HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 岡田さんと河内さん

日々のモノ・コト

岡田さんと河内さん

9月に入って少し涼しくなってきたことで、何だか食欲が回復してきた。なんて方もいるのではないでしょうか。食欲の秋には
まだ少し間がありますが、食べることが楽しくなる、MARKUSでも人気の二人の作家さんから待望のうつわが届きました。

まずは、今年の年明け早々の入荷から8か月ぶりのご無沙汰である、益子で作陶されている 『 岡田 崇人 』 さんの象嵌と
掻き落としのうつわが入荷しました。今年の春頃からお店の在庫もずっとゼロ状態だったので、かえって新鮮な気持ちです。

IMG_6065

今回の入荷に合わせて店内の一部レイアウトを変更しました。8月最終週から9月の第1週にかけて、滋賀の田中大喜さん・
益子の岡田崇人さん・岐阜の河内啓さんと、かなりうつわで充実してまいりましたので、ゆっくり見比べやすいようにしました。

今回の岡田さんの入荷は、掻き落とし・象嵌それぞれ7寸皿・8寸皿が充実し、それに加えて、今年の1月の入荷分の中で
大人気だった掻き落としの楕円鉢が届きました。更に今回が初の入荷となる、掻き落としのマグカップ や角鉢なども入って
おり、象嵌 ・ 掻き落とし織り交ぜた幅広いラインナップとなっております。

IMG_6194

全てを 並べてみると今回の入荷では鉢物が充実しており、これから涼しくなるにつれて煮物や汁物が恋しくなるので、まさに
タイムリーな品揃えとなりました。また、今回の入荷の一部は1点モノも含まれております。無くなり次第、次回の入荷は未定と
なりますので、気になる方はお早めに。

続きまして、今年の5月からのお付合い、岐阜県 土岐市で作陶されている 『 河内 啓 』 さんのうつわが入荷しております。
今回の入荷は、あるお寿司屋さんからご依頼いただいた特注品のお届け分がメインの為、全体の品目数は少な目ですが、
このたび新たにお取扱いさせていただく事になった 『 白釉 』 も入荷しております。

IMG_5927

実はこの白釉は、河内さんの奥様がときどきSNSにアップされている食卓の写真に登場するのですが、その写真に写って
いるお料理とうつわに組み合わせがあまりにも美味しそうだったので、意気込んで注文したうつわです。土っぽい素朴な
表情にサラッとした質感が新鮮で、あらためて手にしてみると、お料理のイメージが膨らむ美味しそうな面構えをしています。

IMG_5855

河内さんの作り出すうつわは形はシンプルですが、数種類の釉薬を使い分けており、それぞれが実に味わい深い表情を
しています。MARKUSでは基本のアメ釉 ・ ビードロ釉 ・ 黒釉 ・ 白釉に加え、黒釉×ビードロ釉やビードロ釉×黒釉といった
2種類の釉薬を掛け合せた表情豊かな仕様のうつわも願いして、バラエティに富んだ品揃えとなっております。

これから深まる秋に向けて、新しい商品も順次入荷する予定です。秋からのMARKUSにもぜひご期待ください。

 

 

 

 

このページの先頭へ