HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 河内 啓さんのうつわとクネクネくつ下

日々のモノ・コト

河内 啓さんのうつわとクネクネくつ下

ここ最近は日が暮れてからの厳しい冷え込みがカラダにこたえるようになってきました。3年くらい前までは冬場でも室内では
くつしたを履かずに生活していたのですが、一昨年あたりから寝る時もくつしたを履きたくなるほど寒がりになってきました。

また、以前は真冬でもアイスコーヒーを好んで飲んでいたのが、ここ数年では涼しくなると冷たい飲み物は極力控えるように
なり、冬になると体質というか体調の変化が気になるようになってまいりました。やはり齢のせいなのでしょうか。

IMG_8604

そんな温かい飲み物や食べ物が恋しくなる今日この頃、岐阜県 土岐市で作陶されている 『 河内 啓 』 さんのうつわが入荷
しました。今回は見た目にも温かみのあるアメ釉と白釉を追加して、ちょっと冬らしい色合いのラインナップとなりました。

もちろんこれまで人気があった灰釉と黒釉も引き続き入荷して幅広い品揃えとなり、食卓を賑やかに彩ってくれる器たちで
いっぱいになりました。冬は 『 何食べようかなぁ 』 などと考えるのも楽しい季節ですが、同時に器選びも楽しい季節です。

IMG_8522

河内さんのうつわは手に取った時に触っていて和んでしまう絶妙な曲線と質感があり、手のひらに伝わる温かみがあります。
パッと見はクセが強そうに見えるのですが、和でも洋でも中華でも、意外と何でも相性よくこなしてしまう懐の深さも備えてい
ます。使い慣れてくると、料理を盛り付けるうつわを食器棚から選ぶ際に、何も考えず河内さんのうつわを手に取ってしまう。
そんな使いやすさと愛着が湧いてくる、食卓に登場する回数が多くなるうつわです。

IMG_8770

そして、昨年からのクネクネファンの皆様、お待たせしました。今年も冬のあったかくつしたが大変賑やかに勢揃いしました。
締め付けない柔らかな履き心地とやさしい肌触り、楽しい色柄パターンのバリエーションが人気を呼び、シーズンごとに愛用
者が増えております。

IMG_8831

今回は年間定番の『毎日のくつした』のショート丈とロング丈から新色の追加と、今年の冬の新作『 2トーンWoolくつした 』、
昨年の冬も人気だった『 ひしがたウール 』と『 くしゅくしゅウール 』、ひざ上まであるロング丈の 『 色あわせ 』 が入荷して、
一気にガラッと冬の装いとなりました。

IMG_8842

クネクネくつ下は兵庫県 芦屋市のくつ下工場で、織り上げの作業は昔ながらの古い織機を使って、それ以外の工程は
職人さんたちが手作業でつくった自然素材のやさしいくつ下です。2~3回ほど履いて洗ってを繰り返していく内に、より
足に馴染んでいき、ふんわりと気持ちい履き心地になっていきます。ユニセックスのサイズですので女性だけでなく男性
にもご愛用者が増えてきて、ギフトなどでも喜ばれております。

 

このページの先頭へ