HOME > 2013年 > 10月

日々のモノ・コト

2013年 10月

沖澤康平さんのガラス (新入荷3連発 ・ その3)

岐阜県 飛騨市で活動されているガラス作家の沖澤康平さんのガラス器が届きました。
沖澤さんは1972年 広島出身で、94年より石川県能登市のガラス工房でガラス製作を学びました。その後、愛知県
瀬戸市のガラスと陶器の会社に入社後、2003年に独立し自身の工房を開設しました。

これから寒くなるのにガラス?と言われるかもしれませんが、ガラスは年中使います。それどころか、これから年末にかけて
人が集まり食卓を囲む機会も増えてくる時期に、こんなガラス器があったら食卓が華やかに楽しくなると思いませんか。

沖澤さん②

毎日の生活の中に溶け込めるような、シンプルなガラス製作を目指す沖澤さんの作品は、ぽってりとしたフォルムの
中にも透明感や軽やかさがあり、映し込む光さえも、食卓のいろどりへと変えてゆきます。
見た目の重厚感は無いが安定感はあり、モールなどで装飾されたひとつひとつの表情には寒々しさはありません。

気取りも気負いもなく、毎日使いたくなる定番のガラスです。

沖澤さん入荷

沖澤さんとは、何年も前から個展やクラフトフェアなどで何度もお会いして、その作品や人柄には触れていたのですが、
ちゃんとご挨拶したのは、9月にご紹介した、同じく岐阜県で活躍されている陶芸の小澤基晴さんとの合同展示会の場で、
小澤さんに紹介していただいたのがきっかけでした。

その翌日にはMARKUSまで遊びに来て下さって、トントン拍子にお付き合いのお話がまとまり、MARKUSでのお取り扱い
第1号のガラス作家さんとなりました。

南部鉄の急須 (新入荷3連発 ・ その2)

寒くなってきたことでお茶の需要が高まってきました。と同時に『お湯呑みは?土瓶や急須は無いの?』といった
リクエストを多くいただきまして、お湯呑はそこそこ充実してきましたが、土瓶や急須はまだまだ手薄たっだことから
南部鉄器の急須を取り寄せました。

今回届いたのは、1902年(明治35年)創業、岩手県、南部鉄器の老舗。『岩鋳』さんの急須です。
南部鉄器は「国の伝統的工芸品」第1号の指定を受け、17世紀中頃に南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、
茶の湯釜を作らせたのがはじまりです。

歴史と伝統の技術が詰まった南部鉄器の急須。古くから日本の生活の中に溶け込んで、現代に伝えられている
生活の道具です。毎日のお茶のひと時をこの急須で味わってみてはいかがでしょうか。

 

クネクネくつ下 (新入荷3連発 ・ その1)

台風も去り、今度こそようやく秋めいてきたところで、履き心地のいいくつ下の取り扱いをはじめました。

 兵庫県の東部に位置する、閑静な日本屈指の高級住宅街のイメージが強い芦屋市作られている、オーガニックな素材と
締め付けない履き心地の良さにこだわった、1年中履けるユニセックスのくつ下です。

くねくね

今では数少ない昔ながらの編み機で職人さんがひとつひとつ調整しながら作っています。出来上がったくつ下は
どれもクネクネとねじれがあり、それは1本1本の糸に撚りがある為で、普通はプレス加工をして形を整えるところを、
クネクネはプレス加工をかけずに繊維そのままの風合いを残しています。

何度か履いて洗ってを繰り返す内に撚りが緩んでいき、ふわっと優しい履き心地に馴染んでいきます。

DSCN5830

 クネクネくつ下を販売元であるmokonoさんは、芦屋市の阪急芦屋川駅のすぐ近く。日本国内に現存する数少ない
フランク ロイドライトの設計した建物として有名な『ヨドコウ迎賓館』からも歩いて10分程度のところにあります。

作っている工場もそこからほど近い所にあり、昨年までこの隣の駅の近辺に住んでいた私の散歩コースでした。
その頃からクネクネの履き心地の良さを味わってしまっていた私は、もっと広くいろんな方に知っていただきたいと思い、
MARKUSでの取り扱いを始めました。

 

『ぬかぽん』の取り扱いを始めました。 【はつめ舎 : 新潟県】

『ぬかぽん』は、玄米・煎り糠・海水塩が入った、天然の素材だけでできたホットバッグです。
日本有数の豪雪地帯でもある新潟県の『はつめ舎』さんが、ひとつひとつ手作りしています。

電子レンジで約1分、または蒸し器で10分ほど加熱して使います。温かくなった『ぬかぽん』を、疲れや冷えを感じる部分に
あててみてください。からだの芯まで伝わるしっとりとした温かさ、煎り糠の香ばしい香りに、からだもこころもほっと休まります。

これから寒くなるにつれて、ゆっくりお風呂につかったり、足湯をしたり、カラダをじゅうぶんに温めて体調を整えることは、
とても大切です。ですが、本当に疲れているときは、それすら面倒になって疲れをため込んでいって体調を崩してしまう。
そんなことにならないように、『ぬかぽん』でカラダを温めて、簡単すっきりリラックスするのはいかがでしょう。

ぬかぽん②

 サイズは全部で3種類。首や肩などにちょうどよく、持ち歩きにも便利なSサイズ。腰や背中など広い範囲に使えるMサイズ。
ヒザや肩・腰・お腹などに巻きつけてじっくり温められるヒモつきサイズがあります。

 袋は2重になっており、内側の袋は綿100%です。外側の袋は5種類の柄をご用意しました。
ストライプ青 ・ストライプ緑 ・生成は綿70%/麻30%のワッシャー加工ダンガリー。チェック赤 ・チェック青は綿100%の
ダブルガーゼ仕様で、肌触りのいい生地を使用しています。

● Sサイズ : ¥1,155- ・ Mサイズ : ¥1,995- ・ ヒモ付きサイズ : ¥3,780- (全て税込価格)

 

10月のお休み

10月のお休み予定です。お知らせが遅くなりまして済みません。

9日(水)と 23日(水)をお休みさせていただきます。
また、12日(土)は14時からの営業とさせていただきます。

10月末頃にあらためてお知らせしますが11月は、益子の陶器市や大阪で行われるクラフトフェアを見に行ったりで、
水曜日以外の変則的なお休みをいただく事になるかと思います。

新しい出会いや発見を求めて、開業以来初めての遠征に出かけます。そこでの収穫は、いずれ様々な形で皆様に
ご紹介したいと思います。秋以降のMARKUSにもご期待ください。

このページの先頭へ