HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 待ちに待った入荷です。

日々のモノ・コト

待ちに待った入荷です。

昨日は吉祥寺のお隣の三鷹では 『 ひょう 』 が振ったり、今朝はW杯の日本代表がグループリーグ突破できなかったりと
散々でしたが、MARKUSでは半年ぶりの待ちに待ってたうつわの入荷があり、落ち込んでいたテンションも急上昇です。

 今年の1月に初回の入荷があった、鳥取で活動されている 『 杉本 義訓 』 さんのうつわの待望の第2便が入荷しました。
前回は小さめのうつわが中心で数量も少なかった為、お店に出した途端、あっという間に無くなってしまいましたが、
今回は7.5寸皿や角鉢の大など、杉本さんの作品の最大の魅力である 『練り込み』 の模様を存分に楽しむ事ができる、
大きめのサイズが入荷しております。

IMG_4223

杉本さんの作る練り込みの器は気の遠くなるような手間のかかる工程を経て作り上げる作風である為、一度に作る事が
できる器の数もごく限られた数です。そのため東京ではMARKUSを含めて2店舗しかお取扱いすることができません。
前回よりも商品数は若干多いですが、今回の入荷分も早い者勝ちです。次の入荷は全くの未定で、この機会を逃すと
同じ形 ・同じサイズ ・同じ模様のうつわは、しばらくお目にかかる事はできません。ご希望の方はお急ぎください。

IMG_4394

お次は年間通して安定の人気、『 沖澤 康平 』 さんのガラスが入荷しております。いよいよ暑くなってくると沖澤さん人気も
ヒートアップして、人気商品はすぐに無くなってしまい、頻繁に注文するため沖澤さんもフル稼働でお世話になっています。
最近は飲食店の方からのご注文やリクエストもいくつか承っており、今回は特にご要望の多かった鉢モノを充実させました。
タンブラーなどと同様にぽってりとした厚みがありながら、透明感があり軽やかなガラスのうつわたちです。

IMG_4483

最後にこちらも今年2度目の入荷、岐阜県で活動されている 『woodpecker (福井賢治)』 さんのつくる、いちょうのまな板と
ひのきの洗たく板です。どちらもこの春に新生活を始められた方やご結婚された方などに人気があり、ギフトでのご要望も
たくさんいただいた、隠れた人気商品です。どちらも大小2サイズ展開でのお取扱いなのですが、意外な事に大きいサイズ
が人気があります。お洗濯や料理など、毎日の家事が楽しくなる手触りのいい木の道具です。

IMG_4446

夏に向け引き続き、新たにお付き合いが始まる作家さんや新商品が入荷予定です。7月もMARKUSにご期待ください。

 

このページの先頭へ