HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > 廣川温さんと沖澤康平さん

日々のモノ・コト

廣川温さんと沖澤康平さん

先にちょこっとお知らせ。
いつも直前のお知らせで申し訳ございません。11月18日(金)と22日(火)はお休みとさせていただきます。また、19日(土)は13時頃からの営業とさせていただきます。よろしくお願い致します。

いよいよ来週から個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』 が始まりますが、そんな事はお構いナシに入荷が続きます。個展の会期中は店内の6~7割を岡田さんの作品で埋め尽くしますが、残りの売場は常設の品物が並びます。岡田さんと同素材となる陶器の品物の大半は売場から下げる事になりますが、品物自体は店内にございますので個展会期中でも岡田さんの作品以外にお探しの品物がございましたら、お出しする事も可能ですのでお気軽にお声掛け下さい。(店内の混み具合によっては少々お時間をいただく場合もございます)

IMG_4725a

まずは、少しばかりのご無沙汰となった飛騨の 『 沖澤 康平 』 さんのガラス。お取り扱い以来安定した人気を誇り、そして安定供給して下さっていた沖澤さんですが、今回はあえて間をおいてみました。特に大層な戦略的な意図はなかったのですが、たまたま先月入荷している高山の安土草多さんと茨城の河上智美さんのガラスと入荷のタイミングも近くそれぞれの在庫もまだまだ豊富に揃っていたので、ただいま店内ではガラスが盛りだくさんで3人のガラス作家による三者三様のガラスを楽しむ事ができます。

IMG_4551a

続いて今年の春に信楽から益子に移住された 『 廣川 温 』 さんの耐熱のうつわです。季節問わず人気の直火にもオーブンにもかけられる廣川さんの耐熱陶器ですが、今回は初めて鎬のタイプもお願いしてみました。平たい耐熱皿と少し深めな耐熱鉢。それぞれ鎬アリとナシ、そしてこちらのうつわは食器と言うよりも調理道具として捉える方が多く比較的大きいサイズが人気の為、今回はサイズを絞って8寸と9寸。全部で8種類が入荷しました。使い込む事で表情が変化していく耐熱のうつわ。是非この冬におひとつ育ててみませんか。

IMG_5826

そして今年も届きました廣川さんの土鍋。今年は8号サイズのみです。昨年は廣川さんも初めての土鍋への挑戦。という事で制作に苦戦されたようで、シーズンギリギリの入荷でしたが今回は鍋シーズンに間に合いました。廣川さんの土鍋は蓋を取ってしまえば手付きの大鉢という趣で、鍋料理だけでなくカレーやシチュー、煮込み料理など、出来立てを鍋ごと器としてテーブルに並べても全く違和感がありません。デザインもスマートでありながらどこか可愛げがあり、使わない時も仕舞い込まずに見える所に置いておいても絵になります。

IMG_5888

個展 『 第二回 岡田 崇人 の仕事 』 は11月23日(水・祝) ~ 12月4日(日)までですが、会期終了後は昨年同様に年明けまで耐熱陶器 & 鍋祭りとなります。今シーズンも大小様々な耐熱の器をご用意しております。そして気が付けばもうクリスマスにお正月。ことしもあと1ヶ月と少し、MARKUSをよろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ