HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 今年最後の入荷(だと思う)

日々のモノ・コト

今年最後の入荷(だと思う)

クリスマスも終わり、今年も残すところあと数日です。おかげさまでクリスマス直前はMARKUSも大忙しで少々グッタリしており
ましたが、今週は今年最後となる入荷がありました。2014年を締め括る作家さんは最後にふさわしい非常にレアな入荷です。

 まずは、今年4月の初回入荷以来のひさびさの入荷となる、茨城県で活動されている 『 河上 智美 』 さんのガラスです。
河上さんの色付きのガラスは、冬の柔らかい日差しを透して温かい光をうつし出す、ぽってりとして透明感のあるガラスです。

IMG_0690

今回もMARKUSでは定番の 『 沖澤 康平 』 さんのガラスと並べて、日当たりのいい入口の横に配置しました。もうすっかり
ガラスの定位置です。河上さんの作品ラインナップは非常に広く、何種類もあるモールと呼ばれる型によって作り出される
造形的な形と、およそ8種類ある色の組み合わせからなる、何百種類もあるのではないかというバリエーションが特徴です。

IMG_1035

そんな河上さんの数ある作品群の中でも今回は、人気のイチゴシリーズとレトロシリーズより、しもぶくれなシェイプがとても
可愛らしいワイングラスと鉢モノが、それぞれのシリーズで3色づつ入荷しております。

そして、前回の入荷では手のひらサイズの一輪挿しが人気でしたが、今回はシンプルでスマートな背の高い一輪挿しと
深みのある色合いのモールの花器が入荷しております。

IMG_0973

そしてもうひと方、鳥取県で作陶されている『牧谷窯 ・ 杉本 義訓』さんの練り上げの器が、少量ですが入荷しております。
今回は初めての入荷となる八角皿(中)と長角皿、前回6月の入荷分も早々に無くなってしまった角鉢(中)が届きました。

今回も緻密で手間のかかる練り上げの苦労を全く感じさせない軽やかな色柄と仕上りで、お正月の食卓を楽しく演出して
くれる事でしょう。年明けには縁あってMARKUSのご近所のギャラリーで個展もされるそうで、今から楽しみにしております。
個展の情報は、そのギャラリーさんからの情報が公開されてから、追ってお知らせ致します。

IMG_1149

今年もさまざまな縁に恵まれて、常設でお付合いさせていただいている作家さんも20人を越えました。年内の入荷は恐らく
これで終了ですが、来年の仕込みも既に夏頃から始めており、MARKUSにお越しいただけるお客様に楽しんでいただき、
ご満足いただける品揃えになると自負しております。

年末年始のご挨拶はまた、あらためてさせていただきますが、今年もMARKUSを応援して下さる多くのお客様やお取引先
様に支えられて、どうにか2年目の正月を無事に迎えられそうです。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

IMG_0294

年内は29日(月)20時まで、年始は3日(土)11時より営業しております。(12月30日~1月2日はお休みをいただきます)

このページの先頭へ