HOME > 陶磁器 > 山田 洋次(滋賀)

日々のモノ・コト

山田 洋次(滋賀)の記事一覧

河上智美さんと山田洋次さん

まだまだ寒い日が続きますが明日から3月という事で、気持ちの上でも少し春めいた高揚感といいますか軽やかさを感じるようになってまいりました。1月と2月は寒さに縮こまっていたMARKUSですが、気候が暖かくなるとともに身も心も硬さをほぐして元気を出していこうと思います。

まずは、直近のお休みのお知らせを。
● 3月4日(土)は、お休みをいただきます。

IMG_7903a

最初は信楽の山田洋次さんから、根強い人気のスリップウェアと最近力を入れている黄釉のうつわがおよそ80点。かなりの存在感で届きました。今回のスリップウェアはこれまでのマットな質感のモノに加えて新作の独特なツヤ感のある浅めの楕円皿が届いております。これまでの楕円浅鉢と比べてひと回り大きいサイズなのでカレーやパスタ、ワンプレートで済ませたい時などに便利です。

IMG_7978a

スリップ以外ではイッチンの平皿と浅鉢。黄釉のプレートとてっぱつ型の丸鉢がそれぞれ2サイズと、選び甲斐のあるバリエーションです。前回の入荷ではオーブンウェアのみだった黄釉のうつわも今回はグッと幅が広がり、柔らかな淡い黄色で埋まった売場はパッと菜の花が咲いたように春の訪れを感じさせます。スリップも今回は使い勝手のいい小さい角鉢が届いております。画像では見えにくいですが、今回のスリップは今までにない個性的な柄がたくさんありますので、ぜひ店頭でお確かめください。

IMG_7818a

そしてカップ類も充実しております。前回の入荷で人気だったモロッコカップの再入荷分に加えてマグカップが2型入荷しております。まるっとしたシェイプが可愛らしいしもぶくれ型とスッキリしたストレート型。どちらもたっぷり入り、コーヒーがおいしそうに見える色あいです。モロッコカップはもともとチャイを飲むために古くからあるカップの形を模して作られています。トルコなどでも同じような形のチャイ用のカップが使われていますが、細いくびれが持ちやすくちょうどいい容量で、ほうじ茶なども似合いそうです。

IMG_1188a

オーブンウェアのシリーズも年末で完売してしまったオーバルタイプが再入荷して耐熱シリーズの売り場もまだまだ充実しております。オーブンウェアと名前で区別しておりますが、実は今回の入荷分のほとんどが耐熱のうつわです。茶色の飴釉がかかったイッチンのうつわと黄釉の鉢とカップ以外は全てオーブン・電子レンジ・食洗器に対応している便利な存在です。特に黄釉は使い込む事で表情に変化が生まれ、育てる楽しみがあるうつわなのです。

IMG_8054a

お次は、お久しぶりの入荷となる茨城の河上智美さんの吹きガラス。ココ何年かはだいたい毎年3月にまとめて200点近く注文して、その年の年末から翌年の1月か2月にかけて2~3回に分けて品物が届くのがサイクルなのですが、今回は昨年10月に第1便としてグラス・タンブラー類中心で入荷して、そして先日になって鉢物を中心におよそ100点が入荷しました。最近はこのサイクルを覚えて下さったお客様も多く、今頃の時期になると河上さんのガラスをお求めになる客様からのお問い合わせもたくさんいただくようになりました。

IMG_8261a

という事で今回の入荷ではタンブラー類は新作の1型のみで、あとは大小さまざまな鉢モノというラインナップとなっております。個人的にガラスで7寸以上のサイズとなると洗いモノや収納の際に、ちょっと取り扱いが怖いな。という印象があるので比較的小さめなサイズが中心となるのですが、大ぶりなサイズも2型2色ご用意しております。サラダはもちろん、デザートや果物を盛ってみたり、夏場には冷たいうどんやそうめんなどにもピッタリです。夏が来る前には無くなってしまうので気になる方はお早めに。

IMG_8197a

以前に河上さんからご紹介いただいた新作がとても可愛らしかったので、今回は特に手のひらサイズの小ぶりな鉢が充実しております。カタチも様々で何を盛りつけようか考えるのも楽しくなります。そして河上さんと言えば色ガラス。という事で今回もクリアとグレーをご用意しております。近年はどこでもクリアのガラスの方が人気のようですが、薄く色を差したガラスを通す春の柔らかい光。なんていうのもイイ眺めですよ。

という感じで、春の到来を目前に控えた大型の入荷で俄然ヤル気を出しているMARKUSです。3月と4月はまだまだいろいろ届きます。ご期待ください。

山田 洋次さんより入荷がありました。

迷走の挙句、全国に猛威を振るった台風も過ぎ去って、東京は残暑の中にもどこか秋めいた空気を感じるようになってきました。気が付けばもう9月。早いもので今年も残すところ3分の1となりました。
MARKUS開業4年目の今年は積極的に外に出て新規開拓をしよう。という事で第1弾として6月に沖縄へ仕入れの旅に出かけましたが、9月は第2弾として島根県へ出掛けます。
日程は2泊3日を予定しておりまして、9月13日(火)~15日(木)の3日間はお休みとさせていただきます。

IMG_1251

そんな8月も残すところあと1日となった久しぶりの晴天の日に、台風と入れ替わるように信楽で作陶されている 『 山田 洋次 』 さんより、スリップウェアとオーブンウェアが届きました。山田さんのうつわは昨年末から今年の1月けにかけて耐熱のスリップウェアがたくさん入荷して大変ご好評いただきました。MARKUSでは既にお馴染みの齊藤十郎さんや小島鉄平さんのつくるスリップウェアとはまた違った作風で、マットな質感と独特な模様に初見の方でも惹きつけられていました。

IMG_1338a

スリップでは今回は、前回の入荷でも人気だった8.5inchの丸深皿と長角鉢の中。今回が初入荷となるイッチンでらせん模様を施した飴釉の7寸鉢。そして山田さんがここ2~3年で個展などでも積極的に取り組んでいらっしゃる黄釉のシリーズをMARKUSでも初めてお取り扱いさせていただく事になりました。

IMG_1032

 この黄釉のシリーズは、トロっと掛けられた柔らかみのある淡い黄色の釉薬と素焼き部分のサラッとした手触りが魅力で、地中海沿岸の国で作られる陶器のようなエキゾチックな雰囲気がありつつも装飾的な部分は排して、土と釉薬と造形を全面に押し出したシンプルかつプリミティヴな 『 道具 』 という側面を強く感じられます。

IMG_1188

今回の入荷では、モロッコカップ名付けられたチャイが似合いそうなクビレたカップと、温かみのあるスープカップ。そしてラウンドの9inchと10inch、オーバルのオーブンディッシュが届いております。
昨年より少し早いですが、耐熱モノの入荷で少しづつ季節の移り変わりを感じられる売場へと変化していっております。また、山田さんのスリップウェアは、おそらく年内にもう一度楕円鉢や角鉢の小などが入荷する予定です。そちらもご期待ください。

山田洋次さんのスリップウェアが入荷しました。

1月も後半戦に入り、正月気分も完全に抜けきって束の間ののんびり気分に浸っていたら、今度は東京に大雪が降りました。この冬は暖冬で土鍋の動きも見込んでいた程ではなかったのですが、この1週間ほどで急に寒くなってきた事で耐熱モノや土鍋の動きも活発になってきました。仕切り直しで売り場も整理しましたので、ちょっと見やすくなった土鍋・耐熱祭り。スタート時から半分ほど無くなってしまいましたが、まだまだこれからです。八木橋 昇さん、鈴木 史子さん、廣川 温さん、お三方の土鍋もまだ在庫アリです。

IMG_7048

先月にも先行して一部入荷していました、信楽で活動されている 『 山田 洋次 』 さんのスリップウェアの追加が入荷しました。先月入荷していた分は大皿を残してほぼ完売してしまっていたので非常に嬉しいタイミングでの入荷です。前回の倍の60点以上のボリューム感と存在感。全て表情が異なりますのでお気に入りの一つを見つけて下さい。

IMG_6932

今回は8.5 inchの深皿と7寸の平皿といった非常に使い勝手のいいカタチのお皿が届いております。深皿の方はオーブンでの調理も可能でスリップらしい大胆な柄がお皿いっぱいに施されており、平皿の方は中央にイッチンでワンポイントの模様のみでシンプルながらも1枚1枚焼き上がりの表情が異なり、こちらも個性豊かで選ぶのが楽しくなります。

IMG_6909

そして前回に引き続き、楕円の浅鉢と角の浅鉢、更に今回は角鉢の小さいサイズも入荷しております。先月の入荷分では、品出し直後から人気が殺到して年を越す前には無くなってしまいましたが、今回はたくさん届いておりますのでじっくりお選びいただけます。こちらもオーブンでの調理が可能ですので1年通して出番の多いうつわとなると思います。

IMG_6974

更に今回はマーブル柄のマグカップとゴブレット、フリーカップも入荷しております。ゴブレットはMARKUSでは陶器で初めて扱うカタチで、湯呑として使ってもいいですしワインや焼酎など冷たいモノから暖かい飲み物まで、いつもとちょっと違った雰囲気で幅広く楽しむ事ができます。プレゼントにもいかがでしょうか。

IMG_7103

最後に、今シーズンはずっと品薄だった鉄器がようやく入荷しました。昨年秋ごろからNHKの『美の壺』やBSの番組などで何度か南部鉄器を取り上げられたせいか、今シーズンは昨年の夏前からまとめて注文しているにもかかわらず、なかなか足並みがそろわなかったのですが、今回の入荷で何とか見応えのある品揃えとなったのではないでしょうか。奥の2つは1L程度の容量で小ぶりなサイズですが直火にかけられる鉄瓶です。手前の2つは0.5L程度の容量で、直火にはかけられないタイプのいわゆる急須です。

役者が揃いました(耐熱モノの追加と山田洋次さんのスリップウェア)

先週ご紹介した今年の耐熱モノですが、今週も続々入荷しておりまして、どうにか予定していた役者が全て揃いました。ニュースでは今年はエルニーニョ現象の影響で暖冬と言われておりますが、我が家では今年は既に3回も鍋をやりました。土鍋に限らずグラタン皿や耐熱鉢。鍋料理には欠かせない調味料など、昨年と比べてもかなり充実した品揃えで皆様のお越しをお待ちしております。

IMG_6358

という事で、まずは久しぶりの入荷となりました、信楽で活動されている『山田 洋次』さんの耐熱のスリップウェアです。山田さんのうつわは昨年の8月以来の入荷ですが、前回と比べてグッと重厚感を増したスリップらしいスリップウェアをお願いしました。すべて手描きで施される線も荒々しく、そしてマットな仕上がりがMARKUSでお取り扱いがある他のスリップ作家の齊藤十郎さんや小島鉄平さんの作り出す作品とはまた違う趣があります。また、今回入荷した山田さんのスリップはマグカップ以外は全てオーブンでもご使用いただけます。

IMG_6527

そして、既にご紹介しております八木橋 昇さん、廣川 温さんに続き、3人目の土鍋の作り手、『鈴木 史子』さんの土鍋が入荷いたしました。鈴木さんは今年の9月に入荷した白いプレートのシリーズが大変人気でしたが、先月に先行して入荷した両手鍋や入れ子鍋、そして今回の土鍋など、耐熱のうつわでは白のシリーズとはまた違った側面を見せてくれています。
鈴木さんの土鍋は八木橋さんの白と黒のモノと同じく内寸の直径は25㎝でやや大ぶりですが、内側の深さは6㎝と比較的浅めに作られています。その分フタがこんもりとした形となっておりますので、野菜をたっぷりと入れても食べ頃にはしんなりしてちょうどいい高さになっています。だいたい2~3人前というところでしょうか。

IMG_6450

また、八木橋さんから黒いうつわだけ追加で入荷しました。昨年の傾向からすると、どちらかと言えば白より黒の方が人気があったようなので、今年は少しだけ黒を多めにお願いしておりました。そして今回の入荷分では丸い耐熱の浅鉢が届いたことで、先程の鈴木さんの黒と黄色の土鍋と合わせて、今年予定していた充実の耐熱シリーズが全て揃いました。

IMG_6511

最後に、こちらも先週に青柚子胡椒と赤柚子胡椒が先行して入荷していた徳島県の『木頭ゆず』から、ねり生七味とゆずしょうが蜜が届きました。ねり生七味は木頭ゆずに加え、本タカ(赤唐辛子)・実山椒・生姜・青のり・天日塩・黒ごまの7種の国産の香り豊かな薬味をブレンドし生の風味をそのまま生かしております。
ゆずしょうが蜜は、収穫後24時間以内に手絞りした木頭ゆず果汁と国産蜂蜜、そして高知県産の黄金生姜と金時生姜のエキスをブレンドしたシロップです。4倍希釈で、夏は水や炭酸水で割ったりシャーベットにかけたり。冬場はお湯割りや紅茶・焼酎に入れてもおいしく楽しめます。食後のお口直しにいかがでしょうか。

 

お盆前の入荷いろいろ ②

お盆休みを前に東京もゆるゆると台風が近付いているようで、今日の吉祥寺は久しぶりの曇り空(時々雨)となっております。
といっても蒸し暑いのは変わらないのですが、雨が降ってくれると少しだけ涼しくなったような気がします。

今回は、7月末に初入荷した信楽の 『 山田 洋次 』 さんのうつわの追加分と、岡山のSemi-Aco 加賀 雅之 さんの木工品の
新作と再入荷分が届いております。

山田さんのスリップウェアは、前回の入荷分には入っていなかったオーバルリムプレートのMサイズ(2柄2色)が届きました。
初回の入荷分の内、ご好評につき一部完売してしまったモノもありますが、今回の入荷で再び充実の品揃えとなりました。

IMG_5518

 Semi-Acoさんからは、人気のPan皿 ・ Onigiri皿 ・ コースター ( それぞれ White Oak / Black Walnut  )に加えて、新作の
豆皿と5寸皿 (オニグルミ)が入荷しました。

今回の新作は、イメージとしてはPan皿・Onigiri皿を10㎝と15㎝の正方形にし、浅くリムを立ち上げたシンプルなデザインで、
菓子皿やコースター、トレイとしても便利な、使い回しのきく仕様となっております。樹種はオニグルミのみとなっております。

画像は、どうしても手の込んだフローリングのように並べた状態を見てみたかったので、非常にわかりにくい真上からの写真
ですが、実際の質感や仕様はぜひ店頭でお手に取ってお確かめください。

このページの先頭へ