HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > GMTC(ガラス・木工・鉄器・カレンダー)

日々のモノ・コト

GMTC(ガラス・木工・鉄器・カレンダー)

間もなく10月も終わり、年末を意識するようになってきました。思えば2016年もあっという間でした。何をしていたのかよく覚えていないくらいです。実際はあんな事やこんな事もあった1年なのですが、とにかく『えっ?今年もあと2ヶ月で終わり !? 』 という感じです。ひとまず、今年を振り返るのは2ヵ月後にして、今週も入荷ラッシュが続いておりますのでまとめてご紹介させていただきます。

IMG_3874a

まず最初は茨城の 『 河上 智美 』 さんのガラスです。例年は年末年始にかけて、およそ200点ほどを3回くらいに分けて届けて下さるのですが、今年は少し早い入荷でした。今回は第1便としてタンブラー類を中心に60点送って下さいました。河上さんとはここ3年ほどはこんなペースで、春先に1年分をまとめて注文して、その分がその年の年末年始に入荷して、また春先に次のシーズンの分をお願いする。というサイクルです。

IMG_3903a

今回の入荷では5型2色、全部で10種類のグラスと2種類の鉢が届いています。5型のグラスの内の3型は昨年夏から今年の春にかけての新作の中からセレクトして、今回もクリアと薄いグレーの2色展開でご用意いただきました。河上さんの作るガラスはモールと呼ばれる型に当てて作る吹きガラスなのですが、その形状はいつも秀逸で、奇抜なように見えて実はすごく持ちやすかったりバランスが絶妙だったりと、実際手にしてみるとその使いやすさがよくわかります。

IMG_3039a

続いては、先週も第1便としてサクラ材のヘラと匙やレンゲが届いていた、松本の 『 大久保ハウス木工舎 』 さんからヘラの第2便と野菜箱がどっさりと届きました。今回のヘラは栗材のみで20本。要望の多かった左きき用から短めモノや先が丸いモノなど、いろんなお客様に触ってもらってそれぞれのベストな1本を見つけていただこうと、様々な変化を付けていただきました。

IMG_2937a

こちらの野菜箱は、MARKUSでもストックの収納などに使っている所謂 『 リンゴ箱 』 を大久保さんのアイデアで雰囲気はそのままに、ご家庭向けにコンパクトに可愛らしくアレンジされています。そしてたくさん組合わせて気軽に使えるよう、お値段を抑えるために無塗装でラフに仕上げてあります。私も自宅で使っていますが、野菜やお米のストックだけでなく、雑誌やA4書類用の封筒と横幅がピッタリ合うので、年末の大掃除に向けてお部屋や机回りの整理用に、子供のお片付け箱にいかがでしょうか。

IMG_2958a

こちらも先週に先行入荷で木地呂の筋目タイプのみが入荷していた、益子の 『 蜂谷 隆之 』 さんの多用椀が入荷しました。今回の入荷で以前扱っていたものと同じ朱と黒の2色が揃い、これで人気の多用椀が完全復活となり、これからは艶やかな朱と黒の漆仕上げとどこか懐かしい木地呂の筋目の3タイプでご提案させていただきます。これからの季節、温かい汁物やお正月のお雑煮に、ちょっと贅沢な漆器はいかがでしょうか。

IMG_3723

そして冬になると特にご要望が高くなる鉄瓶。今年はお手頃な量産の物をやめて、一人の職人の手による伝統的な技法で丁寧に作り上げられた物を選びました。シンプルで飽きの来ないデザインを追求し、装飾的なモノを極力排した、鉄の塊なのにどこか温かみのある、量産品には無い鉄肌の質感を重視した優しくて柔らかなフォルムが魅力です。今回セレクトした2つは職人歴50年の大ベテランと東日本の震災をきっかけに27歳で職人への道を決意した若手の作る伝統のカタチです。

IMG_3761a

最後はお馴染みの手仕事カレンダーの2017年版です。つい先日も 『 いつものカレンダーはまだ?』 というお声をいただいたばかりで、もうそんな時期か。と思い急いで取り寄せました。今回も染色家・小田中耕一氏の手による型染めの絵は、どの月も季節の風物が詰まっており楽しげなものばかりです。今年も例年通り12ヶ月12枚の卓上タイプとB3サイズのポスタータイプの2種類をご用意しております。

 

このページの先頭へ