HOME > 陶磁器 > 八木橋 昇(滋賀) > スリップウエアと耐熱のうつわ

日々のモノ・コト

スリップウエアと耐熱のうつわ

これからX’masや年末に向けて入荷ラッシュが続きます。特に先週末から今週末にかけて、まとまった入荷がありますので、
お店の中はもうかなりパンパンです。これ以上入荷しても、もう品物を出すところが無いくらいのボリュームとなりそうです。

という事でまずはひそかに温めていた新規のお付合いとなる作家さん。静岡県の伊東で活動されている『齊藤 十郎』さんの
スリップウェアです。スリップ大好物の私としてはMARKUSを始めるずっと前から好きな作家さんで、このたび念願かなって
お付合いさせていただける事になりました。

IMG_9698

1969年、神奈川県藤沢市の生まれで、現在は『Juro Pottery』という名で伊東に自らの窯を構えておりますが、陶芸に関わる
前はとび職をしていたというガテン系陶芸家です。とび職時代に薪で焼成されるうつわに魅了されて、1993年より熊本県の
小代焼 ふもと窯の井上 泰秋氏に師事し、轆轤仕事の基礎と薪での焼成を学びました。熊本での修業時代にある民芸店で
見たうつわの存在感に引き寄せられ、その後、1998年より鳥取県の岩井窯の山本 教行氏に師事し、造形的な部分を学び
ながら更に修行を積まれました。翌1999年には岐阜県朝日村(現、高山市朝日町)に移り、独立を果たしました。

IMG_9758

その岩井窯での修業時代の兄弟弟子に、当時、陶芸の修行を始めて間もなかった、MARKUSでも人気の作家さんである、
牧谷窯の杉本 義訓さんがいらっしゃいました。実は十郎さんと私を直接引き合わせてくれたのは杉本さんで、昨年のある
イベントで以前から面識があった杉本さんとお話ししている所へ十郎さんがいらして、私が以前から十郎さんの事を話題に
していた事を覚えていて下さった杉本さんが、その場で紹介して下さったのが始まりです。
2004年より活動の場を現在の伊東に移しご自身の登り窯を築きました。2008年にはイッテコイ窯に直して現在に至ります。

IMG_0250

イッテコイ窯とは、登り窯が火の通りが一方通行であるのに対して、往復で火が回る為に、比較的に短時間で薪での焼成が
できる効率的な窯です。そして、今年2014年から再び新しい登り窯を作り始めて、更に精力的に製作活動をされています。

十郎さんのうつわは、スリップウェアらしい重厚で肉厚な質感があり、ダイナミックで力強い模様との相性が、スリップ好きの方
でなくとも惚れ惚れとしてしまいます。ご自身も料理好きとあって、使いやすい形、料理が映えるデザインを意識されており、
大皿などは、人が集まる食卓でデンと中央に構えてもらいたい主役を張れる存在感があります。皆様の食卓にもぜひ。

IMG_9905

続いては、耐熱陶器のご紹介です。11月に入荷した、滋賀県 信楽の 『八木橋 昇 』 さんの土鍋などを含む、耐熱陶器の
第2便が入荷したので、これを機に先日ご紹介した愛知県の 『 鈴木 史子 』 さんの耐熱のうつわなどと合わせて、中央の
テーブル上に耐熱のうつわを一挙に集めてみました。以前からお取扱いのある 『 清岡 幸道 』 さんの陶器のフライパンも
この際いっしょに並べてみると、耐熱陶器だけでもそこそこ見応えのあるラインナップとなりました。

IMG_0029

今回、八木橋さんから第2便が届いて、平土鍋は1尺の黒が1点、8.5寸の黒が1点、白が2点となりました。八木橋さんからの
今シーズンの入荷はコレが最後となります。前回の入荷分では、入荷した翌日に1尺の方から真っ先に売れてしまいまして、
今回は年末年始を控えた、シーズン真っ最中という事で争奪戦が予想されますので、気になる方はお早めにどうぞ。

八木橋さんの平土鍋は、一般的によく見る土っぽいザラッとした質感の全体的に丸っとした土鍋と違い、平底で筒型なので、
見た目以上に容量があり、鍋料理以外の普段のお料理にも使い勝手がよく、機能的でスマートなデザインが特徴です。

IMG_0041

あらためて商品のサイズなど、詳細を記しておきます。

1尺 の平土鍋は、直径32cm ・ 持ち手を含む最大幅で40cm ・ 鍋本体の高さ11cm ・ フタを含む最大高さ19cm
と、迫力ある大きさです。およそ4~6人分というところでしょうか。    ■ 平土鍋 1尺 ¥21,600-(税込)

8.5寸は、直径26cm ・ 持ち手を含む最大幅で35cm ・ 鍋本体の高さ10.5cm ・ フタを含む最大高さ17cmで、だいたい
2~4人分くらいの使いやすいサイズです。   ■ 平土鍋 8.5寸 ¥18,360-(税込)

IMG_0128

今回土鍋と一緒に届いたのが、同じく耐熱陶器のグラタン鉢です。小さい方は1人前のオーブン料理にちょうどいいサイズ。
大きい方はたくさん作るラザニアなどにも便利です。また、深さもそこそこある為、もはや少し浅めの両手鍋といった使い方
もアリかと思います。オーブン料理だけでなく煮物からスープなど、アツアツをそのままテーブルに並べて、温かい冬の食卓
を演出してみてはいかがでしょうか。また、耐熱のうつわは使い込んでいく内に表情豊かに風合いが変化していきます。
使って、育てて、愛着が増していくのも耐熱陶器を使う醍醐味かもしれません。

 

このページの先頭へ