HOME > 2016 > 2月

日々のモノ・コト

2月 2016年

杉本さんと十郎さん。ときどきハニワ

IMG_1716

少し前まで日中は暖かい日が続いており、原油安の内に買い溜めしておいたストーブ用の灯油を今シーズン中に使い切れるか不安でしたが、ここ最近の寒さで何とか使い切れそうな気がしてきた今日この頃です。そんな事を考えていたらもう来週から3月です。早いですねぇ。今年もハイペースで1年の6分の1が終わります。

IMG_1179

ハイペースと言えば、今年は年始からいつもより入荷のペースが速く、人気の作り手さんから新規の作り手さんまで盛りだくさんで届いており、今年に入って本日までで、岡本芳久さん(益子・陶器)・山田洋次さん(信楽・陶芸)・河上智美さん(茨城・ガラス)・野澤裕樹さん(篠山・木工)・蜂谷隆之さん(益子・漆器)・宋艸窯/竹之内 琢さん(鹿児島・陶芸)・大久保公太郎さん(松本・木工)・大谷健一さん(別府・竹細工)といった豪華メンバーからの入荷がありました。そこへきて今週は齊藤十郎(静岡・陶芸)さんと杉本義訓さん(鳥取・陶芸)という、これまた私の大好物であるお二人から品物が届き、役満テンパイな気分です。

IMG_1286

とは言え、この時期にこれだけの人気の品物が揃ってしまい、今年のこれから後の月は大丈夫だろうか?もう少しバラけて入荷してくれてもよかったのに。と、贅沢な悩みと同時に本当に来月以降で誰からも納品がない月が発生するのではないかと、ちょっと不安になってきました。1月・2月のように短期集中でたくさんの品物が届いて売り場がパンパンになるのも、毎日お店にいる者としては楽しいですし、お客様にも色々とオススメできて、なかなか品物が入ってこなくて悶々としているよりは本当にありがたいんですけどね。

IMG_1402

と、長い前置きはこのくらいにして、まずは齊藤十郎さんのうつわのご紹介です。今回はいつものスリップウェアに加えて、湯のみやマグカップ、土瓶から耐熱の楕円鉢と平皿という感じで幅広いバリエーションで納品していただきました。特に湯のみとマグカップは合わせて30個と、形や色柄もバラバラでとても選び甲斐があります。また、お問い合わせの多かった土瓶も小ぶりで使いやすいサイズのモノを作っていただきました。土瓶は作る工程が多くて大変なため嫌がる作り手さんもいらっしゃるのですが、十郎さんは『土瓶を作るのは楽しいので好きです。』と、むしろ積極的に引き受けて下さいました。

IMG_1156

楕円の耐熱鉢は以前に入荷した際に大変ご好評いただいたので飴釉を加えて再入荷です。耐熱なのでグラタンなどのオーブン料理にも使えますが、煮物やサラダなど普段使いの鉢としても年中活躍しそうです。平皿の方は今回初めての取り扱いで、こちらも楕円鉢同様に耐熱の2色使いです。ここまでフラットなお皿も珍しく、お肉などナイフを使うようなお料理には最適です。またお皿の上ほぼ全面を目いっぱい使えるので大きさの割にたくさん盛りつけられてワンプレートで済ませたい時などにも活躍してくれます。

IMG_1534

続いては皆さんお待ちかね、鳥取県の 『 牧谷窯 ・ 杉本義訓 』 さんの練り上げのうつわが久しぶりに入荷しました。以前にもご紹介しましたが、この杉本さんと齊藤十郎さんは独立前に鳥取県の名工、岩井窯の山本教行氏の下でともに修業した同門の作りでさんです。修業を終えた後、長い苦難の末に杉本さんは武内晴二郎の練り上げの大鉢と出会い、練り上げの技法に打ち込むようになりました。そして更なる試行錯誤を重ねた末に現在のようなシャープでピシッとエッジの効いたスタイルを確立しました。

IMG_1598

練り上げの技法は、ご本人もおっしゃっていますが非常に面倒で地道な作業の末に出来上がっており、とても大量に作れるようなモノではありません。2色から3色の異なる色の土を模様通りに配置して土の層を作り、上から重しを乗せて圧着します。この時に均等にかつ最適な圧力をかけないと土の層が崩れたり焼き上がりで層の境目がはがれて割れてしまいます。気の遠くなるような試作と研究の繰り返しと経験の成せる業です。それをうつわの厚みに切り出して型に当てて成形し、ようやく窯で焼くことができます。

IMG_1637

そんな苦労を微塵も感じさせないくらい軽やかでポップな印象の杉本さんのうつわは、 全国でもファンが多くMARKUSでもお問い合わせの多い知る人ぞ知る作り手さんですが、作れる数が非常に限られている為、お取り扱いできる店舗もごく限られている上にMARKUSでも年に1度程度しか入荷がありません。今回は8.5寸と7.5寸皿、丸鉢、角鉢、八角皿、そしてカップ、という感じで1種類当たりの数は多くはありませんが、比較的幅広い品揃えで届けていただきました。長らくお待ちいただいていたお客様、お早めにどうぞ。

IMG_1465

最後に軽めのネタを。年末からずっと欠品しておりましたハニワがようやく入荷いたしました。いつも油断していると、いつの間にか無くなっているウラ人気商品で、MARKUSオープン時からのお取り扱いなのですが、いまだに人気の衰える気配がありません。今回は久しぶりの新作で土偶を1種類追加しました。体育座りして合掌しているのですが、もはやアフリカの少数部族が呪術にでも使いそうな怪しい雰囲気です。でも、これまた人気が出そうな予感がひしひしと感じられる期待の新人です。

IMG_1495

という感じの、充実しまくりの今週の入荷でした。3月~4月もまだ何かと入荷の予想はたっているのですが、それ以降ネタ切れにならないようにせっせと仕込みを続けていきます。春のMARKUSにもご期待ください。

宋艸窯と別府の竹細工

IMG_0941

先日は東京にも春一番が吹き、それ以降は日中の日差しも暖かく、少しだけ春が近づいてきたような陽気が続いております。春に向けて仕込んでいたネタも徐々に届いており、少しづつですが長かった冬の終わりと入れ替わりにMARKUSにも新しい品物がやってきます。

これから3月にかけて、お待ちかねの品物や新ジャンルというか新しい試みの入荷が続き、4月末には個展も控えています。この先のMARKUSにご期待ください。

IMG_0624

そして今週は、およそ1年ぶりの入荷となる 『 宋艸窯 (竹之内 琢)』 さんのうつわが鹿児島から届きまました。
宋艸窯さんはMARKUSオープン時からのお付き合いで、以来根強いファンの方がたくさんいらっしゃいます。
シンプルで使いやすく、鮮やかな発色の宋艸窯のうつわは和洋問わず普段の食卓を華やかに彩ります。特にこれから迎える春や初夏には目にも爽やかな瑠璃色や緑がよく映えます。

IMG_0468

久しぶりの今回は、平皿の小と中、人気のマグカップと湯呑といった細かなものが中心です。欠品中もたくさんのお客様からお問い合わせをいただいておりましたが、ようやく人気のラインナップが全色で揃いました。

今回入荷分の他に、平皿の大と楕円皿。楕円鉢の中と大も注文しておりますので、これらは春頃には追加で届くと思います。恐らくその頃には今回入荷分の大半も無くなってしまっていると思いますので、長らくお待ちいただいていた皆さま、お早めにどうぞ。

IMG_0749

そして今回初めての取り扱いとなる新ジャンル。もっとも古い文献では 『 日本書紀 』 にも記述が残っており、大分県で唯一の伝統工芸品として指定されている 『 別府竹細工 』 です。

真竹(マダケ)の生産量が日本一である大分県で、その豊富な資源を利用して室町時代の頃から本格的に竹工芸が盛んになりました。また別府は日本有数の温泉地という事もあり、湯治客用のカゴや日用品としての需要も相まって別府市の地場産業として定着し、現代にいたるまで盛んに生産されてきました。

全国には数多くの竹細工の産地があり、MARKUSでも岩手県 鳥越のスズ竹、新潟県 佐渡の孟宗竹、といった産地によって異なる竹を使った、それぞれの地方に残るカタチの竹細工を扱ってきました。

IMG_0788

別府で使われている真竹は肉厚で弾力性があり曲げや圧力に対する抵抗力が強い事から細工物だけでなく、古くは建材などにも使用されてきました。別府の竹細工は農器具や生活雑器の色が濃い他の産地のモノと比べて仕上がりの美しさから、どちらかというと工藝品・美術品といった側面が強く感じられます。

その工程の大半は竹ヒゴづくりで、まずは油抜きという工程を経て艶やかな象牙色になった真竹を1㎜より薄いヒゴに裂いていきます。それを亀甲編みや網代編み、八目編みといった地方に伝わる様々な美しい編み目でそれぞれの形に編み上げていきます。

今回MARKUSがお願いした作り手は、大分県 別府市にお住まいの一級竹工芸技能士 『 大谷 健一 』 さんです。1965年 埼玉県の生まれで、2003年から大分県竹工芸訓練センターに入校し、2005年からは伝統工芸士の 『 油布 昌伯 』 氏に師事しました。その後、別府市の竹工芸展において何度も受賞したり数々の工藝展やイベントに参加するなど、精力的に活動されています。

嬉々として木々

IMG_0251

2月に入りました。節分も終わり立春も過ぎ日中の日差しの中に春の気配もほのかに感じられる今日この頃。先日の3日と4日は連休をいただきまして、3日は終日都内の雑貨業界の展示会巡り、そしてその夜から夜行バスで京都に行きまして、4日は今年の4月末から開催する陶芸の作家さんの個展の打ち合わせをしてきました。久しぶりの京都だったので強行スケジュールにもへこたれず、空き時間には河井寛次郎記念館や平安神宮の近くに新しくできた蔦屋書店を見てきたりと、しっかり街ブラもしてきました。
東京に帰ってきた私を待っていたのは入荷の数々でした。それも刳りモノ・挽きモノ・塗りモノといった木製品の数々、木工品好きの私としては嬉々として検品~品出しに勤しみました。

IMG_0171

という事でまずは、長野県の松本で活動されている『大久保ハウス木工舎』さんの各種木ベラと拭き漆のレンゲ&匙です。昨年の11月に先行していくつかの木ベラが入荷しましたが、それらもほぼ無くなってしまった絶妙なタイミングで、同じ時期に注文していたレンゲと匙、そして木ベラの追加分が入荷しました。道具マニアと言っても過言ではない大久保さんは数々のカンナやノミを駆使して柔らかく、ときにはシャープな絶妙な曲線を作り出します。今回新しく入荷したレンゲや匙も柄の握りやすさと口当たりの良さを追求して削られています。あえてカンナの跡を残した表面は手触りが気持ちよく、使う楽しみと愛着が湧いてきます。

IMG_0137

お次はここ最近、月イチ入荷が続いている兵庫県 丹波篠山で活動されている『野澤裕樹』さんからオーク材のリムプレートが届きました。今回届いたのは6寸と7寸のリムプレートで、昨年の12月に入荷した9寸のプレート兼トレイと合わせて3サイズ揃いました。洋磁器のパン皿やケーキ皿ようなフォルムですが、実際手に取ってみるとモッチリとした厚みがあり木の温かみが感じられます。野澤さんいわく、木のプレートだからと言って遠慮せず、ガンガン使って気軽の水洗いしてシミ付いたり油分が抜けて質感が変わってくる変化を楽しんで欲しい。との事です。気になる方は時々油を馴染ませてメンテナンスしていただければ、それはそれで違った変化を楽しむ事ができます。

IMG_0340

 そしてこちらは久しぶりの入荷、岐阜県で活動されているwoodpecker(福井 賢治)さんの作る、山桜のカッティングボード(大・小)が届きました。woodpeckerさんと言えばMARKUSではイチョウのまな板が大人気ですが、こちらの山桜のカッティングボードもMARKUSでは開業以来の人気商品で、贈り物などにもご好評いただいております。最近はこれだけの大きさのカッティングボードが作れるほどの良質な山桜がなかなか手に入りにくくなってきているそうで、今回久しぶりに入荷しましたが、この後またしばらくの間欠品してしまうそうです。気になる方はお早めにどうぞ

IMG_0299

最後に昨年末からずっと欠品しておりました、栃木県の益子で活動されている『蜂谷 隆之』さんの多用椀が再入荷しました。年末は特に、お正月用にと『ちょっといいお椀』をお探しの方が多く、蜂谷さんの漆器が大人気でした。この多用椀は見込みが広くたっぷりとしているので具が大きい豚汁やけんちん汁などにも最適で布着せされた縁の部分は口当たりが柔らかく、お正月などの特別な日だけでなく、ぜひ普段のお食事の際にもお使いいただきたい漆器です。比較的たっぷりとした大きさのうつわですが腰の部分が若干張り出している形なので女性の手でも片手でしっかり持つことができます。

このページの先頭へ