HOME > 陶磁器 > 白岩焼和兵衛窯・渡邊 葵(秋田)

日々のモノ・コト

白岩焼和兵衛窯・渡邊 葵(秋田)の記事一覧

師走です。八木橋昇さんと廣川温さんの土鍋と白岩焼の酒器と旅の思い出

12月に入りました。毎年同じ事をココで書いてますが、1年が経つのはあっという間です。年々早く感じます。色々あったはずのこの1年ですが正直あまり良く覚えていません。今年の総括はまた後日改めてするとして、まずはお休みのお知らせです。

● 12月7日(木)・ 12日(火)は お休みをいただきます。

これ以降は年末まで休まず営業致します。年内の最終営業日につきましては例年通り29日までにするか今年は30日まで頑張るか悩み中なので、どちらかなるべく早めに決めてお知らせ致します。

信楽の八木橋 昇さんから耐熱の土鍋や片手鍋が届きまして、耐熱モノの売り場に様変わりしております。八木橋さんからは昨年同様に8.5寸(3~4人分)の平土鍋や片手鍋。毎年人気のとんすいが届いております。そして今年は久しぶりに1尺サイズ(5~6人分)の平土鍋もお願いしました。写真ではわかり難いですが圧倒的な存在感です。一般のご家庭で需要があるのか?と思われがちですが、ご要望の声が毎年ありまして、満を持しての登場です。

そして信楽から益子に移住して2年の廣川温さんからも2~3人用と4~5人用の2サイズの土鍋が届いております。お取り扱いさせていただくようになって今年で3シーズン目ですが毎回少しずつ進化しています。今回の変更点は持ち手です。これまで水平についていた持ち手を少し下がり気味に付ける事で指の引っ掛かりが良くなり持ちやすくなりました。今年もあともう一人の方に土鍋をお願いしておりますので、年内には全てが揃い三者三様の土鍋をお楽しみいただける予定です。

秋田県角館の白岩焼和兵衛窯の渡邊葵さんからは今回はマグカップと酒器のみですが、かなりのボリュームで届いております。前回もご好評いただいたマグカップは今回は少し改良していただき、縁の外側まで海鼠釉を流して口当たりが柔らかくなるように変化をつけてみました。縁から少し釉薬が流れる様が海鼠釉の深い青を強調して、見た目にも美しく一つ一つの個性となって表れています。

そしてMARKUS 2017年のヒット商品である酒器もたくさん届いております。今年の春に大量のぐい呑を送っていただき、それ以来MARKUSが酒器にハマるきっかけとなったぐい呑です。ひとつひとつに手の込んだ装飾を施していただき、今回も同じモノは2つと無い幅広いバリエーションのぐい呑で皆様を悩ませます。そして片口も前回よりも少し深くなり容量を増し、更に新作も加わって個性豊かなラインナップとなっております。

直近の入荷はこんな感じですが、続いては11月末に出掛けた仕入旅のご報告を。今回の旅は11月20日から22日までの3日間。東京を出て長野県の上田~戸隠~松本と回って1泊。2日目は松本から岐阜県の高山へ行き、そこから愛知へ下って瀬戸へ行く予定だったのですが、例年より早い雪のせいで高山行きを断念し、松本からそのまま瀬戸へ。その日は静岡泊まりで、3日目は山梨の河口湖畔へ行き、そこから一気に下って、最後は伊豆半島の東側にある伊東へ。と、思い返してもグッタリするような強行軍でした。

上田では以前から少しお取り扱いのある『農民美術』を視察という事で半分趣味みたいなものですが、何件かのお店を回って早々に戸隠へ向かいました。戸隠の目的は、この地に古くから伝わる根曲竹を使った竹細工です。取引先の開拓。という事で事前にアポを取っていた職人さんの営むお店に行ってお話を伺ってきたのですが、思っていた以上に作り手不足が深刻で、継続的なお取り引きは現状では困難だと感じました。それでもその場でいくつかの椀カゴを仕入れさせていただき、今後また何か機会がありましたら。という形で繋がりは作りつつこの地を後にしました。

戸隠では、ウラ目的の戸隠ソバをしっかり堪能して、明るい内にこの日最後の目的地に到着すべく松本へ向かいました。本当は松本での目的は二つあって、一つは松本箒の米澤さんの工房にお伺いする事だったのですが、先日東京でお会いしたばかりだし時間も全然足りなかったので、もう一つの目的地であるMARKUSでも木ヘラやお玉、匙などが人気の大久保ハウス木工舎の大久保公太郎さんの工房にお邪魔してきました。

到着した時は辺りはすっかり暗くなっていたのですが、山の中腹に立つ大久保さんの工房から見下ろす松本の夜景はとてもきれいでした。工房では大久保さんが黙々と作業をしており、静かな空間に響くテンポよくヘラを削る音が心地よく、作業を眺めながら聞き入ってしまいました。大久保さんの所では以前より注文していた品物の内、一部出来上がっていたお玉と桜の木のヘラをたくさんある中から選ばせていただいて持ち帰ってきました。

二日目は最初に予定していた高山でガラス器を制作されている安土草多さんの工房へお邪魔するのを断念し、松本からそのまま中央道を下って愛知県の瀬戸へ向かいました。瀬戸の目的は江戸時代から250年の歴史を持つ瀬戸本業窯さんです。昨年の春頃からお取引のご相談をさせていただいていて、今回の訪問で晴れてお取引のお話がまとまりました。実際に品物が入ってくるのはもう少し先になりますが、念願叶ってホッとしたところで瀬戸の街を後にしました。

三日目はまずは山梨県の河口湖畔でスズ竹を使った竹細工を作っている職人さんの集まりにお邪魔してきました。ここは県の工芸品に指定されている事もあり品質管理の目も厳しく作り手の育成も盛んなため、比較的安定して品物を供給していただけます。東京に帰ってきてからさっそく注文しましたので年明けの1~2月には山梨のザルやかごが届く予定です。その後は富士山をかすめながら一気に南下して、伊豆半島の東側の伊東に工房を構える齊藤十郎さんに会いに行きました。

十郎さんとのお付き合いも早いもので4年目となるものの、東京と伊東も割と近場であるにもかかわらず、なかなかお邪魔する機会を作れずにいました。昨年にこれまで使っていたイッテコイ窯を解体して自ら登り窯を築き、作品の幅もグッと広がっています。これまで十郎さんとは何度もお話したりお酒を飲む機会がありましたが、二人っきりでじっくりお話しするのは初めてで、かなり内容の濃いお話ができました。来年7月にMARKUSで個展を開催して下さるお約束もいただき、大ぶりのスリップウェアと焼き締めや灰釉の鉢を何点か分けて頂いて東京へ帰りました。

今回の旅ではこの先につながる大きな収穫がたくさんあり、とても充実した旅となりました。東京に帰ってくるとすぐに年末に向けた入荷や売り場づくりで慌ただしくしておりますが、ひとまず今年の締め括りに向けてまだまだ入荷する予定の品物をさばきつつ、あっという間に新しい年を迎えているのだと思います。今年も残りわずかですが、引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

まだまだ入荷が続きます。~TOKYO CRAFT MAP 2017

先週に引き続き、今週も春の風と共に新しい品物が日本各地から続々と届いております。まずは岐阜県高山から安土草多さんの吹きガラスです。今回、安土さんにはお酒を飲むためのガラスをセレクトして作っていただきました。前回の入荷でも人気のあったどっしりしたワイングラスとカラフェ。そして一昨年からお願いしてようやく作っていただけたレアアイテムのビアマグも届いております。こちらも肉厚で重厚感のある見た目ですが、手に取ってみると軽くて口当たりも柔らかく使い心地の良い作りとなっております。

IMG_9557a

そして、お酒のための~と言えば 日本酒を美味しく楽しむ酒器。という事で、先週ご紹介した白岩焼和兵衛窯さんのぐい呑みと片口に続いて、ガラスでもぐい呑みや片口をいくつか作っていただきました。写真の右端のモノは本来はショットグラスとして作っているものですが、ウイスキーやテキーラなどの蒸留酒だけでなく日本酒でも楽しんでいただけると思います。酒器が変わるとお酒の飲み方も変わり、酒器の数だけお酒の楽しみ方もあるのだなぁ。と、最近になって酒器を集めてしまう方の気持ちがわかるようになりました。

IMG_9664a

最近お問い合わせが多いペンダントランプも充実させました。今回はこれまでお取り扱いしてきて、過去に人気のあった3型を再度作っていただきました。キッチンや玄関などでアクセントとして安土さんのガラスのペンダントをお探しの方が多く、特に春に向けて新築やお引っ越しを控えている方がご検討されています。キッチンカウンターの上に2~3灯といった感じで多灯使いでお考えの方が多いため、今回も少しづつですが在庫を持つように致しましたので複数個必要な方はお気軽にお尋ね下さい。

IMG_9639a

今回のお知らせ用の画像は、まだ日が暮れる前の午後に撮影しましたが、夜に柔らかい光を放ってぼんやり揺らめいている時とはまた違って、昼の日差しを通してゆらゆらとした影を映し出す柔らかな表情もまた魅力的で、昼の顔も夜の顔もどちらでも違った表情を楽しんでいただけます。今回の入荷で、全部で5種類のペンダントが揃いましたが、お好みで並べ替えて見たかったり、照明が光っていない状態を見てみたい場合はお気軽にお申し付けください。お客さまのイメージをできるだけ再現できるようお手伝いさせていただきます。

IMG_9387a

続きまして、こちらもおよそ1年ぶりの入荷となります『こぎん刺し』のコースターが届きました。しばらく見ない内に柄もこれまでの古典柄に加えて緻密な模様も増えています。今回は少量で青いモノが中心ですが、4月末からの連休前までにはこの他の柄やカラフルな糸を使ったモノも追加で入荷する予定です。

IMG_9758a

同じくこぎん刺しのヘアゴムとブローチもたっぷりと届いております。こちらもおよそ1年ぶりの入荷で新しい色や新しい柄がたくさん加わりました。ヘアゴムとブローチそれぞれ大小合わせて100点ほどですが、同じ色・同じ柄はありません。全て1点限りです。よくぞここまでの種類を作ってくれたと感心してしまいますが、この中からお好みを選び出すお客様も大変だと思います。店内には鏡もございますしゆっくり座って選ぶテーブルもございますので、じっくり心ゆくまで悩んで下さい。

IMG_9294a

初心に帰って何年かぶりに郷土玩具を充実させてみました。今回は公私ともにお世話になっている『五八PRODUCTS』さんのセレクトより、佐賀県の『尾崎人形』、香川県の『讃岐鋳造品』、長野県の『上田農民美術』が届いております。まずは上の写真の上田農民美術ですが、こちらは以前にも犬と馬だけお取り扱いさせていただいたことがありますが、猿と鶏が加わって再入荷です。本来は干支ものだったそうなのですが、まだ十二支全てが復活されていないそうで今回は4種類のみのお取り扱いです。相変わらず犬が痛々しいです。

IMG_9247a

お次は香川県の原銅像製造所さんより讃岐鋳造品の青銅の置物です。青銅の歴史は古く、日本に鋳造技術が伝わったのは弥生時代と言われ、香川県の古代遺跡からも銅鐸や鉾などが出土されています。香川県三豊市にある原銅像製造所は江戸時代創業で、現代で13代目となりおよそ400年間、日本各地の梵鐘や仏像・銅像の制作を請け負い、鋳物職人として高い技術を継承してきました。今回は小さな可愛らしい縁起物が届きました。手のひらサイズですがずっしりと重く、ありがたみがあります。

IMG_9142a

郷土玩具の最後は佐賀県の『尾崎人形』です。尾崎人形は佐賀県神崎町尾崎西分地区に伝わる焼き物の人形で、佐賀県内の陶磁器の中で最も歴史的に古く伝統を残しています。古くは蒙古襲来の元寇の時代に始まり、江戸時代には佐賀藩から幕府への献上品のひとつとされていました。一時途絶えた時期がありましたが『尾崎人形保存協会』の手によって再興され、現在では唯一の作り手である高柳氏の手で存続されています。土のぬくもりを感じ素朴な笛の音に何となく哀愁を覚え脱力感溢れる間の抜けた表情に癒されます。

IMG_9784a

そして先週もご紹介しました秋田県角館の白岩焼和兵衛窯のぐい呑み。たくさん入荷したのですが、大変ご好評につき3連休で早くも完売してしまったため、大急ぎでおかわりしました。幸い作り手の渡邊葵さんの手元に在庫があったため、20個ほど追加でいただいて再びモリモリです。という事で、最初にお知らせした安土草多さんのガラスの酒器と合わせて、現在MARKUS店内は、期せずして酒飲みのためのうつわが充実しております。お酒を飲めない方でもイロイロ楽しみ方がある酒器。これからハマってみませんか?

IMG_9876a

最後に、今年も出来ました『 TOKYO CRAFT MAP 2017 』。早いモノで3年目となる今年は新たに飲食店なども加わり、都内で57店舗の民藝・工藝に触れる事ができるお店が集まりました。MARKUSのある吉祥寺からも新たに2店舗の仲間が加わり、吉祥寺でのうつわ巡りも更に充実しています。回を重ねるごとに参加店舗も増え、毎年楽しみにして下さっているお客様も多く、東京の新しいガイドブックになりつつあります。今週より配布開始しておりますので、さっそくTOKYO CRAFT MAPを手に東京の街に出掛けてみませんか。

春の嵐。怒涛の入荷ラッシュです。

3月も後半に入り、3連休目前で世間はすっかり春休み。卒業式があちこちで行われ、4月からの新しい旅立ちや生活に向けての準備に胸が膨らんでいる方も多い事でしょう。この春に進学や就職で新しい生活を始めるような若者にはあまり縁の無さそうなMARKUSですが、今週に入って春らしい新しい品物が、それこそ春の嵐のように続々と入荷しております。

IMG_8671b

まずは、昨年の9月に行った島根県への仕入の旅で新たなお付き合いが始まった『袖師窯』さんより初めての入荷がありました。9月の仕入旅では島根に到着した初日に空港から車を飛ばして真っ先に向かった1番の訪問先だったのですが、この時に4件の新しいお付き合いが生まれまして、既に『石州 嶋田窯』さん、『森山ロクロ工作所』さんからの入荷があり、今回の袖師窯さんで第3弾となります。ちなみに袖師窯さんに教えてもらった松江市内の『東風』という蕎麦屋さんは絶品でした。そして最後のもう1件も4月にはご紹介できる事と思います。ご期待下さい。

IMG_8752a

袖師窯は1877年に初代の尾野友市氏が松江市に窯を築いたのを始まりに3代目の敏郎氏の代では柳宗悦や河井寛次郎、バーナード・リーチの指導を受け、民藝の窯元として知られるようになった歴史ある窯元です。開窯から140年。現在は5代目の尾野友彦さんが袖師窯の長い歴史を引き継ぎ、出雲に伝承された技法を基礎として地元の土と原料を使い、日用品としての焼き物を作っています。

IMG_8570a

袖師窯と言えばコレ。というモノはまさに使う人それぞれで、その作品群や個性は多岐にわたっております。共通して言える事は、時代と食卓を囲む生活を考えて作られたうつわであり、特定の形や技法、釉薬ではなく生活に合わせて変化するうつわ。という事です。工房にお邪魔した時も欲しいうつわ取り扱いたいうつわがありすぎて頭の中がまとまらなかったのですが、まずお付き合い第1弾はコレ。という事で今回は二彩のシリーズをお願いしました。軽やかで華やかで、これからの季節にピッタリのとても使い心地のいいうつわです。

IMG_8804a

続いては今回で2回目の入荷となる秋田県の『白岩焼和兵衛窯 渡邉 葵』さんより、伝統の海鼠釉と白釉のプレート・マグカップ・酒器が届きました。今回も吸い込まれそうなほど美しい海鼠釉のブルーは健在で、作り手の渡邉さんいわく、『海鼠釉の発色もキレイで、よく焼けてます。』との事でした。昨年の11月に納品していただいた、少し深さのある丸皿もご好評いただいて残りわずかですが、今回入荷した2サイズのリムプレートも使い勝手がよく様々シーンで活躍してくれそうです。

IMG_8872a

普段は比較的大きめの6寸や7寸皿をお求めの客様が多いため、4寸や5寸といった取り皿サイズは手薄になってしまうMARKUSですが、今回は4.5寸という絶妙なサイズ設定の深皿をご用意しました。また、昨年の年明け頃より渡邉さんと相談していたマグカップもMARKUS用に作っていただきました。もともと渡邉さんの作品としてあったワイン用カップの丸っとしたシェイプが気に入ってしまい、マグカップにアレンジしてもらったのですが、持ち手のカタチや位置など苦労の跡がうかがえます。

IMG_9081a

そして今回は常設ではMARKUS初のお取り扱いとなるぐい呑みが届きました。 一昨年の岡田 崇人さんの個展の際に20点ほどの酒器を出品していただきまして、後にも先にもそれっきりだったのですが、最近になって私もようやく日本酒のおいしさがわかるようになってきたので満を持して品揃えに加えました。写真ではサイズ感がわかり難いかと思いますが、実物はかなり大きいです。届いた時は少しビックリしたのですが渡邉さんいわく『秋田では標準サイズ』だそうです。さすが米どころ酒どころの秋田。という事でしょうか。

IMG_8997a

うつわ以外にもイロイロ届いております。まずは、およそ1年半ぶりの入荷となる長野県の米澤箒工房さんの『松本箒』です。初回となる前回が2015年の10月に届けて下さいまして、ちょうどその頃が新聞やメディアなどで松本箒が取り上げられ始めた頃で、その過熱ぶりにすぐに入手困難になってしまいました。最近はようやく少しばかり落ち着いてきたそうですが、今回の入荷分も無くなったら次はいつになる事やら?という感じです。

IMG_9034a

米澤箒工房さんは『箒工房』といっておりますが農家でもあります。箒作りの材料となる日本国内でも珍しい『ホウキモロコシ』を全て自家栽培しており、それを箒に仕上げている農家であり職人でもあり現在はご家族3人で箒の制作をしています。米澤さんのモロコシはふんわりと柔らかく粘りがあります。掃き心地も柔らかく耐久性が高いため10年以上は使い続けることができ長年使い込んだ箒はアメ色に変化し何とも言えない風情があります。昨年収穫して乾燥させたホウキモロコシを束ねて箒に仕上げている為、まだ青々として爽やかなイ草の香りがします。

IMG_8457b

怒涛の入荷ラッシュはまだまだ続きます。MARKUSでは定番のwoodpeckerさんの『いちょうの木のまな板』に直線的な長方形が加わりました。これまでの緩い曲線のタイプと数字上のサイズは同じですが、シンプルに道具としての『THE まな板』をお求めの方。とにかく面積すべてを目いっぱい使いたい。という方のご要望にお応えしましてラインナップに加えました。こちらは大のみの1サイズ展開です。

IMG_8362c

最後に人気のMokunejiさんのコーヒーミルが素材(樹種)が変わって再入荷しております。今回よりこれまでのミズメからケヤキに変わっております。どちらも漆器の木地に使われるポピュラーな樹種ですが目が詰まったミズメに対してケヤキは木目の個性がよく表れていて、今まで以上に素材の個体差を楽しんでいただけます。

コレ全てここ数日で入荷した品物たちです。新しい品物が届き売り場の雰囲気も季節と共にガラッと変わったMARKUSをぜひのぞきに来てください。新しい発見がたくさんありますよ。

『 白岩焼和兵衛窯 』 入荷しました。~ 個展のお知らせ

11月です。日中はまだ穏やかな陽気が続いておりますが朝晩の冷え込みは厳しくなってまいりました。毎年冬場に活躍するお店のストーブも、いつ出番が来てもいいようにそろそろ灯油を調達しておこうと思います。

まずは個展のお知らせ。早いもので今回で第二回となります、益子の陶芸作家 『 岡田 崇人 』 さんの個展を今月の 【 11月23日(祝・水)~12月4日(日) 】 の期間で、MARKUSにて開催致します。

DM_ura02

MARKUS初の個展として開催したのが昨年の6月。更に作風の幅を広げ、秋冬らしい新作にも挑戦していただきました。お馴染みの掻落としや象嵌も新しいカタチが加わり、温かみのある色あいが冬の食卓を彩ります。定番の器から新作まで幅広い品ぞろえで皆様のご来店を心からお待ちしております。

また今回は同時展示として、益子に江戸時代から続く紺屋、日下田染物工房で修業した藍染作家『デイ麗奈』さんによる藍染の布を展示販売します。精緻な技で染め上げられた藍染の布が岡田さんの器を鮮やかに引き立てます。

IMG_4201a

そして今回、秋田県より入荷した 『 白岩焼和兵衛窯 渡邊 葵 』 さんは、今年の5月に先行して少量だけ納めていただきましたが、今回が本番というか第1弾の入荷となります。江戸時代中期に始まり明治維新で一旦途絶えた白岩焼を再興した渡邊家。その伝統を守り継承する若き作り手である渡邊 葵さんの作風は、白岩焼の伝統を守りつつもどこか軽やかで使い勝手が絶妙です。

『 白岩焼の特徴である海鼠釉は、日本各地で似たようなモノが使われているが 白岩焼がいちばん良い。』 と、濱田庄司に言わしめたその青白い美しさと濃厚な質感が白岩焼和兵衛窯の最大の魅力です。

 

5月も後半ですが

4月後半から続いた野外イベントや個展 『 田中 大喜 陶展 』 。そして嵐のゴールデンウイークも終わり、充電が切れたようにしばらく腑抜けになっておりました。そして気が付いたら5月もすでに後半戦。沖縄は早くも梅雨入りし、東京も初夏の風が吹く爽やかな季節となってきました。
連休明けで一時はスカスカになってしまった店内でしたが、新しい品物もすこしづつ届いてきております。
また、直前になってのお知らせで申し訳ございませんが、5月20日(金)はお休み とさせていただきます。

IMG_0995

という事で、今年もやってきました 型染めの団扇。今回は第1便として、広島で活動されている 『 石北 有美 』 さんの型染めの図柄を中心に6柄の団扇が届きました。(2枚目の写真の左端のみ『大木 夏子』さんの図柄)
昨年も大変ご好評いただきまして今年は昨年の売れ筋に3柄加えたラインナップでこの夏を楽しく彩ります。また、毎年人気の 『 柚木 沙弥郎 』 さんの図柄の団扇は第2便として更に6柄が6月初旬に入荷予定です。

IMG_1154a

そして、新たにお付き合いの始まった作り手さんより、今回は少量ですがうつわが届いております。秋田県の 『 白岩焼 和兵衛窯 渡邊 葵 』 さんの白釉と海鼠釉のうつわです。白岩焼の歴史は古く、1771年に始まります。11代にわたり秋田藩を治めた佐竹家の庇護により栄えましたが、江戸末期から明治にかけての動乱の中、1901年に白岩焼 130年の歴史は途絶えます。その70年後、白岩焼の復興を目指した渡邊家は、折しも民藝運動によってたびたび来訪していた 『 濱田 庄司 』 の助力もあり1974年に再興を果たしました。

IMG_1041a

『 白岩焼の特徴である海鼠釉は、日本各地で似たようなモノが使われているが 白岩焼がいちばん良い。』 と、濱田に言わしめたその青白い美しさと濃厚な質感が白岩焼和兵衛窯の最大の魅力です。海鼠釉と言うと、私は島根県の湯町窯を思い出すのですが、実は白岩焼を見るまで海鼠釉はあまり好きではありませんでした。しかし渡邊さんから見せていただいた和兵衛窯の海鼠釉によって、これまでの印象が一変しました。2005年よりお父様に師事し、現在は復興した白岩焼 和兵衛窯をご家族で守りながらご自身の白岩焼を制作する渡邊 葵さん。伝統を守りつつご自身の感性を軽やかに表現する今後が楽しみな作り手の一人です。

IMG_1212a

最後に、連休中の隙間に行ってきた益子から持ち帰ってきたいつものヤツです。年に2回の入荷ですが、ようやく3色3サイズ揃いました。また今回は山椒の木のすりこ木も豊作で20cmの小型のモノから45㎝の立派なサイズまで取り揃えております。

連休も終わった5月の後半はのんびりしたものですが、この先も何かと新しい品物が入荷予定です。また6月は沖縄への仕入れの旅も予定しております。具体的に 『どこで・何を』 というのはまだ確定しておりませんが、4年目に突入するMARKUSに今後もご期待ください。

このページの先頭へ