HOME > 日々のモノ・コト > お知らせ > 10月19日より『小代焼 三窯展』 ~ その③:ふもと窯 編

日々のモノ・コト

10月19日より『小代焼 三窯展』 ~ その③:ふもと窯 編

その②『瑞穂窯』編 から続きまして、最後は『ふもと窯』のご紹介。

小代焼の12の窯元の中でも歴史が古く、最大級の登り窯を持つ『ふもと窯』を興した井上泰秋氏は1941年熊本県玉名郡南関町生まれ。熊本県工業試験場修了後、京都の森野喜光氏に師事し、1965年に肥後焼窯元として独立を果たした3年後に現在の荒尾市府本へ移築し『小代焼 ふもと窯』と改名しました。50年以上にも及ぶキャリアの中で受賞歴も数多く、現在は熊本国際民藝館館長や熊本県民芸協会会長も務めています。

そして現在は、ふもと窯で作られるうつわのおよそ7割は息子の井上尚之さんが手掛けています。そのためここ最近は『ふもと窯』と言えば井上尚之さん。と認識されている方も多いようです。尚之さんは1975年熊本県荒尾市、現在のふもと窯に生まれ1996年に熊本デザイン専門学校卒業後、1996年より小石原焼の太田 哲三氏の元で修業し、2000年よりふもと窯に戻り、父である井上 泰秋氏に師事します。

泰秋氏は後進の育成にも積極的で、ふもと窯には常に2~3人ほどのお弟子さんがいらっしゃいました。ふもと窯で陶芸を学んだ後、地元で小代焼きの窯元として独立した方もいれば独自のうつわ作りを目指して熊本の地を離れた方もいらっしゃいます。MARKUSで長らくお世話になっている齊藤十郎さんもその一人で、今、お取り引きをお願いしている何人かの作り手の中にもふもと窯出身の方がいらっしゃいます。

今は後進の育成も尚之さんの手に委ねられ、今年の春に福岡県八女市で独立した作り手がいます。そして年に数回の窯焚きの際には近隣で独立した以前のお弟子さんたちが手伝いにやってくるそうです。1室におよそ1000点のうつわが収まり、それが連なり6室あるという巨大な登り窯を持つふもと窯ですから窯詰め~窯焚き~窯出しの作業は大仕事となります。そうして小代焼の伝統、ふもと窯の仕事は受け継がれてゆきます。

ふもと窯で作られるうつわは、地元の小岱山から掘り起こした土を干して水で漉したものを粘土にし、小代焼の最大の特徴である青白く発色する釉薬の元となる藁灰も、地元の農家から分けて頂いた藁を燃やして、それを裏山の沢の流れを利用した唐臼で細かくして使うなど全てが自家製で、その土地で採れるモノを江戸時代から変わらない技法を用いて原材料にしています。

最近は『ふもと窯 井上尚之』というとスリップウェアや象嵌などの技法によるうつわを思い浮かべる方も多いと思います。実際、尚之さんの個展などではスリップウェアが全体の品揃えの多くを占めて人気を博しています。ですが今回は『小代焼』の三窯による展示という事で、青白く深みのある発色が魅力の藁灰から作られた釉薬を施された伝統的な小代焼をメインにご用意いただきました。

古くからある伝統的な小代焼の代表的な技法に、柄杓に取った釉薬を器の表面に勢いよく振りかけ、その流れや滴りで文様を表現する“打ち掛け流し”がありますが、今回の展示ではそういった個性が強いモノは抑え目にして比較的シンプルで使いやすいモノが中心です。とは言えふもと窯が手掛ける小代焼が持つ、がっしりとしたフォルムやゴツゴツとした土の質感は存分に味わう事ができ、それでいて普段使いとしていつもの食卓に自然に馴染んでしまう使い勝手の良いうつわです。

今回の企画では『小代焼』をご紹介するというのが趣旨なので、12件ある窯元の中から個性が異なる3件を選びました。『ちひろ窯』さんは明るさと軽やかさがある現代的な小代焼。『瑞穂窯』さんは様々な深みのある青の色彩美としのぎの技法とうつわのフォルムによる造形美。『ふもと窯』さんはどっしりとした王道の伝統的な小代焼。ですがそのどれもが地元に根差し伝統を守り昔ながらの技法を用いながら各々の個性を発揮しています。是非とも店頭でお確かめください。

このページの先頭へ