HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 鮮やかな色合い (カゴとテキスタイル)

日々のモノ・コト

鮮やかな色合い (カゴとテキスタイル)

急に寒さが戻ってきて、今年の冬に使いきれずに残ってしまったストーブの灯油を、ここぞとばかりに贅沢に使って寒さを
しのいでいる今日この頃のMARKUSです。皆様は急な寒さで体調を崩されてはいませんでしょうか。

IMG_6342

今週は、気持ちだけでも春どころか初夏先取り。と、思わせるような鮮やかなな色合いと模様が楽しいテキスタイルものが
入荷しております。お洋服のお店はすっかり春モノが店頭を彩っておりますが、MARKUSの品揃えも少しばかり春色を
差し込んで季節感を出していこうと頑張っております。

IMG_6332

まずは、昨年2色のランチョンマットと鮮やかな色合いのカシミヤブランケットを届けて下さった 『 takami hand weaving 』
高見 由香さんより、前回の2色に更に2色を加えて合計4色となった、麻100%のランチョンマットが届きました。

IMG_6253

RED・NAVY・YELLOW・GREEN の4色となった今回も色と模様の相性を考えて、縦糸の素材を使い分けていただいて
おります。REDとNAVYはトーンを抑えて落ち着いた色合いとなるようリネンで、YELLOWとGREENの方はパリッと爽やか
な雰囲気を出すためにラミー麻で織っていただいております。

IMG_6387

高見さんの織物は、ご本人が図案のデザイン ・糸の染め ・ 機織りなど全ての工程をたったお一人で手作業で行っている
ため、非常に手間と時間のかかっている作品です。そしてそこから生み出されたなめらかな手触りと軽やかな風合いを
感じでいただければと思います。

IMG_6405

お次は今年もやってまいりました、MARKUS春夏の人気アイテム 『 SUMAU nani IRO textile 』 のガーゼ手ぬぐいです。
3シーズン目となる今回は、全体的に柔らかなトーンでまとめた全18柄をセレクトしました。(4/10の時点で2柄が未入荷。)

IMG_5865

ハンカチ代わりにお弁当包みに、首元の日焼け防止や汗止めのためのスカーフ代わりにと、古来てぬぐは便利に様々な
用途に幅広く使われ、現代に至っても変わらず身近な存在であり続け、贈り物などにも大変喜ばれています。

IMG_6446

ファッション性が高く、柔らかで気持ちのいい肌触りが人気で、欠品が多いため全ての柄が揃う事がなかなかありません。
数が揃っている入荷直後の今の内に今年のお気に入りを見つけて下さい。

IMG_5869

お次は新潟から届いた竹カゴです。『 ぼて 』 と呼ばれているモノで、ぷっくりと膨らんだ何とも可愛らしい形をしています。
語源は諸説あるようですが、布袋様のようにふっくらとしたカゴ。という所から 『 ほてい 』 がなまって 『 ぼて 』 となったとか。

今回入荷したモノは新潟県の山間部で育った 『 孟宗竹 』 で作られたものです。硬くて加工しにくいため他の地方では、
あまり細工物には使用されないそうなのですが、むしろその粗い感じが無骨な表情となって質実剛健な印象があります。
まだ若々しく鮮やかな色をしており爽やかな竹の香りがします。

IMG_5967

最後にこちらも新潟から。新潟県の中越地方に古くから伝わるワラで編み込んだ鍋敷きです。80歳を超えたおばあさんが
ひとつひとつ丁寧に手作業で編み込んで作られています。こちらも竹カゴ同様、若々しい青いワラの色をしており、そして
何となく懐かしい爽やかな香りがします。

今週の入荷はこんな感じです。しばらく土モノのうつわのご紹介ばかりしていたような気がしますが、MARKUSではこんな
手仕事以外のモノや、東京ではあまり知られていない地方に根付いた生活道具などもたくさん取り扱っております。

 

このページの先頭へ