HOME > 日々のモノ・コト > 日々のコト > ありがとうございます。(2013年の締め)

日々のモノ・コト

ありがとうございます。(2013年の締め)

本日12月29日(日)をもって、2013年のMARKUSの営業も最後となります。今年の5月23日のオープンしまして、今日まで
およそ7ヶ月とちょっと。たくさんのお客様に応援していただきまして、なんとか2013年、MARKUS最初の年を終えることが
できました。
MARKUSにお越しいただいた皆様、ご支援いただいた皆様、ご興味を持っていただいた皆様、本当にありがとうございます。

思えば昨年の今頃は、10月に東京に転居し、お店の物件探しを本格的にスタートしまして、ようやく今の店舗物件にめぐり
会った頃です。毎日、吉祥寺 ・西荻窪、更には恵比寿や中目黒まで足を延ばしMARKUSにとっての理想の物件を探して、
Xmasを過ぎたころに今の物件に出会いました。なかなか物件が決まらず、焦りと不安の毎日でしたが、妥協せず根気強く
地道に探し続けて、この吉祥寺の地を選び、多くの方々と出会う事が出来て本当に良かったと思っています。

ドアから昼

年が明け、2013年に入ってからは、物件の契約、開業の諸手続き、内装 ・什器 ・備品 ・Webの手配、そして商品の手配で、
めまぐるしく毎日が過ぎていきました。ここでも多くの方にご支援ご協力いただきまして、皆様には本当に感謝しております。

当初の予定より広く立派な物件に出会ってしまったことで、予算の無い私に何かとご協力いただいた管理会社や内装業者、
什器の棚板を製作して下さった製材所の皆様。Webに無知なうえに時間も予算もない私に、たくさんの方々から注目される
素晴らしいMARKUSのWebサイトを作って下さったbudoriの皆様。ちっぽけな個人商店であるMARKUSと快くお付合い
下さったメーカーや作り手の皆様。これまでは『よく見るモノ好きの客』程度のお付合いだった私に作品を提供して下さった
作家の皆様。本当にありがとうございます。皆様のおかげでオープンの日を迎えることができ、今に至っております。

カウンターから内観正面

オープンの日から今日まで色んな出来事があり、たくさんのお客様と出会う中で、多くの発見をし、たくさん反省をしました。
多分これからもそんな毎日の繰り返しだと思いますが、少しでもMARKUSも私自身も成長していければと思っております。

 2014年に向けて新しいネタや企画も仕込んでおります。来年も皆様の日々の生活がちょっと豊かになるヒントをたくさん
ご提供できるお店、居心地の良い楽しい空間を目指してがんばりますので、引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ