HOME > 日々のモノ・コト > お知らせ > 『田中 大喜 陶展』 開催中。5月1日(日)まで。

日々のモノ・コト

『田中 大喜 陶展』 開催中。5月1日(日)まで。

お知らせしておりました 『 田中 大喜 陶展 』 ですが、先週末の23日からスタートして、間もなく後半戦に突入します。初日と2日目にはたくさんのお客様にお越しいただきまして、たくさんのうつわが旅立っていきました。これまでにご来店いただいた皆様、本当にありがとうございます。

IMG_0021a

今回は定番から新作まで多岐にわたる品揃えで、既にたくさんのお客様にお買い求めいただいたとは言え、あまり一つの品物に人気が集中する事が無かったため、まだまだ目ぼしい品物がたくさんございます。これからご来店いただく方、既に一度お越しいただいた方、まだまだ選び甲斐のある品揃えですよ。

IMG_0073a

先程申し上げましたように今回は幅広いバリエーションとなっておりまして、大きく分けますと3つのグループに分類されます。まずは、もはやMARKUSでも定番の渋い茶斑釉と深みのある淡灰釉の2色からなる、洋を意識したシリーズ。今回は人気のマグカップとポットを多めにお願いしました。また、カップ&ソーサーやデミタスカップは初登場です。そして丸っとした形が可愛らしい花器も微妙にフォルムを変えてたくさんあります。

IMG_0103a

2つ目のグループが、これまでにもお取り扱いのあった深みのある艶が美しい黒鉄釉と、今回が初お披露目の新しい釉薬、 『森釉 』と名付けられた、1点1点の個性が出ていて選ぶのが楽しいマットな釉薬のシリーズです。同じ黒でも全く印象が異なり、今回の個展では注目度が高くお客様それぞれのベストチョイスを選んでいらっしゃいました。

IMG_0135

作り手の田中さんいわく、非常に不安定な釉薬を使用しているそうで、同じ材料・同じ釉薬・同じ条件で作っても、それぞれの個性が際立ち、同じものは2度と作れないという事で今回の個展に向けたくさん焼いて下さったそうなのですが失敗も多く、まさに一期一会のうつわだそうです。あえてシンプルな形に仕上げてあり、それぞれ異なる釉薬の表情を楽しんでいただきたいうつわです。

IMG_0083

そして、艶のある黒鉄釉も人気の楕円鉢の大小から、新作の八角鉢・飯碗なども作っていただきました。先程の『森釉』と共通したカタチもいくつかありますので、2つの違いを楽しんで使うのも面白いかもしれません。写真では見えにくいですが、7寸・8寸の石皿や8寸の平皿、どんぶり鉢などもご用意しております。

IMG_0087

さらに黒鉄釉と森釉のポットや急須、フタ物も様々なパターンで作っていただきました。特に急須はコロンとしたフォルムが可愛らしく、女性でも片手で使いやすい大きさとなっております。ポットの方はハンドル型と、たたいて伸ばした荒々しい表情の金属のツルを付けたタイプの2種類ございます。どちらも急須同様に田中さん独特の丸っとしたフォルムにキュッと突き出した注ぎ口が印象的です。

IMG_0258

最後に、今回のDMを見ての前評判が非常に高かった灰釉と淡緑釉のシリーズです。灰釉の方はこれまでにもお取り扱いがありましたが、今回はこれまでの灰釉のラインナップとは異なり全体的に型打ちと彫り物による加飾が施され、どれも非常に手の込んだ作風となっております。

IMG_0239

今回が初登場となる淡緑釉は蓮の花弁をモチーフにした装飾が一つ一つ彫られており、深みのある釉薬の色合いと相まって、とても上品な仕上がりとなっております。手にしたときに手のひらに触れる彫り物の凹凸が心地よく、見た目だけでなく触れて使って味わえる楽しみが詰まっています。

IMG_0195

灰釉の方では、菊・桔梗・桜といった花をモチーフにしており、目を引く華やかな形状でありながら透明感のある灰釉の控えめな色合いが全体の印象を抑えて派手さを上手く取り除いています。薄緑色なガラス質に変質した釉溜まりにも一つ一つ個性が表れ、お客様が自分好みの一つを選び出すポイントとなっています。

IMG_0200

特に問い合わせが多く人気があったのが大小の菊形鉢で、『DMの写真がキレイだった。』というお声もいただきまして、私も頑張って何度も撮り直した甲斐があったというモノです。Photoshopは持っているのですがほとんど使いこなせていないので、ほぼ無修正です。この造形美と透明感をお伝えする事が出来て何よりです。

IMG_0535

ここから後半戦。まだまだたくさんの作品と共に皆さまのお越しをお待ちしております。これから参戦予定のお客様もまだまだ見応え充分ですし、既に一度ご来店いただいたお客様も心残りがありましたらこの機会をぜひお見逃しなく。よろしくお願い致します。

このページの先頭へ