HOME > 日々のモノ・コト > お知らせ > 益子より~ (と、入荷いろいろ)

日々のモノ・コト

益子より~ (と、入荷いろいろ)

11月に入りました。今年は随分と寒くなるペースがゆっくりと感じられ、非常に過ごしやすい気候が続いております。昨年の今頃は 『 そろそろストーブを出そうかな 』 なんて事を考えていたような気がします。
という事で4日はお休みをいただいて、まだ暖かくて上着要らずの益子へ行ってきました。もはやMARKUSにとっても春と秋の年中行事のようになっておりますが、今回もいつものヤツを持って帰ってきました。

IMG_8480

ここ最近、益子でいつものヤツと言えば 『 原 泰弘 』 さんのすり鉢と山椒のすりこ木、そして 『 大野 敦史 』 さんの動物オブジェ、200gA’s。
今回も原さんからは3色3サイズのすり鉢と土瓶をいただいてきました。毎回春と秋にそこそこの量のすり鉢を作っていただいておりますが、いつも次の陶器市の頃にはキレイに無くなってしまいます。
また、毎回すりこ木をお願いしている関根さんからは、今回はあまり数が取れなかったそうで数は少なめです。そのかわりにいつもは仕入れない大きさの40㎝のモノをいただいてきました。

IMG_4114

大野さんの動物たちも今回は年末のギフト需要を見込んで、いつもより多めの15体。相変わらず緻密な彫刻と仕上げでリアルな質感と表情を再現されています。独特な表情やポーズはそのままですが、今回は少しだけカワイイ方向に寄せてみました。

今ならすり鉢も動物たちもたっぷりありますので選びたい放題です。気になる方はお早めにどうぞ。

IMG_4361

続きまして、今回が初めてのお付き合いとなる木工の作り手さんの『 大久保ハウス木工舎 』 さん。現在、長野県の松本市で活動されている大久保さんとは色々と間接的な繋がりはありつつも直接お会いしたのはつい最近が初めてで、本日(11/4)用事で東京に来られたついでにMARKUSにもお立ち寄りいただいて、品物を少しだけ分けていただきました。
大久保さんはひとつひとつの素材と向き合い、それぞれの特性を見極めながら全て手作業で削り出します。今回はヘラとお玉のみですが、今後はスプーンやレンゲなどの小物から木箱などの収納モノまで幅広い品揃えで選ぶ楽しみを提供していただけたらと思っております。

IMG_4256

そしてお次は、期間限定でのお取り扱いとなる、富山県南砺市で活動されている 『 井波彫刻 』 の職人さん、『 谷口 信夫 』 さんのつくる銘々皿をご紹介いたします。

MARKUSがある東京都武蔵野市と富山県南砺市は40年以上も続く友好姉妹都市で、その関連イベントとして、11月7日(土)~15日(日)の間、『 とやま南砺ウイーク in 吉祥寺 』 と題して、吉祥寺の飲食店やショップ、その他イベント会場でで南砺市の名産品をご紹介します。その中でMARKUSでは南砺市を代表する伝統工芸である 『 井波彫刻 』 をご紹介させていただきながら販売いたします。

IMG_4299

井波彫刻は1792年に焼失した井波別院瑞泉寺を再建するため、京都の本願寺の御用彫刻師が井波の大工に技術を伝えたのが始まりで、寺社彫刻をはじめ天神像や獅子頭の置物、豪華な欄間の彫刻で知られています。近年は建築物の欄間などの建具だけでなく看板や額などの製造などで、その伝統と技術が伝え残されています。

今回は数少ない井波彫刻の職人である 『 谷口信夫 』 さんの作る、楠(クスノキ)の香りが爽やかな銘々皿を期間限定でご紹介させていただきます。

IMG_4030

最後に、今年もとどきました、『 手仕事カレンダー 』 です。染色家 『 小田中 耕一 』 さんの手による、季節の風物や手仕事の品々をモチーフにした型染めの絵が、鮮やかな色彩でデザインされた楽しいカレンダーとなっております。今回も1枚モノのB3ポスターサイズと1ヶ月ごと12枚のポストカードサイズの卓上タイプの2種類となっております。

このページの先頭へ