HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 堀内果実園(奈良県)のドライフルーツが入荷しました

日々のモノ・コト

堀内果実園(奈良県)のドライフルーツが入荷しました

新しい作家さんのうつわが続いた9月の新入荷、まだまだ続く第3弾は、笑顔こぼれる幸せの果実をそのまんま使用した、
国産・完熟・無添加のドライフルーツです。

 今回このドライフルーツをお届けいただいた奈良県の堀内果実園さんは、1903年より奈良県吉野の山奥にて、
ご先祖様より受け継いだ広大な山々を守り続け、現在は6代目の堀内孝俊さんが果物のこだわり栽培に取り組んでいます。

ドライフルーツと言うと、一般的にはなんとなく生で出荷されるものの残りモノ、つまり形の悪いものや、ちょっと味が劣るもの、
そんなものの味や見栄えを加工して世に送り出しているイメージです。
また、強烈に甘い味付けや鮮やかな着色を施された、中国や東南アジア産のものもよく見かけます。

堀内果実園②

しかし、堀内さんのつくるドライフルーツは、あえて特別栽培と言われる減農薬にこだわって生産された完熟の果物を
使っています。ドライにする工程でも砂糖を使っていないので、自然な果物が持つ甘みを感じることができ、果物の原型が
分かるように大きめにカットしてあるので普通に果物を食べる感覚で食べられ、しっとりとした独特な歯ごたえがあります。

紅茶にも合いますし、朝食にヨーグルトに添えて食べるもよし、夜、ワインやウイスキーなどお酒のおつまみに食べても
相性がいいと思います。

堀内果実園③

種類は全部で10種類あり、価格は735~1,050円。今回入荷しているのは、9月の初旬までに収穫~ドライの作業を
終えた、ふじりんご・富有柿・温州みかん・なし・ふじりんご(フリーズドライ)・セミドライミックスの6種類です。残りの
すもも・うめ・種無柿・セミドライミックスの4種は、9月下旬~10月にかけて他の種類も順次入荷する予定です。

 

 

このページの先頭へ