HOME > 木工・漆 > 野澤 裕樹(兵庫)

日々のモノ・コト

野澤 裕樹(兵庫)の記事一覧

雨降りの10月。入荷のお知らせ

何となく、ずっと雨降りだったな。と言う印象の10月も早いもので残すところあと1週間。グッと気温も低くなり雨の日の寒さは例年10月いっぱいまで短パンで過ごす店主を震え上がらせるには充分な冷え込みとなってきております。そろそろストーブの準備をしなきゃな。とぼんやり考えている今日この頃ですが、ここ1週間ほどで色々と入荷してきておりますので、まとめてご紹介させていただきます。

という事で、まずは久しぶりの入荷となる兵庫県の篠山で活動されている『野澤裕樹』さんより、挽き物の品々が届いております。今回は拭き漆の品物が中心ですが、以前に入荷した際に大変好評だったオークのリムプレートも入荷しております。一見洋皿のようなシャープな印象がありますが、手に取るとモッチリとした質感で、全体の緩やかな曲線も手に馴染みやすいよう細部までこだわり抜いたカタチをしています。

今回の入荷で特に目新しいのが拭き漆のぐい呑みです。先日Instagramの方にアップしたら、それを見てご来店下さった客様から『汁椀かと思った』とご指摘を受けましたので、他のぐい呑みも一緒に撮ってサイズ感がわかるようにしました。ガラスや陶磁器のぐい呑みと比べて軽くて割れにくい為、少々酔っぱらって手元が危うくなっても安心して飲み続けられます。形も大きさも様々なのでお気に入りの一つを見つけて下さい。

その他には白漆を中心に施した5寸の銘々皿。縁に彫り付けた凹凸の手触りも楽しいケヤキの4寸鉢とタモ材の6寸鉢。渋い印象になりがちの拭き漆のうつわをそれぞれ異なる技法で軽やかに仕上げています。5寸の銘々皿は菓子皿や果物をいただくのにちょうどいいサイズ感で、年末年始の来客用に備えていくつか揃えておきたくなる品物です。今回は演出としてちっちゃなリンゴで飾ってみました。

次は、先月にお邪魔してきたばかりの島根県の『白磁工房 石飛 勲』さんより湯吞みやマグ、ぐい呑みから醤油差しまで細々とした品物が届いております。この他にも鉢モノや片口、土瓶などもお願いしておりますが、その辺も年内にはいくらか入荷してくると思います。湯吞みとマグは再入荷ですが、石飛さんにも新たにぐい呑みをたくさんお願いしました。そしてこちらでも形はバラバラで、色も白磁・呉須・辰砂の3色です。

そして今回は初めて醤油差しをお願いしてみました。以前にご紹介した島根仕入旅の旅行記でも書きましたが、ほぼ衝動的な注文で、下皿を付けるかどうかをお客様に委ねるカタチで本体とは別売りで豆皿を注文してきたのですが、今回は本体のみの入荷です。下皿になる豆皿は次回の入荷となると思います。カタチはポッテリしていて、ちょっと高級な中華料理店のテーブルに並んでいそうな印象です。

今年の春に入荷して早々に無くなってしまった松本箒も少量づつですが再入荷しています。9月に発売された『& Premium』という雑誌の中でご紹介いただいた際に何件かお問い合わせをいただいておりましたので、無理言って少し分けて頂きました。年末の大掃除に向けて松本箒でスッキリしたい方は、今回が年内最後の入荷なのでお早めにどうぞ。また、今回入荷の荒神箒はお求めやすい柄無しのタイプが届いております。

今年の7月に三人展に参加していただいた鈴木史子さんからは今シーズン最初の耐熱モノが届きました。今回の入荷は直火やオーブンでお使いいただける入れ子鉢と両手鍋がそれぞれ2色です。毎年人気の平土鍋も注文しておりますので、他の作り手の耐熱モノも合わせてこれから寒くなるにつれて続々入荷してきます。ちなみ先日あまりに寒くて、昨シーズンに入荷していた鈴木さんの土鍋が早くも旅立って行きました。

こちらも9月の島根仕入旅での大きな収穫。『大社の祝凧』が入荷しました。大社の祝凧のいわれについては島根仕入旅その2で簡単にご説明しておりますので、ここでは割愛させていただきます。大社の祝凧はお正月に関係無く年中飾っておける縁起物なのですが、せっかくなので年末に間に合うように頑張っていただきました。鶴と亀の2枚1対で、赤い鶴の方を向かって左に飾るのが決まりです。

最後に、今年もやってきました『手仕事カレンダー』。今年も型染職人の小田中耕一さんによる暖かみのある楽しい絵柄がぎっしり詰まっております。ここ何年も毎年楽しみにしてご購入いただいているお客様も多く、MARKUSでもこのカレンダーが入荷すると年末が近づいてきた実感が湧いてきます。12月になればしめ飾りも入荷する予定なので、今年のMARKUSの年末は賑やかになりそうです。

という事で今年も残すところあと2ヶ月。寒くなってくると元気になるMARKUSなので、これから年末に向けて耐熱モノやスリップウェアなどが続々入荷する予定です。ご期待ください。

 

 

嬉々として木々

2月に入りました。節分も終わり立春も過ぎ日中の日差しの中に春の気配もほのかに感じられる今日この頃。先日の3日と4日は連休をいただきまして、3日は終日都内の雑貨業界の展示会巡り、そしてその夜から夜行バスで京都に行きまして、4日は今年の4月末から開催する陶芸の作家さんの個展の打ち合わせをしてきました。久しぶりの京都だったので強行スケジュールにもへこたれず、空き時間には河井寛次郎記念館や平安神宮の近くに新しくできた蔦屋書店を見てきたりと、しっかり街ブラもしてきました。
東京に帰ってきた私を待っていたのは入荷の数々でした。それも刳りモノ・挽きモノ・塗りモノといった木製品の数々、木工品好きの私としては嬉々として検品~品出しに勤しみました。

IMG_0171

という事でまずは、長野県の松本で活動されている『大久保ハウス木工舎』さんの各種木ベラと拭き漆のレンゲ&匙です。昨年の11月に先行していくつかの木ベラが入荷しましたが、それらもほぼ無くなってしまった絶妙なタイミングで、同じ時期に注文していたレンゲと匙、そして木ベラの追加分が入荷しました。道具マニアと言っても過言ではない大久保さんは数々のカンナやノミを駆使して柔らかく、ときにはシャープな絶妙な曲線を作り出します。今回新しく入荷したレンゲや匙も柄の握りやすさと口当たりの良さを追求して削られています。あえてカンナの跡を残した表面は手触りが気持ちよく、使う楽しみと愛着が湧いてきます。

IMG_0137

お次はここ最近、月イチ入荷が続いている兵庫県 丹波篠山で活動されている『野澤裕樹』さんからオーク材のリムプレートが届きました。今回届いたのは6寸と7寸のリムプレートで、昨年の12月に入荷した9寸のプレート兼トレイと合わせて3サイズ揃いました。洋磁器のパン皿やケーキ皿ようなフォルムですが、実際手に取ってみるとモッチリとした厚みがあり木の温かみが感じられます。野澤さんいわく、木のプレートだからと言って遠慮せず、ガンガン使って気軽の水洗いしてシミ付いたり油分が抜けて質感が変わってくる変化を楽しんで欲しい。との事です。気になる方は時々油を馴染ませてメンテナンスしていただければ、それはそれで違った変化を楽しむ事ができます。

IMG_0340

 そしてこちらは久しぶりの入荷、岐阜県で活動されているwoodpecker(福井 賢治)さんの作る、山桜のカッティングボード(大・小)が届きました。woodpeckerさんと言えばMARKUSではイチョウのまな板が大人気ですが、こちらの山桜のカッティングボードもMARKUSでは開業以来の人気商品で、贈り物などにもご好評いただいております。最近はこれだけの大きさのカッティングボードが作れるほどの良質な山桜がなかなか手に入りにくくなってきているそうで、今回久しぶりに入荷しましたが、この後またしばらくの間欠品してしまうそうです。気になる方はお早めにどうぞ

IMG_0299

最後に昨年末からずっと欠品しておりました、栃木県の益子で活動されている『蜂谷 隆之』さんの多用椀が再入荷しました。年末は特に、お正月用にと『ちょっといいお椀』をお探しの方が多く、蜂谷さんの漆器が大人気でした。この多用椀は見込みが広くたっぷりとしているので具が大きい豚汁やけんちん汁などにも最適で布着せされた縁の部分は口当たりが柔らかく、お正月などの特別な日だけでなく、ぜひ普段のお食事の際にもお使いいただきたい漆器です。比較的たっぷりとした大きさのうつわですが腰の部分が若干張り出している形なので女性の手でも片手でしっかり持つことができます。

2016年もよろしくい願いします

例年よりもずいぶん暖かい年末年始で、いまひとつお正月らしさが感じられない2016年のスタートでしたが、MARKUSも今年は4日から営業を開始しております。ご挨拶が遅くなりましたが、本年もMARKUSをよろしくお願い致します。

2016年の営業、最初の週。さっそく今年最初の入荷が届きましたのでご紹介させていただきます。

IMG_6812

まずは、茨城県で活動されている 『 河上 智美 』 さんからガラスのうつわがたくさん届きました。前回の入荷は昨年の11月末で、その時はタンブラーなどのグラス類がほとんどでしたが、今回はピッチャーやフタ物といった大物や保存容器、そしてプレートや鉢モノなどの食器類がメインとなっており、現在、とてもバラエティ豊かな品揃えとなっております。

IMG_6822

前回入荷したタンブラー類も一部を除き、まだひととおり揃っておりますので、ただいま店内はちょっとした小規模な個展レベルのボリューム感です。今回初めてここまでの物量でガラスのうつわを充実させましたが、夏場の涼しげな印象のガラスもいいですけど、これだけ揃うと、寒い季節に澄んだ空気の中で柔らかい冬の日差しにかざす、キリっとした透明感もいいものです。

IMG_6873

河上さんのつくるカラスは、ひとつひとつ異なる柔らかな曲線が作り出す造形的な美しさと、手にしたときに感じるぽってりとした安心感があり、使う楽しみだけでなく見た目にも楽しむ事ができるうつわです。

特別じゃない日常の中、一杯のお水を飲む行為もちょっとだけ嬉しくなる。そんなガラスです。

IMG_6763

そしてもうひと方、昨年の11月からお付き合いが始まった、兵庫県 丹波篠山で木工・漆器の制作をされている 『 野澤 裕樹 』 さんから、前回入荷してすぐ完売してしまった 『 栗拭漆布着椀 』 が再入荷しました。もともと数量限定だったのですが常連様からのリクエストをいただき、野澤さんに問い合わせをしたところ、たまたま在庫があったのを全ていただいてしまいました。という事で本当にこれが最後です。

IMG_6751

もうひとつ。ナラ材を使った拭漆のお盆も届きました。荒く挽いてあえてロクロの跡を残した上から拭き漆を施してナラ独特の木目やロクロ跡を際立たせ、アクセントとして縁の部分に布を貼り朱漆を施した、野澤さん独自の感性が光る美しい作品です。
縁の立ち上がりの曲線や角度が絶妙で薄くても手に取りやすく、直径で27㎝とこれまた絶妙なサイズなので、お盆としてだけでなく普通にプレートとしてもお使いいただけます。

関西仕入れの旅 ~ 入荷いろいろたくさん(長編です)

先週の13日(金)~14日(土)の2日間でお休みをいただきまして、関西に仕入れの旅に行ってきました。仕入れと言っても現場での買い付けは少量ですが、今回は新たにお取引が始まる淡路島で活動されている陶芸の作家さんと、丹波篠山で活動されている木工の作家さんに会いに行き、今後のお付き合いのご相談をガッツリさせていただきました。

今回の旅の目的はこの他にも色々ありまして、ひとつは大阪の堺で行われた『灯びとの集い』というクラフトフェアに行く事と、もう一つは、しばらく購入を検討していたアンティークのテーブルの現物を見に芦屋の家具屋さんに行く事でした。他は時間の許す限り合間を縫って、久しぶりの大阪・神戸を回ってみたり、私が10代の頃からの親友が営業しているBarに飲みに行ったりと、かなり詰め込みすぎの旅となりました。

IMG_4620

上の写真にある裃をつけた招き猫は『初辰さん』といって大阪の住吉大社で売られているものです。右手を上げているのは商売繁盛。左手を上げているのは家内安全を願うもので、毎月最初の辰の日に参拝し、4年間で48体集めると『四十八辰 ~ 始終発達』で満願成就となると言われています。自宅にも左右ペアで置いているのですが、今回お店用にいただいてきました。今はカウンターのレジ横にちょこんと座っております。

IMG_4565

そしてトップにある写真のテーブルが、今回の旅で購入してきた新しいテーブルです。先月に新しい棚を設置した事で、今まで使っていたテーブルが置ききれなくなってしまい、先日、展示品処分をしてしまいました。しばらくテーブルがない為に店内で色々見比べたり、テーブルに乗った雰囲気を試したいお客様にはご不便をおかけしておりましたが、これからはこの『新・お見立てテーブル』を存分にご活用下さい。

IMG_4516

前置きが長くなりましたが、ここからは入荷商品のお知らせです。10月にもいくつか入荷のあった岐阜県 土岐市で活動されている『河内 啓』さんのうつわが追加で入荷しました。今回は久しぶりの角皿と新作のシリアルボウル。そして深みのある藍色が美しい新色の『瑠璃釉』が加わりました。河内さんのうつわは色違いで組み合わせてご購入されるお客様が多く、今回の新色追加で選ぶ楽しみがまた一つ増えました。

IMG_4460

人気のマグカップも入荷しております。今までの4色に新色の瑠璃釉が加わった全5色のバリエーションとなりました。毎年この時期になるとマグカップを新調したり贈り物に選んでいただいたりと、大変ご好評いただいているので、今回も多めにお願いしました。見た目の雰囲気や質感だけでなく持ちやすく安定感があり、たっぷり入る使い勝手の良さも人気のポイントです。

IMG_4962

もう一人、陶芸の作家さんから追加の入荷がありました。滋賀県で活動れている『田中 大喜』さんから黒鉄釉と灰釉のうつわが届きました。今回は新作の華やかで上品な形の向付や透明感があってお酒もおいしく飲めそうなそば猪口も入荷しております。また、今回の関西の旅で『灯びとの集い』に立ち寄った目的の一つが、このクラフトフェアに出展されていた田中大喜さんに会いに行くことでした。

IMG_5046

このクラフトフェアの出展が決まる前から今回の関西の旅を計画していたので、田中さんが出展しなかったら大津の作業場にお邪魔して来年の個展に向けた相談をするつもりだったのですが、9月頃に出店が確定したため、今回は時間も場所も無い中、出品した作品を見ながらアレコレ簡単な相談だけ済ませてきました。ですが、新しく挑戦した釉薬の作品もいくつか見ることができ、来年に向けて期待が高まってまいりました。

IMG_4796

続きまして、今回の旅でおうかがいした作家さんのひとり、兵庫県の丹波篠山で活動されている木工作家、『野澤 裕樹(ゆうじ)』さんのナラ材オイル仕上げの9寸プレートと栗の拭漆布着せ椀、ケヤキの黄漆盆です。
野澤さんとは実は20年前からの知り合いで、私が大学卒業後に勤めた大阪のインテリアショップの先輩です。

私はその会社に11年ほどお世話になりましたが、野澤さんは私と入れ違いで退職され、のちにその会社で出会った6人の仲間と共に大阪でクリエイティブユニットを立ち上げました。その他のメンバーとも交流があった私はたびたび彼らのもとを訪ね、独立の際にも相談に乗っていただき、開業時にはお祝いもいただきました。

今ではそのユニットも発足メンバーは2人だけになってしまいましたが、独立したメンバーたちはそれぞれの分野で活躍しており、野澤さんも今は設計のお仕事をされている奥様と一緒に丹波篠山で『居七十七(いなとな)』というお店を営みながら制作活動をされています。

IMG_4915

今回野澤さんとはおよそ4年ぶりの再会で、以前から野澤さんの活躍や作品を見知っていた為、何かの形でもう一度繋がってみたいという思いがありました。今回の関西の旅を機にお会いして、知り合った若い頃とは違う一人の作り手とその作品を世に伝える一人の店主としてじっくりお話しし、お取引をお願いしてきました。

野澤さんは木工作品を作るようになる前は内装や大工の仕事をされており、材料に対するこだわりはその頃から強く、今回いただいた作品も国産の材料を厳選されています。基本的に良い素材が手に入った時に、その素材と向き合いながら何を作ればその素材の魅力を充分に生かせるか考えて制作する為、定番というモノがありません。そして生活の中にあるシーンに当てはめて、使い心地や収納・お手入れ方法に至るまで緻密に考えながらカタチや仕上げを決めていきます。ぜひ店頭でお手に取ってそのこだわりをお確かめ下さい。

IMG_4718

お次は、MARKUSではもはや安定の定番である『Semi-Aco 加賀 雅之』さんの木工品です。しばらく欠品してしまっており、久しぶりにMARKUSでの取り扱いラインナップが揃ったので、集合写真を撮ってみました。

同じ木工作品でも先程の野澤さんは木の塊りを轆轤と呼ばれる機械で回転させてノミで削りながらカタチを作り出す『挽き物』と、漆などを塗り仕上げを施す『塗り物』を作っていらっしゃいますが、加賀さんはノミや鉋で掘ったり削ったりしながら形を作る『刳り物』と、家具や箱モノのように仕口や継ぎ手などで材料を組み立てていく『指し物』を作っています。つい先日お取引の始まった『大久保ハウス木工舎』さんも刳り物の作家さんです。

IMG_4865

最後に、今年の4~5月にもドライフラワーで爽やかなユーカリのリースを作って下さった、『Louloudi』さんからクリスマスに飾りたいリースとスワッグを届けていただきました。5月のリースが大変好評で、『じゃ、次はクリスマスに』という事でお願いしていたのですが、クリスマスが終わった後もずっと飾っておけるように、クリスマス色控えめなデザインで仕上げていただきました。

IMG_4880

今回もまだ青々として爽やかな香りが残るユーカリやヒムロスギをベースに、アクセントに赤や白の実モノやマツカサなどをあしらっていただきました。またリースとは別に作っていただいた『スワッグ』ですが、ドイツ語で『壁飾り』という意味で、その名の通り、壁に飾れるものなら基本的にどんな形でもOKで、丸型のリースと並んでクリスマスの伝統的な飾りのひとつなのだそうです。今回は枝モノと実モノを花束のようにまとめたスワッグを作っていただきました。MARKUSらしい素材感溢れる落ち着いた雰囲気のクリスマスデコレーションです。

このページの先頭へ