HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 5月の商品情報 (その2)

日々のモノ・コト

5月の商品情報 (その2)

ゴールデンウイークの間もそうでしたが、5月11日(日)は母の日という事もあり、最近はラッピングをご希望されるお客様が
たくさんいらっしゃいます。その内、半分くらいは遠方への発送希望の方です。故郷にいるお母さんやお義母さんに向けて、
日頃の感謝の気持ちを込めて贈り物を選ぶお客様の姿は、見ていてこちらまで温かい気持ちにさせてくれます。

人気の上位はお湯のみ ・マグカップ ・エプロン ・くつ下です。『まだ何も考えてなかった。』という方、まだ間に合いますよ。

IMG_3437

と、いう事で、まず最初にご紹介するのは 『 盆栽 』 です。いつまでやるかは決めていないのですが、ひとまず夏の間の
期間限定の取り扱いです。MARKUSの近所にお住まいの方が製作されているのですが、自然の石を削ってくりぬいて
うつわにしています。ザラザラとした岩肌に苔むしたような風情がお寺の庭園のように情緒たっぷりで、何とも癒されます。

植物の種類もクロマツやハゼなどの本格派からイチョウやガジュマルなどバラエティ豊かです。お手入れもそれほど
難しいものではないので、カジュアルに楽しんでみてはいかがでしょうか。ギフト向けにラッピングもさせていただきます。

IMG_3414

 続きまして、もはや定番とも言える益子の 『原 泰弘 』 さんが作るすり鉢です。今回で3回目の入荷ですが、毎年5月と11月に
行われる益子の陶器市の際に、毎回事前にお願いしておいて現地でいただいて持ち帰ってきています。

 原さんのすり鉢はぼってりとした肉厚で、高台が広く安定感がある為、擂る時に力が入りやすく非常に使いやすいのが人気
となっています。すり鉢としてだけでなく煮物をたくさん作った時等の大鉢としてお使いになる方も多く、居酒屋や料理屋さん
のカウンターにある大皿料理のような風情もあります。

IMG_3419

お次も同じく原 泰弘さんの土瓶とコーヒーポットです。原さんはうつわよりも道具類を中心に製作される作家さんで、土瓶も
前回の入荷分が大変好評でしたので、今回もお願いしてきました。今回はそれに加えてコーヒーポットとドリッパーも新たに
作ってらしたので、現地で買い付けさせていただきました。

IMG_3541

更に今回は磁器で作ったオロシ板とオロシ皿も仕入れてきました。オロシ皿の方は今回が初めてですが、ワサビやショウガ
などを食卓で、その場でおろして食べる際に非常に便利で扱いやすい逸品です。冷たいうどんやおそばが食べたくなる
これからの季節にいかがでしょうか。

このページの先頭へ