HOME > 陶磁器 > 鈴木 史子(愛知)

日々のモノ・コト

鈴木 史子(愛知)の記事一覧

『沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展』開催中 ~ 7月17日(月)まで。

梅雨が明けたのかどうなのか、イマイチハッキリしない連日猛暑の東京ですが、ひとまず天気には恵まれている『沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展』も後半戦に突入し、今度の三連休で終了となります。初日と二日目は作り手の方々の在店日という事もあり、朝からたくさんのお客様にお越しいただき誠にありがとうございました。

初日はワタクシと加賀さん沖澤さんとオヤジ三人による暑いおもてなしをさせていただき、二日目は鈴木史子さんに爽やかにご案内していただきました。作り手の方達と記念撮影をされたり一緒に品物を選んだり、普段のMARKUSとは違った時間の流れと雰囲気で、私自身もとても楽しかったです。またこんな機会を作れたらと思っております。

会期は早くも後半戦で、これまでにたくさんの品物が旅立って行きましたが、沖澤さんのワイングラスも加賀さんのPan皿・Onigiri皿も鈴木さんの青いヤツも黒いヤツもまだまだ在庫がありますよ。今回はお三方にはたくさんご用意いただきましたので最終日まで見応え充分です。既に一度お越しいただいた方もまだこれからの方もご来店をお待ちしております。

今回の三人展では、メンバーがある程度固まった時点で既にビジュアル的なイメージが浮かんでおりました。光を集めて揺らぎ、明るさと軽やかさのある沖澤さんのガラス。シンプルで爽やかさがあり、料理映えする鈴木さんの陶器。その二つをうまく調和させつつ、スマートで存在感があり使い勝手の良い加賀さんの木工作品。

この3つの素材が季節感も織り交ぜてバランスよく絡み合う情景が浮かび、そのビジュアルイメージを『陽のあたる食卓』というキーワードに置き換えて事前に各作り手さんに投げかけておりました。でも実は『陽のあたる食卓』というのはオモテのテーマで、ウラのテーマも存在します。そして店主としてはコッチがメインだったりします。

では、このウラのテーマは何かというと『定番と少しの挑戦』です。もちろんこのウラテーマも作り手のお三方には企画書の中で提示しております。作り手の皆さんがこのウラテーマを聞いて、どう思われたのかはあえて聞いておりませんが、各々の作品の中に新しい何かを垣間見る事ができたので、きっと腑に落ちて下さったんだと思います。

これは私がこれまでのお付き合いの中から生まれた勝手なイメージですが、お三方とも新作をガシガシ作って個展やイベントもガンガン開催して積極的に発表する。というタイプではなく、日々の生活やこれまでのキャリアの中から生まれ、ブラッシュアップされた作品群を淡々と作り続け、少しずつ更新している。という印象を持っています。

だからこそこの3人にお願いしたというのもありますが、『定番と少しの挑戦』くらいの肩のチカラが抜けた感じの方がむしろよかったので、特に3人展に向けて最新作や限定品を何が何でも詰め込もうとは思っておらず、3つの異素材をMARKUSという場でアソートメントするセレクトショップ的な醍醐味こそが真のテーマだと思いました。

では、『少しの挑戦』とは何かと言うと、簡単に言えば『定番+α』です。と言ってもこの3人展の為に特別に最新作や限定品・コラボ商品のような特殊なお願いしたい訳では無く、『最近こんなの作ってみました』とか『定番化する前に反応を見てみたい』といった実験や試みといった感じで、そこに『少しの挑戦』があればと思いお願いしました。

沖澤さんには鉢モノもたくさんご用意いただきました。様々なカタチ、様々なサイズで充実のラインナップです。どれを取っても使うシーンが思い浮かぶ使い勝手のいいガラスのうつわです。また、ワイングラスも定番で製作されている全6種類をご用意いただきました。普段MARKUSでお取り扱いの無いカタチもございますので、この機会に是非。

加賀雅之さんからは人気のPan皿をいつもと違った彫り方で挑戦していただきました。写真の右下がいつものホワイトオークのPan皿。その他の3つが限定のオニグルミの変わり彫りです。そして今回は箱膳のような蓋モノもお願いしました。加賀さんの作る箱モノは重ねても蓋を載せてもカドやフチがピシッと揃い、見た目も使い勝手もとても気持ちがいいです。

鈴木史子さんからはこんな陶製のペンダントライトも届いております。うつわと同じくマットでサラッとした質感で、ガラスのシェードとはまた違う柔らかな光を灯します。そして新旧定番のプレート類も幅広いバリエーションでご用意いただきました。だいぶ少なくなってしまったサイズもありますが、今のところまだ全サイズ揃っております。

この三人展の会期も残すところあと3日。最終日まで見応えたっぷりの品揃えで皆様のご来店を心からお待ちしております。

また、3人展の会期中ですが新しい品物もいくつか入荷しております。鹿児島の宋艸窯さんからは鎬の平皿の中と小が届きました。深みのある色あいが好評でMARKUS開業以来の人気商品です。和でも洋でも馴染みが良く食材の色合いを引き立たせる使い勝手のいいうつわです。まとめ買いされる方が多いので気になる方はお早めにどうぞ。

楕円鉢も入荷しております。こちらは同じ色展開でも平皿とは違った印象で重厚感があります。裏側に残された型に当てた際の布目の跡や流れた釉薬の溜まりなど一つ一つの表情が豊かで、見た目にも手に取っても個性を楽しめるうつわです。常設スペースの問題で三人展の会期中は売場に出していないかもしれませんがご希望の方は店主にお尋ね下さい。

最後に、Mokuneji さんからコーヒーミルの新商品『黒 拭き漆』が入荷しました。元々漆器の木地を作る職人さんの技術を生かしたプロダクトで、使われている素材も漆器によく使われるケヤキなので『そのうち出るだろうな』と思っていました。そして飛びつきました。拭き漆なのでうっすらと木目も見え重厚になりすぎない印象で、時間をかけて育てたい一品です。

三人展が終了しましたら1日か2日かお休みをいただく予定です。決まりましたら改めてお知らせ致します。

『 沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展 』を開催します。~HPをリニューアルしました。

4月末頃よりバグによるシステムの不具合で更新をお休みしていた当店のHPですが、不具合の修復やシステムの入れ替え作業と合わせて、この際、大々的にとはいかなくてもHPをリニューアルしよう。と思い立ちまして、MARKUS開業5年目にしてHPのリニューアルを敢行しました。

それはさておき、まず7月8日(土)~17日(月・祝)と、会期が今週末に迫った『 沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展 』のご案内をさせていただきます。
初日の前日、7月7日(金)は、イベントの売り場準備の為、お店の方はお休みをいただきます。

ちなみにトップの画像はDM両面の画像ですが、下の画像はDM用に何パターンか撮影して、最終選考でボツにした画像です。奥行きがあって割と好きなのですがとにかくモノを詰め込み過ぎました。

今回の三人展は、昨年の4月に開催した田中大喜さんの個展をお願いした2015年まで話がさかのぼります。最初は田中さんに個展のお願いをした際に『個展じゃなくて何人かでやってみたいな。』というリクエストが出て、『田中さんとも仲がいいガラスの沖澤さんなんかどう?素材も違うし。』という話になり、沖澤さんにご相談したところスケジュールが合わず、その時は田中さん単独でお願いする事になりました。翌年、田中さんの個展も開催され、在店の夜に一緒に飲みながら『次は何しようかな?』なんて話をしていたら、田中さんから『今度こそ沖澤さんを誘って、何人かでやってみたら?』というアイデアをいただき、だったら陶器・ガラスに加えて木工の作家さんにもお願いして異素材の三人展にしよう。という感じでイメージが固まると、まずは沖澤さんに相談。と、普段は腰が重い私にしてはめずらしく素早い行動をとりました。


※沖澤康平さん(ガラス)の過去の入荷の様子

『三人展なら』という事で沖澤さんにご快諾いただいて、あとの二人は…と陶器と木工の作家さんを思い浮かべた時に、自分の頭の中ですぐに鈴木史子さんと加賀雅之さんの名前が浮かび、お三方の作品が並ぶ売場が想像できて、そのイメージがストンと腑に落ちました。そのくらい私にとってはピタリと相性のいい異素材の組み合わせです。MARKUSともお付き合いが長く作品だけでなく人柄も好きな3人なので在店中のおしゃべりも今から楽しみです。

そうと決まれば、大急ぎで鈴木さんと加賀さんにもご連絡して企画主旨を説明したところ、皆さんそれぞれに面識もあり『この三人なら』という事でお二人にもご快諾いただきました。もともとイベント事は年に1~2回ほどしかやらないMARKUSなので、三人展なんかは初めての経験で企画の進め方も勝手がわからないので、みんなでイメージを共有する為に初めてちゃんとした企画書も作りました。


※加賀雅之(Semi-Aco)さん(木工)の過去の入荷の様子

では、そのイメージとは何かというと、ありきたりかもしれませんが『陽のあたる食卓』です。
夜の落ち着いた雰囲気の照明の下で見るよりも、夏の太陽の光の下で素材の持つ魅力を存分に感じながら食卓を囲む。光を集めて揺らぎ、明るさと軽やかさのある沖澤さんのガラス。シンプルで爽やかさがあり、料理映えする鈴木さんの陶器。その二つをうまく調和させつつ、スマートで存在感があり使い勝手の良い加賀さんの木工作品。この3つの素材が季節感も織り交ぜて、バランスよく絡み合う情景をイメージしました。


※鈴木史子さん(陶器)の過去の入荷の様子

会期を決定したときは、『この頃には梅雨も明けてるかな?』という期待もありましたが、どうやら初日と2日目の天気はいいものの梅雨明け前のかなり蒸し暑い日になるようです。初日(7/8)の午後には沖澤さんと加賀さん。2日目の日曜日(7/9)の午後には鈴木さんもお店に来て下さり作品をご紹介していただけます。

いつもの定番からちょっと挑戦してみた作品まで。三者三様のバラエティ豊かな品揃えで、異素材なのに、異素材だからこそ相性のいい組み合わせをお楽しみいただける賑やかな展示会になると思います。皆さま熱中症に気を付けてお越し下さい。

そして、最初にお伝えしましたHPのリニューアルです。冒頭にも書きましたがMARKUSも5年目を迎えまして開店当初と比べてイロイロと古くなってきています。使えなくなったわけじゃないけど時代やお店の変化に合わせて変えた方がいい物もありまして、その中のひとつがHPです。

今回のHPのリニューアルではパッと見ではあまり変化が無いように見えますが、細かい店舗情報や機能の修正と合わせて新たに3つの機能を加えました。

①トップページのゆっくり変化する6つの画像を自由に変えることができるようになりました。

これまでココのシステムプログラムが少々複雑で自分で簡単に変えることができずオープン以来代り映えのしない画像だったのですが、これからは店内の様子や新入荷商品、季節のオススメやイベントの様子など、ボーっと眺めてても楽しめるように定期的に差替えていこうと思います。

②トップページの下部、『日々のモノコト』の最新3つの記事の下に直近20件のインスタグラムの投稿を表示しました。

『日々のモノコト』は読み物的な要素と詳細な画像とお知らせとして割と長めの記事になるため、あまり頻繁に更新できないのが難点でしたが、とりあえずのお知らせやタイムリーな情報などは簡易的に写真と短文だけでアップできるインスタグラムの方が、自分にとってもお客様にとっても便利かと思いましてこの機能を加えました。入荷情報なども速報としてインスタでアップしておいて詳細な情報は後日じっくり『日々のモノコト』に投稿する。という使い分けになりそうです。もちろん普段インスタグラムをされてない方でも見る事はできます。

③『日々のモノコト』の記事を作家別カテゴリーに分類して過去の記事も作家別に表示する事ができるようになります。

これまでは投稿した年と月別にしか表示できませんでしたが、これからは作家別のカテゴリーを設け、その作家に関連する記事を過去のモノも含めて表示できるようになった事で前回の入荷の様子や過去の作品、直近の入荷はいつ頃でどんな品揃えだったか。などを調べる事ができます。ですが、現在まだ新カテゴリーに過去の記事を分類する作業を順次しておりますので、完全移行には少し時間がかかりますのでもうしばらくお待ち下さい。

HPだけでなくクレジットの決済機能も変更しました。これまでのクレジット端末からリクルート社が提供している『Air Pay』というネットワークで決済する端末に切り替えました。そのため今後はクレジットの控えがありませんが、ご希望のお客様にはメールでご利用控えを送信する事ができます。また、お買い上げレシートにMARKUSの店名・住所・電話番号がちゃんと記載されるようにしました。これまでのレシートには連絡先の記載もなかったので、今更かもしれませんがこれを機に改善致しました。

この他にもこの4年間、毎日雨風にさらされてボロボロになって見るも無残な姿になってしまった看板も新しくしたかったのですが、今回はそこまで手が回りませんでした。とは言え早く何とかしなければならないので、次の最優先課題です。

こんな感じでとてもスローペースですが少しずつ進化していくMARKUSを今後ともよろしくお願い致します。

今年最後の?入荷

週末に3連休を控え、あと少しで今年も終わる。いわゆる 『年末商戦 』 のピークとなる今週になって、最後の追い込みのように大きな入荷が続いております。恐らく今年の入荷もコレで最後になるかと思いますが、X’masのギフトにも年越しのパーティーにもまだ間に合う素敵なうつわがたくさん揃っております。

再度、年末年始の営業についてお知らせしておきます。

● 12月30日(金) ~ 1月3日(火) の5日間は、お正月休みとさせていただきます。

年内はこのまま休まず、12月29日(木)20時まで営業します。
年始も1月4日(水)より、11時から通常通り営業いたします。

IMG_6516a

まずは昨年も耐熱祭りに参戦して下さった豊橋の 『 鈴木 史子 』 さんから、平土鍋と小ぶりな両手鍋、筒鉢型の入れ子鍋が届きました。ラインナップは昨年と同じですが、今回は昨年人気のあった両手鍋を多めに作っていただきました。色は黒と黄の2色で、どちらも優しい色合いで食卓を暖かく彩ります。土鍋の方は直径は26㎝ですが比較的浅めで、大人で2~3人分くらいの容量です。真冬の鍋料理だけでなくカレーやシチュー、ポトフなどにも合う洋食でもいけるデザインです。

IMG_6650a

続いては、お馴染みの 『 齊藤十郎 』 さんからスリップウエアがたくさん届いております。MARKUSでは比較的大きめのサイズが人気のため、いつもの角型や楕円のカレー皿に加えて今回は8寸サイズの丸いカレー皿も作っていただきました。その他には楕円平皿・6寸平皿・6寸鉢・サンマ皿など幅広いラインナップです。今年の春には十郎さんの自作の登り窯も完成し、これまでとはまた違う表情を見せてくれています。ここ数年でスリップウェアの人気も盛り上がりを見せ、ますます精力的に活動される十郎さんの今後に期待が膨らみます。

IMG_6739a

スリップ以外では耐熱の楕円鉢に加え、今回は新作の角鉢も届いております。肉厚でどっしりとした見た目ですが手に取ってみると片手でも収まりが良く、とても扱いやすい形状となっております。また楕円鉢と同様に指描きの模様が施され、質感もよく素朴で暖かな印象も感じられます。

IMG_6850a

そして今年もお願いした十郎さんのおまかせマグ。今年は形だけ三角タイプに指定させていただいて色柄の方はおまかせでお願いしました。三角と言うかしもぶくれな可愛らしいフォルムによく似合う3種類の塗り分けと、少し大人めのマットなブラックの4種類を作っていただきました。安定感があり容量タップリなので扱いやすく、どれもコーヒーがおいしく見えそうな色あいです。

IMG_6800a

最後に益子から、久しぶりの 『 岡本 芳久 』 さんからもたくさん届いております。岡本さんには今回初めてマグカップと湯呑を作っていただきまして、先程の十郎さんや既存のモノも合わせると、現在店内には実に多種多様なカップがあります。冬のギフトの定番と言えばマグカップですが、今回の入荷によってグッと選択肢が広がりました。きっとお気に入りが見つかる事と思います。

IMG_6698a

前回人気だった花形鉢も色が増え、柄も一部変わって再入荷しております。カタチや柄は華やかですが色は抑えめなので意外と何でも合わせやすいです。サラダや煮物をたっぷり盛りつけても、お漬物や和え物などを上品に盛り付けてもしっくりくる便利な存在です。何となくおめでたいカタチからか、ギフトなどにもとても人気があります。

IMG_6143a

その他にも6寸の鉢と平皿、7寸鉢が入荷しています。前回人気だった藍色の鉢も今回はたくさんに焼いていただきました。濃厚な見た目よりもずっと軽く、扱いやすいうつわです。

X’masが終わり、3連休が明ければあとは新年へのカウントダウンが始まります。2016年もMARKUSを気にかけて下さっている皆様には大変お世話になりました。いつも本当にありがとうございます。今年も残すところあと少しとなりましたが、もう少しお付き合いください。そして来年もMARKUSをよろしくお願い致します。

 

 

入荷が続いております。もう大変です。

間もなく10月も前半が終わり、ようやく秋らしくなってまいりました。気候も過ごしやすくなってきた事で、悪天候で人もまばらだった9月までに比べ、吉祥寺の街も少しずつ活気を取り戻してきております。
そしてMARKUSも今週に入って、沖縄より陶器工房 壹さんの第2便。松本より大久保ハウス木工舎さんのヘラや匙。そして1年ぶりの入荷となる豊橋の鈴木史子さんなど続々届く品物に店内が活気づいてまいりました。

また、ここ最近立て続けに入荷がありまして、今回はある程度まとまった時点でHP上でお知らせしておりますが、今年の夏から始めたinstagramの方では入荷ごとに随時お知らせしておりますので、アカウントをお持ちの方はそちらでもご確認ください。MARKUSのアカウント名は 【 markus_shop 】 です。よろしくお願いします。

IMG_2620a

まずは、定番モノでは1年ぶり2回目の入荷となる鈴木史子さんのうつわ。前回はこれまでの定番ラインである白のシリーズのみでしたが、今回はここ1年ほどでようやく安定してきたとおっしゃる黒と青のシリーズも入荷しております。今回の白のラインナップは昨年の入荷分で人気だった大きめのサイズのプレートをを中心に、カップや湯呑といった小物類も充実させております。また、前回人気だったポットも入荷しておりますので、カップと組合わせてギフトなどにもいかがでしょうか。

IMG_2657a

そして、可愛らしい白とは対照的にグッと渋みのある新入荷の黒と青のシリーズ。金属のようにラスティックな質感の黒と澄んだ夜空のように深みのある青。食材を盛りつける事でどのように化けるのか非常に楽しみなうつわです。
今回は通年モノのみの入荷ですが、昨年同様に今年も土鍋などの耐熱モノもお願いしております。恐らく年内には第1便が入荷してくると思いますので楽しみにしていて下さい。

IMG_2406

耐熱モノと言えば、今年は昨年よりもかなり早いですが、信楽の八木橋 昇さんから土鍋の第1便が届いております。今回は8.5寸平鍋の黒のみですが、この先平鍋の白や片手鍋・グラタン皿など、この時期でしか手に入らない人気のラインナップが続々入荷してくる予定です。今年は先程の鈴木史子さんと八木橋昇さん、そして今年信楽から益子に移住された廣川温さん。この3人に土鍋や耐熱モノをお願いしております。寒さが深まるにつれて徐々に入荷してまいりますのでご期待下さい。

IMG_1801

9月に第1便の入荷があった、沖縄の陶器工房 壹 ・ 壹岐 幸二 さんより、第2便として新作のマグカップと染付皿の7寸が届きました。今年の6月に沖縄に行った際に注文してきた分はコレで全部です。染付皿は9月の入荷分で6寸のみ入っていましたが、それがほぼ無くなってしまってたところへ今度は7寸が届き、MARKUSでは6寸より7寸など比較的大きめなお皿の方が人気がある為、非常にいいタイミングでした。

IMG_2473

新作のマグカップですが、今回はコロンとしたフォルムが可愛らしいワンフィンガータイプのマグです。沖縄で試作品を見せていただいた時に一目で気に入ってしまい注文したのですが、結構たっぷり入る容量でボリューム感もあるため、指1本で持つのはキツイかな?と思っていところ、実際に持ってみると中指と人差し指の2本で支えるカタチとなり、全く問題無いです。沖縄の壹岐さんの工房で購入して4ヶ月ほど使っておりますが、口当たりもよく非常に使いやすいです。

IMG_2492

陶器が3つ続いたのでココからは木工や漆器のご紹介です。まずは長野県の松本市で活動されている大久保ハウス木工舎 大久保公太郎さんから人気のヘラと匙が届いております。ヘラは通常桜材と栗材の2種類お願いしているのですが今回は桜のみです。握りの感触や先端の微妙なカーブや厚さがそれぞれ異なりますので、一つ一つ握って確かめてベストな1本をお選びください。匙の方はこれまで同様に茶と黒の擦り漆2色と、長めの取分け匙と短めのレンゲの2種類をご用意しました。これからの季節、シチューやカレー、お鍋などで活躍してくれることでしょう。軽くて手触りが良く、口当たりも柔らかなため金属のスプーンと比べると味までも変わってきます。

IMG_2585

そして今回が初のお取り扱いとなる大久保ハウス木工舎さんの人気商品、パン皿も入荷しております。緩くカーブさせた四角形の桜材の板に放射状に施されたノミ目の手触りも楽しいプレートです。食パン1枚がきれいに乗るサイズで、中央を少し窪ませる事で出来立ての食材が持つ湿気を程よく逃がし、美味しい食感を維持できるように工夫されています。慌ただしい朝食の時間も少しだけ心にゆとりが生まれ、1日の始まりが楽しくなる1枚です。

IMG_2324a

お次はMARKUSではお馴染みの益子で活動されている漆器の作家さん、蜂谷 隆之 さんから新作の多用椀が届きました。今年の春頃までで諸事情により泣く泣く廃盤となってしまった人気の多用椀の復活というカタチで、形状や容量はほぼ変わりません。今回は先行で、ロクロで回しながら細かな筋目を施したのちに木地の木目を生かした木地呂で仕上げたタイプが届いております。これまで扱っていた布着せに黒と朱の漆で仕上げた仕様のモノは近日入荷予定です。

IMG_2799a

木工のラストは、ここ1年ほどでinstagram界隈で人気の木工作家、Semi-Aco 加賀 雅之 さんの作るPan皿とOnigiri皿です。ご本人としては相変わらずのガラケーユーザーなのでinstagram上での過熱ぶりには無頓着なのだそうですが、ここ最近は遅くまで残業しても制作が追い付かず、数年前と比べて今の忙しさを『ありがたいな~』と思う事で人気をじみじみ実感しているそうです。そんな加賀さんをMARKUSはこれからも応援します。ちなみに今回も入荷から1週間はお取り置き・お取り寄せについてはご遠慮いただいておりますので、予めご了承願います。

IMG_2750a

最後に秋冬限定でお取り扱いしているイロイロな食品をご紹介します。いつも気まぐれに仕入れている日本各地の食品も今年で4年目の秋ともなると徐々に季節の定番化してきます。生産者の都合だったり季節感だったり理由は様々ですが、最近になって『秋だな~』と実感したので思い出したように注文しました。まず奈良の嘉兵衛本舗の玄米茶は10月になってから発売される季節限定で、毎年この時期を楽しみにして下さっているお客もいらっしゃいます。そして新潟の浪花屋さんの元祖柿の種は、最初はウケ狙いのつもりだったのですが人気が出てしまい、今すっかりでは秋冬の定番です。今年は新作の『えだ豆』味も追加です。最後に徳島県の木頭ゆずを使った柚子胡椒と練り生柚子七味は昨年の鍋のシーズンからの取り扱いだったので、今年も鍋関係が揃う頃に注文しようと思っていたら、先日入ったラーメン屋で餃子を注文したら柚子胡椒が付いてきて、とても餃子との相性が良く美味しかったので自分で食べたくなって注文しました。

IMG_2857a

という感じで、入荷が急に立て続けにあった事で普段暇に慣れてしまった脳がついていけず、最後には何が言いたいのかわからない文章になってしまいましたが、2016年下半期最高に充実した品揃えで皆さまのご来店を心からお待ちしております。そしてこの先も年内は年末年始に向けて続々と入荷ラッシュが続きます。
今年も残すところあと3ヶ月、引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

役者が揃いました(耐熱モノの追加と山田洋次さんのスリップウェア)

先週ご紹介した今年の耐熱モノですが、今週も続々入荷しておりまして、どうにか予定していた役者が全て揃いました。ニュースでは今年はエルニーニョ現象の影響で暖冬と言われておりますが、我が家では今年は既に3回も鍋をやりました。土鍋に限らずグラタン皿や耐熱鉢。鍋料理には欠かせない調味料など、昨年と比べてもかなり充実した品揃えで皆様のお越しをお待ちしております。

IMG_6358

という事で、まずは久しぶりの入荷となりました、信楽で活動されている『山田 洋次』さんの耐熱のスリップウェアです。山田さんのうつわは昨年の8月以来の入荷ですが、前回と比べてグッと重厚感を増したスリップらしいスリップウェアをお願いしました。すべて手描きで施される線も荒々しく、そしてマットな仕上がりがMARKUSでお取り扱いがある他のスリップ作家の齊藤十郎さんや小島鉄平さんの作り出す作品とはまた違う趣があります。また、今回入荷した山田さんのスリップはマグカップ以外は全てオーブンでもご使用いただけます。

IMG_6527

そして、既にご紹介しております八木橋 昇さん、廣川 温さんに続き、3人目の土鍋の作り手、『鈴木 史子』さんの土鍋が入荷いたしました。鈴木さんは今年の9月に入荷した白いプレートのシリーズが大変人気でしたが、先月に先行して入荷した両手鍋や入れ子鍋、そして今回の土鍋など、耐熱のうつわでは白のシリーズとはまた違った側面を見せてくれています。
鈴木さんの土鍋は八木橋さんの白と黒のモノと同じく内寸の直径は25㎝でやや大ぶりですが、内側の深さは6㎝と比較的浅めに作られています。その分フタがこんもりとした形となっておりますので、野菜をたっぷりと入れても食べ頃にはしんなりしてちょうどいい高さになっています。だいたい2~3人前というところでしょうか。

IMG_6450

また、八木橋さんから黒いうつわだけ追加で入荷しました。昨年の傾向からすると、どちらかと言えば白より黒の方が人気があったようなので、今年は少しだけ黒を多めにお願いしておりました。そして今回の入荷分では丸い耐熱の浅鉢が届いたことで、先程の鈴木さんの黒と黄色の土鍋と合わせて、今年予定していた充実の耐熱シリーズが全て揃いました。

IMG_6511

最後に、こちらも先週に青柚子胡椒と赤柚子胡椒が先行して入荷していた徳島県の『木頭ゆず』から、ねり生七味とゆずしょうが蜜が届きました。ねり生七味は木頭ゆずに加え、本タカ(赤唐辛子)・実山椒・生姜・青のり・天日塩・黒ごまの7種の国産の香り豊かな薬味をブレンドし生の風味をそのまま生かしております。
ゆずしょうが蜜は、収穫後24時間以内に手絞りした木頭ゆず果汁と国産蜂蜜、そして高知県産の黄金生姜と金時生姜のエキスをブレンドしたシロップです。4倍希釈で、夏は水や炭酸水で割ったりシャーベットにかけたり。冬場はお湯割りや紅茶・焼酎に入れてもおいしく楽しめます。食後のお口直しにいかがでしょうか。

 

このページの先頭へ