HOME > 日々のモノ・コト > お知らせ > 【後編】4月28日(土)より『をのぜの人~ガラスと陶器と和紙の人』開催します。

日々のモノ・コト

【後編】4月28日(土)より『をのぜの人~ガラスと陶器と和紙の人』開催します。

【4月~ゴールデンウイーク明けまでの営業について】
4月は 20日(金)・ 27日(金) をお休みとさせていただきます。5月のお休みについてはまだ未定ですが、イベントの会期中である 5月13日(日)までは休まず営業致します。よろしくお願い致します。

企画展『をのぜの人~ガラスと陶器と和紙の人』のご紹介、後編です。三人の作り手の内、前編では『カンナカガラス工房 村松学』さんをご紹介いたしました。後編では島根県松江市に明治時代から続く『袖師焼窯元』の5代目、尾野友彦さん。柳宗悦に見出され人間国宝『阿部榮四郎』が確立した出雲民藝紙の職人でありながら土瓶敷きや弦などの伝統的な籐細工も手掛ける山野 孝弘さん。このお二人をご紹介していきます。

MARKUSと袖師窯さんとのお付き合いは2016年からですからもう2年ほどになります。初めて工房にお邪魔したのが2016年の秋の島根仕入旅で、東京を出発して出雲空港に降り立った後、一番最初に向かったのが袖師窯さんでした。松江の市街地からも程近い、宍道湖畔を走る道路から脇道に逸れてすぐの木立の中にひっそりと佇む、築100年以上はたっているであろう堂々とした建物が袖師窯の工房です。

実は今回の企画展は袖師窯さんのアイデアで、昨年の島根仕入旅の際に袖師窯さんに再訪した際に、翌年の5周年企画について何かできないかご相談したところ、2016年の秋に米子にある書店で開催した第1回の『をのぜの人』を、今度は東京でやってみないか。と、ご提案いただきました。その時のメンバーも袖師窯の尾野さんをはじめカンナカガラス工房の村松さんと出雲民藝紙の山野さんに3人で、東京ではなかなかお目にかかれない個性的な組み合わせにとても興味を持った私はすぐに乗り気になりました。

普段でしたら割と物事を慎重に考えるタイプなので、一旦東京に帰ってからお返事をするところなのですが、この時はこの魅力的な企画にすぐに食いついて、その場で簡単な打ち合わせに入りました。ひとまず他のお二人への最初のお声掛けは尾野さんの方からして下さる事になり、私は東京に帰ってから頃合いを見計らってお二人にご連絡をして、翌年のゴールデンウイークの企画展にご参加いただける承諾をいただきました。

村松さんも山野さんもお名前や作品などは目にしていたのですが、それまで面識が無かったため、今年の1月の東京に大雪が降った日に山野さんが活動する出雲民藝紙工房と村松さんの工房がある広島にご挨拶に行ってきました。この時も袖師窯さんにお邪魔してDMや会期までの段取りなどの打ち合わせをしたのですが、今回のDMはデザインの経験がある袖師窯の尾野さんの奥様に製作していただきました。

明治10年の開窯から130年余の歴史を持つ袖師窯は、三代目の尾野敏郎氏が柳宗悦や河井寛次郎、バーナード・リーチの指導を受け、民藝陶器の窯として知られるようになりました。現在は5代目の尾野友彦さんが窯を引き継ぎ、地元の陶土・原料を使用して、出雲に伝承された陶法を基礎にしながらも、友彦さんは一時期は益子の人間国宝『島岡達三氏』に師事するなど各地の陶法を会得し、簡素な中にも潤いのある現代の暮らしに役立つ日用品としての陶器造りを探求しています。

袖師窯の特徴は、器を使う人とその食卓を考えて作られた器という事ではないでしょうか。何か特定の技法や釉薬に特化して作り続けるというよりは、移り行く時代や生活様式に合わせて使う人の要望に合わせて、多種多様に自在に変化していく柔軟さと懐の深さが最大の魅力だと思います。

地釉・柿釉・ゴス釉・藁白釉・糖白釉・辰砂等、様々な釉薬を巧みに使い分け、掛分・スリップウェア・鉄絵・刷毛目・釘彫・櫛目など、長い歴史の中で培われた多彩な手法を用いて生み出される暮らしのうつわは、日々の暮らしに穏やかに馴染み、世代を超えて愛されています。

作風や技法・釉薬は幅広く多岐にわたっておりますが、作品を見ると『コレは袖師窯のうつわだな。』と、分かるモノも多く、もしかしたら知らずに使っていて『このうつわも袖師窯だったのか。』と気付く方も多いかもしれません。そのくらい何気ない日常に溶け込んでいるうつわです。ぜひ店頭でその魅力を再発見して下さい。
● 袖師窯 尾野友彦さんの在廊日は、初日の4月28日(土)です。

『をのぜの人~ガラスと陶器と和紙の人』 最後の一人、和紙の人は出雲民藝紙の職人、山野孝弘さんです。山野さんは1983年松江市魚瀬町の生まれ。大学在学中に文化財の修復について学び、文化財修復の現場の中で、廃れ行く伝統的な材料やそれを生み出す技術に危機感を覚えました。和紙もその一つで文化財を保存・修復する過程で必要になる素材として重要な位置を占めながらも、それを後世まで引き継ぐ作り手がいない。という危機的状況を実感し職人の世界に飛び込みました。

出雲地方は正倉院文書にも記述が残っているように、古くから紙の産出国でしたが画期的な発達をとげたのは江戸時代になってからと言われています。最盛期では30戸ほどで紙漉きをしていましたが、1998年の時点でわずか3戸になってしまいました。出雲民芸紙と呼ぶようになったのは1930頃からで、当時「民芸運動」の創始者であった柳宗悦氏に後に人間国宝となる安部榮四郎が出会い、柳宗悦氏の指導を受け、和紙作りに励んだ事によります。

出雲民芸紙の特徴を一言でいえば、原料の持ち味を生かすという事です。『楮紙は楮紙らしく、雁皮紙は雁皮紙らしく、三椏紙は三椏紙らしく』といういわば和紙の美学に基づいて作られています。古来の原料を用い、昔からこの地に伝わる道具や技術を駆使して葉書や便箋・封筒・貼り箱など様々な形で生み出されています。特に雁皮紙は光沢があり防虫効果も優れているので保存文書に適しています。柔らかな風合いでありながら丈夫で長持ちするのも特徴のひとつです。

出雲民藝紙の職人を目指した山野さんは『とにかく危機に瀕している出雲民藝紙を残す為に』という一心で修業を始めたそうですが、この思いは出雲民藝紙だけでなくあらゆる方向に向いています。その一つがもう一つの顔である籐細工です。松江藩に江戸末期から伝わる籐細工。こちらも無くなりつつある伝統工芸です。一子相伝で伝えられてきた籐細工ですが、5代目の長崎誠さんに教えを請いながら技術を継承しています。

もしかしたら山野さんの『もうひとつの顔』の方をご存知の方も多いかもしれません。『土瓶の弦の人』と言えば、お世話になっている我々の同業者や陶芸家もいらっしゃるはず。実はこの土瓶の弦も危機的状況にあった重要なパーツ。何でも良ければ適当なモノはあるのでしょうけど、民藝の土瓶に合う力強く細部までこだわった美しい弦はなかなかありません。それを作り出せる職人となると、もはや山野さんは貴重な存在です。

前編・後編と2回にわたってご紹介しました『をのぜの人~ガラスと陶器と和紙の人』の3人の作り手たち。既にガラスの村松さんと袖師窯の尾野さんから出品リストを頂いておりまして、3人合わせるとおよそ1200点を超える、過去最大の物量の展示会となります。幅広く多岐にわたる品揃えで、会期中に何度お越しになっても新しい発見がある展示会となる事と思います。ご期待下さい。皆様のお越しを心からお待ちしております。

このページの先頭へ