。3月に入荷した分も完売してしまったため、先日のTOKYO CRAFT MARKETに一緒に出店した際に、その場で仕入れさせていただきました。前回の入荷分があまりにも早くなくなってしまったため、MARKUSでの売れ筋がいまひとつ掴めていないのですが、今回は人気のある形を安土さんにセレクトしていただきました。

IMG_0357

長野県 松本の 『 大久保ハウス木工舎 』 さんの栗材のヘラがたくさんです。大久保さんも先日のTOKYO CRAFT MARKETでご一緒した際に、終了後の片付けの時に根こそぎいただいてきました。今回は直販のイベント用という事で、普段はお店に卸さないいろんな形のヘラをいただいてきました。長さ・厚み・握りや先端の感触、全て微妙な変化があり、今回もマイベストな1本を選ぶのが大変そうです。

IMG_0669a

岐阜の 『 woodpecker 』 さんからは、しばらく欠品してしまっておりましたイチョウの木のまな板が再入荷しております。今回はいつもの緩いカーブを描いたハンドル付きのモノに加え、MARKUSオリジナルを作っていただきました。目いっぱい広く使えるようにハンドル穴をなくし、その代わりに寝かせて置いた時に手に取りやすいよう側面を斜めにカットして指がかかりやすくしてみました。

IMG_0799a

まだまだ続きます。昨年あたりから人気急上昇で、一部では入手困難と噂の 『 Semi-Aco 加賀 雅之 』 さんから、いつものPan皿、Onigiri皿、コースターが届いております。近頃はとてもお忙しくて製作が追い付かなくなってきているそうなのですが、何とか頑張ってゴールデンウイークにギリギリ間に合わせて下さいました。もう、感謝です。このお気持ちがありがたいです。

IMG_0856

ここからは季節商品のご紹介。今年は新しい日傘を導入してみました。『 傳 tutaee 』 さんという台東区にアトリエを構える布モノを中心としたモノづくりをされているデザイナーさんで、初めてのお付き合いとなる今回は 『 ツタエノヒガサ』と名付けられたラインナップから、渋めのトーンの大人めな日傘をご用意しました。

IMG_0882a

静岡県の浜松で大正時代前後から盛んに行われていた 『 注染(ちゅうせん)』 という元々は手ぬぐいや浴衣生地を染め上げる技法によって、『傳 tutaee』さんデザインの図柄に染められた生地を、東京の下町の傘職人さんの手によって日傘に仕上げられています。傘は江戸時代から分業で作られるモノの代表的なプロダクトでしたが、その古き良きモノづくりが今の時代にもしっかりと息づいています。

IMG_0525a

お次は、いつもの 『 SUMAU nani iro TEXILE 』 のガーゼ手ぬぐいの今年の夏柄が揃いました。昨年の秋冬柄も若干残っているので、一部だけちょっと渋めのトーンですが、今年の夏柄は比較的パキッとした色使いが多いようです。でも柔らかな手触りの気持ち良さは毎年変わることはありません。

IMG_0748

そして、MARKUS 夏の人気商品と言えばコレ。香川県 高松市の 『 プシプシーナ珈琲の 水出しコーヒー 』 です。ここ1~2年ほどでMARKUSの近所には自家焙煎でコーヒー豆を販売するコーヒー屋さんが増えてきた事で、専門店でもないMARKUSが豆を販売する事にちょっと気が引けてきて、しばらくコーヒーはお休みしていたのですが、コレはやります。夏になったらやっぱりコレです。

IMG_3218

コレで最後です。先日もチラッとご紹介しましたが今年も蚊遣り器の季節がやってきました。MARKUSの夏の定番人気商品、『 桑名鋳物の蚊遣り器 』 です。今年は割と早い段階からお求めのお客様が多く、既に1柄だけ欠品してしまっておりましたが、5月1日に再入荷の予定で6柄全てが揃います。緑が多い吉祥寺は、これから蚊に悩まされる季節に入りますが、今年もコレで乗り切りましょう。

IMG_5755a

今年も新商品の入荷や季節商品の始まりで盛りだくさんなゴールデンウイーク。5月2日の益子仕入れでは、いつもの 『 原 泰弘 』 さんのすり鉢や土瓶。そしてすりこぎなどを持ち帰ってくる予定です。盛りだくさん過ぎて一部置き場所がなくなる品物が出てくるかもしれませんが、例年以上にたくさんの品物をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。どうぞゴールデンウイークは吉祥寺 MARKUSへ。よろしくお願いします。

 

このページの先頭へ