HOME > 鋳物・金属加工

日々のモノ・コト

鋳物・金属加工の記事一覧

益子に行ってきました。2014年秋

先日の4日はお店をお休みして、年に2回の恒例の益子陶器市に行ってきました。私自身の活動拠点を東京に移してから、
今回で4回目の益子陶器市ですが、行くたびに毎回新しい発見と出会いがあり、非常に収穫の多いイベントのひとつです。

新しい出会いについては来年からの取組みに反映されてきますのでご期待ください。春以降から形になってくると思います。
今回は先日の益子で買い付けて持ち帰ってきた新しい商品と、今週入荷したばかりの新商品の紹介をさせていただきます。

IMG_8275

まず最初にMARKUSではオープン以来のお付き合いの 『 蜂谷 隆之 』さんの漆の器です。昨年も冬になると蜂谷さんの
漆器の人気が高まってきます。今回はいつもより少し大ぶりな 『 多用椀 』 を以前よりお願いしておりまして、この陶器市の
タイミングで仕上げていただきました。この多用椀は輪島の伝統的な合鹿椀 (ごうろくわん)の形をベースに、使いやすい
サイズにアレンジしています。フチと高台の底に布着せが施されており、見た目も口当たりも柔らかに仕上げられています。

IMG_8314

そしてもう一つ、今回の陶器市で一目ぼれしてしまい、悩み考えぬいた末に蜂谷さんにお願いして連れ帰ってきてしまった
『カレー皿 』です。そういえば、毎回陶器市の蜂谷さんのテントでは新しい発見をして、今までにない品物をその場で仕入れ
させていただいています。今回はこのカレー皿なのですが、悩みどころというのがこのお値段で、税込価格¥20,520-という、
MARKUSにとっては高額な価格帯のためにかなりビビってしまいました。

IMG_8357

ですが、この深みのある色合いといい、手に吸い付くような質感といい、この漆器で食事をすることの喜びを共感していただ
けるお客様が、もしいらっしゃったらきっとご納得いただけるだろうと思い、MARKUSの品揃えに加えました。

食事をする器としてだけでなく菓子盆としてなど、人の集まる場に華を添える存在感があり、裏側の底の部分にはアクセント
として、布着せした部分を黒い漆で切替えるといった、見えない部分にも気を使ったデザインとなっています。

IMG_8095

続いては、こちらも年に2回に入荷が恒例となっている、『 原 泰弘 』さんのすり鉢です。もはやMARKUSでは定番とも言える
原さんのすり鉢ですが、毎回大きいサイズから無くなっていく傾向が強いため、今回は大き目のサイズを多めにお願いして
作っていただきました。

原さんの作るすり鉢は高台が広くて安定感があり、フチの部分も肉厚なので力が入りやすくて使いやすいのが人気の理由
だと思います。すり鉢としてだけでなく普通の大鉢として大量の煮物などを盛り付け、食卓に並べてもインパクトがあります。

IMG_8480

もうひとつ、原さんの作る道具たちの中でもファンが多いのが土瓶です。すり鉢同様に伝統的な益子の釉薬を使用した
深みのある色合いです。ぽってりとした可愛らしいフォルムの胴体から突き出した長めの注ぎ口が特徴で、キレがよくて
非常に使いやすい土瓶です。
原さんご自身でたたいて延ばした真鍮を取っ手にしたタイプを、すり鉢と同じ3色でお願いして作っていただきました。

IMG_8182

そして今回は、すり鉢に合わせて使いたい 『山椒のすりこぎ』 も仕入れてきました。益子で竹細工の工房を構えておられる
お父様と一緒に山椒のすりこぎなどの製作をされている 『 関根 理夫 』さんの作です。

山椒の木の皮には殺菌作用がある成分が多く含まれており、昔から山椒の木のすりこ木には皮が残されて作られています。
すり鉢の大きさに合わせて3種類の大きさのすりこ木を用意しました。実際に握ってみて感触を確かめながらお選び下さい。

IMG_8233

最後に。益子の物ではありませんが、MARKUSでは年間通して人気のある、岩手県 盛岡市の伝統工芸である南部鉄器の
急須が入荷しました。今年は色んなデザインのモノを提案してみようと思い、産地の方には既にいくつか注文してあります。

今回は先行して丸っこいフォルムが可愛らしい、あまり意匠が凝っていない現代的なデザインのものが入荷しました。
この急須は本来の鉄瓶と違い、内側を琺瑯で仕上げているため直火には掛けられませんが、お手入れが簡単で陶器製の
土瓶と同じように扱えるため、鉄瓶独特の面倒な作業は必要なく、お気軽に鉄器の持つ雰囲気を楽しむことができます。

11月からは年末に向けて新商品などの入荷ラッシュが続きます。新しいネタも考えておりますので、今後もご期待ください。

お盆前の入荷いろいろ

今週末からお盆休みに入る方も多いかと思いますが、今年は曜日の並びが絶妙で、長い方だと9日(土)から17日(日)
までの9連休なんて羨ましい方もいらっしゃるそうです。お盆になると東京から人がいなくなる。なんて話もよく聞きますが、
MARKUSはお盆期間中も休まず元気に営業しております。熱中症対策を万全にしてお越しください。

という事で、メーカーさんや作り手さんも夏休みに入ってしまうと品物が届かなくなってしまうので、今週はお盆休み前の
商品補充という感じで入荷が続きます。しばらく欠品していた人気商品も再入荷しておりますのでお見逃しなく。

トップの画像は三重県 桑名鋳物の蚊遣り器です。しばらく人気の柄が欠品しておりましたが、ようやく6柄全てが揃いました。

IMG_2699

お次は岐阜県 飛騨のガラス作家、沖澤 康平さんのガラスが入荷しております。こちらも先月より欠品していたワイングラスや
輪花豆皿などの人気商品が再入荷しております。写真には写っていますが、一部で既に予約で完売してしまっている品物も
ございます。申し訳ございませんがご了承ください。

IMG_5331

 お次はお茶やコーヒー、乾物などの保存に便利なブリキ缶です。東京の下町の町工場で作っているために生産がなかなか
追いつかず、しばらく大きい方のサイズが欠品していましたが5色全てが揃いました。ですが今度は小が一部欠品中です。

IMG_5352

同じくこちらも保存容器のMokunejiさんのジャーが入荷しております。石川県 山中漆器の木地職人によるロクロ技術を
応用したケヤキの木のフタが人気のガラス瓶ですが、今回はパスタジャーを新たにラインナップに加えました。

IMG_5419

最後は兵庫県の芦屋市で作られている、mokonoさんのくねくねくつ下です。昨年の秋からのお付合いで、MARKUSでも
女性のお客様から根強いご支持をいただいております。締め付けが無い『ふわっ』とした履き心地とやさしい色合いが人気で
冷え取り愛好者やくつした好きの女性の方々から 『 次の入荷は?新作は?』 というリクエストを多数いただいておりました。

IMG_5372

今回はこれまでの人気シリーズに加え、新作 ・新色も多数入荷しており、充実の品揃えとなっております。特に新作の方
では、サンダル履きの時にも合わせたい明るい色使いのモノや短い丈のくつしたも入荷しております。

お盆休みを目前に控えた充実の商品入荷。週末までに何かしらの再入荷 ・新入荷がありますので随時お知らせ致します。

 

 

 

引き続き、入荷情報イロイロ

大忙しのゴールデンウイークも母の日も終わり、心地よい疲労感に浸りながら、燃え尽き症候群と5月病に同時にハマりそうな
5月半ばの週ですが、そんなヒマも無いくらい立て続けに入荷がありましたので、一気にまとめてご紹介させていただきます。
また忘れない内に冒頭でお知らせさせていただきますと、5月はもう1日、24日(土)にお休みをいただきます。お間違いなく。

まずは、先日の5月1日にお休みをいただいて行ってきた益子陶器市で出会い、目を奪われてしまった陶器の動物達です。
陶器市会場でひととおり作家さん達へのご挨拶も済み、何か新しい発見は無いかとあちここち物色していましたたところ、
このリアルで可愛さを極力押しとどめた、媚びてない姿勢がにじみ出ている存在感たっぷりの動物達に釘付けになりました。

IMG_3635

作り手は 『 大野 敦史 』 さんという、陶彫家を名乗り茨城県で活動されている作家さんです。1972年 茨城県の出身で、
笠間焼の窯元で修業した後に独立しました。今回お取扱いさせていただいた作品は、『 200g A’s 』 という200グラムの
粘土から作り上げた動物たちで、陶芸では非常に難しい塊で焼く事で、こだわりの質感と重量感を実現させ、細部にわたり
緻密な彫刻を施しています。また、モチーフとなる動物選びや、そのポージングにも高いセンスを感じるアート作品です。

IMG_3650

お次は、以前にも紹介しました、香川県高松市の特産物、『 庵治石 』 を使ったデザインプロダクト 『 AJI PROJECT 』の
ドアストッパーやブックエンドです。前回入荷分が一旦完売してしまいましたので再入荷しました。
特に、分銅型のドアストッパー(漬物石でも可)と、天然石を真っ二つに切り分け、断面を磨き上げただけのブックエンドが
人気で、MARKUSでの 『 AJI PROJECT 』 製品の取り扱い情報を聞きつけて遠方からご来店される方もいらっしゃいました。

IMG_3665

お次は、これも再入荷の南部鉄器の鉄瓶と急須です。この春に鉄瓶 ・急須類が一旦完売しまして、夏の間はしばらく
お取扱いをお休みしようと思っていたところ、暖かくなってからもお問い合わせやリクエストもたくさんいただきましたので、
人気の鉄鍋などと合わせて、サイズや形、デザインなどはコロコロ変えながらも年間通してお取扱いする事にしました。
本当はゴールデンウイークや母の日に間に合うように注文を入れていたのですが、このタイミングとなってしまいました。
ですが、来月6月は父の日もありますので、お父さんへのギフトとしてもいかがでしょうか。

IMG_3720

最後は隠れファンが多いNoritake (のりたけ)さんのイラストがプリントされたトートバッグです。のりたけさんのイラスト
自体が最近は露出が非常に高く、雑誌 ・広告などで目にする機会が多くなるにつれて人気も高まっていき、のんびり
取り扱っていたところがこの春に完売してしまっておりました。のりたけさんの方でもしばらく在庫切れだったのですが、
最近になって再入荷しましたので、以前まで取り扱っていた3柄に、不思議なデザインの 『 とぶ人 』 を新たに加えて、
4柄の展開となりました。更に月末ごろにはNEWデザインの2柄も加えて6柄となってお取扱いする予定です。

IMG_3695

最近は取扱い商品が多岐にわたりすぎて、自分でも 『 迷走してるかな?』 と、思ってしまうほどのカオス状態なMARKUS
ですが、これからもお客様に楽しんでいただける品揃えとお店づくりを目指していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

ゴールデンウイーク直前入荷情報

世間では今日からゴールデンウイークに突入です。11連休なんていうウラヤマシイ方もいるとか。吉祥寺の街も井の頭線の
駅と直結した『キラリナ』も先日オープンして、たくさんのお客様でにぎわう事でしょう。
そんなゴールデンウイークを目前に、いくつか入荷がありましたのでご紹介いたします。

まずは昨年夏に大人気だった、三重県桑名鋳物の蚊遣り器です。周辺に緑の多いMARKUSではムシが多くて、昨年の夏は
ずっとこの蚊遣り器で蚊取り線香を焚いていました。上フタの模様のデザイン性もさることながら、風が吹いても中の灰が飛び
散らない ・薄くて場所をとらない ・程よい重量感で、ちょっと引っ掛けたくらいではひっくり返らない ・小さなお子さんやペット
がいたずらでない。などといった機能面でも大変優秀な蚊遣り器です。昨年買いそびれた方もお早めにどうぞ。

IMG_3249

つづきまして、おなじみの鹿児島 ・宋艸窯のうつわです。今回はマグカップ ・ゆのみ ・鉢モノが入荷しております。この春は
お祝いなどのギフトで大人気だったため、入荷前まではかなりスカスカな状態でしたが、今回の入荷でだいぶ賑やかに
なりました。日当たりのいい窓際で春の日差しを浴びて、宋艸窯独特の色合いが鮮やかに映えています。

IMG_3248

最後に、つい先日も入荷したばかりの岐阜県飛騨市で活動されている沖澤 康平さんのガラスが再入荷しております。
暖かくなるにつれガラス人気が高まっており、昨年からのお付き合いの沖澤さんのガラスがブレイク中です。入れ違いで
欠品してしまったモノも一部ございますが、今回の入荷でMARKUS取扱いのラインナップはほぼ全商品揃いました。

IMG_3259

この他にもゴールデンウイーク期間中もいろいろと入荷する予定です。遠方から東京にお越しになる方も、都内でのんびり
する予定の方も、ぜひ吉祥寺にお越しの際はMARKUSにもお立ち寄りください。

※ ゴールデンウイーク期間中(4月26日 ~ 5月6日)は、5月1日(木 ・平日)のみお休みをいただきます。それ以外は
  通常通り営業いたしますので、よろしくお願い致します。

 

新商品がたっぷり入荷しています。

今週は毎日何かしらの入荷があり、新商品のお知らせをするタイミングを逸してしまっておりましたので、今週1週間分の
入荷商品をまとめて、入荷した順にお知らせ致します。

まずは、岩手・南部鉄器のお鍋とフライパン。昨年末に鍋の方は1点だけ仕入れたものの、店頭に出してわずか半日で
売れてしまい、ほとんどのお客様の目にも触れることなく無くなってしまった商品です。今回は同じシリーズのフライパン
も一緒に入荷しております。どちらも直径20㎝の小ぶりなサイズで、調理してそのまま食卓に出すにはちょうどいい
大きさです。フライパンの方は一人分のおかずなどをサッと調理するのに便利な大きさなので、この春からお弁当作りに
頑張ろうと思っている方には良き相棒となってくれるのではないでしょうか。

IMG_2013

南部鉄器の次はステンレスです。MARKUSでは地味に人気がある新潟・燕市の工房アイザワさんの調理道具です。
まったく新しい商品という訳ではないのですが、いつもどれかが欠品しており久しぶりに全てが揃ったので、あらためて
ご紹介します。
ステンレスを試しにウィキペディアで調べてみると、『「ステイン」(Stain、汚れ・サビ)「レス」(less、ない)という意味。』
と、説明されています。その名の通り、軽くて錆びないため取扱いが楽で、先程の南部鉄器の対極をいく素材です。
アイザワさんの道具はそこに手仕事の温かみとデザイン性がプラスされており、長年多くのご家庭で愛用されています。

IMG_2074

続きまして、タオルの町、愛媛県の今治市から、KONTEXさんのタオルです。KONTEXさんのタオル自体はMARKUS
オープン時からずっとお取扱いはしているのですが、Web上で紹介したことがありませんでした。また、チェック柄の方は
昨年末からの取り扱いなのですが、初回入荷してから長期欠品しており、このたびようやく全ての取扱商品が揃ったので
あらためてこの場でご紹介いたします。

ライン柄の方はオーガニックコットンを使用しており、吸水性が高くフワフワな肌触りです。チェックの方は麻が入っており、
フワフワに加えてサラッとした質感で、こちらも吸水性バツグンです。どちらもハンド・フェイス・バスタオルの3サイズです。

IMG_2170

次は明治38年創業、沖縄で伝統の泡盛づくりを続けている 『 崎山酒造廠 』 さんの薬膳味噌シリーズの 『 おかず味噌 』 。
全国から選りすぐった『玄米・はと麦・黄大豆・黒千石大豆・黒胡麻・沖縄自然海塩』を贅沢に使い、5つの穀物の特性を
引き出す為に素材ごとにこだわった下拵えを行い、長年の泡盛作りで培った技を活かして麹づくりや醸造を行っています。

味は5種類。にく味噌・しーくゎーさー味噌・バーニャカウダ・ねぎ味噌・島らっきょう味噌 です。どれも地元沖縄で採れた
素材を使っており、ご飯はもちろん野菜との相性もよく、和でも洋でも様々なバリエーションで楽しむことができます。

IMG_2226

最後に、もはやMARKUSでおなじみ、鹿児島 ・宋艸窯の竹之内さんより、人気のゆのみ等と一緒に、少量ですが新作が
入荷しております。まず1つめはいっちん湯のみの紺です。昨年末に先行して白が入荷しておりましたが、少し遅れまして
紺が届きました。いっちんの突起がドット柄に配置され、ちょうど突起がすべり止めとなって安心して使える。と、人気です。

そしてもう一つは昨年秋から、竹之内さんにお願いしていた竹之内さんにとっても全くの新商品。楕円鉢の中サイズです。
宋艸窯のうつわの中でも非常に人気が高い楕円鉢を、重厚感・質感をそのままに一回り小さくしたサイズになっております。
これまで楕円鉢を手に取って大変気に入っていただいたものの 『 大きさ ・重さ ・お値段 』の面から諦めてしまったお客様
をたくさん見てきて、何とかできないかと思い、竹之内さんに相談しておよそ半年、このように仕上げていただきました。

IMG_2255

宋艸窯の入荷に合わせてテーブルの上もガラッと変えてみました。春を感じさせる鮮やかな楽しい売場になりました。
今週の入荷はここまでです。今月はまだまだ新しい商品の入荷が続きます。ご期待ください。

 

このページの先頭へ