HOME > 染・織・布・紙

日々のモノ・コト

染・織・布・紙の記事一覧

まだまだ入荷が続きます。~TOKYO CRAFT MAP 2017

先週に引き続き、今週も春の風と共に新しい品物が日本各地から続々と届いております。まずは岐阜県高山から安土草多さんの吹きガラスです。今回、安土さんにはお酒を飲むためのガラスをセレクトして作っていただきました。前回の入荷でも人気のあったどっしりしたワイングラスとカラフェ。そして一昨年からお願いしてようやく作っていただけたレアアイテムのビアマグも届いております。こちらも肉厚で重厚感のある見た目ですが、手に取ってみると軽くて口当たりも柔らかく使い心地の良い作りとなっております。

IMG_9557a

そして、お酒のための~と言えば 日本酒を美味しく楽しむ酒器。という事で、先週ご紹介した白岩焼和兵衛窯さんのぐい呑みと片口に続いて、ガラスでもぐい呑みや片口をいくつか作っていただきました。写真の右端のモノは本来はショットグラスとして作っているものですが、ウイスキーやテキーラなどの蒸留酒だけでなく日本酒でも楽しんでいただけると思います。酒器が変わるとお酒の飲み方も変わり、酒器の数だけお酒の楽しみ方もあるのだなぁ。と、最近になって酒器を集めてしまう方の気持ちがわかるようになりました。

IMG_9664a

最近お問い合わせが多いペンダントランプも充実させました。今回はこれまでお取り扱いしてきて、過去に人気のあった3型を再度作っていただきました。キッチンや玄関などでアクセントとして安土さんのガラスのペンダントをお探しの方が多く、特に春に向けて新築やお引っ越しを控えている方がご検討されています。キッチンカウンターの上に2~3灯といった感じで多灯使いでお考えの方が多いため、今回も少しづつですが在庫を持つように致しましたので複数個必要な方はお気軽にお尋ね下さい。

IMG_9639a

今回のお知らせ用の画像は、まだ日が暮れる前の午後に撮影しましたが、夜に柔らかい光を放ってぼんやり揺らめいている時とはまた違って、昼の日差しを通してゆらゆらとした影を映し出す柔らかな表情もまた魅力的で、昼の顔も夜の顔もどちらでも違った表情を楽しんでいただけます。今回の入荷で、全部で5種類のペンダントが揃いましたが、お好みで並べ替えて見たかったり、照明が光っていない状態を見てみたい場合はお気軽にお申し付けください。お客さまのイメージをできるだけ再現できるようお手伝いさせていただきます。

IMG_9387a

続きまして、こちらもおよそ1年ぶりの入荷となります『こぎん刺し』のコースターが届きました。しばらく見ない内に柄もこれまでの古典柄に加えて緻密な模様も増えています。今回は少量で青いモノが中心ですが、4月末からの連休前までにはこの他の柄やカラフルな糸を使ったモノも追加で入荷する予定です。

IMG_9758a

同じくこぎん刺しのヘアゴムとブローチもたっぷりと届いております。こちらもおよそ1年ぶりの入荷で新しい色や新しい柄がたくさん加わりました。ヘアゴムとブローチそれぞれ大小合わせて100点ほどですが、同じ色・同じ柄はありません。全て1点限りです。よくぞここまでの種類を作ってくれたと感心してしまいますが、この中からお好みを選び出すお客様も大変だと思います。店内には鏡もございますしゆっくり座って選ぶテーブルもございますので、じっくり心ゆくまで悩んで下さい。

IMG_9294a

初心に帰って何年かぶりに郷土玩具を充実させてみました。今回は公私ともにお世話になっている『五八PRODUCTS』さんのセレクトより、佐賀県の『尾崎人形』、香川県の『讃岐鋳造品』、長野県の『上田農民美術』が届いております。まずは上の写真の上田農民美術ですが、こちらは以前にも犬と馬だけお取り扱いさせていただいたことがありますが、猿と鶏が加わって再入荷です。本来は干支ものだったそうなのですが、まだ十二支全てが復活されていないそうで今回は4種類のみのお取り扱いです。相変わらず犬が痛々しいです。

IMG_9247a

お次は香川県の原銅像製造所さんより讃岐鋳造品の青銅の置物です。青銅の歴史は古く、日本に鋳造技術が伝わったのは弥生時代と言われ、香川県の古代遺跡からも銅鐸や鉾などが出土されています。香川県三豊市にある原銅像製造所は江戸時代創業で、現代で13代目となりおよそ400年間、日本各地の梵鐘や仏像・銅像の制作を請け負い、鋳物職人として高い技術を継承してきました。今回は小さな可愛らしい縁起物が届きました。手のひらサイズですがずっしりと重く、ありがたみがあります。

IMG_9142a

郷土玩具の最後は佐賀県の『尾崎人形』です。尾崎人形は佐賀県神崎町尾崎西分地区に伝わる焼き物の人形で、佐賀県内の陶磁器の中で最も歴史的に古く伝統を残しています。古くは蒙古襲来の元寇の時代に始まり、江戸時代には佐賀藩から幕府への献上品のひとつとされていました。一時途絶えた時期がありましたが『尾崎人形保存協会』の手によって再興され、現在では唯一の作り手である高柳氏の手で存続されています。土のぬくもりを感じ素朴な笛の音に何となく哀愁を覚え脱力感溢れる間の抜けた表情に癒されます。

IMG_9784a

そして先週もご紹介しました秋田県角館の白岩焼和兵衛窯のぐい呑み。たくさん入荷したのですが、大変ご好評につき3連休で早くも完売してしまったため、大急ぎでおかわりしました。幸い作り手の渡邊葵さんの手元に在庫があったため、20個ほど追加でいただいて再びモリモリです。という事で、最初にお知らせした安土草多さんのガラスの酒器と合わせて、現在MARKUS店内は、期せずして酒飲みのためのうつわが充実しております。お酒を飲めない方でもイロイロ楽しみ方がある酒器。これからハマってみませんか?

IMG_9876a

最後に、今年も出来ました『 TOKYO CRAFT MAP 2017 』。早いモノで3年目となる今年は新たに飲食店なども加わり、都内で57店舗の民藝・工藝に触れる事ができるお店が集まりました。MARKUSのある吉祥寺からも新たに2店舗の仲間が加わり、吉祥寺でのうつわ巡りも更に充実しています。回を重ねるごとに参加店舗も増え、毎年楽しみにして下さっているお客様も多く、東京の新しいガイドブックになりつつあります。今週より配布開始しておりますので、さっそくTOKYO CRAFT MAPを手に東京の街に出掛けてみませんか。

鮮やかな色合い (カゴとテキスタイル)

急に寒さが戻ってきて、今年の冬に使いきれずに残ってしまったストーブの灯油を、ここぞとばかりに贅沢に使って寒さを
しのいでいる今日この頃のMARKUSです。皆様は急な寒さで体調を崩されてはいませんでしょうか。

IMG_6342

今週は、気持ちだけでも春どころか初夏先取り。と、思わせるような鮮やかなな色合いと模様が楽しいテキスタイルものが
入荷しております。お洋服のお店はすっかり春モノが店頭を彩っておりますが、MARKUSの品揃えも少しばかり春色を
差し込んで季節感を出していこうと頑張っております。

IMG_6332

まずは、昨年2色のランチョンマットと鮮やかな色合いのカシミヤブランケットを届けて下さった 『 takami hand weaving 』
高見 由香さんより、前回の2色に更に2色を加えて合計4色となった、麻100%のランチョンマットが届きました。

IMG_6253

RED・NAVY・YELLOW・GREEN の4色となった今回も色と模様の相性を考えて、縦糸の素材を使い分けていただいて
おります。REDとNAVYはトーンを抑えて落ち着いた色合いとなるようリネンで、YELLOWとGREENの方はパリッと爽やか
な雰囲気を出すためにラミー麻で織っていただいております。

IMG_6387

高見さんの織物は、ご本人が図案のデザイン ・糸の染め ・ 機織りなど全ての工程をたったお一人で手作業で行っている
ため、非常に手間と時間のかかっている作品です。そしてそこから生み出されたなめらかな手触りと軽やかな風合いを
感じでいただければと思います。

IMG_6405

お次は今年もやってまいりました、MARKUS春夏の人気アイテム 『 SUMAU nani IRO textile 』 のガーゼ手ぬぐいです。
3シーズン目となる今回は、全体的に柔らかなトーンでまとめた全18柄をセレクトしました。(4/10の時点で2柄が未入荷。)

IMG_5865

ハンカチ代わりにお弁当包みに、首元の日焼け防止や汗止めのためのスカーフ代わりにと、古来てぬぐは便利に様々な
用途に幅広く使われ、現代に至っても変わらず身近な存在であり続け、贈り物などにも大変喜ばれています。

IMG_6446

ファッション性が高く、柔らかで気持ちのいい肌触りが人気で、欠品が多いため全ての柄が揃う事がなかなかありません。
数が揃っている入荷直後の今の内に今年のお気に入りを見つけて下さい。

IMG_5869

お次は新潟から届いた竹カゴです。『 ぼて 』 と呼ばれているモノで、ぷっくりと膨らんだ何とも可愛らしい形をしています。
語源は諸説あるようですが、布袋様のようにふっくらとしたカゴ。という所から 『 ほてい 』 がなまって 『 ぼて 』 となったとか。

今回入荷したモノは新潟県の山間部で育った 『 孟宗竹 』 で作られたものです。硬くて加工しにくいため他の地方では、
あまり細工物には使用されないそうなのですが、むしろその粗い感じが無骨な表情となって質実剛健な印象があります。
まだ若々しく鮮やかな色をしており爽やかな竹の香りがします。

IMG_5967

最後にこちらも新潟から。新潟県の中越地方に古くから伝わるワラで編み込んだ鍋敷きです。80歳を超えたおばあさんが
ひとつひとつ丁寧に手作業で編み込んで作られています。こちらも竹カゴ同様、若々しい青いワラの色をしており、そして
何となく懐かしい爽やかな香りがします。

今週の入荷はこんな感じです。しばらく土モノのうつわのご紹介ばかりしていたような気がしますが、MARKUSではこんな
手仕事以外のモノや、東京ではあまり知られていない地方に根付いた生活道具などもたくさん取り扱っております。

 

冬のあれこれ

すっかり冬仕様の生活に入り、相変わらず季節感の乏しいMARKUSにも冬らしい温かい品物がチラホラと届いております。
今週は新たにお取り引きのはじまった陶芸作家さんの 『 鈴木 史子 』 さんと、夏にランチョンを届けていただいた染織物の
『 高見 由香 』 さんからブランケットが届きました。先日、可愛らしい一輪挿しを届けて下さった 『 青柳 江実子 』 さんといい、
最近のMARKUSは女性作家さんとのお付き合いが増えてきて、少々色気づいております。

IMG_9330

まずは、今回が初めてのお付合いとなる、愛知県 豊橋市で活動されている 『 鈴木 史子 』 さんの耐熱陶器のご紹介です。
鈴木さんのうつわとは今から6年ほど前の松本のクラフトフェアで初めて出会いました。その時に購入した白い鉢が、とても
使い心地がよく、形といい質感といい、触っていてとても気持ちがいいのでお気に入りのうつわの一つだったのですが、
その時にいただいたお名刺を無くしてしまい、買い足したくても、確か岐阜か愛知の辺りで作っている。という曖昧な記憶
意外に全く手がかりが無くて諦めかけていたところ、今年の春頃になってふとしたきっかけでネット上で発見しました。

IMG_9359

それから連絡先を調べてコンタクトをとり、この夏には吉祥寺まで遊びに来て下さって、何とかお付合いまでこぎつけました。
通年では白い粉引の器をメインで作られていますが、今回は鈴木さんのもう一つの顔である耐熱のうつわを、ほんの少しだけ
分けていただきました。
筒鉢のような入れ子鍋は、そのまま器として食卓に並べても映える色合いで使い込んでいく内に風合いを増していきます。
ケトルやピッチャーも同様に丸みを帯びた女性的なフォルムがかわいらしく、愛着の沸く質感と表情をしています。

IMG_9486

お次は、『 takami handweaving 』 として、糸の染から生地の織りまでたったお一人でこなしている 『 高見 由香 』 さんから、
カシミヤ100%の小ぶりなブランケットが3枚届きました。

60×88㎝と、一般的なブランケットのおよそ半分程度の大きさですが、女性のひざ掛けや赤ちゃんのおくるみにはピッタリの
便利なサイズで、カシミヤの持つふんわりとした軽さと滑らかな手触り、そして心までホッとするような温かさを存分に楽しめる
最高のひと品です。

IMG_9509

模様のパターンは今年の夏に届けていただいたランチョンと同じ柄で、2色に織り分けていただいております。黄色と灰色の
組合せは、見た目にもふんわりとした柔らかさが伝わる色合いで温かみがあります。

IMG_9511

緑と水色の組み合わせは落ち着いた雰囲気で、女性だけでなく男性にも使っていただきやすい色合いではないでしょうか。
北欧の森や湖を思わせる深みのある色合いは、ビジネスシーンでもオススメです。

IMG_9547

最後の1枚の黄色と深緑の組み合わせは、クッキリと対照的なようでいて相性のいい組合せ。メリハリがあって華やかさが
感じられる色合いではないでしょうか。

どの色も高見さんのセンスが光る組合せで、ひとつひとつ丁寧に織り上げられた緻密さで、確かな技術を感じられます。
ふんわりと優しい肌触りと温かさで、触っているだけで幸せな気持ちにさせてくれます。【 各色1点づつのみ ¥21,600-】

IMG_9469

続いて、茶褐色の美しい木目の国産山桜を使った、岐阜県 『 Woodpecker 』 さんのカッティングボードが再入荷しました。
アンティークの手鏡のようなクラシカルで品のあるシェイプで、パンやチーズ、オードブルなどを載せ、そのままうつわとして
食卓に花を添えてくれます。
これから何かと人が集まることの多い時期に、こんなカッティングボードがあると食卓も華やかになるのではないでしょうか。

IMG_9407

最後にオススメの食材を一つ。先日ご紹介した薬膳味噌と同じ沖縄の老舗酒造所が作る新商品として塩糀がとどきました。
一時期の塩麹ブームも落ち着きを見せて、今や定番調味料となってきておりますが、満を持しての登場です。
薬膳味噌同様に長年の泡盛の仕込みで培った技術を活かして作られており、肉や魚に塗り込んで、しばらく置いてから
焼くと、ほのかな甘みと素材のうまみが引き立ち、柔らかな食感となり食欲がそそります。簡単ですので是非お試しください。

 

『手仕事フォーラム』 2015年カレンダーが入荷しました。

今年もあと2ヶ月です。そろそろ年賀状の準備を始めなければと思っている今日この頃です。昨年の反省を踏まえ、今年は
早めに準備したいと思っています。お粗末な出来栄えかもしれませんが、年賀状をご希望される方はHPの『お問い合わせ』
より『年賀状希望』と書いて宛先住所とお名前をご連絡下さい。MARKUSからの新年のご挨拶をお送りさせていただきます。

また来年は作家さんの個展もやってみようと企んでおります。いままでMARKUSはセレクトショップというスタイルにこだわり、
特に個展や企画展などのイベント事は考えておりませんでしたが、ある作家さんからお誘いをいただき、来春から初夏頃に
計画しております。ですが、今までイベント事をする予定もなかった為にDMの発送をすることも無く、お客様名簿というモノ
がありません。さすがにイベントの告知をHPとFacebookだけで賄うのは心もとない上に、何となく手抜き感も否めないので、
これを機にDM発送希望のお客様を募って、顧客管理をしていこうと思います。

もちろんお客様からいただいた個人情報は厳重に管理して、DMの発送等イベント告知以外での目的では使用しません。
以上の事を踏まえ、今後イベントなどの告知でDMの発送をご希望されるお客様はHPの『お問い合わせ』より本文の最初
に『DM希望』と書いて宛先のお名前と住所を記入のうえ、メール送信してください。たくさんのご希望お待ちしております。
また、今後は店頭でもDM発送希望のお客様を募っていく予定ですので、近い内に記帳用の住所録を用意しておきます。

IMG_8077

という事で、前置きがものすごく長くなりましたが、今年も『手仕事フォーラム』さんから2015年版のカレンダーが届きました。
昨年同様にハガキサイズの卓上タイプとB3サイズのポスタータイプの2種類です。

型染めの染色家、『小田中 耕一』さんの手による、季節の風物や日本の美しい手仕事をモチーフにデザインされた、鮮や
かな色彩と素朴なタッチのカレンダーです。店頭では無印〇品さんで購入したアクリルフレームに入れて飾っております。

高見 由香 さん(東京)のランチョン

MARKUSでは初めての布物の作家さん、そしてガラスの 『 河上 智美 』 さんに次いで二人目のお付合いとなる女性の作家
さん。『 高見 由香 』 さんが作る、2色の麻のランチョンマットが入荷致しました。

高見さんとは数年前から松本のクラフトフェアでお見かけしてた気になる存在で、MARKUSを開業する前から個人的に作品
のファンでした。MARKUS 開業後、染織物の取り扱いをしてみたいと思いながらも、なかなかMARKUSにピタッとくる作家さん
に出会えずにいたところ、今年の松本で久し振りにお見かけして、思い切って声を掛けさせていただいたのが始まりです。

IMG_6264

高見さんは、多摩美術大学美術学部インテリアデザイン専修を卒業後、インテリアデザイン会社に勤務した後に、2009年に
染織家としての活動を開始しました。東京のご自宅の一室に大きな機 (はた)を構えて作業場として、糸の染色から織まで
全てを手作業で行い、独自の世界を創り出しています。

自らの手で様々な素材や色彩を自在に織り上げ、緻密な手作業によって柄が構成されている高見さんの作品は、滑らかな
質感で肌触りがよく、生活の中に彩りと喜びを与えてくれて、日々の暮らしの中に溶け込み、生活の一部となってゆきます。

IMG_6378

今回は、麻100%で織られた、鮮やかな藍色と軽やかな黄色の、食卓を彩る2色のランチョンマットのみの入荷となっており
ますが、今後は大物のストールやブランケット ・ マフラーなどの季節モノから新色のランチョンなど、作り手である高見さんと
相談しながらお取扱いの幅を増やしていく予定です。ご期待ください。

 

このページの先頭へ