HOME > 日々のモノ・コト > 商品情報 > あっという間に4月です。

日々のモノ・コト

あっという間に4月です。

2月末で安土草多さんの照明の展示が終わり、力尽きてボーっとしてたら3月もあっという間に終わってしまいました。かと言って何もしていなかった訳では無く、前半は確定申告でバタバタしていたり、まとまった入荷もいくつかありましたし4月末から始まるゴールデンウイークの企画に向けて準備を着々と進めておりました。

● 4月のお休み : 4月4日(水)・ 27日(金)

ゴールデンウイーク企画についてはまた来週辺りに別の記事でガッツリご紹介するとして、今日はここ最近の入荷のご紹介をさせていただきます。まずは愛知県常滑市の冨本大輔さんより染付のうつわが届きました。何度目かの入荷で、もはや定番化している飯碗・深どんぶり・6寸と7寸の浅鉢に新柄の格子模様が加わり、更に今回は新商品の平皿と石皿も入荷して、幅広い充実の品揃えとなりました。

平皿の方は染付の柄や質感はそのまま継承しつつ、カタチは完全なフラットという訳でもなく中心が緩く窪んでおりフチがシュッと立ち上がり少しシャープなフォルムになっております。石皿の方はぽってりとした質感で古くから日用雑器として親しまれているカタチに沿った作りとなっており、色は薄っすら緑掛かった爽やかな色合いの鉄呉須と柔らかで優しい色合いの白釉の2色です。平皿も石皿も7寸と8寸の2サイズございます。

昨年7月の3人展以来の久しぶりの入荷となったSemi-Aco 加賀雅之さんからは、お馴染みのPan皿・Onigiri皿・カッティングコースターなど定番の品揃えで再入荷しました。3月の前半に入荷したのですが、久し振りの入荷だったという事もあり、既に完売してしまっているモノもございます。お知らせが遅くてスミマセン。

そしてもうひとつお久し振りの入荷なのが岐阜県のwoodpeckerさんのイチョウの木のまな板と山桜の木のカッティングボードです。冬の間は売り場がパンパンでしばらくお休みしていたのですが、春の新生活需要やそれに向けたギフトとしてご要望いただいておりましたので復活させました。また山桜のカッティングボードに新たにハーフのバケットくらいなら楽々乗るロングサイズが加わりました。

思い返してみると木工製品の入荷が続いた3月。島根県の森山ロクロ工作所さんからもケヤキのプレートや丸盆、薬味入れやサクラ材の茶筒など、なかなか渋めのセレクトで入荷しております。昨年の9月に再び出雲の森山さんの工場にお邪魔した際に注文してきたものなのですが、お茶をいただきながら世間話をしている時に、古い作品や資料などが雑然と詰まったキャビネットの奥に入っている薬味入れが目に留まりました。

チェスの駒のような品のある佇まいで、かなり以前に作っていたもので今は定番的にはやっていない。との事だったのですが、強引にお願いして作っていただきました。それからおよそ半年ぶりの対面だったのですが、入荷した品物を見て満足の出来栄えに思わずニヤッとしました。サクラの茶筒も小振りでシンプルな造形ですがサクラの木目も美しく、中蓋も外蓋もパチッと収まる精緻な職人の仕事に今度は思わず唸りました。

そして今回は、初めて森山さんに丸盆を注文しました。森山ロクロ工作所と言えば茶托と丸盆。というくらい民藝界隈ではお馴染みの存在なのですが、個人的に『いわゆるお盆って今の日本の生活様式の中で、どんな場面で、どのくらいの頻度で登場するのだろう』という疑問を抱いていた事もあり、しばらく『トレイ』ではなく『お盆』を取り扱う事を躊躇っていました。

ですが今回思い切ってお盆を注文して、お盆のある風景というモノを考えてみてしっくり腑に落ちました。カタチにして実践してみると現代の生活様式や住宅事情などといった機能面の事はさておき、お盆に載せるというひと手間やうつわを直に持つ・置くのではなく1枚のお盆が挟まる事で生まれるゆとりや丁寧さが日本人の美意識としてしっくりくるのだと思いました。皆さんもお盆のある生活はいかがでしょうか。

このページの先頭へ