HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 入荷が続いております。もう大変です。

日々のモノ・コト

入荷が続いております。もう大変です。

間もなく10月も前半が終わり、ようやく秋らしくなってまいりました。気候も過ごしやすくなってきた事で、悪天候で人もまばらだった9月までに比べ、吉祥寺の街も少しずつ活気を取り戻してきております。
そしてMARKUSも今週に入って、沖縄より陶器工房 壹さんの第2便。松本より大久保ハウス木工舎さんのヘラや匙。そして1年ぶりの入荷となる豊橋の鈴木史子さんなど続々届く品物に店内が活気づいてまいりました。

また、ここ最近立て続けに入荷がありまして、今回はある程度まとまった時点でHP上でお知らせしておりますが、今年の夏から始めたinstagramの方では入荷ごとに随時お知らせしておりますので、アカウントをお持ちの方はそちらでもご確認ください。MARKUSのアカウント名は 【 markus_shop 】 です。よろしくお願いします。

IMG_2620a

まずは、定番モノでは1年ぶり2回目の入荷となる鈴木史子さんのうつわ。前回はこれまでの定番ラインである白のシリーズのみでしたが、今回はここ1年ほどでようやく安定してきたとおっしゃる黒と青のシリーズも入荷しております。今回の白のラインナップは昨年の入荷分で人気だった大きめのサイズのプレートをを中心に、カップや湯呑といった小物類も充実させております。また、前回人気だったポットも入荷しておりますので、カップと組合わせてギフトなどにもいかがでしょうか。

IMG_2657a

そして、可愛らしい白とは対照的にグッと渋みのある新入荷の黒と青のシリーズ。金属のようにラスティックな質感の黒と澄んだ夜空のように深みのある青。食材を盛りつける事でどのように化けるのか非常に楽しみなうつわです。
今回は通年モノのみの入荷ですが、昨年同様に今年も土鍋などの耐熱モノもお願いしております。恐らく年内には第1便が入荷してくると思いますので楽しみにしていて下さい。

IMG_2406

耐熱モノと言えば、今年は昨年よりもかなり早いですが、信楽の八木橋 昇さんから土鍋の第1便が届いております。今回は8.5寸平鍋の黒のみですが、この先平鍋の白や片手鍋・グラタン皿など、この時期でしか手に入らない人気のラインナップが続々入荷してくる予定です。今年は先程の鈴木史子さんと八木橋昇さん、そして今年信楽から益子に移住された廣川温さん。この3人に土鍋や耐熱モノをお願いしております。寒さが深まるにつれて徐々に入荷してまいりますのでご期待下さい。

IMG_1801

9月に第1便の入荷があった、沖縄の陶器工房 壹 ・ 壹岐 幸二 さんより、第2便として新作のマグカップと染付皿の7寸が届きました。今年の6月に沖縄に行った際に注文してきた分はコレで全部です。染付皿は9月の入荷分で6寸のみ入っていましたが、それがほぼ無くなってしまってたところへ今度は7寸が届き、MARKUSでは6寸より7寸など比較的大きめなお皿の方が人気がある為、非常にいいタイミングでした。

IMG_2473

新作のマグカップですが、今回はコロンとしたフォルムが可愛らしいワンフィンガータイプのマグです。沖縄で試作品を見せていただいた時に一目で気に入ってしまい注文したのですが、結構たっぷり入る容量でボリューム感もあるため、指1本で持つのはキツイかな?と思っていところ、実際に持ってみると中指と人差し指の2本で支えるカタチとなり、全く問題無いです。沖縄の壹岐さんの工房で購入して4ヶ月ほど使っておりますが、口当たりもよく非常に使いやすいです。

IMG_2492

陶器が3つ続いたのでココからは木工や漆器のご紹介です。まずは長野県の松本市で活動されている大久保ハウス木工舎 大久保公太郎さんから人気のヘラと匙が届いております。ヘラは通常桜材と栗材の2種類お願いしているのですが今回は桜のみです。握りの感触や先端の微妙なカーブや厚さがそれぞれ異なりますので、一つ一つ握って確かめてベストな1本をお選びください。匙の方はこれまで同様に茶と黒の擦り漆2色と、長めの取分け匙と短めのレンゲの2種類をご用意しました。これからの季節、シチューやカレー、お鍋などで活躍してくれることでしょう。軽くて手触りが良く、口当たりも柔らかなため金属のスプーンと比べると味までも変わってきます。

IMG_2585

そして今回が初のお取り扱いとなる大久保ハウス木工舎さんの人気商品、パン皿も入荷しております。緩くカーブさせた四角形の桜材の板に放射状に施されたノミ目の手触りも楽しいプレートです。食パン1枚がきれいに乗るサイズで、中央を少し窪ませる事で出来立ての食材が持つ湿気を程よく逃がし、美味しい食感を維持できるように工夫されています。慌ただしい朝食の時間も少しだけ心にゆとりが生まれ、1日の始まりが楽しくなる1枚です。

IMG_2324a

お次はMARKUSではお馴染みの益子で活動されている漆器の作家さん、蜂谷 隆之 さんから新作の多用椀が届きました。今年の春頃までで諸事情により泣く泣く廃盤となってしまった人気の多用椀の復活というカタチで、形状や容量はほぼ変わりません。今回は先行で、ロクロで回しながら細かな筋目を施したのちに木地の木目を生かした木地呂で仕上げたタイプが届いております。これまで扱っていた布着せに黒と朱の漆で仕上げた仕様のモノは近日入荷予定です。

IMG_2799a

木工のラストは、ここ1年ほどでinstagram界隈で人気の木工作家、Semi-Aco 加賀 雅之 さんの作るPan皿とOnigiri皿です。ご本人としては相変わらずのガラケーユーザーなのでinstagram上での過熱ぶりには無頓着なのだそうですが、ここ最近は遅くまで残業しても制作が追い付かず、数年前と比べて今の忙しさを『ありがたいな~』と思う事で人気をじみじみ実感しているそうです。そんな加賀さんをMARKUSはこれからも応援します。ちなみに今回も入荷から1週間はお取り置き・お取り寄せについてはご遠慮いただいておりますので、予めご了承願います。

IMG_2750a

最後に秋冬限定でお取り扱いしているイロイロな食品をご紹介します。いつも気まぐれに仕入れている日本各地の食品も今年で4年目の秋ともなると徐々に季節の定番化してきます。生産者の都合だったり季節感だったり理由は様々ですが、最近になって『秋だな~』と実感したので思い出したように注文しました。まず奈良の嘉兵衛本舗の玄米茶は10月になってから発売される季節限定で、毎年この時期を楽しみにして下さっているお客もいらっしゃいます。そして新潟の浪花屋さんの元祖柿の種は、最初はウケ狙いのつもりだったのですが人気が出てしまい、今すっかりでは秋冬の定番です。今年は新作の『えだ豆』味も追加です。最後に徳島県の木頭ゆずを使った柚子胡椒と練り生柚子七味は昨年の鍋のシーズンからの取り扱いだったので、今年も鍋関係が揃う頃に注文しようと思っていたら、先日入ったラーメン屋で餃子を注文したら柚子胡椒が付いてきて、とても餃子との相性が良く美味しかったので自分で食べたくなって注文しました。

IMG_2857a

という感じで、入荷が急に立て続けにあった事で普段暇に慣れてしまった脳がついていけず、最後には何が言いたいのかわからない文章になってしまいましたが、2016年下半期最高に充実した品揃えで皆さまのご来店を心からお待ちしております。そしてこの先も年内は年末年始に向けて続々と入荷ラッシュが続きます。
今年も残すところあと3ヶ月、引き続きMARKUSをよろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ