HOME > 日々のモノ・コト > 日々のモノ

日々のモノ・コト

日々のモノの記事一覧

益子から持ち帰ったもの (蜂谷さんと原さん)

先日、益子の陶器市に行って現地で仕入れてきたものを、ようやく売り場に並べ終わりました。といっても全然たいした量
ではないのですが、月のアタマに世間での3連休の後にお店の2連休をいただいてしまったので、入荷が立て込んだり、
事務仕事や取材対応などでバタバタしておりました。

今回持ち帰ってきた品物は、蜂谷 隆之さんの漆器と、原 泰弘さんのすり鉢と土瓶です。
先日のこのページでの益子のご報告の中でも少しご紹介しましたが。今回あらためてご本人と作品についてご紹介します。

DSCN7055

 MARKUSともオープン時からお付合いの原 泰弘さんは、茨城県の出身で、『伝統工芸をやりたい』と、高校卒業後に
陶芸の道へ進み、笠間市の窯元で8年間学んだ後、益子町の陶芸家である成井恒雄さんの元へ。大量の薪を手作業
でくべて、作品を仕上げる登り窯に魅了され焼き方や窯の作り方を覚えたそうです。

陶芸家であると同時に、数少ない築窯師でもある原さんは、2011年の震災以降は被害を受けた各地の登り窯の修復に
力をそそぎ、自身の作品は年に2回だけ、春と秋に行われる益子の陶器市の時期に焼くだけとなってしまいました。
すり鉢やおろし器などの道具を中心とした作品群ですが、全国にファンが多く、窯出しの時期を楽しみにしています。

普段はすり鉢・おろし器などといった道具をお願いして仕入れていたのですが、陶器市のテントにおうかがいしたら、
今まで見た事の無かった深みある釉薬のものや土瓶なども出品されており、思わずその場で仕入れてきてしまいました。

DSCN7124

続いては、MARKUSでも既にファンが多い漆器の蜂谷 隆之さんの『あさがお鉢 』と『多用椀 』をそれぞれ黒と朱の2色づつ
いただいてきました。

 蜂谷さんの作品はオープン時から何点か定番としてお取扱いさせていただいておりますが、今年の9月に新宿の伊勢丹で
行われた、こちらもMARKUSではおなじみの岡田 崇人さんとの二人展におうかがいした際に、この『あさがお鉢』を初めて
見せていただきました。この時の印象がずっと残っており、『次の注文の際にはお願いしよう』と、思っていたところ、今回の
陶器市に出品されていたので、最終日ということもあり、その場で仕入させていただきました。

スマートなフォルムで、盛った料理が美しく見えるように内側に錫を塗っており、高級料亭などでも愛用されているそうです。

 もう一つは、男性のお客様からリクエストが多かった合鹿椀(ごうろくわん)型の『多用椀』です。合鹿椀の特徴ともいえる
高い高台と布着せが施されており、どっしりとした安定感あるフォルムにたっぷりと盛れるボリューム感があります。
男性からの人気があるのも納得です。

 

この秋オススメのおやつ

秋も深まり、お茶やコーヒーでホッとひと息つきたい時にオススメの、今月新たに入荷したおやつをご紹介いたします。

まずは、島根県の出雲市にある、およそ300年の歴史を持つ老舗。來間屋生姜糖本舗の生姜糖です。
出雲大社への宿場町としても栄えた歴史がある、出雲市平田の木綿街道に正徳五年(1715年)に創業しました。以来、
代々引き継がれた生姜糖づくりを守り続けている当主も今で11代目となり、昔は天皇陛下への献上品でもありました。

炭火で煮詰め、ひとつひとつ手作業で仕上げており、甘さと辛さが程よく口の中に広がり、体の中から温かくなります。
島根県簸川郡斐川町出西地区で採れる出西生姜が原料で、中でも秋に採れる 『古根 』 と呼ばれる生姜のみ使用
しており、この生姜でないと來間屋本舗の生姜糖は作ることができないと言われています。

DSCN6629

 続いては、MARKUSオープン以来お取扱いしている、大正12年創業の新潟県長岡市の老舗、浪花屋製菓さんの
『 元祖 柿の種 』 です。

これまでは、缶入りの定番品のみのお取扱いでしたが、寒くなるにつれて柿の種の人気も急上昇してきましたので、
これを機にお買い求めやすい袋入りのお取扱いも始めました。
黒コショウの辛みがピリッときいた『うきっこ』と、通常の柿の種よりも大粒で辛みも断然強い『大辛口』の2種類です。

ピリッと辛い柿の種で、体の内側からホットになってみてはいかがでしょう。

Hokka アルファ

 3つ目も既にMARKUSではおなじみのhokka 60シリーズです。
定番の3種類に加えて限定のアルファベット型ココア味が入荷しました。見た目にも楽しいアルファベット型のクッキーに
大人からお子様まで人気のココアの味を付けて、ボトルも限定品らしく一味違うデザインになって登場です。

ますますプレゼントやhokka 60のボトルを集めている方々に人気が出そうです。

 

南部鉄の急須 (新入荷3連発 ・ その2)

寒くなってきたことでお茶の需要が高まってきました。と同時に『お湯呑みは?土瓶や急須は無いの?』といった
リクエストを多くいただきまして、お湯呑はそこそこ充実してきましたが、土瓶や急須はまだまだ手薄たっだことから
南部鉄器の急須を取り寄せました。

今回届いたのは、1902年(明治35年)創業、岩手県、南部鉄器の老舗。『岩鋳』さんの急須です。
南部鉄器は「国の伝統的工芸品」第1号の指定を受け、17世紀中頃に南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、
茶の湯釜を作らせたのがはじまりです。

歴史と伝統の技術が詰まった南部鉄器の急須。古くから日本の生活の中に溶け込んで、現代に伝えられている
生活の道具です。毎日のお茶のひと時をこの急須で味わってみてはいかがでしょうか。

 

ご当地サイダーはじめました

梅雨明けのNEWSはまだですが、来週から7月です。きっと間もなく梅雨明けとなるでしょう。
梅雨が明けたらいよいよ夏です。

真夏の企画としてあたためていたのですが、待ちきれなくて『ご当地サイダー特集』を始めます。

今週末は、ひとまず石川県と兵庫県から2種類の地サイダーが入荷しました。
来週には九州から3種類届く予定となっています。

ダイヤレモン

まずは兵庫県西宮市から100年の歴史を持つ伝統のサイダーです。

神戸・西宮と言えば天然水。そして酒どころとして全国にその名が知れ渡っています。
そんな恵まれた土地で、1899年創業の布引磺泉所が1914年から作り続けているサイダーがダイヤモンドレモンです。

やや強めの炭酸で、すっとしたレモンの香りがのどを抜けていき、甘みもまろやかでスッキリとした後味です。
シャンパンのような上品なボトルデザインですが、味も上品に仕上がっています。

塩サイダー

石川県の奥能登珠州で、江戸時代のはじめから続いている伝統の揚げ浜式製塩法作られた海水塩を使って作られた
贅沢な塩サイダーです。

炭酸の強さは先程のダイヤモンドレモンよりやや弱く、お子様でも比較的飲みやすくなっております。
絶妙なバランスの塩味と甘みでお酒との相性も良く、ジンやウォッカと割るのもGOOD。

また、水分と塩分を同時に補給でき、真夏の熱中症対策にも効果があります。

このページの先頭へ