HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 八木橋 昇(信楽)さんのうつわとユーカリのリース

日々のモノ・コト

八木橋 昇(信楽)さんのうつわとユーカリのリース

ゴールデンウイークも目前となり、MARKUSにも続々と品物が届き始めております。先週の土日は、ある作家さんに会う為に
岡山まで行っており、久し振りにお休みをいただきましたが、今週末からゴールデンウイークが終わる5月6日(水・祝)までは
5月1日(金)を除いて毎日休まず営業いたします。

そして今週は、とても久しぶりの入荷となる滋賀県の信楽で作陶されている『八木橋 昇』さんのうつわが届いております。

IMG_6552

八木橋さんとはMARKUSオープン以来のお付合いで開店時にもたくさんの器を届けて下さり、出来上がったばかりの
MARKUSの店頭を飾っていただきました。それからもうすぐ2年経ちますが、人気は衰えること無く多くのお客様を楽し
ませてくれています。

今回入荷したうつわは、定番の黒釉と粉引の丸縁皿とつば皿がそれぞれ6寸と7寸。8寸と6寸のリム付のすり鉢。そして
7寸の楕円皿が黒釉と粉引の2色と黒釉の丸縁7寸鉢、粉引のフリーカップです。

IMG_6618

八木橋さんの作るうつわは土の質感が表情豊かに表れており、定番のうつわとしての安心感がありながらも毎日使っても
飽きることがありません。ひとつひとつの質感や表情が異なるため、店頭でお好みの1枚を選ぶ際も思わず熱が入ります。

そしてもうひとつ、こちらは5月の母の日までの期間限定販売ですが、ユーカリのドライフラワーで作ったリースが届きました。
昨年の今頃も自然の石をくり抜いて器にした盆栽を期間限定で取扱いましたが、今年はよりインテリア性とギフト性が高い
ユーカリリースをセレクトしました。

IMG_7049

作って下さったのは国分寺や国立を中心に、お店を持たずに季節の植物を使ったリースやブーケなどのアレンジメントの
製作販売をされている 『louloudi 』さんという方で、イベントへの出店やワークショップなどの活動をされています。

MARKUSとの出会いは昨年末にlouloudiさんが直接売り込みに来られたのが始まりで、その時に持ってこられた見本の
ユーカリブーケが何とも爽やかで飾り気のなさが潔く、ゴールデンウイークや母の日に向けて何かできないかと相談した
結果、今回のお付合いとなりました。

IMG_7165

商品は一部を除き全てギフト向けに想定されたパッケージとなっており、そのままプレゼントとしてお渡しする事ができます。
リースはユーカリをベースにペッパーベリーなどの実物をアクセントに添えられたシンプルなアレンジとなっており、これから
の季節は特にお部屋を爽やかに演出してくれます。

環境によりますが、4~6ヶ月くらいは香りや色合いも持続して楽しむことができます。もちろんドライフラワーですので、それ
以降も枯れたり腐ることなく長く楽しむことができます。お部屋のアクセントにウェディングや母の日のギフトとしてどうぞ。

MARKUSがオープンして2度目となるゴールデンウイーク。今年もたくさんの品物をご用意して皆様のご来店をお待ちして
おります。来週は長崎から小島鉄平さんと初めてのお付合いとなる信楽の作家さんの器が届く予定です。ご期待ください。

このページの先頭へ