HOME > 日々のモノ・コト

日々のモノ・コト

今年も島根に行ってきました。その1

最近はお手軽なインスタでのお知らせばかりになってしまい、ブログの方がおろそかになってしまいスミマセン。久し振りの投稿となる今回は読み物的なネタとして、9月の20日~22日の2泊3日で行ってきた島根県の旅を回想しながら立ち寄り先をご紹介していこうと思います。

私がいつもお世話になっている方で、島根県の伝統工芸などのブランディングやPRのお手伝いをされている方がいらっしゃいます。その方の仲介で、東京からバイヤーを呼んで島根県の工藝を視察してもらい、もっと広く知ってもらおうという企画で、島根県からのご招待という形で行ってきました。本当は9月21日と22日の2日間の日程だったのですが、この2日間は県の職員の方や私と同じく東京から招待された他のバイヤーと同行となる為、折角だから1日フリーに動ける日が欲しいと思い、自腹を切って20日から島根入りしました。

県が組んだ今回の行程は出雲から石見~浜田・益田方面へ西へ行き、石見空港から東京へ帰る。という予定だったので、松江や出雲を回りたかった私は石見~羽田間と同じANAが発着する米子空港から旅をスタートしました。朝まだ暗い時間に自宅の最寄り駅を始発で出発して羽田から米子空港に降り立ったのが8時ちょっと過ぎ、2日目に県の方々との合流に備えて初日の宿を出雲市駅前に取っていたので、この日の足となるレンタカーの都合もあってひとまず出雲市に向かいました。

米子空港から松江まで空港連絡バスで行き、松江からは特急やくもに乗り、出雲市駅に着いたのが10時過ぎ。駅から歩いて10分のレンタカー屋で車を借りて最初に向かったのが、『森山ロクロ工作所』さんです。森山さんとは昨年9月にお邪魔した時からのお付き合いで、ご挨拶や近況の報告もそこそこに次の注文として茶筒や薬味入れ、お盆など注文をしてきました。お話ししていてとても楽しい方で、昨年同様に奥様も交えて3人で世間話に盛り上がってしまい作業場や品物の写真を撮ってくるのをすっかり忘れてしまいました。

森山さんの所で盛り上がりすぎて1件目から予定時間をオーバーしてしまい、次に向かった先は山間部の雲南市 三刀屋にある『白磁工房 石飛 勲』さんのところです。石飛さんとも昨年9月からのお付き合いで、この春に入荷もあり既に次の注文もしてあります。今回は次回分の注文の中にあるMARKUS仕様リクエストの詳細打合せと更に追加の注文もしてきました。現地に行った時の悪いクセで、部屋中に広がる大量の見本品でテンションが上がってしまい、ついついたくさん追加注文してしまいます。

例えば今回は醤油差しを現地でお願いしてきたのですが、元々あった醤油差しは中央のモノなのですが、細かい筋の入った『しのぎ』だけでなく右にあるような『面取り』もできないか?とか、下皿も人によっては要る要らないがあると思うので、基本はナシにして左のような単品の花弁型の豆皿をセットしたらどう見えるか?などとやっている内に注文がどんどん膨らんで行ってしまいます。同様な事を土瓶や片口などでもやっていて、元々事前に注文していた倍近くのボリュームに膨らんでしまったところで注文ストップです。

帰り際に年季の入った電気窯を見せていただきました。実は石飛さんの後にご近所の『永見窯』さんの所にお邪魔するつもりでいたのですが、急用が入って外出されているそうなので、その次の訪問先である松江の『袖師窯』さんに行く前に1箇所差し込もうと考えました。パッと思い浮かぶ候補は3つ。『出西窯』と『湯町窯』と『舩木窯』です。出西さんは松江に向かうには少し遠回りで、話し込んだら長くなるのでナシ。舩木さんは完全に観光だし、アポ無しでフラッと立ち寄れる所じゃないのでナシ。という事で湯町窯に寄り道しました。

湯町窯さんでは特に今のところお取引の予定も無い為、いただいたお茶をすすりながらぼんやりとうつわを眺めて少し休憩をした後に松江の袖師窯さんに向かいました。袖師窯さんも同じく昨年9月からのお付き合いで、この1年の間に何度か入荷もあり、既にMARKUSでもファンの多い窯元です。次の注文もお願いしてあるのですが、石飛さん同様に展示室にある作品を見ながら色々と追加でお願いしてきました。早ければ年内にはいくつか形になってご紹介出来るモノもあると思います。

袖師窯さんは明治から続く歴史ある窯で、現当主の尾野友彦さんで5代目となります。その長い歴史の蓄積もあって本当に作品の幅が広く、過去の古い作品も可能なモノは割と気軽に引き受けて下さります。今回はその中から先代の頃のモノを1種類お願いしており、出来上がりがとても楽しみです。そして今回の袖師窯さんの訪問では大きな収穫と言うか有難いお話をいただいて帰ってまいりました。具体的な詰めはこれからですが、ひとまず関係各所の了承と大体の日程が決まりましたので、ざっくりと発表しますと。

来年5月のゴールデンウイークに、MARKUSの5周年記念企画として袖師窯さんを含めた3人の作り手による合同展を開催させていただける事になりました。他のメンバーや詳細はこれから小出しにお知らせしていきますが、まず東京ではなかなかお目にかかれない作り手であり組み合わせです。最初は今度何かイベントでご協力いただけないか。というフワッとしたご相談だったのですが話がだんだん大きくなり、尾野さんからいただいたご提案を東京に持ち帰って企画書に仕上げてお送りしたところ、つい先日OKをいただきました。

有難いお話をいただいて向かった初日最後の目的地は出雲大社の東側、平田にある創業300年の老舗『來間屋生姜糖本舗』さんです。すっかり話し込んでしまい辺りも暗くなってきた袖師窯さんを飛び出して、宍道湖の北岸をぐるっと走り來間屋さんに到着したのは閉店の15分前。こちらでは毎年冬場限定で生姜糖を仕入れさせていただいており、初めてお邪魔したのはMARKUSを開業する前に神戸に住んでいた頃で、それ以来なかなかお伺い出来ず、今回開業後初めて直接当主の方にご挨拶させていただく事ができました。

來間屋さんで『今後ともよろしくお願い致します』と、ご挨拶を済ませてこの日の予定はすべて終了です。この時点で19時過ぎ。朝、空港に向かうバスの中で妻が持たせてくれたおにぎりを食べて以来何も食べていない事に気付いて急に空腹を覚えましたが、ガソリンを満タンにしてレンタカーを返却する時間も迫っていた事もあり大急ぎで出雲市駅に向かいました。20時前にホテルにチェックインを済ませて空腹を満たすべく駅前の飲み屋街である『代官町』を徘徊しましたが、その辺のお話は割愛させていただきます。

その2へ続きます。

『沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展』開催中 ~ 7月17日(月)まで。

梅雨が明けたのかどうなのか、イマイチハッキリしない連日猛暑の東京ですが、ひとまず天気には恵まれている『沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展』も後半戦に突入し、今度の三連休で終了となります。初日と二日目は作り手の方々の在店日という事もあり、朝からたくさんのお客様にお越しいただき誠にありがとうございました。

初日はワタクシと加賀さん沖澤さんとオヤジ三人による暑いおもてなしをさせていただき、二日目は鈴木史子さんに爽やかにご案内していただきました。作り手の方達と記念撮影をされたり一緒に品物を選んだり、普段のMARKUSとは違った時間の流れと雰囲気で、私自身もとても楽しかったです。またこんな機会を作れたらと思っております。

会期は早くも後半戦で、これまでにたくさんの品物が旅立って行きましたが、沖澤さんのワイングラスも加賀さんのPan皿・Onigiri皿も鈴木さんの青いヤツも黒いヤツもまだまだ在庫がありますよ。今回はお三方にはたくさんご用意いただきましたので最終日まで見応え充分です。既に一度お越しいただいた方もまだこれからの方もご来店をお待ちしております。

今回の三人展では、メンバーがある程度固まった時点で既にビジュアル的なイメージが浮かんでおりました。光を集めて揺らぎ、明るさと軽やかさのある沖澤さんのガラス。シンプルで爽やかさがあり、料理映えする鈴木さんの陶器。その二つをうまく調和させつつ、スマートで存在感があり使い勝手の良い加賀さんの木工作品。

この3つの素材が季節感も織り交ぜてバランスよく絡み合う情景が浮かび、そのビジュアルイメージを『陽のあたる食卓』というキーワードに置き換えて事前に各作り手さんに投げかけておりました。でも実は『陽のあたる食卓』というのはオモテのテーマで、ウラのテーマも存在します。そして店主としてはコッチがメインだったりします。

では、このウラのテーマは何かというと『定番と少しの挑戦』です。もちろんこのウラテーマも作り手のお三方には企画書の中で提示しております。作り手の皆さんがこのウラテーマを聞いて、どう思われたのかはあえて聞いておりませんが、各々の作品の中に新しい何かを垣間見る事ができたので、きっと腑に落ちて下さったんだと思います。

これは私がこれまでのお付き合いの中から生まれた勝手なイメージですが、お三方とも新作をガシガシ作って個展やイベントもガンガン開催して積極的に発表する。というタイプではなく、日々の生活やこれまでのキャリアの中から生まれ、ブラッシュアップされた作品群を淡々と作り続け、少しずつ更新している。という印象を持っています。

だからこそこの3人にお願いしたというのもありますが、『定番と少しの挑戦』くらいの肩のチカラが抜けた感じの方がむしろよかったので、特に3人展に向けて最新作や限定品を何が何でも詰め込もうとは思っておらず、3つの異素材をMARKUSという場でアソートメントするセレクトショップ的な醍醐味こそが真のテーマだと思いました。

では、『少しの挑戦』とは何かと言うと、簡単に言えば『定番+α』です。と言ってもこの3人展の為に特別に最新作や限定品・コラボ商品のような特殊なお願いしたい訳では無く、『最近こんなの作ってみました』とか『定番化する前に反応を見てみたい』といった実験や試みといった感じで、そこに『少しの挑戦』があればと思いお願いしました。

沖澤さんには鉢モノもたくさんご用意いただきました。様々なカタチ、様々なサイズで充実のラインナップです。どれを取っても使うシーンが思い浮かぶ使い勝手のいいガラスのうつわです。また、ワイングラスも定番で製作されている全6種類をご用意いただきました。普段MARKUSでお取り扱いの無いカタチもございますので、この機会に是非。

加賀雅之さんからは人気のPan皿をいつもと違った彫り方で挑戦していただきました。写真の右下がいつものホワイトオークのPan皿。その他の3つが限定のオニグルミの変わり彫りです。そして今回は箱膳のような蓋モノもお願いしました。加賀さんの作る箱モノは重ねても蓋を載せてもカドやフチがピシッと揃い、見た目も使い勝手もとても気持ちがいいです。

鈴木史子さんからはこんな陶製のペンダントライトも届いております。うつわと同じくマットでサラッとした質感で、ガラスのシェードとはまた違う柔らかな光を灯します。そして新旧定番のプレート類も幅広いバリエーションでご用意いただきました。だいぶ少なくなってしまったサイズもありますが、今のところまだ全サイズ揃っております。

この三人展の会期も残すところあと3日。最終日まで見応えたっぷりの品揃えで皆様のご来店を心からお待ちしております。

また、3人展の会期中ですが新しい品物もいくつか入荷しております。鹿児島の宋艸窯さんからは鎬の平皿の中と小が届きました。深みのある色あいが好評でMARKUS開業以来の人気商品です。和でも洋でも馴染みが良く食材の色合いを引き立たせる使い勝手のいいうつわです。まとめ買いされる方が多いので気になる方はお早めにどうぞ。

楕円鉢も入荷しております。こちらは同じ色展開でも平皿とは違った印象で重厚感があります。裏側に残された型に当てた際の布目の跡や流れた釉薬の溜まりなど一つ一つの表情が豊かで、見た目にも手に取っても個性を楽しめるうつわです。常設スペースの問題で三人展の会期中は売場に出していないかもしれませんがご希望の方は店主にお尋ね下さい。

最後に、Mokuneji さんからコーヒーミルの新商品『黒 拭き漆』が入荷しました。元々漆器の木地を作る職人さんの技術を生かしたプロダクトで、使われている素材も漆器によく使われるケヤキなので『そのうち出るだろうな』と思っていました。そして飛びつきました。拭き漆なのでうっすらと木目も見え重厚になりすぎない印象で、時間をかけて育てたい一品です。

三人展が終了しましたら1日か2日かお休みをいただく予定です。決まりましたら改めてお知らせ致します。

『 沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展 』を開催します。~HPをリニューアルしました。

4月末頃よりバグによるシステムの不具合で更新をお休みしていた当店のHPですが、不具合の修復やシステムの入れ替え作業と合わせて、この際、大々的にとはいかなくてもHPをリニューアルしよう。と思い立ちまして、MARKUS開業5年目にしてHPのリニューアルを敢行しました。

それはさておき、まず7月8日(土)~17日(月・祝)と、会期が今週末に迫った『 沖澤康平×加賀雅之×鈴木史子 三人展 』のご案内をさせていただきます。
初日の前日、7月7日(金)は、イベントの売り場準備の為、お店の方はお休みをいただきます。

ちなみにトップの画像はDM両面の画像ですが、下の画像はDM用に何パターンか撮影して、最終選考でボツにした画像です。奥行きがあって割と好きなのですがとにかくモノを詰め込み過ぎました。

今回の三人展は、昨年の4月に開催した田中大喜さんの個展をお願いした2015年まで話がさかのぼります。最初は田中さんに個展のお願いをした際に『個展じゃなくて何人かでやってみたいな。』というリクエストが出て、『田中さんとも仲がいいガラスの沖澤さんなんかどう?素材も違うし。』という話になり、沖澤さんにご相談したところスケジュールが合わず、その時は田中さん単独でお願いする事になりました。翌年、田中さんの個展も開催され、在店の夜に一緒に飲みながら『次は何しようかな?』なんて話をしていたら、田中さんから『今度こそ沖澤さんを誘って、何人かでやってみたら?』というアイデアをいただき、だったら陶器・ガラスに加えて木工の作家さんにもお願いして異素材の三人展にしよう。という感じでイメージが固まると、まずは沖澤さんに相談。と、普段は腰が重い私にしてはめずらしく素早い行動をとりました。


※沖澤康平さん(ガラス)の過去の入荷の様子

『三人展なら』という事で沖澤さんにご快諾いただいて、あとの二人は…と陶器と木工の作家さんを思い浮かべた時に、自分の頭の中ですぐに鈴木史子さんと加賀雅之さんの名前が浮かび、お三方の作品が並ぶ売場が想像できて、そのイメージがストンと腑に落ちました。そのくらい私にとってはピタリと相性のいい異素材の組み合わせです。MARKUSともお付き合いが長く作品だけでなく人柄も好きな3人なので在店中のおしゃべりも今から楽しみです。

そうと決まれば、大急ぎで鈴木さんと加賀さんにもご連絡して企画主旨を説明したところ、皆さんそれぞれに面識もあり『この三人なら』という事でお二人にもご快諾いただきました。もともとイベント事は年に1~2回ほどしかやらないMARKUSなので、三人展なんかは初めての経験で企画の進め方も勝手がわからないので、みんなでイメージを共有する為に初めてちゃんとした企画書も作りました。


※加賀雅之(Semi-Aco)さん(木工)の過去の入荷の様子

では、そのイメージとは何かというと、ありきたりかもしれませんが『陽のあたる食卓』です。
夜の落ち着いた雰囲気の照明の下で見るよりも、夏の太陽の光の下で素材の持つ魅力を存分に感じながら食卓を囲む。光を集めて揺らぎ、明るさと軽やかさのある沖澤さんのガラス。シンプルで爽やかさがあり、料理映えする鈴木さんの陶器。その二つをうまく調和させつつ、スマートで存在感があり使い勝手の良い加賀さんの木工作品。この3つの素材が季節感も織り交ぜて、バランスよく絡み合う情景をイメージしました。


※鈴木史子さん(陶器)の過去の入荷の様子

会期を決定したときは、『この頃には梅雨も明けてるかな?』という期待もありましたが、どうやら初日と2日目の天気はいいものの梅雨明け前のかなり蒸し暑い日になるようです。初日(7/8)の午後には沖澤さんと加賀さん。2日目の日曜日(7/9)の午後には鈴木さんもお店に来て下さり作品をご紹介していただけます。

いつもの定番からちょっと挑戦してみた作品まで。三者三様のバラエティ豊かな品揃えで、異素材なのに、異素材だからこそ相性のいい組み合わせをお楽しみいただける賑やかな展示会になると思います。皆さま熱中症に気を付けてお越し下さい。

そして、最初にお伝えしましたHPのリニューアルです。冒頭にも書きましたがMARKUSも5年目を迎えまして開店当初と比べてイロイロと古くなってきています。使えなくなったわけじゃないけど時代やお店の変化に合わせて変えた方がいい物もありまして、その中のひとつがHPです。

今回のHPのリニューアルではパッと見ではあまり変化が無いように見えますが、細かい店舗情報や機能の修正と合わせて新たに3つの機能を加えました。

①トップページのゆっくり変化する6つの画像を自由に変えることができるようになりました。

これまでココのシステムプログラムが少々複雑で自分で簡単に変えることができずオープン以来代り映えのしない画像だったのですが、これからは店内の様子や新入荷商品、季節のオススメやイベントの様子など、ボーっと眺めてても楽しめるように定期的に差替えていこうと思います。

②トップページの下部、『日々のモノコト』の最新3つの記事の下に直近20件のインスタグラムの投稿を表示しました。

『日々のモノコト』は読み物的な要素と詳細な画像とお知らせとして割と長めの記事になるため、あまり頻繁に更新できないのが難点でしたが、とりあえずのお知らせやタイムリーな情報などは簡易的に写真と短文だけでアップできるインスタグラムの方が、自分にとってもお客様にとっても便利かと思いましてこの機能を加えました。入荷情報なども速報としてインスタでアップしておいて詳細な情報は後日じっくり『日々のモノコト』に投稿する。という使い分けになりそうです。もちろん普段インスタグラムをされてない方でも見る事はできます。

③『日々のモノコト』の記事を作家別カテゴリーに分類して過去の記事も作家別に表示する事ができるようになります。

これまでは投稿した年と月別にしか表示できませんでしたが、これからは作家別のカテゴリーを設け、その作家に関連する記事を過去のモノも含めて表示できるようになった事で前回の入荷の様子や過去の作品、直近の入荷はいつ頃でどんな品揃えだったか。などを調べる事ができます。ですが、現在まだ新カテゴリーに過去の記事を分類する作業を順次しておりますので、完全移行には少し時間がかかりますのでもうしばらくお待ち下さい。

HPだけでなくクレジットの決済機能も変更しました。これまでのクレジット端末からリクルート社が提供している『Air Pay』というネットワークで決済する端末に切り替えました。そのため今後はクレジットの控えがありませんが、ご希望のお客様にはメールでご利用控えを送信する事ができます。また、お買い上げレシートにMARKUSの店名・住所・電話番号がちゃんと記載されるようにしました。これまでのレシートには連絡先の記載もなかったので、今更かもしれませんがこれを機に改善致しました。

この他にもこの4年間、毎日雨風にさらされてボロボロになって見るも無残な姿になってしまった看板も新しくしたかったのですが、今回はそこまで手が回りませんでした。とは言え早く何とかしなければならないので、次の最優先課題です。

こんな感じでとてもスローペースですが少しずつ進化していくMARKUSを今後ともよろしくお願い致します。

白磁工房 石飛勲さんの磁器とハニワと竹かご

4月に入りました。年度末から続いたバタバタも落ち着きを見せ、そろそろ通常モードに戻ろうかという今日この頃。MARKUSにもフレッシュな4月の爽やかな空気が良く似合う新しい品物が届いております。

昨年9月の島根仕入旅から始まった新しいお付き合い。最後のひとり、島根県の東部、雲南市で活動されている『白磁工房 石飛 勲』さんから、MARKUSでは初めてのお取り扱いとなる白磁のうつわが届きました。

IMG_9985a

白磁工房は石飛勲さんとお父様の勝久さんの親子二人で活動されている工房で、1985年にこの島根県の三刀屋町に開窯されました。勝久さんは1941年島根県の生まれ、河井寛次郎が島根県の安来の出身だった事から島根県の窯業指導所を出た後に京都に移り、1958年より河井寛次郎の最初の弟子である上田恒次氏に、これまた上田氏の最初の弟子として師事しました。

IMG_0132a

上田氏が磁器の作り手であった事から勝久さんも磁器を作るようになり、河井・上田の両氏の影響を受けて厚手でどっしりと力強い磁器を作るようになりました。その後1985年に故郷の島根に戻り開窯します。現在は父・勝久さんの元で10年修行した息子の勲さんが窯と作風を引き継ぎ、実直な仕事を守っています。

IMG_9918a

白磁のような~。なんて例えがありますが、まさしく抜けるような白で、滑らかで清らかなうつわたちです。繊細そうな印象のある白磁のうつわですが石飛さんの作る白磁のうつわは厚手でどっしりとしており、そこへ施される面取りや鎬の装飾がうつわの持つ力強さを一層際立たせています。

IMG_0118a

 続いては久し振りの勢ぞろいとなったハニワと土偶です。MARKUS開業時からの変わらぬラインナップですが大人から小さなお子さんまで根強い人気です。特に今回は月末からのゴールデンウイークに備え、人気の遮光器土偶を多めにご用意しました。手のひらサイズの小さなウマやイヌも充実しております。

IMG_0169a

あまり変わり映えしないのもつまらないので、近い内に益子の作り手の所へ行って、何か新しいモノが無いか物色してくるつもりです。でも『新作ハニワ』っていうのもなんかウソ臭いというか、古代にあったモノなので新たに出土でもしない限り新しいモノは出てこないはずなので新作は期待できそうもありません。

IMG_0244a

最後にこちらも久しぶりの再入荷。新潟より孟宗竹で編み上げられた竹かごです。産地では『ぼて』と呼ばれるもので、野菜やお米のストックに便利なサイズとカタチです。使われる竹の種類も産地によって様々で、新潟で使われている孟宗竹は硬いため細かい編込みや細工にはおよそ不向きなのですが、非常に頑丈で武骨なつくりがまさに生活の道具。といった風情があります。

こんな感じで入荷もまだまだ続きます。4月もMARKUSの品揃えにご期待ください。

 

 

まだまだ入荷が続きます。~TOKYO CRAFT MAP 2017

先週に引き続き、今週も春の風と共に新しい品物が日本各地から続々と届いております。まずは岐阜県高山から安土草多さんの吹きガラスです。今回、安土さんにはお酒を飲むためのガラスをセレクトして作っていただきました。前回の入荷でも人気のあったどっしりしたワイングラスとカラフェ。そして一昨年からお願いしてようやく作っていただけたレアアイテムのビアマグも届いております。こちらも肉厚で重厚感のある見た目ですが、手に取ってみると軽くて口当たりも柔らかく使い心地の良い作りとなっております。

IMG_9557a

そして、お酒のための~と言えば 日本酒を美味しく楽しむ酒器。という事で、先週ご紹介した白岩焼和兵衛窯さんのぐい呑みと片口に続いて、ガラスでもぐい呑みや片口をいくつか作っていただきました。写真の右端のモノは本来はショットグラスとして作っているものですが、ウイスキーやテキーラなどの蒸留酒だけでなく日本酒でも楽しんでいただけると思います。酒器が変わるとお酒の飲み方も変わり、酒器の数だけお酒の楽しみ方もあるのだなぁ。と、最近になって酒器を集めてしまう方の気持ちがわかるようになりました。

IMG_9664a

最近お問い合わせが多いペンダントランプも充実させました。今回はこれまでお取り扱いしてきて、過去に人気のあった3型を再度作っていただきました。キッチンや玄関などでアクセントとして安土さんのガラスのペンダントをお探しの方が多く、特に春に向けて新築やお引っ越しを控えている方がご検討されています。キッチンカウンターの上に2~3灯といった感じで多灯使いでお考えの方が多いため、今回も少しづつですが在庫を持つように致しましたので複数個必要な方はお気軽にお尋ね下さい。

IMG_9639a

今回のお知らせ用の画像は、まだ日が暮れる前の午後に撮影しましたが、夜に柔らかい光を放ってぼんやり揺らめいている時とはまた違って、昼の日差しを通してゆらゆらとした影を映し出す柔らかな表情もまた魅力的で、昼の顔も夜の顔もどちらでも違った表情を楽しんでいただけます。今回の入荷で、全部で5種類のペンダントが揃いましたが、お好みで並べ替えて見たかったり、照明が光っていない状態を見てみたい場合はお気軽にお申し付けください。お客さまのイメージをできるだけ再現できるようお手伝いさせていただきます。

IMG_9387a

続きまして、こちらもおよそ1年ぶりの入荷となります『こぎん刺し』のコースターが届きました。しばらく見ない内に柄もこれまでの古典柄に加えて緻密な模様も増えています。今回は少量で青いモノが中心ですが、4月末からの連休前までにはこの他の柄やカラフルな糸を使ったモノも追加で入荷する予定です。

IMG_9758a

同じくこぎん刺しのヘアゴムとブローチもたっぷりと届いております。こちらもおよそ1年ぶりの入荷で新しい色や新しい柄がたくさん加わりました。ヘアゴムとブローチそれぞれ大小合わせて100点ほどですが、同じ色・同じ柄はありません。全て1点限りです。よくぞここまでの種類を作ってくれたと感心してしまいますが、この中からお好みを選び出すお客様も大変だと思います。店内には鏡もございますしゆっくり座って選ぶテーブルもございますので、じっくり心ゆくまで悩んで下さい。

IMG_9294a

初心に帰って何年かぶりに郷土玩具を充実させてみました。今回は公私ともにお世話になっている『五八PRODUCTS』さんのセレクトより、佐賀県の『尾崎人形』、香川県の『讃岐鋳造品』、長野県の『上田農民美術』が届いております。まずは上の写真の上田農民美術ですが、こちらは以前にも犬と馬だけお取り扱いさせていただいたことがありますが、猿と鶏が加わって再入荷です。本来は干支ものだったそうなのですが、まだ十二支全てが復活されていないそうで今回は4種類のみのお取り扱いです。相変わらず犬が痛々しいです。

IMG_9247a

お次は香川県の原銅像製造所さんより讃岐鋳造品の青銅の置物です。青銅の歴史は古く、日本に鋳造技術が伝わったのは弥生時代と言われ、香川県の古代遺跡からも銅鐸や鉾などが出土されています。香川県三豊市にある原銅像製造所は江戸時代創業で、現代で13代目となりおよそ400年間、日本各地の梵鐘や仏像・銅像の制作を請け負い、鋳物職人として高い技術を継承してきました。今回は小さな可愛らしい縁起物が届きました。手のひらサイズですがずっしりと重く、ありがたみがあります。

IMG_9142a

郷土玩具の最後は佐賀県の『尾崎人形』です。尾崎人形は佐賀県神崎町尾崎西分地区に伝わる焼き物の人形で、佐賀県内の陶磁器の中で最も歴史的に古く伝統を残しています。古くは蒙古襲来の元寇の時代に始まり、江戸時代には佐賀藩から幕府への献上品のひとつとされていました。一時途絶えた時期がありましたが『尾崎人形保存協会』の手によって再興され、現在では唯一の作り手である高柳氏の手で存続されています。土のぬくもりを感じ素朴な笛の音に何となく哀愁を覚え脱力感溢れる間の抜けた表情に癒されます。

IMG_9784a

そして先週もご紹介しました秋田県角館の白岩焼和兵衛窯のぐい呑み。たくさん入荷したのですが、大変ご好評につき3連休で早くも完売してしまったため、大急ぎでおかわりしました。幸い作り手の渡邊葵さんの手元に在庫があったため、20個ほど追加でいただいて再びモリモリです。という事で、最初にお知らせした安土草多さんのガラスの酒器と合わせて、現在MARKUS店内は、期せずして酒飲みのためのうつわが充実しております。お酒を飲めない方でもイロイロ楽しみ方がある酒器。これからハマってみませんか?

IMG_9876a

最後に、今年も出来ました『 TOKYO CRAFT MAP 2017 』。早いモノで3年目となる今年は新たに飲食店なども加わり、都内で57店舗の民藝・工藝に触れる事ができるお店が集まりました。MARKUSのある吉祥寺からも新たに2店舗の仲間が加わり、吉祥寺でのうつわ巡りも更に充実しています。回を重ねるごとに参加店舗も増え、毎年楽しみにして下さっているお客様も多く、東京の新しいガイドブックになりつつあります。今週より配布開始しておりますので、さっそくTOKYO CRAFT MAPを手に東京の街に出掛けてみませんか。

このページの先頭へ