HOME > 日々のモノ・コト > お知らせ > 始まりました。個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』

日々のモノ・コト

始まりました。個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』

いよいよ始まりました。個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』。 23日(水・祝)の初日には開店と同時にたくさんのお客様にお越しいただき、夕方までほぼ途切れる事なく岡田さんの作品をお求めになるうつわ好きの方々で店内も賑わっておりました。皆様のご来店、ありがとうございます。初日に在店して下さった作り手の岡田さんも心地よい疲労感と満足感と共に益子にお帰りになりました。岡田さんは今度の土日の26日・27日にも在店していただけるので、ぜひ会いに来てください。

IMG_4846a

岡田さんには搬入の為に初日前日の22日から吉祥寺にお越しいただいたのですが、その日は早朝に茨城や福島沿岸部で大きな地震があり、東京でもかなり揺れました。幸い岡田さんご自身もご自宅や作業場も、そして作品自体も無事でしたが、岡田さんがMARKUSに到着するま色々不安でした。ですが、いざ到着して品物を全て出し終えると興奮で不安も完全に消え去りました。実は昨年購入した古家具の水屋は前回の個展の時の反省から購入したのですが、その水屋との相性も良く雰囲気ある売り場作りができました。

IMG_5164a

所狭しと作品が並べられたメインテーブルの中央を1段高くしたところに大きな象嵌の花器を置き、枝ぶりのよいウメモドキを差しました。これは今年の4月に開催した 『 田中 大喜 』 さんの個展の際に得たヒントから、季節感と華やかさ、そして立体感を出すための演出です。平たいモノが多く高さが出しにくいうつわの展示で、前回、田中大喜さんが植物による演出こだわってらしたのを思い出し、大物で大胆にやってみました。背景に垂らした藍染の布との対比も鮮やかで、お気に入りのスペースです。

IMG_5045b

前回の2015年6月の第一回の個展からおよそ1年半が経ち、その間に岡田さんは名古屋や関西など東京から西の方で何度か展示を行い、そこでの手応えを今回の個展で新作として形にして下さいました。前回の個展が初のお披露目となった白土に茶色の掻き落としや鉄や青の象嵌なども更に作品の幅を広げ、これまでの岡田さんの作品群に彩りを添えています。そのため品目数では前回を上回っており、今回の個展ではバラエティ豊かな品揃えとなっております。

IMG_5114a

今回の個展で開催前から注目を集めていたのが、岡田さんご自身でも久しぶりの制作となったポットで、小ぶりでコロンとした可愛らしいフォルムの胴に施されたお馴染みの象嵌と掻き落とし装飾がいっそう愛らしさを増しています。ちょうどお湯吞みやカップ2杯分くらいの容量で、とても使いやすいサイズです。そして個展ならではの大物も今回はたくさん持ってきていただきました。特に上の写真の右側にある象嵌皿は尺2寸の大物です。国展に入選した時の作品だそうで、こういったものに直に触れる事ができるのも個展の醍醐味です。

IMG_4898a

今回の個展では、岡田さんと同じく益子で活動されている藍染作家さんの 『 デイ 麗奈 』 さんの藍染の手ぬぐい・コースター・テーブルマットなどの作品も同時に展示販売しております。麗奈さんは1984年 札幌生まれのハーフで、2006年にオレゴン大学の美術学部テキスタイル科を卒業後に日本に帰国し、その後、2006年より益子に江戸時代から続く紺屋の 『 日下田藍染工房 』 に入り藍染の技術を学びます。3年間の修行を経て現在は通訳などの仕事をしながらご自身の制作活動にも力を注ぎ、今回が初めての展示販売となります。

IMG_4928a

このお知らせを書いているのは、東京に大雪が降って気温2度となっている平日の2日目ですが、まだまだ初日と変わらないくらい見応え充分です。今回も400点ほどをご用意していただき、おかげ様で初日にたくさんの作品が旅立っていきましたが、完売してしまったのは1点モノや新作の1部のみですので、お目当ての品物もきっと見つかる事と思います。幸いこの写真を撮っている本日24日は大雪のために、ご来店くださったお客様もごく僅かでしたので、初日の閉店時と在庫の変動もありませんでしたし・・・。(泣)

IMG_5013a

週間天気予報によると明日、25日以降の会期中は何とか天気も持ちそうですが、気温はさほど上がらず寒い日が続きますので暖かくしてお出かけください。店内をストーブで温めて皆様のお越しをお待ちしております。引き続き個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』 をよろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ