HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > お盆中の入荷 (河内 啓さん・冨本 大輔さん)

日々のモノ・コト

お盆中の入荷 (河内 啓さん・冨本 大輔さん)

みなさまお盆休みはいかがお過ごしでしたか?私は実家の静岡に帰るついでに静岡市の山奥、井川に古くから伝わる伝統工芸の 『 井川メンパ 』 と呼ばれる曲げ木のお弁当箱を作る職人さんに会って、お取引のご相談をしてきました。具体的には何も決まっていないので、お取引開始となったら改めてお知らせ致します。

お盆も終わりゲリラ豪雨と雷がやってきて、これから少しずつ秋が近づいてくるのでしょうけど、もうしばらくこの猛暑は続きそうです。という事で、残暑を乗り切る涼しげなうつわがお盆の間に入荷しております。

IMG_0785

まずは、岐阜県 土岐市で活動されている 『 河内 啓 』 さんより、昨年末ぶりの入荷がありました。河内さんの品揃えは、カップや鉢などといった深さのあるうつわが比較的多く、今回もマグカップと鉢物中心のラインナップとなっております。そして昨年秋頃から始められた新色の瑠璃釉も今回は定番の品揃えとして作っていただき、うすく緑がかったビードロ釉と並ぶといかにも涼しげな組合せとなります。

IMG_0710

そして毎回人気の6寸ボウルも今回は3色展開で入荷しました。ここでも新色の瑠璃釉が目にも鮮やかなアクセントとなり存在感を発揮しています。こちらは煮物やサラダなどをざっくり盛り付けるのに便利ですが、今の時期でしたら冷たいおソバやうどんなどをぶっかけのように具材とからめて食べるのにちょうどいいサイズとカタチで、1年を通して非常に出番の多いうつわです。

IMG_0653 (2)

続いて、先月から何度か少量ずつ入荷のあった、愛知県の常滑で活動されている 『 冨本 大輔 』 さんより平皿と鉢がそれぞれ6寸と7寸で入荷しております。冨本さんの『こますじ』と呼ばれるロクロを回しながら描く染付の柄は、シンプルで普遍的な、例えば町の定食屋で出てくるような親しみと安心感があり、日本の食文化に最も深く根付いているうつわの模様のような気がします。

IMG_0074a

前回までに入荷している 飯碗・どんぶり・そば猪口にも同様の『こますじ』の模様が描かれており、懐かしくなじみ深い雰囲気を醸し出しております。どの柄と組み合わせても相性がいいので、2点以上お買い上げになるお客様の8割方が、柄を揃えずにバラバラに選んでいかれます。

IMG_2506①

そば猪口もどんぶり類も数はかなり減ってしまっておりますが、まだ完売してしまった柄は無く、全ての柄が残っておりますので、気になる方はお早めにどうぞ。

 

このページの先頭へ