HOME > 2017年 > 1月

日々のモノ・コト

2017年 1月

2017年が始まりました。今年もよろしくお願い致します。

ほとんど寝て過ごしたお正月も終わり、今年も4日から元気に営業を再開しました。本年もMARKUSをよろしくお願い致します。今年は曜日の並びが微妙なせいか昨年までと比べると穏やかなのんびりとしたスタートとなりました。

昨年12月は例年以上に入荷が多く、いつも以上に充実した品揃えで皆様をお迎えする事ができましたが、実は年末ギリギリまで入荷があり、昨年中にご紹介しきれなかった品物がございますので、今回は新年一発目の入荷と合わせてご紹介させていただきます。

IMG_6945a

まずはこの季節の定番となった信楽の 『 八木橋 昇 』 さんの耐熱のうつわです。土鍋の方は今年で3シーズン目となりますが、相変わらずの人気で 『 今年こそは八木橋さんの土鍋に買い替えよう 』 という方からのお問い合わせも多く、先行して11月に入荷していた黒に続いてこのたび白も入荷ました。そして鍋には付き物のとんすいやグラタン皿なども合わせて届き、売り場も更に賑やかになりました。

IMG_7032a

そして、昨シーズンも人気だった耐熱陶器の片手鍋に今度は浅いタイプも加わり2色2型となりました。深い方はスープやミルクパンとして、浅い方は深い方より底も広く作ってあるのでポトフやロールキャベツなど具の大きいモノを温めてそのままテーブルへ。といった感じで大変便利な存在です。これで今シーズンの耐熱祭りの役者が全て揃いました。まだまだ寒い季節が続きますが耐熱の器で暖かくして乗り切りましょう。

IMG_7107a

続いては新たなお付き合いとなる窯元さんからの入荷。昨年9月に島根県へ仕入れの旅に出かけた際にお伺いした 『 石州 嶋田窯 』 さんより6寸深皿・6.5寸どんぶり・納豆鉢が届きました。それぞれ元々はベースとなるうつわがあったモノをMARKUS用にアレンジしていただいたのですが、例えば6寸深皿は見込みに目立てがされているオロシ皿だったものを、カタチが気に入ったので目立てを無くしてお皿にしてもらいました。1個所だけ片口のように注ぎ口が付いているのはその名残です。今回は食器のみの入荷ですが、もともとは甕や壺などを得意とする嶋田窯さんなので、次回はMARKUS初の大物、傘立てが入荷する予定です。

IMG_7291

そして、2017年の初荷となる一発目の入荷は、沖縄の 『 登川 均 』 さんから、やちむんがたっぷりです。登川さんとは昨年6月に行った沖縄仕入旅からのお付き合いなのですが早くも3回目の入荷です。と言うのも登川さんとは他の作り手の方々とはちょっと違ったスタイルでお付き合いいただいておりまして、こちらからは注文という形で品物は指定できないのですが、定期的にその時に登川さんの手元にある在庫をご案内いただいて、その中から選んだ品物をお送りいただいております。

IMG_7154a

通常のお取引では注文から入荷まで早い方でも半年、大抵の場合は1年以上や、もっとかかる場合は2年以上の時もあるのですが、このスタイルだと品物を確実には指定できませんが3ヶ月に1回くらいのペースで品物を届けていただけます。大体いつも1回に120~130点ほどの品物を画像でご紹介いただくのですが、それが毎回楽しみでアレもコレも欲しくなり結局いつも100点ほど送っていただいております。そんな感じで時にはご案内いただく品物に偏りがある事もあるのですが、今回は 『 マカイ推し 』 です。

IMG_7264a

3.5寸の小ぶりな飯碗サイズから6寸のどんぶりサイズまで、およそ70点のマカイが届いております。その他にはダイナミックな柄が特徴の8寸皿や、いつも少量しか入ってきませんが毎回人気のタタラ皿。そして今回は初めての入荷となるポットやチューカーと呼ばれる土瓶も届いております。100点ほど届いてもいつも次の入荷の頃にはキレイに無くなってしまうので気になる方はお早めに。

IMG_7217a

こんな感じで年明け早々、賑やかな売場と幅広い品揃えで皆様のお越しをお待ちしております。そして春からゴールデンウイークの頃にかけて、昨年の6月に行った沖縄や9月に行った島根での仕込みもいくつか形になってご紹介できることと思います。今年もできるだけ日本各地に出向いて様々な日本のイイモノをご紹介していきたいと思っておりますので、どうぞ2017年もMARKUSをよろしくお願い致します。

このページの先頭へ