HOME > 2016年 > 9月

日々のモノ・コト

2016年 9月

続々と入荷しております。(4連発)

間もなく9月も終わろうとしておりますが、まぁ~今月は散々でしたね。ニュースでは9月24日の時点で、今月東京で雨が降らなかった日は2日しかなかったそうです。近所の商店主もみんな嘆いていました。MARKUSも例外ではありませんが、9月も終了間際になって立て続けに4件の入荷がありましたので、この勢いで何とか少しでも挽回したいものです。

IMG_2162a

という事でまず1発目は、春以来の入荷となる岐阜県 高山で活動されている 『 安土 草多 』 さんよりガラスのうつわが届きました。今回は2回目の入荷という事で、前回人気だった八角・クラックのシリーズにに加え、他のお取り扱い店では人気の為 『 秒殺 』 と、噂されるワイングラスもお願いしました。その他では小鉢類が何種類届いており、今回は比較的細かい品揃えとなっております。

IMG_2210a

続いては、信楽で作陶されている 『 八木橋 昇 』 さんより、黒釉のうつわが久しぶりに届きました。今回は定番の玉縁平皿の6~8寸と同じく玉縁の浅鉢が6と8寸。そして8寸のすり鉢とこれからの季節に活躍するスープ碗が入荷しております。そして来月にはいよいよ土鍋の第1便が届く予定です。今回の黒釉の器についても、まだ一部が先行入荷したモノなので、これから年末にかけて残りの分も続いて入荷する予定です。

IMG_2247a

そして3発目は鹿児島の 『 宋艸窯 竹之内 琢 』 さんから今回が2年ぶりの入荷となる楕円平皿と、MARKUSでは初めてのお取り扱いとなるしのぎのどんぶり、そして定番のマグカップが届いております。この楕円平皿は30×25㎝と、現在MARKUSでお取り扱いしている器の中では最大の面積なのですが、ワンプレートのお食事や年末に向けて人が集まる食卓ではこのくらいの大きさの平皿があると大変便利です。

IMG_2273a

今回初登場となるどんぶりですが、印象としてはどんぶりというよりボウルと言った方がしっくりくるかもしれません。もちろん麺類やご飯ものをガッツリ。という方にも十分おなか一杯になるボリューム感がありますが、サラダなど葉物の野菜をドッサリ盛り付けても似合います。こちらも他の宋艸窯さんのうつわと同様に、和でも洋でも中華でもしっくりくる、シーンを選ばないオールラウンドプレイヤーなうつわです。

IMG_2118a

そして今回の宋艸窯さんの入荷と同時期に、岐阜県 土岐市で作陶されている 『 河内 啓 』 さんからも入荷がありましたので、マグカップコーナーを作ってみました。宋艸窯さんのマグカップはMARKUSオープン時からの人気商品ですが、河内さんのマグカップもここ2~3年くらいの冬の定番で、ギフトなどにも大変人気の品物です。この先に入荷予定のある何人かの作り手の方にもマグカップをお願いしており、それらが入荷すればかなりの充実度となるでしょう。

IMG_2306a

という事で、4発目の入荷の河内啓さんですが、今回はマグカップ以外は鉢オンリーです。これから少しづつ涼しくなってくるにつれ、温かい食べ物が急に恋しくなります。そんな時にあると便利な大小カタチも様々な鉢モノ達です。
9月も終わりに差し掛かって連発で入荷が続きましたが、秋冬に向けて仕込んでおいた品物はまだまだたくさんございます。この先も続々と新しい品物が届く予定です。どうぞご期待ください。

 

沖縄より 陶器工房 壹さん・登川 均さん 入荷 (9月のお休み)

9月に入り急に残暑が厳しくなってきたり台風が来たり来なかったりと、落ち着かない天候のせいか体もちょっと疲労がたまりがちな今日この頃。先月末に入荷した山田洋次さんに続いて、今週は沖縄より 『 陶器工房 壹 壹岐 幸二  』 さんと 『 やちむん なかどまり工房 登川 均 』 さんからも続々と入荷があり、店内も賑やかに慌ただしくなってなってまいりました。そして、慌ただしいついでに9月のお休みもお知らせしておきます。

IMG_1476a

● 9月 13日(火) ~ 16日(金) の 4日間は、島根県への仕入の旅と、益子へ11月末に開催予定の個展に向けた打ち合わせの為、お休みをいただきます。

お盆でもお正月でお無いのに今回はまとまったお休みをいただきます。店頭にも掲示して告知しておりますのでご注意ください。また、今月はちょっとした私事で、昼過ぎからの営業となる日が何日かあります。現時点で分かっているのは、10日(土) ・ 24日(土) ・ 27日(火)・ 30日(金) です。この日は12時か13時頃からの営業とさせていただきます。今月は前述の4日間以外お休みをいただく予定は今の所ございませんので、13時前に来て、もしお店が閉まっていたら、少し時間をおいて再度ご来店いただけますでしょうか。よろしくお願い致します。

IMG_1451

お知らせはここまでで、まずは皆様お待ちかねの 『 陶器工房 壹 壹岐 幸二 』 さんの染付のうつわです。今年は6月に沖縄に行って久しぶりに壹岐さんにお会いして新しい作品なども見せていただきながら注文すると決めていたので、昨年末の入荷以降しばらくお休みしておりました。沖縄で壹岐さんにお会いした時には沖縄の焼き物の長い歴史と今直面している問題など、現地の現場の第一線で長年活躍している方からでないと聞けない貴重なお話を聞かせていただきつつ、キッチリ新作なども注文させていただきました。

IMG_1585

そして今回入荷したのが、今年の6月に注文させていただいた品物なのですが、まずは相変わらずの仕事の早さに改めてビックリです。6月のお会いした時も『弟子?アシスタント?募集中』と言っていたので、もしかしたら即戦力になる新人が入られたのかもしれません。
そして新作ですが、まずは、定番の染付皿に人気の蕾唐草の色差しが加わりました。これまでは深皿でしか使われていなかったこの柄ですが、6寸と7寸皿に限り緑の色差しが描かれます。今回は6寸皿のみの入荷ですが、来月くらいには7寸皿も入荷する予定です。

IMG_1407

そしてもう一つ、こちらはカタチも新しい全くの新作。6寸の丸浅鉢です。こちらは高台が無く、マルっとした手に収まりのいいフォルムの割に見込みの平たい部分が広く、サラダから煮物、シチューや具がゴロっとしたポトフやおでんなど、かなり幅広い用途で活躍しそうです。あともう一つの新作のマグカップも注文しているのですが、こちらは次回、染付の7寸皿などと一緒に来月頃には入荷してくると思いますのでご期待ください。

IMG_2008a

続いてもうひと方、こちらは6月に沖縄に行った際に新しくお付き合いが始まった『 やちむん なかどまり工房 登川 均 』さんです。6月に工房にお邪魔した際には現地で買い付けをさせて頂きまして、それらは既に大半が無くなってしまっておりますが、今回は4と5寸のマカイ・4と5寸のワンブー・4寸皿・4と5寸の浅鉢など細かいモノが中心です。あと少量ですが、ご飯ものに麺類に使い勝手のいい6寸マカイも再入荷しています。

IMG_1873b

そして今回の入荷の中で個人的な見どころは様々な『タタラ皿』です。実は私が登川さんとお付き合いしたいと思ったきっかけがタタラ皿で、沖縄陶器の作り手の多くが効率的にたくさん作る為にロクロによる成型をし、伝統としてより多くの量を窯詰めする為に重ね焼をしている中。あえて面倒で効率の悪いタタラの型による成型をしながら、沖縄らしい絵付けで表現される登川さんのタタラ皿を手にした時、とても惹きつけられました。

IMG_1889a

もちろん登川さんの作品の多くもロクロによって成形され重ね焼きによって効率的に焼かれた伝統的で魅力的な沖縄のうつわで、タタラ皿はごく一部ですが、型から写った布目や型モノ独特のぽってりとした質感は見た目だけでなく手に触れる事でその魅力が伝わります。今回は楕円や角、大小さまざまなタタラ皿が入荷しております。お魚や前菜盛り、おにぎりと漬物なんて組合わせも似合ってしまう使い勝手のいいうつわです。

IMG_1938

ここ最近で大きな入荷が3つもあった事で売り場もかなり充実してきました。秋が深まるにつれ、まだまだこれから新しい入荷の予定もありますので、この先の秋のMARKUSもご期待下さい。また今月は4連休や急な営業時間の変更でご迷惑をお掛け致しますが、品物の入荷も含め直前や急なお知らせはFacebookやInstagramなどでもタイムリーに告知しておりますので、そちらもチェックしてみて下さい。よろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ