HOME > ガラス > 河上 智美(茨城)

日々のモノ・コト

河上 智美(茨城)の記事一覧

年内の入荷がだいたい出揃いました。~ 年末年始の営業

あっという間に今年も残すところあと10日ほどです。吉祥寺の街も普段より人が多く平日でも活気付いておりますが、私は喧騒から取り残されたようなMARKUSの店内で、のんびりと『あぁ、年末だな』としみじみ感じております。 …というのは妄想で、店内はもう大変な事になっております。

【年末年始の営業】
年内は12月30日(土)まで休まず営業します。(30日の営業は通常どおり 11:00~20:00)
年始は1月4日(木)11:00からの営業とさせていただきます。

という事で、ここ最近の苦行のような入荷ラッシュの品々をご紹介させていただきます。まずは今年もやってきました、しめ飾り。例年と同じものですが、毎年同じものをお求めになる方が多く、私自身もこのしめ飾りを大変気に入っているため今年もこの伊予のしめ飾り一択です。

茨城に工房を構える吹きガラスの河上 智美さんから大量のガラス器が届いております。いつもは毎年春先に注文したモノを、その年の年末から年明けにかけて2回くらいに分けて届けて下さるのですが、今回はドカンと一括、180点ほどを直接お持ちくださいました。

何日か前に『○○日にお持ちします』というご連絡はいただいていたのですが、いつも通り半分くらいだろうと暢気に構えていたら、まさかの全量180点。急遽大掛かりな売場替えとなりましたが何とか全て売場に収まりました。今回の入荷はコレでおしまいで次回はまた来年の今頃となりますので、気になる方はお早めに。

今回の入荷はグレーのモノも合わせて全部で32種類です。大体いつも定番的な継続品が全体の半分、残りを新作と過去の作品の中からのピックアップを半々。という割合でお願いしているのですが、今回の新作もとてもイイです。来年以降も継続して定番化したいモノばかりです。

河上さんのつくるモールで形づくられたガラスは透明感があり造形的にも美しく、そして華やかさがあります。もう目前に迫ったクリスマスや年末年始などの人が集う賑やかな食卓にはピッタリですしギフトにも大変喜ばれております。

島根県の白磁工房 石飛勲さんからも、今回は鉢モノを中心に追加の品物が届いております。前回10月に届いた分は湯吞みや醤油差しなど細々したとしたものが中心でしたが、今回の入荷分は9月に工房にお邪魔した際にアレコレと要望をお伝えしてきたものがカタチになって届きました。

今年の春に入荷した際に大変好評だったリム浅鉢に2パターンの装飾を加えていただきました。一つはリムに二本の筋目を入れて立体的にして感触も楽しめるようにしました。もう一つもリムに呉須で二本の線を引いて洋皿っぽく仕上げていただきました。朝食のスープやシリアルに似合いそうです。

同じく島根県の袖師窯さんからも様々なカタチのお皿や鉢が届いております。だいたい定番のモノが中心ですが、こちらでも9月にお邪魔した際に要望を出して実現したモノがあります。現地に行って作り手と直接お話をしながらお願いした品物が形になって手元に届くというのは何とも嬉しいモノです。

カップ類も何種類か届いております。今回はあえて湯吞みという形をとらずに、何にでも使えそうなフリーカップを選びました。もちろん湯吞みとして使ってもいいですしビールや焼酎なども楽しめます。当然ながらガラスと違ってお湯割りなど熱い飲み物も楽しめるが陶磁器のいいトコロです。

12月の初旬に先行して入荷していた信楽の八木橋 昇さんと益子の廣川 温さんに続いて、鈴木史子さんからも土鍋が届きました。鈴木さんの土鍋はやや浅めでほぼ寸胴な形で底が広いので、鍋料理だけでなく、ポトフやロールキャベツなど具がゴロッとしたお料理などで大変使いやすく便利です。

鈴木さんからは初めてのお取り扱いとなる耐熱のキャニスターも届いております。フタを載せればスタッキングできる保存容器として、一人分のグラタンや熱々のスープを作ったらフタを下皿にしてテーブルへ。といった感じで大変便利です。土鍋同様に鉄のような渋みのある黒と柔らかな印象の黄色の2色展開です。

そして今年の耐熱モノのトリは廣川 温さんから届いた片手鍋です。深いのと浅いのの2種類でこちらもMARKUSでは今回初めてのお取り扱いとなります。これで今シーズンの耐熱モノは全て揃いました。廣川さんの耐熱のうつわは季節を問わず大変人気で、今後は通年でお取り扱いしていこうかと検討中です。

11月に毎年恒例の大量入荷があった小島鉄平さんから、更に角小皿と六角小皿そして楕円鉢の追加入荷がありました。おかげ様で先月100点ほど入荷した分もかなり減ってしまい、売り場も少し縮小したところへ今回の入荷なので、まだまだMARKUSにおける小島鉄平さんの存在感は弱まりそうもありません。

前月入荷した分も7寸・8寸の大きめのお皿は残りわずかとなってしまいましたが4~6寸皿や角鉢、今回入荷した楕円皿や小皿類などはまだまだたっぷりあります。お目当ての柄の動物がいる内にお早目のどうぞ。まだしばらくは在庫はもちそうですが次はまた1年後の入荷となります。

最後は益子の蜂谷隆之さんから届いた筋目拭漆の多用椀です。黒と朱塗りの多用椀は通年でお取り扱いしておりますが、この筋目入りの拭漆多用椀は秋冬限定にしております。蜂谷さんにお願いすれば季節に関係なく作って下さると思うのですが、個人的にこの椀には寒い時期に具だくさんの豚汁を食べたくなる印象があるので、店主の独断と偏見で秋冬だけのお楽しみにしております。

実は今回のブログを書き始めたのが12日頃だったのですが、連日何かしら入荷があり、アレも載せなきゃコレも載せなきゃと、届いた品物を次々撮影して記事を書き足している内にこんな時期になってしまいました。もう今年の入荷はコレで打ち止めだと思います。年内は30日まで売り場いっぱいの品物で皆さまのお越しをお待ちしております。

今年も残すところあと少しです。少し気が早いですが、2017年もMARKUSをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願い致します。

 

河上智美さんと山田洋次さん

まだまだ寒い日が続きますが明日から3月という事で、気持ちの上でも少し春めいた高揚感といいますか軽やかさを感じるようになってまいりました。1月と2月は寒さに縮こまっていたMARKUSですが、気候が暖かくなるとともに身も心も硬さをほぐして元気を出していこうと思います。

まずは、直近のお休みのお知らせを。
● 3月4日(土)は、お休みをいただきます。

IMG_7903a

最初は信楽の山田洋次さんから、根強い人気のスリップウェアと最近力を入れている黄釉のうつわがおよそ80点。かなりの存在感で届きました。今回のスリップウェアはこれまでのマットな質感のモノに加えて新作の独特なツヤ感のある浅めの楕円皿が届いております。これまでの楕円浅鉢と比べてひと回り大きいサイズなのでカレーやパスタ、ワンプレートで済ませたい時などに便利です。

IMG_7978a

スリップ以外ではイッチンの平皿と浅鉢。黄釉のプレートとてっぱつ型の丸鉢がそれぞれ2サイズと、選び甲斐のあるバリエーションです。前回の入荷ではオーブンウェアのみだった黄釉のうつわも今回はグッと幅が広がり、柔らかな淡い黄色で埋まった売場はパッと菜の花が咲いたように春の訪れを感じさせます。スリップも今回は使い勝手のいい小さい角鉢が届いております。画像では見えにくいですが、今回のスリップは今までにない個性的な柄がたくさんありますので、ぜひ店頭でお確かめください。

IMG_7818a

そしてカップ類も充実しております。前回の入荷で人気だったモロッコカップの再入荷分に加えてマグカップが2型入荷しております。まるっとしたシェイプが可愛らしいしもぶくれ型とスッキリしたストレート型。どちらもたっぷり入り、コーヒーがおいしそうに見える色あいです。モロッコカップはもともとチャイを飲むために古くからあるカップの形を模して作られています。トルコなどでも同じような形のチャイ用のカップが使われていますが、細いくびれが持ちやすくちょうどいい容量で、ほうじ茶なども似合いそうです。

IMG_1188a

オーブンウェアのシリーズも年末で完売してしまったオーバルタイプが再入荷して耐熱シリーズの売り場もまだまだ充実しております。オーブンウェアと名前で区別しておりますが、実は今回の入荷分のほとんどが耐熱のうつわです。茶色の飴釉がかかったイッチンのうつわと黄釉の鉢とカップ以外は全てオーブン・電子レンジ・食洗器に対応している便利な存在です。特に黄釉は使い込む事で表情に変化が生まれ、育てる楽しみがあるうつわなのです。

IMG_8054a

お次は、お久しぶりの入荷となる茨城の河上智美さんの吹きガラス。ココ何年かはだいたい毎年3月にまとめて200点近く注文して、その年の年末から翌年の1月か2月にかけて2~3回に分けて品物が届くのがサイクルなのですが、今回は昨年10月に第1便としてグラス・タンブラー類中心で入荷して、そして先日になって鉢物を中心におよそ100点が入荷しました。最近はこのサイクルを覚えて下さったお客様も多く、今頃の時期になると河上さんのガラスをお求めになる客様からのお問い合わせもたくさんいただくようになりました。

IMG_8261a

という事で今回の入荷ではタンブラー類は新作の1型のみで、あとは大小さまざまな鉢モノというラインナップとなっております。個人的にガラスで7寸以上のサイズとなると洗いモノや収納の際に、ちょっと取り扱いが怖いな。という印象があるので比較的小さめなサイズが中心となるのですが、大ぶりなサイズも2型2色ご用意しております。サラダはもちろん、デザートや果物を盛ってみたり、夏場には冷たいうどんやそうめんなどにもピッタリです。夏が来る前には無くなってしまうので気になる方はお早めに。

IMG_8197a

以前に河上さんからご紹介いただいた新作がとても可愛らしかったので、今回は特に手のひらサイズの小ぶりな鉢が充実しております。カタチも様々で何を盛りつけようか考えるのも楽しくなります。そして河上さんと言えば色ガラス。という事で今回もクリアとグレーをご用意しております。近年はどこでもクリアのガラスの方が人気のようですが、薄く色を差したガラスを通す春の柔らかい光。なんていうのもイイ眺めですよ。

という感じで、春の到来を目前に控えた大型の入荷で俄然ヤル気を出しているMARKUSです。3月と4月はまだまだいろいろ届きます。ご期待ください。

GMTC(ガラス・木工・鉄器・カレンダー)

間もなく10月も終わり、年末を意識するようになってきました。思えば2016年もあっという間でした。何をしていたのかよく覚えていないくらいです。実際はあんな事やこんな事もあった1年なのですが、とにかく『えっ?今年もあと2ヶ月で終わり !? 』 という感じです。ひとまず、今年を振り返るのは2ヵ月後にして、今週も入荷ラッシュが続いておりますのでまとめてご紹介させていただきます。

IMG_3874a

まず最初は茨城の 『 河上 智美 』 さんのガラスです。例年は年末年始にかけて、およそ200点ほどを3回くらいに分けて届けて下さるのですが、今年は少し早い入荷でした。今回は第1便としてタンブラー類を中心に60点送って下さいました。河上さんとはここ3年ほどはこんなペースで、春先に1年分をまとめて注文して、その分がその年の年末年始に入荷して、また春先に次のシーズンの分をお願いする。というサイクルです。

IMG_3903a

今回の入荷では5型2色、全部で10種類のグラスと2種類の鉢が届いています。5型のグラスの内の3型は昨年夏から今年の春にかけての新作の中からセレクトして、今回もクリアと薄いグレーの2色展開でご用意いただきました。河上さんの作るガラスはモールと呼ばれる型に当てて作る吹きガラスなのですが、その形状はいつも秀逸で、奇抜なように見えて実はすごく持ちやすかったりバランスが絶妙だったりと、実際手にしてみるとその使いやすさがよくわかります。

IMG_3039a

続いては、先週も第1便としてサクラ材のヘラと匙やレンゲが届いていた、松本の 『 大久保ハウス木工舎 』 さんからヘラの第2便と野菜箱がどっさりと届きました。今回のヘラは栗材のみで20本。要望の多かった左きき用から短めモノや先が丸いモノなど、いろんなお客様に触ってもらってそれぞれのベストな1本を見つけていただこうと、様々な変化を付けていただきました。

IMG_2937a

こちらの野菜箱は、MARKUSでもストックの収納などに使っている所謂 『 リンゴ箱 』 を大久保さんのアイデアで雰囲気はそのままに、ご家庭向けにコンパクトに可愛らしくアレンジされています。そしてたくさん組合わせて気軽に使えるよう、お値段を抑えるために無塗装でラフに仕上げてあります。私も自宅で使っていますが、野菜やお米のストックだけでなく、雑誌やA4書類用の封筒と横幅がピッタリ合うので、年末の大掃除に向けてお部屋や机回りの整理用に、子供のお片付け箱にいかがでしょうか。

IMG_2958a

こちらも先週に先行入荷で木地呂の筋目タイプのみが入荷していた、益子の 『 蜂谷 隆之 』 さんの多用椀が入荷しました。今回の入荷で以前扱っていたものと同じ朱と黒の2色が揃い、これで人気の多用椀が完全復活となり、これからは艶やかな朱と黒の漆仕上げとどこか懐かしい木地呂の筋目の3タイプでご提案させていただきます。これからの季節、温かい汁物やお正月のお雑煮に、ちょっと贅沢な漆器はいかがでしょうか。

IMG_3723

そして冬になると特にご要望が高くなる鉄瓶。今年はお手頃な量産の物をやめて、一人の職人の手による伝統的な技法で丁寧に作り上げられた物を選びました。シンプルで飽きの来ないデザインを追求し、装飾的なモノを極力排した、鉄の塊なのにどこか温かみのある、量産品には無い鉄肌の質感を重視した優しくて柔らかなフォルムが魅力です。今回セレクトした2つは職人歴50年の大ベテランと東日本の震災をきっかけに27歳で職人への道を決意した若手の作る伝統のカタチです。

IMG_3761a

最後はお馴染みの手仕事カレンダーの2017年版です。つい先日も 『 いつものカレンダーはまだ?』 というお声をいただいたばかりで、もうそんな時期か。と思い急いで取り寄せました。今回も染色家・小田中耕一氏の手による型染めの絵は、どの月も季節の風物が詰まっており楽しげなものばかりです。今年も例年通り12ヶ月12枚の卓上タイプとB3サイズのポスタータイプの2種類をご用意しております。

 

季節も変わり、安土草多さん(ガラス)入荷しました。

東京の桜の開花宣言は少し前に出たようですが、気候はまだまだ春と冬の境目を行ったり来たりしているようです。MARKUSの店内も年明けからの入荷ラッシュが一旦落ち着きまして、昨年末から長期にわたり猛プッシュしていた耐熱モノ祭りも季節の移り変わりとともに収束させ、今度はガラス祭りで皆様のお越しをお待ちしております。季節をひとつ飛び越えて、何となく初夏の装いですが、こうしてみると今すぐ欲しい品揃えです。

IMG_4731a

これまでMARKUSでガラスと言えば茨城の『 河上 智美 』さんと岐阜の『 沖澤 康平 』さんのお二人でしたが、このたび新たに岐阜県 高山市で活動されている 『 安土 草多 』 さんが加わりました。今回の安土さんからの新入荷を機に売場の装いをガラッと変えたわけですが、せっかくなのでガラス特集という事で先月入荷したばかりの河上智美さんのガラスと、こちらも先月入荷の大谷健一さんの別府の竹細工も組み合わせて提案したところ、すっかり初夏の装いとなってしまった次第であります。

IMG_4791

4月になれば沖澤さんのガラスや大谷さんの竹細工の追加分も入荷する予定なので、このラインナップも今後さらに充実していきます。そして窓際では河上智美さんのグラス類と合わせて、週末にようやく入荷した木工のSemi-Aco(加賀 雅之)さんのPan皿・Onigiri皿・コースターも定位置で並んでおります。先日の3連休中に入荷したため告知が間に合わず、今日までに既にかなり減ってしまっております。スミマセン。

IMG_4833

そして、今回が初めてのお付き合いとなる 『 安土 草多 』 さんのご紹介です。1979年生まれの安土さんは、同じくガラス作家のお父様、『 安土 忠久 』 氏の指導のもと2001年より宙拭きガラス作りの修行に入り、2002年には現在の活動拠点となっている岐阜県 高山市に自身の窯を築き、若くして独立を果たします。また、2011年には日本民藝館展に入選するなど、精力的に活動している若手実力作家の一人です。

IMG_4857a

安土さんの作品は何年か前から見知っていたものの、初めてお会いしてお話したのは昨年の 『 TOKYO CRAFT MAP 』 のパーティーの場でした。その後、9月に銀座松屋で行われた 『 銀座手仕事直売所 』 で再びお会いして、その会期中に2度ほど一緒に飲むことがあって、その時のノリと勢いでお付き合いする事になりました。まさに酒の席から始まった仕事。というやつです。(実際はそんな適当なモノじゃないですが。)

IMG_4815

写真では少しわかりにくいですが、安土さんの作るガラスはアンティークのような少し黄味がかった色をしていて、溶け始めた氷の塊のような透明感と奥行きのある揺らぎがあります。手にした際に感じる角のとれた丸みとぽってりとした厚みは安心感があり、日常使いには最適です。また、大きな特徴の一つとして、個々の品物が均一にならないように、あえて個性が出るよう一つ一つ微妙に表情を変えながら仕上げているそうです。

IMG_4503

そして今回は、初の試みとしてペンダントライトを4種類作っていただきました。安土さんのガラスで作られる照明は、ガラスそのものがもつ厚みや揺らぎで柔らかな優しい明りを作り出します。このペンダントライト1灯で、例えば読書ができるレベルまでお部屋を明るくする事はできませんが、この明かりが灯された空間は居心地のいい癒しの空間となるでしょう。また、昼間、明かりをつけていない時も太陽の光を通してゆらゆら揺れる光のオブジェのように、夜とはまた違った表情を楽しむ事ができます。

IMG_3831

最後に、先月に引き続きまして久しぶりの入荷となります。鹿児島の宋艸窯、竹ノ内 琢さんの 『しのぎ楕円鉢 』 が届きました。昨年1年間の空白を取り戻すかのように今年の入ってから続けて届けて下さっています。この楕円鉢は宋艸窯さんの作品の中でも隠れた人気商品で、大が¥8,640と中が¥6,480と、比較的高単価な割にはいつの間にか早々と完売してしまっています。程よい大きさと深さ、和でも洋でも中華でも食材を選ばず何でもこなしてくれる懐の深さというか使い勝手の良さが人気でギフトなどにも重宝しています。

IMG_4905 (2)a

そして今年もやります 『 TOKYO CRAFT MAP 2016 』 。このお知らせを書いている最中、つい先程、2016年版のMAPが届きました。昨年の30店舗から更に参加店舗が増えまして、今年は40店舗の、東京で民藝・工藝・クラフト・手仕事の品々を扱うお店にご参加いただき、ひとつのマップに集結しました。今年の活動や詳細につきましては来週のお知らせの中で、4月の予定と合わせてあらためてご紹介します。さっそく本日より配布を開始しますのでご興味のある方は店頭でお声掛けください。

 

2016年もよろしくい願いします

例年よりもずいぶん暖かい年末年始で、いまひとつお正月らしさが感じられない2016年のスタートでしたが、MARKUSも今年は4日から営業を開始しております。ご挨拶が遅くなりましたが、本年もMARKUSをよろしくお願い致します。

2016年の営業、最初の週。さっそく今年最初の入荷が届きましたのでご紹介させていただきます。

IMG_6812

まずは、茨城県で活動されている 『 河上 智美 』 さんからガラスのうつわがたくさん届きました。前回の入荷は昨年の11月末で、その時はタンブラーなどのグラス類がほとんどでしたが、今回はピッチャーやフタ物といった大物や保存容器、そしてプレートや鉢モノなどの食器類がメインとなっており、現在、とてもバラエティ豊かな品揃えとなっております。

IMG_6822

前回入荷したタンブラー類も一部を除き、まだひととおり揃っておりますので、ただいま店内はちょっとした小規模な個展レベルのボリューム感です。今回初めてここまでの物量でガラスのうつわを充実させましたが、夏場の涼しげな印象のガラスもいいですけど、これだけ揃うと、寒い季節に澄んだ空気の中で柔らかい冬の日差しにかざす、キリっとした透明感もいいものです。

IMG_6873

河上さんのつくるカラスは、ひとつひとつ異なる柔らかな曲線が作り出す造形的な美しさと、手にしたときに感じるぽってりとした安心感があり、使う楽しみだけでなく見た目にも楽しむ事ができるうつわです。

特別じゃない日常の中、一杯のお水を飲む行為もちょっとだけ嬉しくなる。そんなガラスです。

IMG_6763

そしてもうひと方、昨年の11月からお付き合いが始まった、兵庫県 丹波篠山で木工・漆器の制作をされている 『 野澤 裕樹 』 さんから、前回入荷してすぐ完売してしまった 『 栗拭漆布着椀 』 が再入荷しました。もともと数量限定だったのですが常連様からのリクエストをいただき、野澤さんに問い合わせをしたところ、たまたま在庫があったのを全ていただいてしまいました。という事で本当にこれが最後です。

IMG_6751

もうひとつ。ナラ材を使った拭漆のお盆も届きました。荒く挽いてあえてロクロの跡を残した上から拭き漆を施してナラ独特の木目やロクロ跡を際立たせ、アクセントとして縁の部分に布を貼り朱漆を施した、野澤さん独自の感性が光る美しい作品です。
縁の立ち上がりの曲線や角度が絶妙で薄くても手に取りやすく、直径で27㎝とこれまた絶妙なサイズなので、お盆としてだけでなく普通にプレートとしてもお使いいただけます。

このページの先頭へ