HOME > 陶磁器 > 小島 鉄平(長崎)

日々のモノ・コト

小島 鉄平(長崎)の記事一覧

小島 鉄平 祭り ・・・ 宋艸窯・蜂谷さん・woodpeckerさん

7月に入りました。とっくに梅雨入りはしているものの降りそうで降らない、それでいてジメジメしているスッキリしない毎日ですが、今年も半分が過ぎて、もう間もなく本格的な夏がやってきます。あるテレビ番組では 『今年は観測史上最高の猛暑と、NASAが発表しました』と、恐るべきコメントを発表していましたが、もう38度とか39度では驚かなくなってきています。決して慣れではなく、もはや諦めですね。

IMG_2227

4月以降、ここ3ヶ月ほどはまとまった大きな入荷も無く、鳴りを潜めていた感のあるMARKUSでしたが、ようやく売り場がガラッと変わる程のインパクトと物量の入荷がありました。まさに渇ききった売り場に恵みの雨です。そしてこのたびMARKUSに恵みの雨をもたらしてくれたのは、およそ1年と3か月ぶりのご無沙汰となる、長崎の 『てつ工房 小島 鉄平』 さんと鹿児島の 『宋艸窯』 さんで、偶然にも同じ九州の作り手さんからでした。

IMG_1936

小島さんは長崎にお住まいなのですが、昨年の入荷以降、何度か東京でお会いする機会があり、一緒に飲んだり食べたりしている中で、今取り組んでいる事や今後やってみたい事。作品のスタイルや制作過程の事。更には現在、新しい薪窯を自ら制作中だがいつになったら完成するのか全く見通しが立っていない事など、色々と興味深い近況を直接ご本人からうかがっていました。

IMG_2325 (2)

そして今年の5月に中目黒のSMLさんで毎年行われているGOLDEN SLIPWAREというイベントで小島さんにお会いした際に、これまでの水墨画のようなタッチのスリップウェアとはまた違った作風の新作を見せていただき、それ以降、何度か小島さんと連絡を取り合って今回の入荷にこぎつけました。その数なんと130点。小規模な企画展レベルの数量です。

IMG_2002

小島さんはとにかく勉強熱心な方で、MARKUSにも何度か入荷した『押し紋』のシリーズなどは、2014年に出西窯など山陰の窯元に勉強しに行った際に身に付けた技法で作り出しました。そして今回の可愛らしいタッチのスリップは、同じく山陰・島根の名工 『舩木 研児 』先生へのオマージュとして考えられたそうです。ひとたび新しいカタチに取り組み感触をつかむと、とにかくたくさん作って色々試したい性分の小島さんなので、夢中になっている内にたくさん作ってしまった。という事で今回の 『 小島 鉄平 祭り 』 となりました。

IMG_2069

それでも、以前のタッチのスリップの方が好み。という方もいらっしゃると思いまして、今回は新旧織り交ぜた品揃えとなっております。例えば同じ鹿紋でもどのように印象が異なるか実際に並べて比べてみるのも面白いと思います。そして今回のラインナップですが、人気の六角と角皿・丸皿などの小さいモノから 5寸・6寸・7寸・8寸と幅広いレンジで取り揃えた平皿。毎回入荷のたびに人気の角鉢と新作の楕円鉢。柄も幅広く色んな模様を見ていただきたいと思いまして、1品目当たりの数も多めにご用意いたしました。

IMG_2353

そしてスリップと並んで人気の押し紋シリーズも、今回は特に人気の高い呉須を中心に、楕円鉢の大と中、そして角鉢といった感じで、特に大きなモノで、どちらかと言うと平皿より鉢物人気が集まる押し紋シリーズのテッパンの品揃えでご用意しました。今回の押し紋は改良に改良を重ねて、前回までの入荷分と比べると大幅に軽くなりました。前の入荷分が既に完売してしまっているので実際に比べる事はできませんが、見た目の重厚感や存在感はそのままに、明らかに軽くなり扱いやすくなっております。是非お手にとってお確かめ下さい。

IMG_2038

そして小島さんと1日違いで入荷した宋艸窯さんからは平皿が届いております。また今回は久しぶりにφ27㎝の大サイズも入荷しました。これでおよそ2年ぶりくらいで大・中・小の3サイズ3色が揃いました。今年は春にも平皿・マグ・湯のみ・楕円鉢などが入荷し、ハイペースに頑張っていただきましたが、平皿の入荷は年内はコレが最後です。そして秋頃にはマグとどんぶりが入荷する予定です。

IMG_2405

まだまだあります。岐阜県のwoodpeckerさんからは、しばらく欠品しておりましたイチョウの木のまな板が2サイズ。山桜のカッティングボードも2サイズ届いております。こちらも相変わらずの人気で、気が付いたらいつの間にか無くなっているという状態なので、なるべく切らさないように気を付けているのですが、早めに注文を入れても最近では生産がなかなか追いつかなくなってきているそうです。

IMG_2447

最後に益子で漆器を制作されている 『蜂谷 隆之』 さんから、昨年末に人気だった李朝椀のMARKUSオリジナル塗り分けバージョンが再入荷いたしました。ここ最近は暑い時期でも漆器をお求めになるお客様が多く、特に以前から人気の筒鉢や今回再入荷した李朝椀などは、今の時期ですとおそうめんや冷たいお蕎麦などをツルッといきたい時などにとても重宝します。

IMG_0976

7月に入り、急に活気づいてきたMARKUS。特に今週は毎日何かしらの品物が届いているので忙しくて夏バテどころではなくなってきました。暇が続くと身も心もダメダメになっていく私なので、毎日が忙しいというのはありがたい事です。今回の入荷ラッシュで売り場も随分変わって見応え充分です。2016年の後半戦を活気ある売場でスタートできました。皆様のお越しをお待ちしております。

ゴールデンウイークの品揃え

いよいよ今週末からゴールデンウイークが始まります。既に先日の土日からお休みで、来週の土日まで16連休なんて人も
世の中にはいるそうですが、今年の傾向は割と国内でのんびり。なんて方が多いようです。

MARKUSも参加している『TOKYO CRAFT MAP~東京工藝月間2015』に参加している各店舗では、面白そうな企画や
イベントごとが目白押しですが、MARKUSにも負けじとこの期間に合わせて、全国から続々と品物が集まってきています。

MARKUSでも配布しておりますのでマップ片手に東京の街へ工藝めぐりのお散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

IMG_5974

という事でGW直前の今週も先週に引き続きまして、たっぷりと品物が届いておりますので、順番にご紹介していきます。

まずはおなじみ、沖縄の『陶器工房 壹』の壹岐 幸二さんより、毎年人気の染付のうつわがおよそ80点と、いつもより若干
多めに届いております。今回は定番の1色柄の染付皿は5寸のみで、いつも人気の高い、鮮やかな緑色の挿し色がとても
きれいな点紋輪花鉢と染付色差し皿を中心に入荷しております。

IMG_7309

まだまだたくさん注文しておりますので、今回入荷しなかった染付の6寸 ・7寸皿などもGW以降に順次入荷する予定です。

続いては先週のお知らせでも予告しました、長崎県の 『 小島 鉄平 』 さんより、新作の押し紋のうつわが入荷しております。
今年の年明けに定番のスリップウェアと合わせて少量ですが、入荷があった分があっという間に完売してしまい、その後に
大急ぎで追加注文した分が早くも今週に入って入荷してきました。

IMG_7179

前回の入荷分では7寸ボウルや楕円鉢など大物に人気が集中したため、今回は大き目のサイズもたくさん焼いていただき
ました。今回のラインナップは楕円鉢の大と中、7寸 ・6寸ボウル、6寸皿と7寸皿という品揃えですが、前回と同様に同じ柄
というものは2つとしてありません。全てが個性豊かな1点モノとなっております。また、今回は前回から少し改良されて若干
軽くなっております。この研究熱心な姿勢が小島さんの真骨頂ではないでしょうか。

IMG_7369

今回も更に深みを増した色合いに加え、様々なバリエーションの押し紋のパターンも増え、お気に入りの1枚を選び出す
のもひと苦労ですがそれが楽しみでもあります。まだ入荷したばかりで在庫も豊富ですが気になる方はお早めにどうぞ。

最後は今回の入荷が初めてのお付合いとなる新しい作家さん。滋賀県の信楽で作陶されている 『 廣川 温 』 さんです。

IMG_7435

廣川さんは1984年生まれのまだまだ若い作家さんですが、ご両親も陶芸のお仕事をされており、今回はお父様も得意と
される耐熱のうつわを作っていただきました。ここ何年かは毎年お父様と二人展をされており、最近になって廣川さんも
耐熱のうつわを作られるようになったそうなのですが、入荷した時の荷物に添えられていたお手紙では 『 自分で言うのも
なんですが、釉薬の流れ具合など結構いい感じで焼けた窯 』 と、おっしゃっており、控え目ながらも今回の出来具合に
対する自信がみなぎっております。

IMG_7449

見た目は軽やかに見えますが、耐熱 ・耐火陶器という調理道具の側面を持つ器として、どっしりとした重量感があります。
直接火にかけて煮物やシチュー。オーブンに入れてピザやグラタンなど幅広い料理に活用でき、出来たてをそのまま
テーブルに運べばうつわとしての見栄えもいいので季節を問わず活躍してくれます。そして使い込むほどに風合いを増し
愛着のわく1枚となる事と思います。

ゴールデンウイークの直前入荷は以上です。いつも以上の充実の品揃えで皆様のご来店を心からお待ちしております。

『 小島 鉄平 』 さん(長崎)の新作と 『 陶器工房 壹 』さん(沖縄)のポット

まだまだ寒い日が続きますが、日毎に太陽が出ている時間が長くなっているのを感じ、長かった冬もすでに折り返したな。
と、思う今日この頃です。先週はMARKUS開業以来初めて、体調不良の為にお店を休んでしまいましたが、もう元気です。

 そんな私の体調の回復を待っていたかのように、今週は長崎で活動されている 『 小島 鉄平 』 さんの新作の器と、沖縄の
『陶器工房 壹 』 さんのポットと湯のみが届いております。

IMG_2505

小島さんとは2013年の12月からのお付合いで、当初は動物をモチーフにしたスリップウェアのみのお取扱いだったのです
が、小島さん自身、2014年は新たな修行の年として、島根 ・ 鳥取などの作り手や窯元などを訪ね、ご自身の技にみがきを
かけるとともに新しい技術や感性を身に着けて帰ってこられました。その 『 新生 小島鉄平 』 の発表の場として、昨年9月に
銀座松屋行われた手仕事直売所で拝見した新作の数々には、初めて民芸の器を見た時のような感動と興奮を覚えました。

IMG_2559

今回の新作の中で、小島さんが新たに取り入れた技法は、 『 墨流し 』 と 『 押し紋 』 です。どちらも日本に古くから伝わる
陶芸の技法なのですが、それに従来のスリップウェアの技法を組み合わせ、非常に多彩で表情豊かな作品群となりました。

『墨流し』とは、比較的スリップウェアに近い技法で、スリップ同様に垂らした化粧土を掻いたり揺すったりしてできた流れが
模様となります。『押し紋』はハンコのような器具で、均等にバランスよく模様を押していき、できた凹凸に釉薬を流すことで
模様となります。流す釉薬によっては書いたようにハッキリとした模様になったり、色の濃淡だけで立体的な模様になります。

IMG_2509

今回の入荷分もこれまで同様、小島さんの感性のおもむくまま一発勝負で仕上げられた図柄であるため、同じものは無く、
全てが1点モノです。今回はおよそ100点のうつわが届き、色柄はもちろんの事、形も様々な種類で作っていただきました。

100種類全てここでお見せ出来ればいいのですが、さすがにそれは難しいので、出来るだけ多くの柄をご覧いただける
ように種類別にまとめてアップしました。先程も申しましたが全てが1点モノで無くなったら同じ器は2度と入荷しませんので、
気になるモノがありましたらお気軽にお問い合わせください。

IMG_2592

 最初の写真、4×6列に並んだ器は、上2列が6寸鉢(直径185×高さ50㎜)で、下2列が6寸皿(直径180×高さ30㎜)です。
2枚目の4×5列に並んだ器は全て5寸皿(直径150×高さ25㎜)。3枚目の長方形の器は角鉢(180×160×高さ40㎜)です。
4枚目、四角い角皿(110×110×高さ20㎜) ・ 六角皿(115×115×高さ20㎜) ・ 丸い中皿は(直径130×高さ30㎜)です。
最後の楕円鉢(220×270×高さ55㎜) ・ 7寸鉢の押し紋(直径220×高さ55㎜ ・ 7寸鉢墨流しスリップ(直径200×高さ45㎜)
となっております。ひとつひとつに個体差があり、サイズは作り方にによっては3~5㎜程度の差異があるモノがあります。

IMG_2598

こちらに掲載しきれていない器もいくつかありますので、是非店頭でお手に取ってご覧ください。ちょっと感動モノですよ。

そしてもう一つ、MARKUSでは既におなじみの沖縄  『 陶器工房 壹 (壹岐 幸二) 』 さんより、新しい形のポットと湯のみが
届きました。今までにない丸くぽってりとした形で手に収まりがよく、お茶の香りをより楽しんでいただくのに適した形をした
湯のみです。

IMG_2659

お湯のみと一緒に届いたポットは、土瓶と言うよりも、まさにティーポットと呼びたい洋ナシ型のフォルムをしています。
お皿の方で人気のあった 『 色差し蕾唐草 』 模様で、とても爽やかな雰囲気をまとっています。容量も大きく、800~
900mlは入りますので、多めのお湯で香りや色を楽しみたい紅茶にも適しています。

IMG_2684

こちらのポットも1点限りの入荷で早い者勝ちとなっております。湯のみの方は3種類とも多少多めに入荷しておりますが、
おひとつ¥1,620 と大変お手頃価格となっており、人気が出そうな予感がしております。こちらも気になる方はお早めに。

 

てつ工房 (小島 鉄平さん 長崎県)のうつわが入荷しました

先日、昨年末に入荷した新商品の中でご紹介しました、長崎で活動されている小島鉄平さんのうつわが追加入荷しました。
年始にこのページでご紹介して以来、たくさんの方にご興味いただいておりましたが、今回の入荷で更にボリュームを増して
もっと多くのお客様にお選びいただけるようになりました。

IMG_0766

小島さんが長崎で陶芸を始められたのが、今からおよそ10年前。最初は会社勤めと並行しながら陶芸の勉強に励む毎日
でしたが、今ではご自身の工房を構え、地元長崎で賞を貰うまでになりました。キャリアを積んだ今でも勉強熱心な姿勢は
変わらず、ご自身の工房からもほど近い、焼き物の産地である波佐見に頻繁に勉強に出かけたり、今年の1月末からは山陰
地方に修行の旅に出られるそうです。

IMG_0756

小島さんが器づくりに用いる『スリップウェア』は、古くから世界各地で見られた陶芸の装飾技法で、粘土と水を混ぜた液状の
化粧土に、別の色の土を垂らしたり引っ掻いたりしながら模様を描くというもので、日本でも民芸運動の頃のうつわにも多く
見る事ができ、非常に人気があります。

小島さんが修行の旅に出られる山陰にも、民芸運動の頃からスリップウェアを作る有名な窯があり、島根県の布志名で採れる
土や釉薬はスリップウェアを学ぶ上で絶好の素材です。修行から戻った小島さんがどんな器を作るのか今から楽しみです。

IMG_0737

スリップウェアをご存知の方の中には、スリップと言えば大胆で力強い模様を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
小島さんの描く絵柄は、独特の軽妙さと愛嬌がある躍動感あふれる、自然の動物たちがメインです。それらは一つ一つ手書
きで描かれ、全てが味わいある1点ものです。

 今回MARKUSのために作っていただいたのは、鹿と鳥(ニワトリ・ヒヨコ)のみですが、この他にもタコ・魚・タツノオトシゴなど
さまざまな動物たちを実に生き生きと描いています。

IMG_0857

 現在、お店にはたくさんの小島さんのうつわがありますが、同じものは2つとしてありません。縁の模様・動物・大きさや位置、
すべてこの世にたった一つしか存在しないもので、同じものは2度と作ることができません。
数ある小島さんの作品の中から、お気に入りの一つを見つけ出すの楽しみこそが小島さんのうつわの魅力だと思います。

是非、店頭で実際にお手に取ってお確かめください。

 

 

昨年末から新年の新入荷 【おさらい①】

年末年始にかけて何かと入荷がありましたが、バタバタとしており、ちゃんとご紹介できていない物がいくつかありましたが、
年が明けてようやく落ち着いてきましたので、ここであらためてご紹介させていただきます。

 まずは、長崎で作陶されている 『小島 鉄平 』 さんのスリップウェア。初めてのお付合いで、昨年の12月中頃に入荷した
MARKUS初のスリップウェアです。もともとはスリップウェアやいっちんが大好物の私ですが、個性が強すぎて初めて見る
お客様のウケはどうなんだろう。と躊躇していたところ小島さんの作品と出会いました。

IMG_0093

 スリップウェアとは、古くからヨーロッパや世界各地でみられる陶芸の装飾技法で、日本でも民芸運動の頃の作品にも多く
用いられています。粘土と水を混ぜた液状の化粧土に、別の色の土を垂らしたり引っ掻いたりしながら模様を描く技法です。

小島さんのスリップウェアは、スリップ独特の重厚感のある模様と言うよりは動物の絵柄が中心で、軽妙さや愛嬌があります。
そして躍動感あふれる動物たちは、一つ一つ手書きで描かれ、全てが味わいある1点もので、選ぶのが楽しい作品です。
今回の入荷はごく一部で少量ですが、1月末までにまだまだたくさん入荷する予定です。

IMG_0117

続いては、12月に入ってすぐに入荷した、新しいお付き合いの作家さん。滋賀県で作陶されている 『田中 大喜』さんです。
田中さんとは、昨年11月に行った大阪のクラフトフェアでお会いして話がまとまり、翌月には品物を届けていただきました。
こういったスピード感あるお付き合いの始まりは初めてですが、このテンポの良さになんとなく強い縁のようなものを感じます。

1976年、京都出身の田中さんはMARKUSでお付き合いのある多くの作家さん達や私とも同世代。2006年に独立後、
一時期は陶芸から遠ざかっていた時期もあったそうですが、2010年に今の滋賀県大津市にご自身の工房を構えました。

IMG_0109

「どこか色気を感じることができるモノづくり」を日々の製作の中で意識して目指しています。と語るその作品は、これまでの
MARKUSに無かったシャープなフォルムに緩やかな曲線が美しく、艶やかで深みのある釉薬の色合いが魅力的です。
うつわを表現する言葉としてふさわしいかどうかわかりませんが、『セクシー』 という言葉が似合います。
こちらも今回入荷しているのはごく一部で、春先にかけて他の形のうつわも続々入荷する予定です。

IMG_0141

 最後は岡山県 美作市で活動されている木工作家の Semi-Aco こと加賀 雅之さんのタオルハンガーです。
加賀さんについては11月に小物が入荷した時にご紹介しましたが、12月に入り大物のタオルハンガーが入荷しました。

私にとって自立型のタオルハンガーと言えばコレ!と言うくらい惚れ込んで、Semi-Acoさんとのお付き合いが始まった。
と言っても過言ではない商品です。と言うのも、20代の頃にイギリスからアンティーク家具やパイン家具を輸入して、リペア、
販売する仕事をしていた時期があり、その当時扱っていたのがこの形のタオルハンガーでした。

最近は木工の自立型タオルハンガーと言えば、屏風のようなシェーカースタイルを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、
このタイプは軽くて持ち運びができ場所を取らず、そして空気を通す空間を作る事ができるので乾きが早いのがメリットです。

【おさらい②】に続く

このページの先頭へ