HOME > 陶磁器 > 廣川 温(栃木) > カゴと耐熱のお皿とくつした

日々のモノ・コト

カゴと耐熱のお皿とくつした

秋も深まり・・・ という季節の挨拶も使い飽きてくるほど、最近は毎週何かしらまとまった入荷があり、夏場よりもお知らせの更新頻度が上がっております。今月は比較的細かい入荷がたくさんありましたが、今月末から来月にかけて、土鍋のあの方やあの方、お久しぶりのガラスのあの方や、1年ほどご無沙汰の鹿児島のあの方など、現時点で確認できているだけでも店内が溢れんばかりの品揃えとなる予定です。(多少盛ってます)

IMG_5967

まずは新潟から届いた孟宗竹のカゴとイ草の鍋敷きです。今回は前回入荷したカタチのモノと、それから持ち手を取ったカタチと2パターン作っていただきました。どれもガッチリとして頑丈なつくりなので、野菜やお米などの食品ストッカーから植木鉢のカバーなど、ガンガン使って下さい。そしてこちらも再入荷の鍋敷き。まだ青々として爽やかな香りがする素朴な風合いです。これから入荷する土鍋や鉄瓶とも相性が良さそうです。

IMG_3609

そしてお次は4月にも1度入荷した、滋賀県 信楽で活動されている 『 廣川 温 』 さんの耐熱のうつわです。前回入荷した時は最大でも8寸までの大きさしか作っていただかなかったのですが、『 直火にもオーブンにもかけて調理する事ができる 』という機能面から、お皿としてよりも調理道具という側面を重視するお客様が多く、大きいサイズばかり先に売れてしまった為、大急ぎで8寸ともう一つ大きい9寸を作っていただきました。いつもより大勢で食卓を囲むときでも大きいサイズならピザやパエリアなども豪快に作れそうですね。

IMG_3684

最後は、帰ってきた 『クネクネ 』 のくつしたです。先日ご紹介した 『 ぬかぽん 』 同様に、3シーズン目の冬を迎えるクネクネくつしたも寒くなるとたくさんの方からお問い合わせをいただくようになり、今年もお待ちかねの入荷です。実際は特に冬用のくつした、という訳ではなく兵庫県 芦屋市の町工場では年中作って販売されているのですが、このくつしたの魅力が最大に発揮されるのが冬場の寒い時期で、ふわっとした履き心地が冷え性でお悩みの女性の方たちからご好評いただいております。

IMG_3695

これから年末にかけて入荷が続きます。それに合わせて店内の様子も次々と変化していきますので吉祥寺にお越しの際はぜひMARKUSにお立ち寄りください。皆様のご来店をお待ちしております。

このページの先頭へ