HOME > 陶磁器 > 陶器工房 壹・壹岐 幸二(沖縄)

日々のモノ・コト

陶器工房 壹・壹岐 幸二(沖縄)の記事一覧

沖縄より 陶器工房 壹さん・登川 均さん 入荷 (9月のお休み)

9月に入り急に残暑が厳しくなってきたり台風が来たり来なかったりと、落ち着かない天候のせいか体もちょっと疲労がたまりがちな今日この頃。先月末に入荷した山田洋次さんに続いて、今週は沖縄より 『 陶器工房 壹 壹岐 幸二  』 さんと 『 やちむん なかどまり工房 登川 均 』 さんからも続々と入荷があり、店内も賑やかに慌ただしくなってなってまいりました。そして、慌ただしいついでに9月のお休みもお知らせしておきます。

IMG_1476a

● 9月 13日(火) ~ 16日(金) の 4日間は、島根県への仕入の旅と、益子へ11月末に開催予定の個展に向けた打ち合わせの為、お休みをいただきます。

お盆でもお正月でお無いのに今回はまとまったお休みをいただきます。店頭にも掲示して告知しておりますのでご注意ください。また、今月はちょっとした私事で、昼過ぎからの営業となる日が何日かあります。現時点で分かっているのは、10日(土) ・ 24日(土) ・ 27日(火)・ 30日(金) です。この日は12時か13時頃からの営業とさせていただきます。今月は前述の4日間以外お休みをいただく予定は今の所ございませんので、13時前に来て、もしお店が閉まっていたら、少し時間をおいて再度ご来店いただけますでしょうか。よろしくお願い致します。

IMG_1451

お知らせはここまでで、まずは皆様お待ちかねの 『 陶器工房 壹 壹岐 幸二 』 さんの染付のうつわです。今年は6月に沖縄に行って久しぶりに壹岐さんにお会いして新しい作品なども見せていただきながら注文すると決めていたので、昨年末の入荷以降しばらくお休みしておりました。沖縄で壹岐さんにお会いした時には沖縄の焼き物の長い歴史と今直面している問題など、現地の現場の第一線で長年活躍している方からでないと聞けない貴重なお話を聞かせていただきつつ、キッチリ新作なども注文させていただきました。

IMG_1585

そして今回入荷したのが、今年の6月に注文させていただいた品物なのですが、まずは相変わらずの仕事の早さに改めてビックリです。6月のお会いした時も『弟子?アシスタント?募集中』と言っていたので、もしかしたら即戦力になる新人が入られたのかもしれません。
そして新作ですが、まずは、定番の染付皿に人気の蕾唐草の色差しが加わりました。これまでは深皿でしか使われていなかったこの柄ですが、6寸と7寸皿に限り緑の色差しが描かれます。今回は6寸皿のみの入荷ですが、来月くらいには7寸皿も入荷する予定です。

IMG_1407

そしてもう一つ、こちらはカタチも新しい全くの新作。6寸の丸浅鉢です。こちらは高台が無く、マルっとした手に収まりのいいフォルムの割に見込みの平たい部分が広く、サラダから煮物、シチューや具がゴロっとしたポトフやおでんなど、かなり幅広い用途で活躍しそうです。あともう一つの新作のマグカップも注文しているのですが、こちらは次回、染付の7寸皿などと一緒に来月頃には入荷してくると思いますのでご期待ください。

IMG_2008a

続いてもうひと方、こちらは6月に沖縄に行った際に新しくお付き合いが始まった『 やちむん なかどまり工房 登川 均 』さんです。6月に工房にお邪魔した際には現地で買い付けをさせて頂きまして、それらは既に大半が無くなってしまっておりますが、今回は4と5寸のマカイ・4と5寸のワンブー・4寸皿・4と5寸の浅鉢など細かいモノが中心です。あと少量ですが、ご飯ものに麺類に使い勝手のいい6寸マカイも再入荷しています。

IMG_1873b

そして今回の入荷の中で個人的な見どころは様々な『タタラ皿』です。実は私が登川さんとお付き合いしたいと思ったきっかけがタタラ皿で、沖縄陶器の作り手の多くが効率的にたくさん作る為にロクロによる成型をし、伝統としてより多くの量を窯詰めする為に重ね焼をしている中。あえて面倒で効率の悪いタタラの型による成型をしながら、沖縄らしい絵付けで表現される登川さんのタタラ皿を手にした時、とても惹きつけられました。

IMG_1889a

もちろん登川さんの作品の多くもロクロによって成形され重ね焼きによって効率的に焼かれた伝統的で魅力的な沖縄のうつわで、タタラ皿はごく一部ですが、型から写った布目や型モノ独特のぽってりとした質感は見た目だけでなく手に触れる事でその魅力が伝わります。今回は楕円や角、大小さまざまなタタラ皿が入荷しております。お魚や前菜盛り、おにぎりと漬物なんて組合わせも似合ってしまう使い勝手のいいうつわです。

IMG_1938

ここ最近で大きな入荷が3つもあった事で売り場もかなり充実してきました。秋が深まるにつれ、まだまだこれから新しい入荷の予定もありますので、この先の秋のMARKUSもご期待下さい。また今月は4連休や急な営業時間の変更でご迷惑をお掛け致しますが、品物の入荷も含め直前や急なお知らせはFacebookやInstagramなどでもタイムリーに告知しておりますので、そちらもチェックしてみて下さい。よろしくお願い致します。

 

今年最後?の入荷 & 年末年始の営業

早いもので今年もあと1週間となりました。暖冬のせいで何となくクリスマスらしさも年末らしさも今一つパッとしませんが、無情にも2015年は間もなく終了です。そんなわけで遅くなりましたが年末年始の営業日についてお知らせいたします。

● 年内は 12月29日(火)までの営業 ~ 年始は 1月4日(月)からの営業とさせていただきます。
【 12月30日(水) ~ 1月3日(日) の5日間はお休みさせていただきます。】 よろしくお願い致します。

IMG_6606

2015年最後の(たぶん)の入荷として沖縄より、『 陶器工房 壹 』 さんより定番のうつわが届きました。今回はいつものヤツを広く薄くといった感じで数はそれほど多くありませんが、まんべんなく品物が揃っております。

そんな中でも今回は、久しぶりの土瓶が3種届いております。いつも気づいたら無くなっている隠れ人気商品ですが、3種同時にあることは珍しいので今なら選びたい放題です。と言っても各1点づつしかありませんが。他にはこちらも春以来の久し振り、どんぶりサイズと飯碗サイズのマカイが届きました。

IMG_6666

そしてもう一つ、こちらも1年ぶりの入荷。鹿児島より桜島の椿油が届きました。昨年扱っていた甑島(こしきじま)の椿油が大変人気だったので今年も早めにお願いしていたのですが、今年は台風や天候不順のために収穫量が非常に少なく、地元でもあまり出回らなかったそうです。という事で今年は甑島を諦めて桜島の椿油をご用意しました。

桜島も昔から国内有数の椿油の産地で、無添加無着色の天然100%です。2008年から『桜島TSUBAKIプロジェクト』を開始し、昔から良質の油として使われていた椿油の良さを見つめ直して、椿油を活用した地域の活性化を目指しています。

『岡田 崇人の仕事』延長戦 と お知らせいろいろ(7月のお休みと入荷情報)

先日、28日(日)をもちまして個展 『 岡田 崇人の仕事 』 無事終了いたしました。MARKUSにとっては初めての個展でしたので開催前は不安でいっぱいでしたが、会期中はかつて無いほど多くのお客様にお越しいただきまして、おかげさまで大盛況で終えることができました。ご来店いただきましたお客様、本当にありがとうございました。

会期中にも多くのお問い合わせをいただきまして、今回の会期に都合がつかなかった方や、一度ご来店いただいて心残りがある方など、たくさんいらっしゃるようでしたので岡田さんとも相談しまして、あと1週間、7月5日(日)まで、このまま作品を展示させていただけることになりました。最初は450点あった作品も半分近くが既に旅立っていきましたが、まだまだ新作や1点ものなども多数ございますので意味逃しなく。

IMG_9261

そして 『 岡田 崇人の仕事 』 延長戦の会期中ですが、7月1日(水)はお休みをいただきます。また、その次の水曜日8日と第4水曜日の22日もお休みをいただきます。整理しますと7月のお休みは、

7月1日(水) ・ 8日(水) ・ 22日(水)

以上3回となっております。直前のお知らせとなってしまい申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

IMG_9230

 個展の会期終了に合わせて、沖縄の 『 壱岐 幸二 』 さんと、愛知県 常滑の 『 冨本 大輔 』 さんから、それぞれの夏らしい染付のうつわが届きました。どちらも再入荷で、非常に人気のある品物です。常滑の冨本大輔さんとは今年の2月からのお付き合いで、初回で入荷した7寸鉢が非常に好評でしたので今回は多めに入荷しております。

IMG_9167

沖縄の 『 陶器工房 壱 壱岐 幸二 』さんはもはや説明不要の定番商品で、今回は染付の7寸・6寸皿が3柄と、人気の色差しの6 ・ 7 ・ 8寸皿、輪花点紋の5寸と7寸鉢と、夏を目前に人気のシリーズが出揃いました。その他にも6寸3分のマカイ(どんぶり鉢)や長方形と正方形(新作)の羊歯柄の板皿も入荷しております。

IMG_8552 (2)

最後に、こちらは個展の直前に入荷してお知らせするのを忘れてしまっていた、『 こぎん刺し 』 のコースターです。『 こぎん刺し 』 は青森の伝統工芸で元々は防寒のために麻の衣類の織り目を糸で詰めた事が始まりで、それが様々な色の糸で模様を描くようになり現代にも伝え残されています。今では書店の手芸コーナーにたくさんのこぎん刺しに関する書籍が並ぶほど手芸好きな方には人気があります。

個展も終了し、これから夏に向けて様々な品物が入荷します。引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

ゴールデンウイークの品揃え

いよいよ今週末からゴールデンウイークが始まります。既に先日の土日からお休みで、来週の土日まで16連休なんて人も
世の中にはいるそうですが、今年の傾向は割と国内でのんびり。なんて方が多いようです。

MARKUSも参加している『TOKYO CRAFT MAP~東京工藝月間2015』に参加している各店舗では、面白そうな企画や
イベントごとが目白押しですが、MARKUSにも負けじとこの期間に合わせて、全国から続々と品物が集まってきています。

MARKUSでも配布しておりますのでマップ片手に東京の街へ工藝めぐりのお散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

IMG_5974

という事でGW直前の今週も先週に引き続きまして、たっぷりと品物が届いておりますので、順番にご紹介していきます。

まずはおなじみ、沖縄の『陶器工房 壹』の壹岐 幸二さんより、毎年人気の染付のうつわがおよそ80点と、いつもより若干
多めに届いております。今回は定番の1色柄の染付皿は5寸のみで、いつも人気の高い、鮮やかな緑色の挿し色がとても
きれいな点紋輪花鉢と染付色差し皿を中心に入荷しております。

IMG_7309

まだまだたくさん注文しておりますので、今回入荷しなかった染付の6寸 ・7寸皿などもGW以降に順次入荷する予定です。

続いては先週のお知らせでも予告しました、長崎県の 『 小島 鉄平 』 さんより、新作の押し紋のうつわが入荷しております。
今年の年明けに定番のスリップウェアと合わせて少量ですが、入荷があった分があっという間に完売してしまい、その後に
大急ぎで追加注文した分が早くも今週に入って入荷してきました。

IMG_7179

前回の入荷分では7寸ボウルや楕円鉢など大物に人気が集中したため、今回は大き目のサイズもたくさん焼いていただき
ました。今回のラインナップは楕円鉢の大と中、7寸 ・6寸ボウル、6寸皿と7寸皿という品揃えですが、前回と同様に同じ柄
というものは2つとしてありません。全てが個性豊かな1点モノとなっております。また、今回は前回から少し改良されて若干
軽くなっております。この研究熱心な姿勢が小島さんの真骨頂ではないでしょうか。

IMG_7369

今回も更に深みを増した色合いに加え、様々なバリエーションの押し紋のパターンも増え、お気に入りの1枚を選び出す
のもひと苦労ですがそれが楽しみでもあります。まだ入荷したばかりで在庫も豊富ですが気になる方はお早めにどうぞ。

最後は今回の入荷が初めてのお付合いとなる新しい作家さん。滋賀県の信楽で作陶されている 『 廣川 温 』 さんです。

IMG_7435

廣川さんは1984年生まれのまだまだ若い作家さんですが、ご両親も陶芸のお仕事をされており、今回はお父様も得意と
される耐熱のうつわを作っていただきました。ここ何年かは毎年お父様と二人展をされており、最近になって廣川さんも
耐熱のうつわを作られるようになったそうなのですが、入荷した時の荷物に添えられていたお手紙では 『 自分で言うのも
なんですが、釉薬の流れ具合など結構いい感じで焼けた窯 』 と、おっしゃっており、控え目ながらも今回の出来具合に
対する自信がみなぎっております。

IMG_7449

見た目は軽やかに見えますが、耐熱 ・耐火陶器という調理道具の側面を持つ器として、どっしりとした重量感があります。
直接火にかけて煮物やシチュー。オーブンに入れてピザやグラタンなど幅広い料理に活用でき、出来たてをそのまま
テーブルに運べばうつわとしての見栄えもいいので季節を問わず活躍してくれます。そして使い込むほどに風合いを増し
愛着のわく1枚となる事と思います。

ゴールデンウイークの直前入荷は以上です。いつも以上の充実の品揃えで皆様のご来店を心からお待ちしております。

『 小島 鉄平 』 さん(長崎)の新作と 『 陶器工房 壹 』さん(沖縄)のポット

まだまだ寒い日が続きますが、日毎に太陽が出ている時間が長くなっているのを感じ、長かった冬もすでに折り返したな。
と、思う今日この頃です。先週はMARKUS開業以来初めて、体調不良の為にお店を休んでしまいましたが、もう元気です。

 そんな私の体調の回復を待っていたかのように、今週は長崎で活動されている 『 小島 鉄平 』 さんの新作の器と、沖縄の
『陶器工房 壹 』 さんのポットと湯のみが届いております。

IMG_2505

小島さんとは2013年の12月からのお付合いで、当初は動物をモチーフにしたスリップウェアのみのお取扱いだったのです
が、小島さん自身、2014年は新たな修行の年として、島根 ・ 鳥取などの作り手や窯元などを訪ね、ご自身の技にみがきを
かけるとともに新しい技術や感性を身に着けて帰ってこられました。その 『 新生 小島鉄平 』 の発表の場として、昨年9月に
銀座松屋行われた手仕事直売所で拝見した新作の数々には、初めて民芸の器を見た時のような感動と興奮を覚えました。

IMG_2559

今回の新作の中で、小島さんが新たに取り入れた技法は、 『 墨流し 』 と 『 押し紋 』 です。どちらも日本に古くから伝わる
陶芸の技法なのですが、それに従来のスリップウェアの技法を組み合わせ、非常に多彩で表情豊かな作品群となりました。

『墨流し』とは、比較的スリップウェアに近い技法で、スリップ同様に垂らした化粧土を掻いたり揺すったりしてできた流れが
模様となります。『押し紋』はハンコのような器具で、均等にバランスよく模様を押していき、できた凹凸に釉薬を流すことで
模様となります。流す釉薬によっては書いたようにハッキリとした模様になったり、色の濃淡だけで立体的な模様になります。

IMG_2509

今回の入荷分もこれまで同様、小島さんの感性のおもむくまま一発勝負で仕上げられた図柄であるため、同じものは無く、
全てが1点モノです。今回はおよそ100点のうつわが届き、色柄はもちろんの事、形も様々な種類で作っていただきました。

100種類全てここでお見せ出来ればいいのですが、さすがにそれは難しいので、出来るだけ多くの柄をご覧いただける
ように種類別にまとめてアップしました。先程も申しましたが全てが1点モノで無くなったら同じ器は2度と入荷しませんので、
気になるモノがありましたらお気軽にお問い合わせください。

IMG_2592

 最初の写真、4×6列に並んだ器は、上2列が6寸鉢(直径185×高さ50㎜)で、下2列が6寸皿(直径180×高さ30㎜)です。
2枚目の4×5列に並んだ器は全て5寸皿(直径150×高さ25㎜)。3枚目の長方形の器は角鉢(180×160×高さ40㎜)です。
4枚目、四角い角皿(110×110×高さ20㎜) ・ 六角皿(115×115×高さ20㎜) ・ 丸い中皿は(直径130×高さ30㎜)です。
最後の楕円鉢(220×270×高さ55㎜) ・ 7寸鉢の押し紋(直径220×高さ55㎜ ・ 7寸鉢墨流しスリップ(直径200×高さ45㎜)
となっております。ひとつひとつに個体差があり、サイズは作り方にによっては3~5㎜程度の差異があるモノがあります。

IMG_2598

こちらに掲載しきれていない器もいくつかありますので、是非店頭でお手に取ってご覧ください。ちょっと感動モノですよ。

そしてもう一つ、MARKUSでは既におなじみの沖縄  『 陶器工房 壹 (壹岐 幸二) 』 さんより、新しい形のポットと湯のみが
届きました。今までにない丸くぽってりとした形で手に収まりがよく、お茶の香りをより楽しんでいただくのに適した形をした
湯のみです。

IMG_2659

お湯のみと一緒に届いたポットは、土瓶と言うよりも、まさにティーポットと呼びたい洋ナシ型のフォルムをしています。
お皿の方で人気のあった 『 色差し蕾唐草 』 模様で、とても爽やかな雰囲気をまとっています。容量も大きく、800~
900mlは入りますので、多めのお湯で香りや色を楽しみたい紅茶にも適しています。

IMG_2684

こちらのポットも1点限りの入荷で早い者勝ちとなっております。湯のみの方は3種類とも多少多めに入荷しておりますが、
おひとつ¥1,620 と大変お手頃価格となっており、人気が出そうな予感がしております。こちらも気になる方はお早めに。

 

このページの先頭へ