HOME > 2015年 > 4月

日々のモノ・コト

4月 2015年

ゴールデンウイークの品揃え

いよいよ今週末からゴールデンウイークが始まります。既に先日の土日からお休みで、来週の土日まで16連休なんて人も
世の中にはいるそうですが、今年の傾向は割と国内でのんびり。なんて方が多いようです。

MARKUSも参加している『TOKYO CRAFT MAP~東京工藝月間2015』に参加している各店舗では、面白そうな企画や
イベントごとが目白押しですが、MARKUSにも負けじとこの期間に合わせて、全国から続々と品物が集まってきています。

MARKUSでも配布しておりますのでマップ片手に東京の街へ工藝めぐりのお散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

IMG_5974

という事でGW直前の今週も先週に引き続きまして、たっぷりと品物が届いておりますので、順番にご紹介していきます。

まずはおなじみ、沖縄の『陶器工房 壹』の壹岐 幸二さんより、毎年人気の染付のうつわがおよそ80点と、いつもより若干
多めに届いております。今回は定番の1色柄の染付皿は5寸のみで、いつも人気の高い、鮮やかな緑色の挿し色がとても
きれいな点紋輪花鉢と染付色差し皿を中心に入荷しております。

IMG_7309

まだまだたくさん注文しておりますので、今回入荷しなかった染付の6寸 ・7寸皿などもGW以降に順次入荷する予定です。

続いては先週のお知らせでも予告しました、長崎県の 『 小島 鉄平 』 さんより、新作の押し紋のうつわが入荷しております。
今年の年明けに定番のスリップウェアと合わせて少量ですが、入荷があった分があっという間に完売してしまい、その後に
大急ぎで追加注文した分が早くも今週に入って入荷してきました。

IMG_7179

前回の入荷分では7寸ボウルや楕円鉢など大物に人気が集中したため、今回は大き目のサイズもたくさん焼いていただき
ました。今回のラインナップは楕円鉢の大と中、7寸 ・6寸ボウル、6寸皿と7寸皿という品揃えですが、前回と同様に同じ柄
というものは2つとしてありません。全てが個性豊かな1点モノとなっております。また、今回は前回から少し改良されて若干
軽くなっております。この研究熱心な姿勢が小島さんの真骨頂ではないでしょうか。

IMG_7369

今回も更に深みを増した色合いに加え、様々なバリエーションの押し紋のパターンも増え、お気に入りの1枚を選び出す
のもひと苦労ですがそれが楽しみでもあります。まだ入荷したばかりで在庫も豊富ですが気になる方はお早めにどうぞ。

最後は今回の入荷が初めてのお付合いとなる新しい作家さん。滋賀県の信楽で作陶されている 『 廣川 温 』 さんです。

IMG_7435

廣川さんは1984年生まれのまだまだ若い作家さんですが、ご両親も陶芸のお仕事をされており、今回はお父様も得意と
される耐熱のうつわを作っていただきました。ここ何年かは毎年お父様と二人展をされており、最近になって廣川さんも
耐熱のうつわを作られるようになったそうなのですが、入荷した時の荷物に添えられていたお手紙では 『 自分で言うのも
なんですが、釉薬の流れ具合など結構いい感じで焼けた窯 』 と、おっしゃっており、控え目ながらも今回の出来具合に
対する自信がみなぎっております。

IMG_7449

見た目は軽やかに見えますが、耐熱 ・耐火陶器という調理道具の側面を持つ器として、どっしりとした重量感があります。
直接火にかけて煮物やシチュー。オーブンに入れてピザやグラタンなど幅広い料理に活用でき、出来たてをそのまま
テーブルに運べばうつわとしての見栄えもいいので季節を問わず活躍してくれます。そして使い込むほどに風合いを増し
愛着のわく1枚となる事と思います。


ゴールデンウイークの直前入荷は以上です。いつも以上の充実の品揃えで皆様のご来店を心からお待ちしております。

八木橋 昇(信楽)さんのうつわとユーカリのリース

ゴールデンウイークも目前となり、MARKUSにも続々と品物が届き始めております。先週の土日は、ある作家さんに会う為に
岡山まで行っており、久し振りにお休みをいただきましたが、今週末からゴールデンウイークが終わる5月6日(水・祝)までは
5月1日(金)を除いて毎日休まず営業いたします。

そして今週は、とても久しぶりの入荷となる滋賀県の信楽で作陶されている『八木橋 昇』さんのうつわが届いております。

IMG_6552

八木橋さんとはMARKUSオープン以来のお付合いで開店時にもたくさんの器を届けて下さり、出来上がったばかりの
MARKUSの店頭を飾っていただきました。それからもうすぐ2年経ちますが、人気は衰えること無く多くのお客様を楽し
ませてくれています。

今回入荷したうつわは、定番の黒釉と粉引の丸縁皿とつば皿がそれぞれ6寸と7寸。8寸と6寸のリム付のすり鉢。そして
7寸の楕円皿が黒釉と粉引の2色と黒釉の丸縁7寸鉢、粉引のフリーカップです。

IMG_6618

八木橋さんの作るうつわは土の質感が表情豊かに表れており、定番のうつわとしての安心感がありながらも毎日使っても
飽きることがありません。ひとつひとつの質感や表情が異なるため、店頭でお好みの1枚を選ぶ際も思わず熱が入ります。

そしてもうひとつ、こちらは5月の母の日までの期間限定販売ですが、ユーカリのドライフラワーで作ったリースが届きました。
昨年の今頃も自然の石をくり抜いて器にした盆栽を期間限定で取扱いましたが、今年はよりインテリア性とギフト性が高い
ユーカリリースをセレクトしました。

IMG_7049

作って下さったのは国分寺や国立を中心に、お店を持たずに季節の植物を使ったリースやブーケなどのアレンジメントの
製作販売をされている 『louloudi 』さんという方で、イベントへの出店やワークショップなどの活動をされています。

MARKUSとの出会いは昨年末にlouloudiさんが直接売り込みに来られたのが始まりで、その時に持ってこられた見本の
ユーカリブーケが何とも爽やかで飾り気のなさが潔く、ゴールデンウイークや母の日に向けて何かできないかと相談した
結果、今回のお付合いとなりました。

IMG_7165

商品は一部を除き全てギフト向けに想定されたパッケージとなっており、そのままプレゼントとしてお渡しする事ができます。
リースはユーカリをベースにペッパーベリーなどの実物をアクセントに添えられたシンプルなアレンジとなっており、これから
の季節は特にお部屋を爽やかに演出してくれます。

環境によりますが、4~6ヶ月くらいは香りや色合いも持続して楽しむことができます。もちろんドライフラワーですので、それ
以降も枯れたり腐ることなく長く楽しむことができます。お部屋のアクセントにウェディングや母の日のギフトとしてどうぞ。


MARKUSがオープンして2度目となるゴールデンウイーク。今年もたくさんの品物をご用意して皆様のご来店をお待ちして
おります。来週は長崎から小島鉄平さんと初めてのお付合いとなる信楽の作家さんの器が届く予定です。ご期待ください。

4月のお休み【変更】のお知らせ。

先日、4月の休業日についてお知らせ致しましたが、一部変更がございますので改めてお知らせさせていただきます。

4月29日 (水 ・ 祝日)を営業日に変更しまして、その代りに 5月1日(金)をお休みとさせていただきます。

5月2日~6日のゴールデンウイーク 5連休中は休まず営業いたしますので、皆様のお越しをお待ちしております。

鮮やかな色合い (カゴとテキスタイル)

急に寒さが戻ってきて、今年の冬に使いきれずに残ってしまったストーブの灯油を、ここぞとばかりに贅沢に使って寒さを
しのいでいる今日この頃のMARKUSです。皆様は急な寒さで体調を崩されてはいませんでしょうか。

IMG_6342

今週は、気持ちだけでも春どころか初夏先取り。と、思わせるような鮮やかなな色合いと模様が楽しいテキスタイルものが
入荷しております。お洋服のお店はすっかり春モノが店頭を彩っておりますが、MARKUSの品揃えも少しばかり春色を
差し込んで季節感を出していこうと頑張っております。

IMG_6332

まずは、昨年2色のランチョンマットと鮮やかな色合いのカシミヤブランケットを届けて下さった 『 takami hand weaving 』
高見 由香さんより、前回の2色に更に2色を加えて合計4色となった、麻100%のランチョンマットが届きました。

IMG_6253

RED・NAVY・YELLOW・GREEN の4色となった今回も色と模様の相性を考えて、縦糸の素材を使い分けていただいて
おります。REDとNAVYはトーンを抑えて落ち着いた色合いとなるようリネンで、YELLOWとGREENの方はパリッと爽やか
な雰囲気を出すためにラミー麻で織っていただいております。

IMG_6387

高見さんの織物は、ご本人が図案のデザイン ・糸の染め ・ 機織りなど全ての工程をたったお一人で手作業で行っている
ため、非常に手間と時間のかかっている作品です。そしてそこから生み出されたなめらかな手触りと軽やかな風合いを
感じでいただければと思います。

IMG_6405

お次は今年もやってまいりました、MARKUS春夏の人気アイテム 『 SUMAU nani IRO textile 』 のガーゼ手ぬぐいです。
3シーズン目となる今回は、全体的に柔らかなトーンでまとめた全18柄をセレクトしました。(4/10の時点で2柄が未入荷。)

IMG_5865

ハンカチ代わりにお弁当包みに、首元の日焼け防止や汗止めのためのスカーフ代わりにと、古来てぬぐは便利に様々な
用途に幅広く使われ、現代に至っても変わらず身近な存在であり続け、贈り物などにも大変喜ばれています。

IMG_6446

ファッション性が高く、柔らかで気持ちのいい肌触りが人気で、欠品が多いため全ての柄が揃う事がなかなかありません。
数が揃っている入荷直後の今の内に今年のお気に入りを見つけて下さい。

IMG_5869

お次は新潟から届いた竹カゴです。『 ぼて 』 と呼ばれているモノで、ぷっくりと膨らんだ何とも可愛らしい形をしています。
語源は諸説あるようですが、布袋様のようにふっくらとしたカゴ。という所から 『 ほてい 』 がなまって 『 ぼて 』 となったとか。

今回入荷したモノは新潟県の山間部で育った 『 孟宗竹 』 で作られたものです。硬くて加工しにくいため他の地方では、
あまり細工物には使用されないそうなのですが、むしろその粗い感じが無骨な表情となって質実剛健な印象があります。
まだ若々しく鮮やかな色をしており爽やかな竹の香りがします。

IMG_5967

最後にこちらも新潟から。新潟県の中越地方に古くから伝わるワラで編み込んだ鍋敷きです。80歳を超えたおばあさんが
ひとつひとつ丁寧に手作業で編み込んで作られています。こちらも竹カゴ同様、若々しい青いワラの色をしており、そして
何となく懐かしい爽やかな香りがします。

今週の入荷はこんな感じです。しばらく土モノのうつわのご紹介ばかりしていたような気がしますが、MARKUSではこんな
手仕事以外のモノや、東京ではあまり知られていない地方に根付いた生活道具などもたくさん取り扱っております。

 

お知らせあれこれ

4月もなかばに差し掛かろうとしております。まずは今月のお休みについてお知らせ致します。4月は仕入やらイベント事で
何かと遠出する用事がありまして、変則的な日程でお休みをいただきます。

4月18日(土) ・ 19日(日) ・ 21日(火) ・ 29日(水 ・ 祝日)

土日や祝日絡みとなってしまい申し訳ございませんが、上記の日程でお休みをいただきます。
4月30日以降~5月5日までのゴールデンウイーク期間は休まず営業致しますので、皆様のご来店をお待ちしております。

IMG_5974

東京のクラフトや工芸を扱う30店舗が賛同して 『 TOKYO CRAFT MAP 』 を作成しました。国内外から東京にたくさんの
人が集まるゴールデンウイークを中心とした1ヶ月を 『 東京工藝月間 』 として、参加店舗のご紹介や期間中のイベントの
情報を網羅してマップに落とし込みました。MARKUS含む参加店舗や都内各所で配布しておりますので、マップ片手に
工藝の街 東京をめぐるお散歩にお役立てください。

近日中にWebサイトやFacebookページを開設予定ですので、参加店舗や詳細はそちらでご確認下さい。

IMG_6087

最後にもうひとつ。パイ・インターナショナルさんから発売の 『 こだわり&人気雑貨店とカフェのデザイン 』 という本に
MARKUSを掲載していただきました。以前にも同社から同じシリーズの書籍が発行されており、MARKUSの開業準備
をしていた私も、その本を参考にしてイメージを膨らませていたので、取材依頼のお声がかかった時は嬉しかったです。

本の中では店主が顔写真入りでエラそうなことを言っておりますが適当に読み飛ばしてください。

このページの先頭へ