HOME > 陶磁器 > 志村 和晃(千葉)

日々のモノ・コト

志村 和晃(千葉)の記事一覧

入荷がいっぱい。年末年始の営業

個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』 も無事終わり、後片付けやら個展後の処理やらでバタバタしている中、入れ替わるように年末商品やら新商品がドドドッと流れ込んできました。このお知らせ用に写真を撮るのも一苦労なくらいに多岐にわたって品物が届いておりますので、今回のお知らせは長くなりそうなので文章少なめ写真多めでお送りします。

その前に年末年始の営業についてお知らせしておきます。

● 12月30日(金) ~ 1月3日(火) の5日間は、お正月休みとさせていただきます。

年内はこのまま休まず、12月29日(木)20時まで営業する予定です。
年始も1月4日(水)より、11時から通常通り営業いたします

IMG_5770a

という事で、まずは 『 蜂谷 隆之 』 さんの漆器のご紹介。先日、個展の品物をお返しする為に益子の岡田 崇人さんのお宅にお伺いした際に、『せっかくだから』と思い、ご近所さんの蜂谷さんの作業場にお邪魔してきました。ちょうど個展と個展の狭間だった蜂谷さんの作業場は宝の山で、個展用に作った新作や1点モノがたくさんあったので、少しづついただいてきました。

IMG_5832a

ついでに定番物の補充もさせていただき、いま店内は過去最高に漆器が充実しています。毎年の事ですが年末が近付くにつれて漆器の需要が高まってきます。来客があったり、『お正月のお雑煮をいつもよりちょっといい漆器で食べたい。だったらそんな仰々しくしないで普段でも使えるモノを。』 そんな思いから蜂谷さんの漆器を選ばれる方が年々増えているように思います。

IMG_6113a

そして、松本のカンナ妖怪。『 大久保ハウス木工舎 大久保公太郎 』 さんより、各種ヘラやお玉、サーバーなどがどっさり届いてます。大久保さんとのお付き合いも早いモノで1年が経ち、特にヘラなどは吉祥寺でお料理やお菓子作りを職業とされているプロからの評判が良く、口コミで広がっています。また、クルミ素材を使ったお玉とサーバーは軽くて非常に考えられた形状になっておりとても使い心地がいいです。

IMG_5912a

続いて、久しぶりの入荷となった 『 志村 和晃 』 さんからは、MARKUSでは初のお取り扱いとなる、染付の磁器が届いております。志村さんと初めてお会いしたのはまだ益子で活動されている頃でしたが、その前は京都や九谷で修業されていた事もあり、最近は染付の方が需要が高いそうです。志村さんの作る染付の器は可愛らしさと渋さのバランスが絶妙で、現代の食卓にもとても相性がいいです。

IMG_6259a

季節によっては寒々しく感じがちな磁器でも、志村さんの描く植物などをモチーフにした絵柄は軽やかで温かみを感じます。今回は初めてのお取り扱いという事で、比較的小さいモノを中心にお願いしました。普段から割と6寸や7寸といった大きめサイズをお求めになるお客様が多いので、あまり豆皿や豆小鉢などは注文しないMARKUSですが、今回ばかりは女子心をくすぐる小物が充実しております。

IMG_5876a

そして忘れちゃいけない人気の菊輪花皿。今回も多めに作っていただきました。この粉引きのうつわも益子から現在の拠点となっている千葉の館山に移ったばかりの頃は、色がなかなか安定しませんでしたが、館山に移って3年目となった今、徐々に益子の頃の柔らかい優しい発色に戻ってきました。こういった環境による変化も焼き物の楽しみ方の一つだと思います。

IMG_6063

そして、高山の 『 安土 草多 』 さんからは今回はガラスのランプシェードが届いております。電源の関係でMARKUSではあまりたくさんのペンダントランプを吊る事ができないため、お取り扱いできる種類にも限界があるのですが、何点か展示品が売れたら一部は新作に差し替えるようにしています。今回は一番人気の傘型のシェードの八角型を足してみました。

IMG_6034

また、同じ形や雰囲気を合わせて多灯使いされるお客様が多い為、今回からこれまでの人気商品は在庫を持つようにしました。『 せっかくだから色んな種類をバランスよく配置して吊りたい 』 という方もいれば 『 同じ種類を連続して吊って統一感を出してスッキリ見せたい 』 というお客様もいらっしゃいます。店内では1種類につき1点しか吊っていないので在庫についてはお気軽にお尋ね下さい。

IMG_6430a

岡山の 『 Semi-Aco 加賀 雅之 』 さんからはPan皿とOnigiri皿が届いております。今回はこのホワイトオークとブラックウォルナットの2色2品目のみの入荷です。よくお問い合わせで『 オニグルミ(明るい方)をお願いします。』という方が多いのですが、MARKUSで作っていただいている樹種は明るい方はホワイトオーク、暗い方はブラックウォルナットです。パッと見の色のトーンが似ているのかもしれませんが木目も質感も重量感も全然違う別物です。お間違えの無いようご注意ください。

IMG_5166a

今年も愛媛県からやってきました、宝結びのしめ飾り。先月末ごろから今年の分はまだか?というお問い合わせも何件かいただいておりましたが、お待たせしました。初めてのお取り扱いだった昨年は大人気の為12月の前半には完売してしまいましたが今年は昨年より多めにお願いしました。とは言え全て手作りなので大量に作れるモノでも無いため数には限りがあるので、今年こそはという方はお早目に。

IMG_6189a

また、根強い人気の鶴と亀の藁細工も入荷しております。『 賃貸だからしめ飾りを掛けるフックを付けられない。玄関が狭いから大きなしめ飾りはちょっと… 』 という方にピッタリのお正月飾りです。両方とも手のひらサイズなので場所も取りませんし、裏側にはちゃんと引っ掛け用の輪っかも付いていますので画鋲でも簡単に吊る事ができます。

IMG_6666a

今年も桜島の椿油が入荷しました。香りもよくサラッとしているので髪につけたりハンドクリーム代わりにしたりと昔から便利に使われています。最近は若い方にも人気で、男性もお買い上げになる方が増えてきています。もしかしたらお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、この椿油と先程の宝結びのしめ飾りの画像は昨年撮影したものの使いまわしです。なかなかキレイに撮れていたもので・・・横着してスミマセン。

IMG_3388a

4日で個展が終了した岡田 崇人さんの作品も定番や人気のあった品物を中心にいくつか残しております。会期中に都合が合わなくて来られなかった方や買い忘れがあった方は是非どうぞ。8寸皿や7寸皿などは象嵌も掻落も個展ではたくさん用意していただいていたので全量引き続き販売いたします。その他にも人気のあった角皿・角鉢などもありますので、買い足しにいかがでしょうか。

IMG_5594a

ご好評いただいたポットも残しております。残念ながら象嵌の方は完売しておりますが、個人的には掻落の方が柄がぽってりとしたポットのカタチと相性がよく、可愛げがあるので私好みです。大ぶりのカップでもちょうど2杯分くらいの容量なので使い勝手もよく、仕舞い込まずに常に見えるところに置いて眺めているだけでも飽きのこないデザインです。

IMG_6352a

ようやくの本格的な冬の到来で、今は店内の大テーブルを土鍋や耐熱モノでまとめております。この先年末に向けて追加や新作の耐熱モノが続々入荷する予定です。昨年の鍋シーズンに人気だった石川県の 『 まつやのとりみそ 』 は今年になって全国区でCMを流したりしてメジャーになってきているので、今シーズンの取り扱いはどうしようか迷っていますが要望がありましたら仕入れてみようと思っています。

今年もあと少しですが、引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

 

『田中大喜 陶展』会期中ですが 【入荷とお休みのお知らせ】

ゴールデンウイークに突入しました。開催中の 『 田中 大喜 陶展 』 も5月1日(日)までと、大詰めとなってきましたが、連休中は新しいお知らせの更新がなかなかできそうもないので、先にここで連休中に備えて入荷した品物とお休みのお知らせをさせていただきます。

5月2日(月)は益子への仕入の為、お休みさせていただきます。

この他の5月のお休みは連休明けに改めてお知らせ致しますが、ひとまず今回は直近のお休みだけお知らせしておきます。よろしくお願い致します。

IMG_0469a

まずは、千葉県 館山より 『 志村 和晃 』 さんの粉引きのうつわが届きました。いつもは黄色の淡黄釉や青い瑠璃釉なども一緒にお願いしているのですが今回は粉引き一色推しです。その分、人気の菊輪花皿やカップ、鉢物など1種類当たりの数は多めに作っていただきました。いつもは気が付くといつの間にかなくなってしまう粉引きですが、今回はもう少し長くもちそうです。

IMG_0329a

岐阜県 飛騨の 『 安土 草多 』 さんのガラスのペンダントライトです。3月に入荷した分も完売してしまったため、先日のTOKYO CRAFT MARKETに一緒に出店した際に、その場で仕入れさせていただきました。前回の入荷分があまりにも早くなくなってしまったため、MARKUSでの売れ筋がいまひとつ掴めていないのですが、今回は人気のある形を安土さんにセレクトしていただきました。

IMG_0357

長野県 松本の 『 大久保ハウス木工舎 』 さんの栗材のヘラがたくさんです。大久保さんも先日のTOKYO CRAFT MARKETでご一緒した際に、終了後の片付けの時に根こそぎいただいてきました。今回は直販のイベント用という事で、普段はお店に卸さないいろんな形のヘラをいただいてきました。長さ・厚み・握りや先端の感触、全て微妙な変化があり、今回もマイベストな1本を選ぶのが大変そうです。

IMG_0669a

岐阜の 『 woodpecker 』 さんからは、しばらく欠品してしまっておりましたイチョウの木のまな板が再入荷しております。今回はいつもの緩いカーブを描いたハンドル付きのモノに加え、MARKUSオリジナルを作っていただきました。目いっぱい広く使えるようにハンドル穴をなくし、その代わりに寝かせて置いた時に手に取りやすいよう側面を斜めにカットして指がかかりやすくしてみました。

IMG_0799a

まだまだ続きます。昨年あたりから人気急上昇で、一部では入手困難と噂の 『 Semi-Aco 加賀 雅之 』 さんから、いつものPan皿、Onigiri皿、コースターが届いております。近頃はとてもお忙しくて製作が追い付かなくなってきているそうなのですが、何とか頑張ってゴールデンウイークにギリギリ間に合わせて下さいました。もう、感謝です。このお気持ちがありがたいです。

IMG_0856

ここからは季節商品のご紹介。今年は新しい日傘を導入してみました。『 傳 tutaee 』 さんという台東区にアトリエを構える布モノを中心としたモノづくりをされているデザイナーさんで、初めてのお付き合いとなる今回は 『 ツタエノヒガサ』と名付けられたラインナップから、渋めのトーンの大人めな日傘をご用意しました。

IMG_0882a

静岡県の浜松で大正時代前後から盛んに行われていた 『 注染(ちゅうせん)』 という元々は手ぬぐいや浴衣生地を染め上げる技法によって、『傳 tutaee』さんデザインの図柄に染められた生地を、東京の下町の傘職人さんの手によって日傘に仕上げられています。傘は江戸時代から分業で作られるモノの代表的なプロダクトでしたが、その古き良きモノづくりが今の時代にもしっかりと息づいています。

IMG_0525a

お次は、いつもの 『 SUMAU nani iro TEXILE 』 のガーゼ手ぬぐいの今年の夏柄が揃いました。昨年の秋冬柄も若干残っているので、一部だけちょっと渋めのトーンですが、今年の夏柄は比較的パキッとした色使いが多いようです。でも柔らかな手触りの気持ち良さは毎年変わることはありません。

IMG_0748

そして、MARKUS 夏の人気商品と言えばコレ。香川県 高松市の 『 プシプシーナ珈琲の 水出しコーヒー 』 です。ここ1~2年ほどでMARKUSの近所には自家焙煎でコーヒー豆を販売するコーヒー屋さんが増えてきた事で、専門店でもないMARKUSが豆を販売する事にちょっと気が引けてきて、しばらくコーヒーはお休みしていたのですが、コレはやります。夏になったらやっぱりコレです。

IMG_3218

コレで最後です。先日もチラッとご紹介しましたが今年も蚊遣り器の季節がやってきました。MARKUSの夏の定番人気商品、『 桑名鋳物の蚊遣り器 』 です。今年は割と早い段階からお求めのお客様が多く、既に1柄だけ欠品してしまっておりましたが、5月1日に再入荷の予定で6柄全てが揃います。緑が多い吉祥寺は、これから蚊に悩まされる季節に入りますが、今年もコレで乗り切りましょう。

IMG_5755a

今年も新商品の入荷や季節商品の始まりで盛りだくさんなゴールデンウイーク。5月2日の益子仕入れでは、いつもの 『 原 泰弘 』 さんのすり鉢や土瓶。そしてすりこぎなどを持ち帰ってくる予定です。盛りだくさん過ぎて一部置き場所がなくなる品物が出てくるかもしれませんが、例年以上にたくさんの品物をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。どうぞゴールデンウイークは吉祥寺 MARKUSへ。よろしくお願いします。

 

志村 和晃さんと八木橋 昇さん

7月も残すところあと1週間。梅雨も明け子供たちは夏休みに入り平日でも吉祥寺の街は賑わっております。そんな本格的な夏の訪れとともに二人の作家さんからうつわの入荷がありました。
まず一人目は今月の前半にも一部入荷があった千葉県の館山で活動されている 『 志村 和晃 』 さんです。先日の入荷では涼しげな瑠璃釉のみでしたが、今回は淡黄釉と人気の粉引きが入荷し、MARKUS定番の3色が揃いました。

IMG_9667

志村さんは作風の幅が広い作家さんで、最近は染付や鉄絵などの人気が高いそうですが、この深みのある色合いと手の込んだ加飾に惚れてしまったMARKUSでは、昨年夏の初めての入荷からずっと粉引き ・ 淡黄釉 ・ 瑠璃釉の3色展開です。

IMG_9658

今回の入荷でおよそ1年ぶりに各色充実のラインナップで揃った志村さんのうつわ。並べてみるとやはり鮮やかな色合いに目を見張ります。
昨年の今頃に活動の場を益子から故郷の千葉県 館山に移し、ますます精力的に作風だけでなく活躍の場を広げている志村さん。今後どんな変化を見せてくれるのか非常に楽しみな作家さんの一人です。

IMG_9581

そしてもうひと方、信楽で作陶されている 『 八木橋 昇 』 さんの黒釉 ・ 粉引 ・ 灰釉のうつわが入荷しております。八木橋さんはMARKUSオープン以来のお付き合いで、ひとつひとつのうつわに個性が表情豊かに現れ、お店でお気に入りの一つを吟味するのも楽しくなるうつわです。

IMG_9573

今年の5月にも入荷がありましたが、その時は平皿が中心だったのに対して今回は鉢物ばかりの入荷です。定番の丸縁の鉢からつば広鉢、楕円鉢に耳付きの鉢まで様々バリエーションがあり、何を盛りつけようかイメージするだけでも楽しくなります。

IMG_9548

そして今回の入荷を機に、梅雨も明け季節も変わったという事で売り場の配置を一部変えました。まず、今月入荷したばかりの 『 沖澤 康平 』 さんのガラスは、独特の揺らぎと透明感が映えるよう日差しが入る明るい窓際の定位置へ。

IMG_9621

そして反対側の窓際には、夏らしく涼しげな 『 壱岐 幸二 (沖縄) 』 さんと 『 冨本 大輔 (常滑) 』 さんの染付の器を配置しました。

これから夏本番の暑い日が続きますが、お出かけの際は水分補給を忘れずに。そして吉祥寺へお越しの際はMARKUSで涼んでいってください。

今週の入荷いろいろ

個展『岡田崇人の仕事』の延長戦も終了して、昨日は残った作品をお返しするため益子まで行ってきました。定番の品物や新作で今後定番化されるモノなど、一部の品物は引き続き店頭で販売させていただきますので、まだまだしばらくは岡田 崇人さんの作品はご覧いただけます。

IMG_9379

今週は、個展が明けて個展用の品物をお返しして店内がスッキリしてしまったところへ絶妙なタイミングで3人の作り手の方々から入荷があり、賑やかさを取り戻しました。

まずは、岐阜県の飛騨で活動されている 『 沖澤 康平 』 さんのガラスです。並べてみると、ちょうど先月末に入荷した沖縄の壱岐 幸二さんの染付の器と相性が良かったので、お二人の作品を一緒に展示してみました。沖澤さんのガラスは独特のゆらぎと透明感があり、涼しげな壱岐さんの染付との組み合わせで、間もなくやってくる夏らしい売り場となりました。

IMG_9465

ガラスの写真を撮るのはなかなか難しく、本当は天気のいい日に太陽の光をかざすように撮るのが一番キレイにガラスの透明感や揺らぎを表現するにはいいのでしょうけれど、あいにくの雨続きで太陽が顔を出すのを待っている訳にもいかず、今回はあえて逆を行き、照明を全て落として落ち着いたトーンで撮ってみました。

IMG_9430

お次は、昨日、岡田さんの作業場にうかがったついでにご近所にお住まいの漆作家 『 蜂谷 隆之 』 さんのお宅にお邪魔して持ち帰ってきた人気の『 筒鉢 』 です。今年の春以降ずっと欠品しておりましたが、ようやく朱と黒が揃いました。

MARKUS唯一の漆器の作家さんで、岡田さんの個展で味をしめたMARKUSが次のターゲットとして考えている作家さんの一人でもあり、昨日は世間話程度にそのあたりのご相談もしてきました。また、今年の冬に向けてMARKUS別注のお椀もお願いしており、今後のお付き合いが楽しみな作家さんです。

IMG_9492

最後に、現在、千葉県の館山で作陶されている 『 志村 和晃 』 さんのうつわです。初回の入荷がちょうど昨年の今頃で、その頃はまだ益子で活動されていて、昨年の8月に活動の場を故郷の千葉に移して間もなく1年になります。今回は涼しげな瑠璃釉のみの入荷ですが、人気の粉引きや淡黄釉もお願いしているので、今後引き続き入荷すると思います。

今週の入荷はこんな感じです。ジメジメと嫌な天気が続きますがMARKUSの店内は一足早く夏の装いに変わってきております。今後もご期待ください。

 

志村 和晃さん(千葉県)の器が入荷しました。

激しかった2週連続の台風も過ぎ去って穏やかな秋晴れとなった10月中旬、千葉県の館山で作陶されている志村 和晃さん
が、以前よりお願いしていた器を千葉からわざわざ直接お持ちいただきました。

志村さんとは今年の5月の益子の陶器市からのお付合いで、7月に先行して初回の入荷があり、今回の入荷でMARKUSが
お願いした全ラインナップが揃いました。前回入荷分も大変ご好評いただきましてほとんど無くなってしまっていたところへ、
今回はおよそ100点の品物をお持ちいただき、充実の品揃えとなっております。

IMG_7093

志村さんについては前回の入荷の際にもご紹介しましたが、あらためてもう一度。
1979年 千葉県館山市のご出身で都内のデザイン系専門学校を卒業後に社会に出たものの、25歳の時に 『 本当に自分
のやりたい事は何か 』 を自らに問い、陶芸を志し京都の伝統剛芸専門学校へ進み、ろくろと絵付けを学びました。その後
2006年より石川県の九谷焼の工房で修業し、2008年より益子に移り更に修行を重ねた後、2012年に独立を果たしました。

IMG_7207

独立して3年目でまだまだ若手と言える志村さんですが、京都で焼き物の基礎を学び、九谷で感性を磨いて、益子で大きく
開花したその作風は、京都や九谷で培った染付や鉄絵などの技法から、様々な釉薬を使いこなすなど非常に幅広いです。
そんな中でも一貫して意識しているのが 『うつわは料理の引き立て役である』 という考え方で、ご自身も料理好きだけあって
常に料理が美味しく見える器づくりを心がけて作陶されているそうです。

IMG_7173

今年の7月に最後の修行の地である栃木県の益子を離れ、活動の場を生まれ故郷の千葉県館山に移しました。今回の入荷
の中には地元館山に新たに築いた窯で初めて取り組んだ作品もあり、以前から志村さんの作品をご存知の方も新たな発見
となる品揃えとなっているのではないでしょうか。

特に深みのあるブルーが美しい瑠璃釉は、釉薬自体は以前から使っていたものの、今回のMARKUSへの入荷分で初めて
作っていただいた形とバリエーションです。

IMG_7261

 もともとは既存の黄色い釉薬のラインナップしか作っていなかったシリーズなのですが、陶器市の会場でこの瑠璃釉を見た
時に、黄色の淡黄釉と青い瑠璃釉を2色展開で並べた売場を想像したら『ぜひ実現して見てみたい』と強烈に思ってしまい、
無理言ってお願いしたものです。

今回こうして2色のうつわが揃って、自分のイメージ通りで大変満足な出来栄えに、売場陳列が終わった後もしばし見とれて
しまいました。ぜひ多くのお客様にもこの2色の釉薬を楽しんでいただきたいと思っております。

IMG_7281

また、今回の入荷分は前述のとおり、千葉に移って新しい窯でつくった作品なので、前回までの益子の窯で作った作品とは
若干表情の異なる器もございます。

前回入荷した粉引の器は、より白が強く、見た目に光沢の無いサラッとした印象であったのに対して、今回入荷した粉引は
光沢があり、灰釉のように釉薬のたまりができ、色目も渋めになっております。移転前までと釉薬の調合は基本的には変えて
おらず、以前の質感に近づけるよう研究もして下さっているのですが、これはこれで質感に深みがあって個人的には好きな
ので、このまま販売する事に致しました。もし以前に粉引をご購入で買い足しをお考えの方は現物を見てからご検討下さい。

IMG_7068

納品に来て下さった際に記念撮影させていただきました。見た目どおりのほんわかとした穏やかなお人柄で、ガッチリとした
体格で、益子にいた頃は作家仲間とフットサルを楽しんでいたという肉体派です。

 

 

このページの先頭へ