HOME > 2019年 > 4月

日々のモノ・コト

2019年 4月

4月13日より『第三回 岡田崇人の仕事』を開催します。

もはやイベントのお知らせ時しか更新しなくなってきており、大変ご無沙汰してしまい申し訳ございません。昨年11月の『白岩焼和兵衛窯 渡邊葵 展』のお知らせ以来のブログです。

季節も春を迎え、新しい元号も『令和』に決まり、新しい時代の幕開けに期待で胸を膨らませている方も多いかと思いますが、平成の最後に満を持してお届けするのは、MARKUSではおよそ2年半ぶりの個展となる益子の陶芸家・岡田崇人さんによる『第三回 岡田崇人の仕事』です。
今回のブログでは過去の岡田さんの作品や個展の画像を見ながらこれまでを振り返ってみたいと思います。

今年の5月でMARKUSも丸6年を迎える事となりますが、岡田さんとは開業時からのお付き合いなので岡田さんとMARKUSとの関係も6年になります。正確に言えば初めて岡田さんに直接お会いしてお取り引きのお願いをしたのはその前の年になりますが、オープンの数日前に届くよう制作をお願いしていたのが間に合わず、当日のお昼頃に益子からわざわざ直接お持ちいただいたのは、今となっては良い思い出です。

今でこそ年間に5回程度の展示会やイベントを開催しているMARKUSですが、最初の頃は『セレクトショップ』というスタンスから、あまり個展などを行う事はありませんでした。ですが開業から月日が経ち品揃えや方向性などの変化や見直しを進めていた2年目の頃に、何かの話の流れから『個展やってみない?』というお話をいただいたのが、MARKUS初の展示となる第1回目の『岡田崇人の仕事』のきっかけです。

1回目の『岡田崇人の仕事』では多くの事を学びました。とにかく初めての催事で当日までの段取りやDMの作成・告知等、今では問題無くこなせている事の全てが初めてで、確か岡田さんにとってもこの時が単独で東京で行う5~6年ぶりの個展だったのでお互いにドキドキしていました。段取りや物量の感覚等この時の事が基準になっていたり、ここで得た反省点や改善点をその後のお店作りやイベントに活かす事もできました。

上3つの画像は第1回目の時の売り場です。岡田さんの作品の変遷を見ると面白いです。ちょうどこの年に濱田庄司の登り窯の復活プロジェクトがあり、その時に焼いた貴重なうつわもMARKUSでの初個展に出品して頂きました。伊羅保や鉄釉の今となってはなかなか手が回らない非常に手の込んだ作品もこの時はたくさん作って下さいました。特にぐい呑みを自分用に確保しておかなかった事を今でも悔やんでおります(笑)。

1回目が2015年なので売場を見ても今とは随分違います。詰め込み過ぎは相変わらずですが、素っ気無くて下手クソな売場で恥ずかしいです。陳列用に『水屋』が必要だな。と思ったのもこの時で、今ではMARKUSの顔的な存在感ですが初めの頃は所謂『うつわ屋さん』ぽくなるのが嫌であえて避けていました。でもどのお店も水屋を使う理由がこの時にわかりました。ちなみにこの木製のキャビネットは自宅から持ってきました。

第2回目は2016年の冬、1回目から1年半後の開催となりました。この時は益子に200年続く日下田藍染工房で藍染の修行をされた『デイ・麗奈』さんとの二人展という形で行われました。陶器と藍染。それも真冬に。という意外な組み合わせかもしれませんが、深みのある色合いの藍染と個性的な柄でありながらも落ち着いたトーンの岡田さんのうつわとの相性は良く、売り場がキリっと締まり大変ご好評いただきました。

この頃になると岡田さんの活動の場や作品の幅もグッと広がりました。お馴染みの象嵌や掻き落としにも新しい柄や色が加わり、ロクロ物から型物に至るまで新しいデザインが生み出され、MARKUS開業以来の岡田さんファンの方々を唸らせる品揃えと物量で、大満足な内容となりました。個人的には開業前に初めて岡田さんの工房にお邪魔した際に仕入れた尺2寸の大皿がこの個展で旅立って行った事がとても嬉しかったです。

そしてこの時の目玉は何といってもポットでした。もう何年も前から土瓶やポットの制作をお願いしていたものの『めんどくさい・大変だから』と逃げられていたのをしつこく食い下がり、岡田さんも『10年近く作ってなかったんじゃないかな』というくらいの待望のポットを出品して頂きました。DMに使用した事もあって、会期前からたくさんのお問い合わせを頂いた事を覚えております。果たして今回の個展では登場するのでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、ここで岡田崇人さんの経歴を簡単にご紹介しておきます。
1974年 東京都小金井市に洋画家の長男として生まれ、東洋大学法学部を卒業後、縄文象嵌の技法で重要無形文化財保持者(人間国宝)となった益子の島岡達三氏に師事し、5年間の修行の後、2002年に栃木県益子町に自身の窯を構えました。2005年に国展に初入選を果たし、以降5度の入選をしております。

岡田さんの作品は大きく分けると【掻き落とし】と【象嵌】の2種類の技法で装飾されています。力強い彫紋に伊羅保や鉄釉を施したシリーズもありますが、なかなかお目にかかれないので一旦置いといて。掻き落としとは素地土の上から化粧土をかけ、模様として残したい部分の周りを削り落として素地を出す事で模様を浮き彫りにさせ、書いたり染めたりするのとは違う素朴な輪郭線と凹凸が生まれる手触りも楽しめる器です。

それに対して象嵌は素地土に模様となるような凹みを付け、その上から化粧土を掛けます。その後表面の化粧土を削り落とすと凹みに溜まった化粧土が模様となって残ります。岡田さんの師匠である島岡達三氏はこの凹みを付ける際に撚った縄を転がす事で模様を描く縄文象嵌で人間国宝となりましたが、岡田さんは模様のひとつひとつを丁寧に彫って象嵌を施す事で、模様の輪郭が明瞭で手触りも楽しい器となります。

上の画像の右二つのお皿は島岡達三氏の後継者である『島岡 桂』氏による縄文象嵌です。使う縄や転がし方によって様々な模様が生まれます。桂さんは岡田さんとほぼ同時期に島岡達三門下に入門した兄弟弟子で島岡達三の孫にあたります。マメ知識ですが島岡達三のうつわの裏にはタツゾウの【タ】の印、桂さんのモノにはケイの【ケ】の印が押されており、岡田さんのうつわにはオカダの【オ】の印が押されています。

どちらも非常に手間と時間がかかる仕事ですが、それを感じさせない可愛らしさと軽やかな表情があり手にしたときに初めてその素晴らしさを感じる事が出来る仕事の跡ではないでしょうか。私が岡田さんの個展のタイトルを『岡田崇人の仕事』としている理由がここにあります。そして、ひとつひとつは個性豊かな表情をしておりますが、意外と和洋問わずどんなお料理・食卓にも馴染みやすく洋食器などと並んでもしっくりする器です。

2年半ぶり3回目の個展『岡田崇人の仕事』。MARKUSにとって『平成』の最後を飾るのに相応しく、そして新しくやってくる『令和』の時代にも長く伝え残されて欲しい丁寧で美しい岡田崇人の仕事の数々。時代の節目だけではなく岡田さんにとっても大きな節目となる今回の個展。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

このページの先頭へ